船乗りのニュース

気になる社会人にインタビュー!第73回:船舶機関士に聞いてみた10のコト!

マイナビ進学U17 / 2016年09月14日12時01分

映画や漫画の物語の中には、「船乗り」という仕事がよく出てきますが、現実で船に乗っている人に会うことは滅多にありません。しかし、現代でも船によっての物資の輸出入が行われているように、船乗りという職業は、私たちの生活の中で欠かせない存在です。今回は、そんな船乗りの中でも、船の整備などを行う「船舶機関士」として世界の海を駆け巡っている、川崎汽船の木下弘也さんにお [全文を読む]

DVD『チャップリン隠れた名作コレクション』(Vol.1)、『チャップリン初期人気作品コレクション』(Vol.1~3)が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2016年12月26日18時00分

<作品概要4>■チャップリン初期人気作品コレクション Vol.3 【チャップリンの船乗り】【チャップリンの勇気】出演:チャールズ・チャップリン 他◆Amazon DODストアリンク:http://amzn.to/2hFMKhx <内容紹介>【チャップリンの船乗り】(1915年10月制作・モノクロ・サイレント作品)チャーリーは船乗りをかき集めるが、なぜか自 [全文を読む]

DVD『チャップリン隠れた名作コレクション 2枚組 全6作品セット』&『チャップリン初期人気作品コレクション 5枚組 全9作品セット』が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2017年02月24日17時30分

【チャップリンの船乗り】(1915年10月制作・モノクロ・サイレント作品)チャーリーは船乗りをかき集めるが、なぜか自分も船乗りにさせられてしまう。船のオーナーは保険金を得るために娘を乗せたまま船を沈めようと企んでいたが…。 【チャップリンの勇気】(1917年1月制作・モノクロ・サイレント作品)チャップリンは、無法の街でミサに参加する。そこで美しい娘に説得 [全文を読む]

届くかどうかは運次第。旅人が手紙を運ぶガラパゴス諸島の無人郵便局

TABIZINE / 2016年08月23日07時30分

船乗りたちの郷愁がつくりあげた郵便局 かつてガラパゴス諸島は、大型捕鯨船にとって重要な物資補給場所でした。現代と違って当時は世界の海を巡るには長い年月がかかりましたから、定期的に食料や水の補給が必要になるのです。そういう理由で訪れた捕鯨船乗務員たちが、故郷の恋しい家族や恋人へしたためた手紙をこの島に残していったことがこの「Post Office Bay」 [全文を読む]

一度港を出るとなかなか帰ってこない遠洋航海男子との接し方

恋学 / 2016年02月28日11時00分

遠洋航海ほど壮大な話ではありませんが、恋愛の優先順位が高い私たち女性にとって、現代男性は、遠洋航海の船乗りのようです。一度港を出ると、仕事に夢中になり、なかなか帰ってこないですからね。 そう考えると、遠洋航海の船乗りに親しまれるビスケットを見習って「保存が利く女性」になりたいものですね。保存食の特徴は、なんといっても腐りにくいこと! 私たち恋する乙女も、ち [全文を読む]

SILENT SIREN「これはもう奇跡だ」いよいよツアー!心境を語る…&私服紹介で高い”おふざけセンス”発揮

モデルプレス / 2017年06月10日08時00分

すぅ:船乗りだな。 ひなんちゅ:(笑)。真面目に答えないですよ、サイサイはこういうの(笑)。 ― (笑)。では最後、あいにゃんさんはどんな新世界をイメージしましたか?(笑) ゆかるん:あいにゃんはそのハーネスがポイントだよね。 すぅ:防弾チョッキ。 あいにゃん:いつ撃たれても、いつ刺されてもいいようにね。 ひなんちゅ:心臓はぎりぎり守れそうだね。 すぅ: [全文を読む]

日本最大級のジャズ・フェスティバル「横濱 JAZZ PROMENADE 2017」に横濱ジャズクルー(運営ボランティアスタッフ)として参加しよう!!

PR TIMES / 2017年06月05日10時08分

港町ヨコハマにちなんで、船乗りのCrew(クルー)から名付けられた「横濱ジャズクルー」。18歳以上で2日間参加可能な方のお申し込みをお待ちしております。 [画像1: https://prtimes.jp/i/14302/242/resize/d14302-242-134451-2.jpg ] 「街全体をステージに」を合言葉に、1993年に始まった日本最大 [全文を読む]

みんな知ってた?今年の夏は「水中ドローン」が世界的トレンドらしいよ

ガジェット通信 / 2017年06月02日06時30分

船底掃除は、有史以来の船乗りを常に苦悩させてきた。それをやるには、船を一度陸揚げさせなければならない。小さいボートならまだいいが、巨大な船になると設備の整った港湾が必要になる。当然、巨額の費用と人手がかかる。 だが、KEELCRABがあればその苦悩から解放されるだろう。船底に張り付き、ローラー式のブラシでプランクトン汚れを掻き落としてくれる。まさに船乗り [全文を読む]

【英語ジョーク】口の悪いオウムはなぜ態度を改めたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月31日17時30分

一体なにが起きたのでしょうか?クスッと笑ってしまう、ジョークをお楽しみください! ■今週のジョーク「観念しました」(The swearing parrot) There’s a guy who owns a parrot that swears like a sailor. He can swear for five minutes straight wi [全文を読む]

博多座・夏の風物詩“船乗り込み”に3万人のファン集まる

Walkerplus / 2017年05月29日20時06分

6月2日(金)から26日(月)まで、博多座(福岡市博多区)で公演する「六月博多座大歌舞伎」に先駆け、出演者の“ご当地到着”を船に乗ってお披露目する「船乗り込み」が、5月29日に行われた。 同公演で、親子4人そろっての襲名披露となる、中村橋之助改め八代目中村芝翫(しかん)、長男・四代目橋之助、次男・三代目福之助、三男・四代目歌之助らが登場。晴天のなか、川沿い [全文を読む]

フォーカス