家なき子のニュース

有名な相続税対策「小規模宅地等の特例」と「家なき子の特例」(松嶋洋)

相談LINE / 2016年09月12日19時00分

■例外としての家なき子 しかし、この例外として、家なき子の特例というものがあります。家なき子の特例は、以下の要件を満たす場合に、被相続人の宅地を相続した相続人に認められるものです。 (1)被相続人に配偶者又は一定の同居親族がいないこと → イメージとしては、被相続人が一人暮らしであることです (2)相続人が、相続開始前3年以内に、その相続人又は相続人の配 [全文を読む]

夏の夜に思いきり泣こう!改めて観たい“泣きドラマ”10選・・・+2

日本タレント名鑑 / 2015年08月13日11時55分

ぜひ感動の泣きドラマでたっぷり泣いて、心の掃除をしてみませんか? 理不尽な運命に耐えて戦う姿!『家なき子』『イグアナの娘』『大地の子』「同情するなら金をくれ!」の名セリフで、安達祐実さんを一躍スターダムに押し上げたドラマ、1994年の『家なき子』。家庭内暴力や虐待、いじめ、お金を持つ事で人格が変わってしまい、信じている人に裏切られたり、すれ違いや勘違いでい [全文を読む]

50万部突破! 今こそ世界名作! “読書が好きになる”大人気シリーズの新刊は「家なき子」「三銃士」!

PR TIMES / 2016年02月12日10時52分

株式会社学研プラス(東京・品川 代表取締役社長:碇 秀行)は、2月12日に、「10歳までに読みたい世界名作」シリーズとして、21巻「家なき子」 22巻「三銃士」を発売いたしました。累計部数50万部突破! 今、大人気の「10歳までに読みたい世界名作」(http://hon.gakken.jp/child/special/10meisaku/index.htm [全文を読む]

優しいママ?時には厳しさも!?印象に残るドラマの魅力的なママさん達!

日本タレント名鑑 / 2015年10月11日09時55分

ちょっと頼りない?でも愛らしくて優しい大切なお母さん 1994年『家なき子』の不幸な母のイメージがあるのが田中好子さん。なんと47人の子どものお母さん役を演じたそうです。家なき子では支えてあげたい母でしたが、2001年の『ちゅらさん』ではしっかり者で家族を支える母を演じられていました。 優しくてしっかり者。達観した視点を持つ包み込むようなママ 2002年 [全文を読む]

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年04月06日18時01分

94年の『家なき子』は、野島伸司サンの企画。安達祐実演ずるヒロインすずの台詞「同情するなら金をくれ!」が流行語大賞に選ばれるなど、社会現象になった。最終回の視聴率は37.2%。中島みゆきが歌う主題歌『空と君のあいだに』もミリオンセラーとなり、翌年には続編も作られた。 95年の『星の金貨』も聴覚を失ったヒロインを酒井法子が好演。初回視聴率7.2%から最終回2 [全文を読む]

日テレ「土曜夜9時」伝説の名作ドラマを振り返る

日刊大衆 / 2017年03月18日12時05分

さらに90年代、社会に大きな衝撃をもたらしたのが安達祐実(35)主演のドラマ『家なき子』だった。安達が演じたのは、不遇な人生を歩む主人公のすず。小学生ながら母親の手術費用を捻出するために悪事に手を染めたり、養父に復讐しようとしたりなど、その衝撃的な内容は視聴者の目をくぎづけに。また、鋭い眼光で「同情するなら、金をくれ!」と叫ぶ安達の迫真の演技は、大ブーム [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安達祐実、一夜にしてロングヘアに 息子に分かってもらえず「さみしすぎる!」

TechinsightJapan / 2016年10月06日10時04分

ドラマ『家なき子』で脚光を浴びた当時はロングヘアのイメージが強かった女優の安達祐実だが、35歳になった現在はショートボブがトレードマーク、すっかり大人の女性へと変貌を遂げている。そんな彼女が、自身のInstagramで久しぶりのロングヘア姿を披露。少女時代のロングヘアとは一味違った美しさを見せ、フォロワーの称賛を浴びている。 安達祐実は4日、自身のInst [全文を読む]

ハイジのおじいさんは元傭兵 ―世界名作劇場で描かれなかったこと

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月03日09時00分

世界名作劇場は、地上波では1996年の『家なき子レミ』まで続き、その後2007年から2009年まではBSフジで3作品が放送された。つまり、足掛け35年もの間放送されてきたシリーズなのだ。そのため、初期と末期ではリアルタイムで見ていた層が違う。しかし、再放送で見たり、親が懐かしさから子どもにビデオやDVDを見せたりしたことから、古い作品を知る若い世代も多い [全文を読む]

イライラムカムカさせるのは名女優の証拠!ドラマの中の印象的な悪女10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月30日12時55分

ある意味裏表のない素直な人!?1994年に放送され、衝撃を与えた『家なき子』。家庭内暴力や、信頼していた教師や伯父の裏切り、殺人、殺人未遂、伯母や従姉からの嫌がらせなど、小学生が直面するトラブルとは思えないほどにエグいトラブル続きで、パート1だけでもかなり衝撃的でしたが、パート2の榎本加奈子さん演じる絵里花お嬢様。この存在感は別格といえるでしょう。 パート [全文を読む]

「花燃ゆ」明治編突入!井上真央が考える美和像に迫る

Smartザテレビジョン / 2015年09月19日08時00分

(手を地面にたたきつけて悔しさを表すシーンについて聞かれ)あれは、もう、「家なき子」('94年ほか、日本テレビ系)の安達由実さんの気分でした(笑)。“空と私の間に雨が降る”という感じで、中島みゆきさんのテーマ曲が頭の中にずっと流れていて(笑)。小さい頃、内藤さん見ていたなぁ、ドラマで意地悪をしていた顔に似ているなぁと思っていたら、だんだん「家なき子」のヒロ [全文を読む]

安達祐実の母親が、娘の初恋相手とまさかの...!

tocana / 2015年03月13日08時30分

主役として出演したドラマ『家なき子』(日本テレビ)は、驚異の視聴率37.2%を記録し、「同情するなら金をくれ」という台詞は流行語大賞にもなった。 そんな当時について、安達が『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日)について語った。 安達曰く、『家なき子』時は12歳だったこともあり、"泣きの演技"がまったくできなかったという。それでも、主役に抜擢される。安 [全文を読む]

安達祐実はなぜフルヌード&大胆濡れ場に挑戦したのか?

tocana / 2014年11月09日14時00分

安達の映画主演は1994年の『家なき子』以来、実に20年ぶりとなる。『家なき子』は社会に翻弄されながらもたくましく生きる1人の少女を演じ、大ヒット作となった。 「彼女は最近でもコンスタントに映画、ドラマには出演しています。しかし子役時代のイメージが強すぎるためか、脇役を演ずることが多く、あまり目立っていないのが実情です」(芸能記者) 『週刊文春』(文藝春 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安達祐実、「口の悪さ」が離婚の原因に? 好きなタイプは「面白い人」。

TechinsightJapan / 2014年11月01日18時40分

薬丸裕英、フットボールアワー・岩尾望とグルメロケを楽しみながら、ドラマ『家なき子』時代の思い出や今回の主演映画でヌードに挑戦した心境などを話してくれた。1984年に子役として芸能界デビューした彼女も33歳となる。これまでで一番印象に残る仕事はやはりドラマ『家なき子』(1994年)で、視聴率が伸びるにつれ「ロケに出ても、すごい人だかりになった」と当時を振り返 [全文を読む]

全裸で花魁役に挑んだ心境を告白!「あなたが思っている安達祐実は、実は安達祐実じゃないかもしれない」

週プレNEWS / 2014年11月01日06時00分

―『家なき子』の泣きの演技なんて、誰もが「天才!」と思ったと思いますよ。 安達 あの頃の涙って、実は目薬でしたからね。 ―マジすか! 安達 初期は、そうでしたね。演技が全然できなくて。でも私は、演技が好きとか嫌いとかいうより、私の存在価値が演技することによってしか生まれないと思っていたので必死で。私は演技をしっかりするから愛されるんだって。仕事がなくなっ [全文を読む]

ヌード披露の安達祐実 「子役」イメージからの脱皮に葛藤抱えた

NEWSポストセブン / 2014年09月11日07時00分

「天才子役」と騒がれ、一躍時の人となった主演ドラマ『家なき子』(日テレ系)から20年。映画に込めた想いと大人の女性、大人の女優へと脱皮したいと願いつつ葛藤した苦悩の日々を率直に語った。「今回の映画はヌードシーンや濡れ場もあるけど、私も今年でもう33才。世間が持つ安達祐実のイメージと実際の私の間にいつもある、大きなギャップを埋められればと思って出演を決めまし [全文を読む]

脱『家なき子』なるか...安達祐実、主演映画で全裸&過激濡れ場を見せたワケ

メンズサイゾー / 2014年09月06日15時00分

安達といえば、往年の名ドラマ『家なき子』(日本テレビ系)などの子役時代のイメージが強く、大人になってから伸び悩んでいたのは本人も周囲も認めるところ。結婚や出産、さらには離婚を経た現在も世間のイメージはあまり変わっていない。 だからこそ、そのイメージから脱皮するためにオールヌードと過激な濡れ場に挑んだというわけだ。「安達ほどのネームバリューがあり、なおかつ [全文を読む]

『明日ママ』に安達祐実登場で「新旧“家なき子”共演」も……アピールできない日テレの苦悩

日刊サイゾー / 2014年02月24日20時30分

安達といえば、ちょうど20年前に、同局の連ドラ『家なき子』で、不遇な境遇を懸命に生きる少女を演じ、ブレーク。同作は、脚本家・野島伸司が携わっている点など、『明日、ママがいない』と共通点も多い。普通に考えれば、スポーツ紙などが「20年の時を超え、新旧“家なき子”が共演!」などと煽っていてもおかしくないが、今のところ、大きな話題になっている気配は感じられない [全文を読む]

テリー伊藤対談「安達祐実」(1)わかりやすい「女らしさ」は今はいらない

アサ芸プラス / 2014年02月18日09時58分

94年にドラマ「家なき子」(日本テレビ系)で主人公の「相沢すず」役を務め、その演技力で天才子役として日本中に名をはせた。芸能活動30周年を記念して、13年9月にセルフプロデュースした写真集「私生活」(集英社)を発表。出演映画「野のなななのか」(「野のなななのか」製作委員会)が5月頃公開予定。 同情するなら金をくれ──94年の主演ドラマ「家なき子」で“天才子 [全文を読む]

「明日、ママがいない」の方向転換に懸念の声! 東野幸治も「世界観は壊さないで」

tocana / 2014年02月01日09時00分

むかしの(1994年に放送された『家なき子』)、『(同情するなら)金をくれ!』は、流行り言葉になったのに」 と、『家なき子』(日本テレビ)は今の時代では許されないだろうと嘆く。「(クレームに対し)ポストっていうあだ名が徐々に変わったり、(放送を続けるのならば)世界観は壊さないで継続してほしいですね」と東野幸治は懸念していたが、それは杞憂では終わらず、おそら [全文を読む]

『明日、ママがいない』賛否両論も、芦田愛菜には高評価 「安達祐実超え」の声も

AOLニュース / 2014年01月17日16時53分

『高校教師』や『家なき子』で話題を集めた野島伸司脚本のこのドラマは、里親に気に入られるべく振る舞うことを要求する施設長(三上博史)のもと、過酷な境遇ゆえに大人びた言動を繰り返す子どもたちの姿が描かれており、出演している子役が、「ドンキ」(母が父を鈍器で殴打)、「ポスト」(赤ちゃんポストに捨てられた)、「ボンビ」(家が貧乏)と呼ばれるなど、その内容は非常に煽 [全文を読む]

フォーカス