十和田湖のニュース

霊が集まる自殺の名所、事故現場に女性の怨霊……東北地方の心霊スポット

サイゾーウーマン / 2012年08月14日09時00分

十和田湖(青森県) 観光スポットとして知られる「十和田湖」。実は、知る人ぞ知る心霊スポット。ミステリアスな事件や、心霊にまつわる話が多く語られています。 例えば、十和田湖でダイナマイトを抱いて心中自殺をした人の霊や、その肉片を目撃したというウワサ、十和田湖に入水自殺をすると遺体が上がってこないとも言われています。ただ、自殺者の身内が呼びかけると、数日のう [全文を読む]

【ドライブで行く】青森の人気観光スポット~本州最北端を走れ!ドライバーの血が騒ぐ旅~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年08月03日09時00分

青森の人気観光スポットを3カ所取り上げてみた 今回は、青森県から、大自然を満喫する3つのスポットをご紹介! 秋田県との県境にまたがる「十和田湖」は、約20万年前に始まった火山活動によって形成されたカルデラ湖。 噴火によって出来た陥没に長い年月をかけて雨水が貯まったもので、透き通る湖水が特徴的だ。 「龍飛岬」がある津軽半島は、車で巡ってみると大自然が目一杯に [全文を読む]

北海道新幹線3月26日開業 メイト「北海道新幹線 利用旅行商品」1/8発売!

PR TIMES / 2016年01月08日15時23分

1.シンプルプラン「お手軽函館&青森の旅3日間」(1コース)2.函館と東北での宿泊地(ホテル)を自由に選べるアラカルトプラン「アラカルト函館&東北の旅3日間」(1コース)1泊目は函館または湯の川温泉の計6軒から、2泊目は青森や弘前、酸ヶ湯温泉や十和田湖畔温泉など東北地区の計12軒から選択が可能。3.観光がセットになった提案型「おすすめセットコース」(2コー [全文を読む]

夏旅に最適!行けば間違いなく涼しく快適になれる青森の観光地5選

TABIZINE / 2016年07月28日12時00分

[青森県観光情報サイト アプティネット] これぞ日本の美!躍動感あふれる景観が涼を呼ぶ「奥入瀬渓流」 (C)2010 一般社団法人 十和田湖国立公園協会 深い天然の森に囲まれた奥入瀬渓流は、躍動感あふれる情景を目にできる場所。渓谷に沿って歩道があり、間近で奥入瀬渓流の迫力ある“涼”を味わうことができます。奥入瀬渓流の見どころは、テレビCMなどでもお馴染み [全文を読む]

【連載最終回】そうだ、バイクで新緑を見に行こう!

clicccar / 2016年06月11日21時33分

というわけで、前回の記事でご紹介した奥入瀬渓流から国道103号を十和田湖に抜け、国道104号を田子町へ向かいました。十和田湖から、急カーブの多い峠道を駆け抜けること1時間。 「弥勒の滝」へ通じる道の案内板を見つけることができました。 ■ 本当にス○ーピーの滝だった! 駐車場にバイクを停め、あたりを見渡すと「弥勒の滝まで、徒歩5分」の案内板が。新緑の美しい [全文を読む]

北海道新幹線で青森へ。心にたっぷり緑のシャワー、新緑「奥入瀬渓流」

TABIZINE / 2016年06月08日12時00分

(C) 2015 APTINET Aomori Pref. 心にたっぷり緑のシャワー 奥入瀬渓流は、十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れ。5月~6月は、身も心も染まりそうな新緑のシーズン。清らかな水の美しい流れは、心にたまった澱みやくすぶった気持ちを押し流してくれるでしょう。 (C) 2015 APTINET Aomori Pref. 奥入瀬を [全文を読む]

錦繍の奥入瀬渓流で、紅葉色に染まる秋の旅

TABIZINE / 2015年09月20日13時00分

(C)flickr/** Hu** 青森県十和田湖から焼山までの14キロの渓流「奥入瀬渓流」。 (C)flickr/姐夫 吳 渓流沿いに遊歩道が整備されており、国の特別名勝・天然記念物に指定されている文化財。 (C)flickr/姐夫 吳 十和田湖から流れ出る奥入瀬川が織りなす渓流は、約200mの高低差があり、千変万化の美しさ。この美しさを守っていきたい [全文を読む]

がんばろう!東北 応援モニターツアー メイト 往路はやぶさ(東北新幹線E5系)で行く 『今こそみんなで三陸を知ろう「絆」を感じる3日間』

PR TIMES / 2012年02月02日14時51分

東北人気の観光地「十和田湖」「奥入瀬渓流」も訪問> B級グルメで話題の十和田バラ焼き定食や久慈では漁師投げ込み海鮮丼、陸前高田市で地元の方、手作りの和定食をご用意。東北人気の観光地「十和田湖」「奥入瀬渓流」も訪問する盛りだくさんの内容です。 【ツアー概要】 <商品名> メイト『今こそみんなで三陸を知ろう「絆」を感じる3日間』 <設定日> 2012年3月2日 [全文を読む]

【世界に誇る日本の絶景】十和田湖の湖上から、紅葉が織りなす優美な自然画を堪能してみよう!

GOTRIP! / 2015年09月28日03時04分

それが今回ご紹介する、青森県と秋田県の間に位置する十和田湖です。 現在の十和田湖近辺は、20万年ほど前に火山活動が始り、大噴火を経て、山上の一部が陥没しました。長い年月を経て、この陥没した場所に水がたまっていき、十和田湖の原型ができたとされています。 十和田湖は、十和田山を始めとする様々な外輪山に囲まれています。また近くには、日本の山百景の1つで、最高峰約 [全文を読む]

内藤大助もKO! 甘辛くて懐かしい味! 青森の郷土料理「牛バラ焼き」

ぐるなび / 2015年06月30日16時10分

6月26日放送の「昼めし旅」(テレビ東京系、毎週月~金曜午前11時45分)では、「青森・十和田湖『あなたのご飯見せて下さい』」と題して、元プロボクサー内藤大助さんが「子の口湖畔食堂」(青森県十和田市)を訪れた。 昭和27年創業の十和田湖畔にある同店は、ご当地グルメに定食、ソフトクリームなどのスイーツまで味わえる食堂だ。人気メニューは十和田を代表する郷土料理 [全文を読む]

エースJTB特別協力企画 世界遺産劇場 Extra 「 市川 猿之助 平泉歌舞伎 」発売

PR TIMES / 2014年05月29日17時59分

<コース一例> ■コース名 添乗員同行プラン「平泉歌舞伎と「大曲の花火」・十和田湖・奥入瀬3日間」 ※平泉歌舞伎2日目観賞 ■出発日 2014年8月23日(土) ■旅行代金 おとなおひとり様84,600円 (4~5名様1室利用/往復新幹線普通車指定席利用の場合) ■内容 1日目:第88回全国花火競技大会「大曲の花火」を観覧席で見物後、つなぎ温泉又 は鴬宿 [全文を読む]

エースJTB 特別企画「平泉歌舞伎」発売

PR TIMES / 2013年08月02日14時16分

<エースJTB特別企画「 平泉歌舞伎 」> 【日時】 2013年10月12日(土)開場17:00/開演18:00/(荒天中止の場合あり) 【会場】 世界遺産・平泉 観自在王院跡 野外特設舞台 【演目】 一、「囃子組曲 風の舞 ~吹き抜けていった栄華の夢~」(田中佐幸社中) 二、「乱れ八咫 ~義経を偲んで~」(高橋竹童、小田島徳旺、鈴木健太) 三、「俄獅子 [全文を読む]

夏の神秘的な旅をご提案!『ことりっぷマガジン』 Vol.13 2017夏 発売

DreamNews / 2017年06月06日11時00分

ほか特集としては、天空の宗教都市とも称される和歌山県の世界遺産高野山での過ごし方や修行体験などを紹介した「奥之院へ 高野山」、十和田湖から流れ出る奥入瀬川渓流の特に苔に注目した「青森・奥入瀬 苔の森への旅」、東京都の最西端、奥多摩町の奥多摩駅から日原鍾乳洞へのサイクリング旅を提案する「奥多摩で森林浴サイクリング」、奈良県十津川村の食堂・喫茶や長野県東御市 [全文を読む]

新潟から八戸まで乗り換え不要! 上越・東北新幹線の直通運転が7月に実現

J-CASTトレンド / 2017年05月18日18時34分

【個人旅行コース】 ・宿泊場所/花巻温泉、志戸平温泉、つなぎ温泉、鶯宿(おんしゅく)温泉、盛岡、雫石、古牧温泉、八戸 ・旅行代金/大人2万9800円~4万4100円、子ども1万7000円~2万5600円 【添乗員同行コース】 [1]緑深まる「八甲田山・十和田湖・奥入瀬渓流」の旅 ・旅行代金/大人6万300円~6万4400円、子ども4万2500円~4万50 [全文を読む]

横尾忠則が描いた日本の原景、十和田市現代美術館で名作から新作までを公開

FASHION HEADLINE / 2017年05月14日18時00分

この「日本原景旅行」と名付けられたシリーズの中には、のちの横尾忠則の代表的テーマ“瀧”のルーツとも言われている作品「十和田湖 奥入瀬」(1973年)も含まれている。“瀧”の連作には、光が流水のように走る画面を楽しめるテクナメーションと呼ばれる手法を用いた作品もみられ、同展では“瀧”に関連する大作や、このテクナメーションによる作品の中から名作と言われているも [全文を読む]

楽天トラベル、2017年 ゴールデンウィークの国内旅行動向を発表

PR TIMES / 2017年03月30日11時28分

2017年 ゴールデンウィークの国内旅行 人気上昇エリアランキングトップ 10 順位 都道府県名 前年同期比 [表: https://prtimes.jp/data/corp/21228/table/89_1.jpg ] 1位の青森県では、弘前・黒石エリアが+54.8%(約1.5倍)、八甲田・奥入瀬・十和田湖周辺エリアが+53.4%(約1.5倍)と特に伸び [全文を読む]

“秋田県鹿角市”での“上質な暮らし”を応援 移住者ネットワーク、移住・定住サポーターの会『NPO法人かづのclassy(クラッシィ)』設立

@Press / 2017年01月20日14時00分

農村地帯でありながらも、北に十和田湖、南に八幡平の国立公園があり、温泉や有形無形の歴史文化遺産が数多くあることから観光客も多く、豊かな四季の自然や固有の文化を育んできました。 『NPO法人かづのclassy』は、今後、様々な交流事業や支援事業に取組んでいきます。 <『NPO法人かづのclassy』概要> 設立 :2016年12月 会員数:14名(個人10、 [全文を読む]

日帰りで非日常体験! 全国おすすめスポット6

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

【問い合わせ】十和田湖国立公園協会 【TEL】0176-75-2425 【HP】http://towadako.or.jp/towadako-oirase/ ■2. 高野山×仏教体験 ▼弘法大師開創の聖地で瞑想体験 樹齢数百年の老杉が並ぶ参道を「奥の院」へと進むと、神聖な空気に身が引き締まる。山内の寺院では写経など各種体験も。「中でも総本山金剛峯寺の『阿 [全文を読む]

【知られざるニッポンの絶景】壮大なアート体験、札幌モエレ沼公園へ行ってみよう

GOTRIP! / 2016年12月19日07時00分

たとえば、青森県と秋田県の間に位置する十和田湖や、長野県の木曽郡、さらには京都府の伊根町など、世界ではなかなか見る事ができない絶景が広がっている場所が日本国内には存在しています。 今回はそんな日本にある絶景をご紹介します。 それが北海道札幌市郊外にあるモエレ沼公園。 「公園」という言葉からちょっと想像のつかないような壮大なスケールのアート空間となっていま [全文を読む]

“わさお”も一緒に男子旅?戸塚純貴ら白神山地へ

Smartザテレビジョン / 2016年12月04日06時00分

色鮮やかな紅葉の十和田湖ではツキノワグマに遭遇したり、地元の人々と触れ合ったり。 また、ご当地グルメを堪能する他、津軽三味線にも挑戦する。さらに“ブサかわ犬”で大人気の秋田犬「わさお」にも遭遇。 そして旅の最終目的「神宿る処―白神山地・青池」では、自然の神秘、真っ青な池をのぞき込むことに。 [全文を読む]

フォーカス