日生劇場のニュース

夏休み、親子で楽しめる観劇イベント「日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2016」7月23日から8月28日まで開催

@Press / 2016年07月05日10時30分

公益財団法人ニッセイ文化振興財団は、2016年7月23日(土)から8月28日(日)まで、毎年、ファミリーを中心に2万人の方にご来場いただいている大人気の「日生劇場ファミリーフェスティヴァル」を東京 日生劇場にて開催します。本フェスティヴァルでは4演目、計19公演を上演。7月は、アリスのクラシックコンサート「アリスの作曲★大作戦」とミュージカル人形劇「ぼくは [全文を読む]

スマートフォンチケット『tixee』が『デスノート The Musical』で導入決定!! ~訪日外国人向けにチケット販売開始~

DreamNews / 2015年01月28日14時00分

2015年4月6日(月)から29日(水)にかけて、日生劇場で開催される『デスノート The Musical』(主催:日本テレビ/ホリプロ)にて、スマートフォンチケット『tixee (ティクシー) 』(運営会社:Live Styles株式会社)の導入が決定しました。2015年4月6日(月)から29日(水)にかけて、日生劇場で開催される『デスノート The M [全文を読む]

「また出る出る詐欺か」関西Jr.主演舞台、公演前日にキャスト変更で一悶着

サイゾーウーマン / 2013年09月04日09時00分

9月4日から始まる東京・日生劇場での舞台『ANOTHER』に出演予定だった関西ジャニーズJr.「7 WEST」の藤井流星が同舞台に出演しないことが3日、発表された。公演前日の出演者変更に、ファンからは「流星に会いたかった」などと悲痛な声が上がっている。 「流星くんは8月に行われた大阪・松竹座の同舞台に出演していたんですが、東京公演のリハーサルに来ていないこ [全文を読む]

中谷美紀×井上芳雄出演舞台「黒蜥蜴」が'18年1月に上演

Smartザテレビジョン / 2017年02月03日20時57分

来年1月~2月に東京・日生劇場と大阪・梅田芸術劇場にて、舞台「黒蜥蜴」の上演が決定した。この作品は、三島由紀夫が残した最高傑作戯曲の一つと称されており、美貌の女盗賊“黒蜥蜴”と名探偵“明智小五郎”が繰り広げる耽美と闇の世界を描いた江戸川乱歩の傑作を、三島が戯曲化した究極のエンターテインメント。 これまでもさまざまなキャスト・演出家により、幾度となく上演され [全文を読む]

日生劇場が贈る甘く切ない青春物語 NISSAY OPERA 2017『ラ・ボエーム』6月18日/24日

@Press / 2017年01月17日17時00分

日生劇場版『ラ・ボエーム』を気鋭のキャスト&スタッフでお楽しみいただけます。<オペラ『ラ・ボエーム』>http://opera.nissaytheatre.or.jp/info/2017_info/le-boheme/【公演概要】オペラ『ラ・ボエーム』[日時]2017年6月18日(日)、24日(土) 各回13:30開演(13:00開場)[会場]日生劇場[チ [全文を読む]

【速報イベントレポ】ユナク(超新星)出演ミュージカル「プリシラ」が日本初上陸! 初日囲み取材&公開ゲネプロ開催

Wow!Korea / 2016年12月08日23時27分

12月8日(木)にミュージカル「プリシラ」初日囲み取材&公開ゲネプロを東京・日生劇場で開催した。囲み取材には演出家の宮本亜門、主演の山崎育三郎、陣内孝則、古屋敬多、ユナクが登壇。本作品の見どころのひとつでもある煌びやかなド派手衣装で登場し、取材陣を圧倒させた。古屋敬多とダブルキャストを務めるユナクは、自身の役について聞かれると「生意気で自分の人生のために強 [全文を読む]

オペラデビューは日生劇場で!『後宮からの逃走』11月11日~13日開催

@Press / 2016年11月01日10時00分

公益財団法人ニッセイ文化振興財団は、2016年11月11日(金)から11月13日(日)まで、オペラ『後宮からの逃走』を東京 日生劇場にて開催します。公益財団法人ニッセイ文化振興財団では、「オペラをより多くの方に楽しんでもらいたい」という想いから、一流の舞台を10,000円以下のお求めやすいチケット料金でお送りしています。2016年11月11日(金)から11 [全文を読む]

「染五郎の復帰公演でも空席が……」勘三郎、團十郎の相次ぐ逝去で暗雲漂う新・歌舞伎座のこけら落とし

日刊サイゾー / 2013年02月08日09時00分

ただし、目玉だった勘三郎さんも團十郎さんも出演しないので、スムーズに集客できるとは思えない」(演劇関係者) 今月4日からは、東京・日生劇場で、昨年夏の公演中に大けがを負った市川染五郎の復帰公演である「二月大歌舞伎」が行われているが、チケットの売れ行きが不調で空席が目立つという、関係者も予期せぬ事態になってしまったようだ。 「染五郎ぐらいのランクの復帰公演と [全文を読む]

「伊福部昭百年紀Vol.4」5月31日に発売!

DreamNews / 2017年04月24日13時00分

その他、日生劇場、及び藤原歌劇団のオペラ公演に副指揮者として携わる。現在、オーケストラトリプティーク常任指揮者。京都市ジュニアオーケストラ、及び八王子ユース弦楽アンサンブルにてアシスタントコンダクターを務める。2015年4月、東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンスに就任。三瀬俊吾 MISE Shungo コンサートマスター東京音楽大学卒業後、桐朋学園 [全文を読む]

ウエンツにとって“邪魔な芸能人”がタッキーから関ジャニ村上信五にチェンジ?

アサジョ / 2017年04月05日10時14分

逆に関ジャニ村上はウエンツに邪魔者扱いされるなんて、大出世したと言えるのではないでしょうか」(芸能事務所関係者) 4月8日から日生劇場で「紳士のための愛と殺人の手引き」の舞台が始まるウエンツ。改めてタッキーを邪魔に感じ始めているかも? [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

その他、日生劇場、及び藤原歌劇団のオペラ公演に副指揮者として携わる。現在、オーケストラトリプティーク常任指揮者。京都市ジュニアオーケストラ、及び八王子ユース弦楽アンサンブルにてアシスタントコンダクターを務める。2015年4月、東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンスに就任。三宅政弘 MIYAKE Masahiro コンサートマスター兵庫県立西宮高等学校 [全文を読む]

今井翼のフラメンコ姿にファンが「うれしいけど悲しい」と感じるワケ

アサジョ / 2017年03月13日10時15分

3月6日に日生劇場でスタートした舞台「音楽劇マリウス」に主演しているタッキー&翼の今井翼。共演者の瀧本美織が小さい頃に「タッキー」と呼ばれていたことから、今井みずから「新生タッキー&翼をよろしく」と公演前にリップサービスしていた甲斐あってか、舞台は連日黄色い声援に包まれている。 しかし、舞台を観た今井ファンからは「うれしいけど悲しい」という悲痛な叫びがあが [全文を読む]

川平慈英語る父との思い出「兄貴たちばっかりにかまって…」

WEB女性自身 / 2017年01月19日12時00分

魔法にかかったみたいに、ね」 そう話すのは、ティム・バートン監督の名作ファンタジー映画をミュージカル化した『ビッグ・フィッシュ』(2月7〜28日・東京「日生劇場」にて)で、父親エドワードを演じる川平慈英(54)。エドワードは自らの体験談を現実にはありえないほど大げさに語り、聴く人を魅了するのが得意。その息子ウィル(浦井健治)は子どものころこそ父の奇想天外な [全文を読む]

WOWOW開局25周年記念「生中継!トニー賞 コンサート in TOKYO」へ濱田めぐみの出演が決定!!

PR TIMES / 2017年01月04日11時15分

今月は日生劇場のミュージカル『フランケンシュタイン』日本初演、4月にミュージカル『王家の紋章』再演に、9月に『デスノートThe musical』再演への出演が決まっている。 [画像2: https://prtimes.jp/i/1355/3496/resize/d1355-3496-494155-0.jpg ] 「生中継!トニー賞 コンサート in TOK [全文を読む]

【イベントレポ】ユナク(超新星)出演ミュージカル「プリシラ」初日囲み取材&公開ゲネプロ開催!

Wow!Korea / 2016年12月09日20時52分

12月8日(木)に「ミュージカル『プリシラ』初日囲み取材&公開ゲネプロ」を東京・日生劇場で開催した。囲み取材には演出家の宮本亜門、主演の山崎育三郎、陣内孝則、古屋敬多(Lead)、ユナク(超新星)が登壇。本作品の見どころのひとつでもある煌びやかなド派手衣装で登場し、取材陣を圧倒させた。―(衣装の)仕上がりがすごいですね!衣装を着るとやはり役に入ってしまいま [全文を読む]

サミット開催の舞台となった「志摩観光ホテル」で各国首脳クラスの滞在を味わう

サライ.jp / 2016年11月09日17時00分

設計は、サライ世代には懐かしい迎賓館(旧赤坂離宮改修)、日比谷日生劇場、都ホテル大阪(現・シェラトン都ホテル大阪)などを手掛けた名建築家・村野藤吾氏であった。 今年、志摩観光ホテルは、昔の面影を残した寛ぎのスペース「ザ クラブ」とともに、伝統と文化の香り漂う「ザ クラシック」、モダンで全室スイートルームの「ザ ベイスイート」という特徴の異なるふたつの客室棟 [全文を読む]

舞台チケットは入手困難!嵐ファンがA.B.C-Zに大量流入している理由とは?

アサジョ / 2016年10月24日09時58分

いまや認知度は急上昇中で、日生劇場で定期的に行われている舞台のチケットは、入手困難のプラチナチケットと化しているそうだ。 その裏には“嵐離れ現象”が起きていると芸能記者は言う。「ジャニーズファンの人たちに取材すると、嵐のファンだった人たちが、いまやA.B.C-Zの応援に力を入れているそうです。嵐は年間20公演ほどしかなく、そのチケットは超入手困難。ファンに [全文を読む]

塚田僚一&戸塚祥太が半裸密着筋トレ!? 「ABC座2016」開幕!

Smartザテレビジョン / 2016年10月05日18時00分

A.B.CーZ主演の舞台「ABC座2016 株式会社 応援屋!!~OH&YEAH!!~」(10/5水~27木)が東京・日生劇場で開幕。記者会見と公開稽古が行われた。 錦織一清が演出、西寺郷太が脚本と音楽を担当する本作は、悩める人々を応援する会社「応援屋」に集ったメンバーが友情を育んでいく物語。応援屋を立ち上げた天才ブロガー・いしけん役の橋本良亮は、「今応援 [全文を読む]

陣内孝則「この女なら抱けると思った!」“プリシラ号”出発式

Walkerplus / 2016年09月08日19時35分

宮本亜門演出のミュージカル「プリシラ」(日生劇場、12月8日~12月29日)のラッピングバス「プリシラ号」の出発式が、9月7日(水)に東京スカイツリー・ソラマチひろばで開催され、山崎育三郎、ユナク(超新星)、古屋敬多(Lead)、陣内孝則、そしてMCとしてキンタロー。が登場した。 「プリシラ」は、日本初上陸となるオーストラリア発のミュージカル。原作は'94 [全文を読む]

【銀座グランドホテル】「TAITTINGER JAZZ LIVE」開催2016年8月26日(金) 1stステージ19:00~ 2nd ステージ20:00~

PR TIMES / 2016年08月23日12時23分

2002年「日生劇場 朝丘雪路リサイタル」編曲、演奏、音楽監督を務める。 [全文を読む]

フォーカス