佐伯市のニュース

「2人の仲が深まる10のコト」を開発し、観光フライヤーを制作するワークショップを開催 11月8日(火)に大分県佐伯市で開催

DreamNews / 2016年10月31日13時00分

本プロジェクトにおいて『恋する灯台』に選ばれた鶴御埼灯台(大分県佐伯市)周辺の観光資源をロマンチックな視点で再定義し、観光フライヤーを制作する「ワールドクエスト」式ワークショップを平成28年11月8日(火)に開催いたします。◆地域の情報が〝プレミアムな体験スポット〟に大変身【 「ワールドクエスト」式ワークショップとは?】地域資源や地点情報をロマンチックな視 [全文を読む]

地域新電力会社「新電力おおいた」へ地元銀行・企業が出資決定!

@Press / 2016年03月25日09時30分

佐伯市と連携した社会実験を通して低圧需要家向けビジネスを展開予定 大分県佐伯市にてスマートコミュニティ社会実験を推進中です。これは、新電力おおいたを含む地元企業9社と佐伯市が参加する、大分県エネルギー産業企業会 電力自由化ワーキンググループの活動事業です。 佐伯市内の家庭120軒にHEMSを、佐伯市所有の10件の高圧施設にBEMSを取り付け、地産地消に [全文を読む]

ソラシド エア大分-東京(羽田)線 就航 5 周年企画!!“九州・沖縄の翼 ソラシドエア”と“東九州自動車道”にのって、大分県佐伯市&臼杵市へ行こう!

PR TIMES / 2015年10月01日14時40分

~5 組 10 名様 2 泊 3 日モニターツアープレゼント~ ソラシドエア(スカイネットアジア航空株式会社 本社:宮崎県宮崎市 代表取締役社長 高橋 洋)は、大分-東京線 就航5周年企画として、東九州自動車道にのって2泊3日の大分県南(佐伯市&臼杵市)の旅をペアでプレゼントします。 大分県は 2015 年に大分駅ビルのリニューアルや県立美術館(OPAM) [全文を読む]

エネルギーの地産地消を目指し、地域新電力会社「新電力おおいた」始動!2016年4月に高圧需要家へ電力供給を開始

@Press / 2015年12月24日10時30分

■今後の展開 大分県佐伯市にてスマートコミュニティ社会実験を推進中です。これは、新電力おおいたを含む地元企業9社と佐伯市が参加する、大分県エネルギー産業企業会電力自由化ワーキンググループの活動事業です。 佐伯市内の家庭120軒にHEMSを、佐伯市所有の10件の高圧施設にBEMSを取り付け、地産地消による電力の需給シミュレーション、HEMSによる見守りや防 [全文を読む]

りゅうきゅう・鶏天だけじゃない!大分名物『ごまだしうどん』が激ウマ

しらべぇ / 2017年03月10日07時30分

■ごまだしとは『ごまだし』とは、焼いたエソの身に胡麻、醤油などの調味料を加えてペースト状にした佐伯市発祥の調味料。ごまだしにお湯を注いで茹でたうどんを入れるだけで美味しいごまだしうどんができるのだが、佐伯市の名店『味愉嬉食堂』では、こだわりの食べ方でうどんをいただける。■味愉嬉食堂こだわりの食べ方一般的なごまだしうどんとまず違うのが、香ばしく焼いたエソの皮 [全文を読む]

大分・佐伯市で震度5強の揺れ 「2、3日は大きい揺れに注意」

J-CASTニュース / 2017年06月21日10時25分

2017年6月20日23時27分、大分県佐伯市で震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は豊後水道で、震源の深さは約42キロメートル。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.0と推定している。この地震による津波の心配はないという。主な震度は次のとおり。 震度5強 佐伯市 震度4 大分県津久見、豊後大野市、竹田市、熊本県高森町、宮崎県延岡市 震度3 [全文を読む]

【中継予定】大分・佐伯市で震度5強 気象庁が午前1時半から会見

THE PAGE / 2017年06月21日01時11分

動画URL:https://freshlive.tv/thepage/127943 20日午後11時27分ごろ、豊後水道を震源とする地震があり、大分県佐伯市で震度5強を観測した。気象庁によると、震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.0と推定される。同庁は21日午前1時半から記者会見を行う。 ※THE PAGEではこの会見の模様を [全文を読む]

九州一のコスパ?大分県佐伯市の海鮮丼店『塩湯』がスゴい

しらべぇ / 2017年03月11日07時30分

大分県南部にある佐伯市は、シロウオにアジ、ヒラメなど、さまざまな美味しい海産物が獲れることで知られる。佐伯市の名物のひとつは、焼いたエソの身を使った『ごまだしうどん』だが、激安なのに超ボリューム・高品質の海鮮丼が食べられることでも知られている。■佐伯市の海鮮丼店『塩湯』その海鮮丼が食べられるのは、立ちより湯にも入れる海沿いの食堂『塩湯』だ。料理は定食が65 [全文を読む]

電気の地産地消再エネプラン「おおいたのでんき」 一般家庭など低圧需要家へ電力供給を10月に開始

@Press / 2016年09月30日11時00分

■今後の展開大分県佐伯市にてスマートコミュニティ社会実験を推進中です。これは、当社を含む地元企業5社と佐伯市が参加する、大分県エネルギー産業企業会 電力自由化ワーキンググループの活動事業です。 [全文を読む]

80匹ものにゃんこがおもてなし!大分県の離島「深島」に猫好きが集まる理由

サライ.jp / 2016年09月15日11時30分

大分県の南端に位置する「深島」は、佐伯市蒲江から出ている定期船でしか行けない、周囲約4キロの小さな離島だ。この小さな島に、東京、大阪からの多くの人が訪れるだけでなく、昨年は外国からの旅行客も訪れたそうだ。 深島は、日本でサンゴ礁を見ることができる最北の地とも言われており、島全体が国定公園に指定されている。でも来客の目当ては別のところにある。というのも、この [全文を読む]

フォーカス