東洋水産のニュース

ポテチのコイケヤの苦境…ライバル・カルビーの利益のたった百分の一、ポテチ&カップ麺戦争

Business Journal / 2016年08月05日06時00分

●湖池屋・日清食品連合対カルビー・東洋水産連合 日清食品ホールディングスと東洋水産、カルビーと湖池屋。それぞれ、看板商品であるカップ麺、ポテトチップスが国内外で競合するライバル企業同士の連合だ。日清は東洋水産に対して国内では優位だが、海外では劣勢。湖池屋は関東では強いが、全国シェアはカルビーが圧倒する。 2010年、東京が発祥の湖池屋と関西生まれの日清が手 [全文を読む]

「冷し中華」の始め時がついに判明!?東洋水産とウェザーマップが今年の全国の“冷し中華始め時”を予想 キャンペーンサイトでは全国の「冷し中華指数」も公開

PR TIMES / 2015年04月17日10時00分

(URL:http://www.maruchan.co.jp/hiyashichuka/)東洋水産株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:今村将也)と、株式会社ウェザーマップ(本社:東京都港区/代表取締役:森田正光)は、チルド麺の冷し中華をはじめとした涼味麺商品のキャンペーンの一環で、4月17日より今年の冷し中華の始め時を、「マルちゃん冷し中華予報」と [全文を読む]

セブン、独り勝ちのカラクリ 加速する強気出店とPB拡大…飽和説覆すコンビニ3強

Business Journal / 2013年07月13日08時00分

「金の麺」は「東洋水産のヒット商品『マルちゃん正麺』の実質的なセブンPB版」(食品メーカー関係者)といわれるからだ。「正麺」は年間18億食といわれる即席袋麺市場で、11年11月の発売から1年間で2億食の売上を達成したヒット商品。「ツルツルとした舌触り、モチモチとしたコシなど生麺に限りなく近い食感」(同)が消費者の人気を集めた。「金の麺」は、セブンが東洋水産 [全文を読む]

人気のカップ麺ランキング!3人に2人が「好き」と答えた圧倒的1位は?

Woman Insight / 2015年04月10日11時30分

◆好きなカップ麺銘柄・シリーズは? 1位 カップヌードルシリーズ(日清) 64.4% 2位 どん兵衛(日清) 51.1% 3位 赤いきつね・緑のたぬきシリーズ(東洋水産) 47.8% 4位 UFO(日清) 32.9% 5位 チキンラーメン(日清) 26.7% 6位 ラ王(日清) 23.9% 7位 麺職人(日清) 22.8% 8位 サッポロ一番(サンヨー食 [全文を読む]

やきそば弁当、ペヤング不在の隙を突きついに東京進出?都市伝説?製造元を直撃!

Business Journal / 2015年01月14日06時00分

インターネット上では、ペヤング不在の間隙を縫って「やきそば弁当」(東洋水産)が東京進出を目論んでいるといった情報や、実際に東京都内のスーパーで見かけたという目撃談などが飛び交っている。 その話題のやきそば弁当とは、東洋水産が北海道・小樽工場で製造、北海道限定で販売しているカップやきそばである。なぜ「弁当」なのか正確な理由はわからないが、麺の戻し湯で溶く粉末 [全文を読む]

マルちゃん正麺 ヒットで業界に「マルちゃんショック」の声

NEWSポストセブン / 2012年09月15日07時00分

ここ半世紀、「チキンラーメン」(日清食品)、「サッポロ一番」(サンヨー食品)の二大ブランドが君臨していた市場が「マルちゃん正麺」(東洋水産)の登場で大きく揺れているのだ。この9月には大手各社が巻き返しを図るべく、新商品を投入。“ナカ食”ブームや震災後の備蓄買いで市場が復活するなか、袋麺戦争“秋の陣”が幕を開ける……。 大手食品会社の製麺開発者が語った。「私 [全文を読む]

【世紀の大発見】奇跡の強引コラボ! どん兵衛と赤いきつねを混ぜた「赤いどん兵衛」が激ウマ!

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年02月23日06時00分

日本で人気を二分するカップうどんといえば、日清食品の「どん兵衛」と東洋水産の「赤いきつね」だろう。最近ではインターネット上を中心にどん兵衛の人気が上昇中だ。どん兵衛でラーメン二郎を再現した「どん二郎」や「10分どん兵衛」など、どん兵衛が注目される機会が増えているように思われる(関連記事はこちら)。 しかし忘れてはならないのが、東洋水産の「赤いきつね」である [全文を読む]

≪MAPLIES≫ 「赤いきつね 緑のたぬきケーキ」 ~東洋水産コラボケーキ発売決定~

DreamNews / 2016年06月21日13時00分

井上商事株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役:井上敬策)は、2016年6月15日(水)から、メイプリーズ新宿店にて、東洋水産株式会社(本社 東京都港区 代表取締役:今村将也)監修のもと、コラボレーションケーキを販売することになりました。今後、全国のメイプリーズ催事会場でも販売を予定しております。井上商事株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役:井上敬策)は [全文を読む]

冷し中華の始め時が分かる「冷し中華前線」が今週末東京に到達!西日本では予想より2週間程度早く食べ始め時期を迎える ~全国15地点における「冷し中華指数」を4月15日よりキャンペーンサイトで随時公開~

PR TIMES / 2016年04月15日11時40分

麺のプロ・東洋水産と天気のプロ・ウェザーマップが共同開発 東洋水産株式会社(本社:東京港区、社長:今村将也)は、気象会社である株式会社ウェザーマップ(本社:東京港区、代表取締役:森田正光)と昨年に引き続き共同で開発した「冷し中華前線」の、4月15日時点での前線通過予想を発表いたします。 「冷し中華前線」とは、冷し中華の食べ始め時を視覚化したもので、その日の [全文を読む]

家庭用ウォーターサーバー市場シェアNo.1*のアクアクララ、 冬のキャンペーンでマルちゃんとコラボレーション 東洋水産の人気商品とキャラクターレアアイテムが合計5,000名様に当たる!

PR TIMES / 2013年10月29日17時05分

水を通じて“生活”“環境”“健康”の創造を目指すアクアクララ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤津裕次郎)は、全国45万件のアクアクララ会員を対象としたクローズドキャンペーンとして、マルちゃんブランドでおなじみの大手食品メーカー、東洋水産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小畑 一雄)とのコラボレーションキャンペーンを実施いたします。 [全文を読む]

「マルちゃん正麺」うどんバージョンは原材料から見直した

NEWSポストセブン / 2013年10月20日07時00分

東洋水産は、その新味として、『マルちゃん正麺 うどん』と『同 カレーうどん』を10月7日に全国一斉発売した。日清食品も、11月11日『日清のどん兵衛 生うどん食感』を発売する。 東洋水産の担当者は、こう自信をのぞかせる。 「チルドや冷凍、乾麺などさまざまな“うどんカテゴリー”の製品と比較すると、うどん、そばなどの即席和風袋麺の市場はまだまだ小さいですが、 [全文を読む]

武田鉄矢プロデュース 「アイドルプロジェクト」始動!

PR TIMES / 2013年08月16日10時36分

東洋水産もスポンサーとして本プロジェクトに参加。アイドルプロジェクトに奔走する武田氏の姿を描いた「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」のテレビCM『本気のお願い』篇を2013年8月19日(月)から全国オンエア開始 俳優の武田鉄矢氏発案の、“歌って、踊れて、食べられる”アイドル=“食べドル”を育成する武田鉄矢プロデュース「アイドルプロジェクト」が2013年8 [全文を読む]

「マルちゃん正麺」3億食突破で売れ行きの速さに担当者驚く

NEWSポストセブン / 2013年06月23日07時00分

ところが、一昨年末に東洋水産の「マルちゃん正麺」が発売されて以来、袋めん市場が再び活況を見せ始めている。「マルちゃんショック」と呼ばれる衝撃を与えた東洋水産の「マルちゃん正麺」について、五感・身体と社会の関わりをテーマに、五感生活研究所代表として取材や多くの講演を精力的に行う作家の山下柚実氏が、その秘密に迫った。 * * * 2011年11月、即席袋麺「マ [全文を読む]

どん兵衛、サッポロ一番を特許侵害で提訴「また“お家芸”日清戦争」と業界は冷ややか

Business Journal / 2013年05月06日06時00分

アメリカや南米では『maruchun』ブランドの東洋水産にボロ負けですし、中国はサンヨー食品が出資している中国メーカーが強い。サンヨーの新製品が展開されるのは脅威。とにかく、ここでブレーキをかけたいという狙いもあるのでは」(同) 同様の指摘は、食品業界からもあがっており、多くは日清の動きを冷ややかに見ている。食品大手幹部もこんなことを言う。「業界的には『ま [全文を読む]

「マルちゃん本気盛 鶏ポタ」発売--ポタージュみたいな濃厚スープ

えん食べ / 2017年04月10日19時10分

カップ入り即席麺「マルちゃん本気盛 鶏ポタ」が4月24日、東洋水産より発売される。ポタージュのような濃厚な鶏白湯味の一杯。希望小売価格205円(税抜)。 「マルちゃん本気盛(マジモリ)」は、東洋水産による縦型ビッグカップのブランド。ボリュームのある「大盛」麺と「濃い系」スープ、「がっつり」具材が特徴。 今回の「鶏ポタ」は、食べ応えのある太麺にとろみのある鶏 [全文を読む]

東洋水産から最強の次世代ラーメンがカップ麺で新発売

Walkerplus / 2017年01月11日14時33分

東洋水産は、人気のカップ麺「本気盛」シリーズから、新商品「マルちゃん本気盛 特濃旨辛鶏台湾」「マルちゃん本気盛 煮干香る生姜醤油」(希望小売価格・各税抜205円)を、1月30日(月)から発売する。 「Yahoo!特別企画 ラーメン特集2016-2017」において、“今までになかった新しいラーメン=「次世代ラーメン」を生み出す”のコンセプトのもと、ユーザーの [全文を読む]

お小遣いで味わえるソウルフード!「やきそば弁当」が北海道で人気なワケ!

マイナビ進学U17 / 2016年06月01日16時21分

エースコックが「カップ焼そばバンバン」を、東洋水産が「マルちゃん やきそば弁当」を、そして日清食品が「日清焼そばU.F.O.」を、まるか食品が「ペヤングソースやきそば」を、各社が競い合うように発売。ちょっとした「カップ焼きそば戦争」が勃発します。当時国民的な大スターのピンク・レディをCMに起用し、ミリオンセラー曲「UFO」と同じ名称だったため、全国的には「 [全文を読む]

「冷し中華前線」が今週末東京に到達!

ITライフハック / 2016年04月18日10時00分

東洋水産は、気象会社であるウェザーマップと昨年に引き続き共同で開発した「冷し中華前線」の、4月15日時点での前線通過予想を発表した。「冷し中華前線」とは、冷し中華の食べ始め時を視覚化したもの。その日の冷し中華の美味しさを数値化した「冷し中華指数」と合わせて、「マルちゃん冷し中華予報」を発表。東洋水産が販売しているチルド麺の冷し中華をはじめとした涼味麺商品の [全文を読む]

そろそろ食べたくなる?“冷し中華前線”が各地に続々と到達

インターネットコム / 2016年04月09日12時00分

話題にするには、まだ涼しすぎない? 東洋水産とウェザーマップは共同で、「冷し中華前線2016」を発表。全国各地における“冷し中華の食べ始め時”を予測しています。 夏の食べ物というイメージがある「冷し中華」。しかし実際は、春~初夏の段階で食べ頃を迎える地域が多いようです。「冷し中華前線2016」の予測では、東京、名古屋、大阪、福岡などは4月に、青森、仙台、新 [全文を読む]

麺のプロ・東洋水産と天気のプロ・ウェザーマップが共同開発 “冷し中華前線“を今年も発表!~ 2016年の冷し中華前線は昨年末に発生した「スーパーエルニーニョ」の影響で昨年より4日早く本州到達 ~

PR TIMES / 2016年04月05日11時44分

東洋水産株式会社(本社:東京港区、社長:今村将也)は昨年に引き続き、気象会社である株式会社ウェザーマップ(本社:東京港区、代表取締役:森田正光)と共同で、全国の今年の冷し中華の始め時を「冷し中華前線」として発表いたします。 これは、従来真夏に食べるイメージのあった冷し中華ですが、本来の「食べ始め時」はいつ頃なのかということを消費者の皆さまにお伝えできればと [全文を読む]

フォーカス