前橋市のニュース

<官民協働事業>コスモス畑プロジェクト遊休未利用地を活用した広大なコスモス&蕎麦畑が誕生

@Press / 2016年09月20日10時00分

群馬セキスイハイム株式会社(所在地:群馬県前橋市、代表取締役社長:石割 大樹)は、本社を構える前橋市との協働事業としてスタートさせた「都市魅力アップ共創推進事業・コスモス畑プロジェクト」の第一弾イベントとして、2016年10月1日(土)、2日(日)に「コスモス&蕎麦まつり」を前橋ローズタウンで開催します。イベント詳細: http://www.gs816.j [全文を読む]

保育所に太陽光パネルを寄付し 売電益を子育て支援に活用 官民共同事業「セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト」2014年1月15日竣工式開催!

@Press / 2013年12月27日10時30分

群馬セキスイハイム株式会社(所在地:群馬県前橋市、代表取締役社長:石割 大樹)は、本社ビル近くにある「前橋市立第三保育所」の園舎屋上に約35kWの太陽光パネルを設置し、前橋市へその設置費用全額と売電益を寄付することで、売電益を前橋市の子育て支援費用に使っていただくという「セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト」竣工式を2014年1月15日(水 [全文を読む]

<官民協働事業>太陽光パネルの売電益で保育所へ三輪車をプレゼント!群馬セキスイハイム、4月18日(火)に贈呈式を開催~セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト~

@Press / 2017年04月07日13時00分

群馬セキスイハイム株式会社(本社:群馬県前橋市、代表取締役社長:石割 大樹)は、当社の地域貢献活動「セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト」における2016年度分の売電益を、前橋市内18箇所の保育所で使用する三輪車やスクーター約60台の購入に充てることとし、その贈呈式を2017年4月18日(火)に実施いたします。 当社は、地域の皆様に愛される [全文を読む]

issue+design、群馬県前橋市との協働事業『前橋みらい家族ラボ』発足

PR TIMES / 2016年10月13日15時01分

」をテーマに、地域課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、群馬県前橋市との協働で、官民連携型活動体『前橋みらい家族ラボ』を発足。第一弾の取り組みとして、2016年10月23日、 前橋市にて「前橋みらい家族会議」を開催。 [画像1: http://prtimes.jp/i/20948/3/resize/d20948-3-2429 [全文を読む]

<官民共同事業>セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト寄付した太陽光パネルの売電益で前橋市の保育所へ楽器をプレゼント!

@Press / 2015年04月14日12時00分

群馬セキスイハイム株式会社(所在地:群馬県前橋市、代表取締役社長:石割 大樹)は、地域の皆様に愛される企業を目指し、安心・安全・快適な住まいを提供するだけでなく、様々な活動を通じて、地域貢献活動に取り組んでいます。 その活動のひとつとして、2014年1月15日にスタートした官民共同事業「セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト」があります。本プ [全文を読む]

<官民共同事業>セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト 太陽光パネルの売電益で保育所へすべり台をプレゼント!

@Press / 2016年04月19日12時00分

群馬セキスイハイム株式会社(所在地:群馬県前橋市、代表取締役社長:石割 大樹)は、地域の皆様に愛される企業を目指し、安心・安全・快適な住まいを提供するだけでなく、様々な活動を通じて、地域貢献活動へ取り組んでまいりました。 その活動のひとつとして、2014年1月15日にスタートした官民共同事業「セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト」があります [全文を読む]

子育て家族に選ばれる街を目指す群馬県前橋市

ZUU online / 2017年04月26日06時40分

人口減少や流出などに悩む日本の都市が多い中、ここ数年、育児支援や教育事業で注目を集めているのが、群馬県前橋市です。若年層への就労支援なども含めた横断的な街づくりを行っている、前橋市の魅力とはどのようなものがあるのでしょうか。■自然、歴史に恵まれた子育ての街・前橋市の魅力前橋市は、古くは上野国(こうずけのくに)の国府が置かれ歴史の中心地として栄えてきた、関東 [全文を読む]

官民協働「前橋みらい家族会議」で出産・子育てのしやすいまちへ

イクシル / 2016年10月17日10時51分

官民連携活動体「前橋みらい家族ラボ」発足 「日本一子育てしやすいまち 前橋の実現」に共感したissue+designは、群馬県前橋市との協働で、官民連携型活動体『前橋みらい家族ラボ』を発足。第一弾として、10月23日、前橋市にて「前橋みらい家族会議」を開催します。 issue+designとは、地域・社会が抱える様々な課題解決のためのモノ、サービス、場、仕 [全文を読む]

O157感染:販売形態、総菜店任せ トング使い回しか

毎日新聞 / 2017年09月14日21時37分

死亡した3歳の女児を含め11人の感染者が出た前橋市六供(ろっく)町の「でりしゃす六供店」は、サラダ、炒め物、揚げ物などの各コーナーで、客がふたのない大皿から皿ごとに置いてあるトングを使い、総菜を取り分ける販売形態だった。 前橋市保健所の調査では、感染者が「買おうとしたサラダにトングがなかったので別のサラダのトングを使った」と話しているほか、店のマニュアル [全文を読む]

群馬県民もガッカリ!井上真央、「花燃ゆ」終了後ものしかかる重圧

アサジョ / 2016年01月06日09時58分

だが今、その前橋市の計画が寄付金不足でピンチに陥っている。 楫取が群馬県令となって、尽力を注いだ生糸の生産工場「富岡製糸場」が2014年に世界遺産に登録されたこともあり、さらなる観光客誘致に力を入れようとした前橋市だったが、その目論見は「花燃ゆ」の低視聴率のあおりを受け失敗したようだ。 前橋市はドラマに合わせて楫取らの銅像を今年度中に寄付金で建てようと、費 [全文を読む]

<官民共同事業>セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト 保育所園児へ世界的庭園デザイナー石原 和幸氏が花育(寄せ植え教室)を実施!

@Press / 2015年11月05日12時00分

群馬セキスイハイム株式会社(所在地:群馬県前橋市、代表取締役社長:石割 大樹)は、地域の皆様に愛される企業を目指し、安心・安全・快適な住まいを提供するだけでなく、様々な活動を通じて、地域貢献活動へ取り組んでまいりました。このたび、官民共同事業「セキスイハイム太陽光発電kidsニコニコプロジェクト」における園児への環境教育の一環として、「世界一の庭師」と称賛 [全文を読む]

O157:群馬で緊急連絡会議 独自の衛生指針策定へ

毎日新聞 / 2017年09月16日10時15分

【山本有紀】 緊急連絡会議は、総菜店「でりしゃす六供店」(前橋市六供町)の総菜を食べた3歳の女児が亡くなったことを受け、県や前橋市保健所などの担当者が出席し、再発防止策や原因究明について協議した。 六供店での感染者11人のうち、女児と60代の女性が食べたのは炒め物など加熱食品のみだったことから、前橋市保健所は「店舗内での2次汚染の可能性が高い」とみており、 [全文を読む]

O157感染:死亡の女児、食べたのは炒め物 2次汚染か

毎日新聞 / 2017年09月13日21時14分

群馬、埼玉両県の同じ系列の総菜店で購入したポテトサラダなどを食べた客が病原性大腸菌O157に感染した問題で、前橋市保健所は13日、前橋市六供(ろっく)町の「でりしゃす六供店」で新たに感染者2人が確認され、うち東京都の女児(3)が死亡したと発表した。一連の問題で死者は初めて。女児が食べたのは炒め物などの加熱食品だったことから、市保健所は「2次汚染の可能性が強 [全文を読む]

長州が主役のNHK大河『花燃ゆ』に群馬県民激怒 その理由

NEWSポストセブン / 2015年02月12日07時00分

そんな楫取が猛反発を受ける理由は、やはり県庁所在地を高崎市から前橋市に移したことが大きい。 群馬県一帯は古くは「上野国」「上州」と呼ばれていたが、江戸時代は前橋藩、高崎藩などに分かれ、維新後も1871年(明治4年)の廃藩置県で前橋県や高崎県など9県に分かれた。その後紆余曲折を経て1876年に群馬県に統一されるが、長らく別の藩だったこともあり前橋・高崎両地域 [全文を読む]

5月初 前橋や福島で4日連続真夏日

tenki.jp / 2017年05月23日17時27分

今日(23日)も5月とは思えない暑さが続き、前橋市や福島市では4日連続で真夏日となりました。前橋市や福島市で5月に4日連続で真夏日となるのは初めてのことです。5月としては真夏日が記録的に継続日本列島は20日(土)から5月とは思えない暑さが続いています。暑さのピークは越えましたが、今日(23日)も季節外れの暑さが続きました。今日、全国で最も気温が上がったのは [全文を読む]

前橋市が公認展示「吉田松陰の刀」に持ち上がった真贋論争

NEWSポストセブン / 2017年04月16日16時00分

公開に先立つ3月28日の前橋市の発表を受け、各紙に〈松陰の短刀、本物だった〉(東京新聞、3月29日付)、〈吉田松陰の形見と判断 昨年、前橋市に寄託の短刀〉(朝日新聞群馬版、4月2日付)などの見出しが躍った。展示初日には県内外から約200人が訪れたという。「前橋市によれば、短刀はもともと初代群馬県令・楫取素彦(かとりもとひこ)の妻である松陰の妹・寿(ひさ)が [全文を読む]

「サイクルツリー前橋」・「ジャイアントストア前橋」オープン(ニュースリリース)

PR TIMES / 2016年09月07日15時00分

■JR前橋駅前に機械式駐輪場とスポーツサイクル専門店が誕生 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田俊作)は、群馬県前橋市のJR前橋駅前(北口)に機械式駐輪場「サイクルツリー前橋」とスポーツサイクル専門店「ジャイアントストア前橋」を2016年9月12日(月)にオープンします。 「サイクルツリー前橋」は、2016年5月に駅前駐車 [全文を読む]

花とグルメとおもてなし!「赤城南面フェスティバル」赤城クローネンベルクにて4月16日・17日開催

@Press / 2016年04月08日15時30分

イベントURL: http://akagi-kronenberg.jp/event/#778 ■イベントについて 「日本さくら名所100選」に選ばれた前橋市を代表する赤城南面千本桜や、40万株の黄色だけのスイセンが咲き誇る花畑が広がります。 約20店舗の前橋市の地元名物店とこだわりのグルメ提供店が赤城クローネンベルクに集合し、当園の地ビールやソーセージも [全文を読む]

前橋VS高崎 歴代総理や新幹線…どちらか上かで市民譲らず

NEWSポストセブン / 2013年08月30日07時00分

それはネットで「グンマー」などと言われる 群馬県の前橋市と高崎市でも対抗心が丸出しになっている。 群馬県が成立した当初、県庁は前橋に置かれていたが、高崎城が当時の兵部省の管轄に入ったため、高崎に県庁が移転。 すると今度は生糸の輸出で財を成していた前橋側が巻き返しをはかり、前橋城跡に県庁を誘致することを明治政府に提案し、移転費用を自ら用意することで、了承させ [全文を読む]

O157:「販売者として責任」総菜店全17店閉店

毎日新聞 / 2017年09月20日19時17分

その後も感染が相次いで判明し、今月13日には前橋市の六供店の炒め物などを食べた女児が発症、死亡したことが明らかになった。しかし、出荷した工場のサンプル調査や「でりしゃす」の従業員や調理室から菌は検出されず、感染源は特定されていない。 同社によると、利用客らから「衛生管理をしっかりして」といった批判や、感染が広域に及んでいるため「『でりしゃす』の責任ではない [全文を読む]

フォーカス