紀伊半島のニュース

渋谷で「地方移住」を体験!『紀伊半島カフェ』が渋谷ロフト2階に期間限定オープン(2/6~3/11)

PR TIMES / 2017年02月03日13時25分

雑誌『Discover Japan』誌面と連動、渋谷で「地方移住」を体験! 奈良・三重・和歌山の3県を体験できる期間限定『紀伊半島カフェ』が、渋谷ロフト2階にオープンする。期間中には3県の美食を堪能できる限定メニューを提供するほか、実際の移住者の声を聞けるトークイベントも開催。2017年2月6日(月)~11日(土)まで。[画像1: https://prti [全文を読む]

中国が"東京爆撃"の飛行訓練を進める思惑

プレジデントオンライン / 2017年09月08日09時15分

中国空軍は今年8月、6機の爆撃機を東シナ海から東京に向けて北上させ、紀伊半島沖で引き返すという訓練を行った。領空侵犯はなかったが、そこで想定されるシナリオは「東京の爆撃」だ。「北朝鮮危機」のウラで、中国はなにを狙っているのか――。 ■中国最大の爆撃機6機が東京方面に進行 8月24日午前、中国空軍のH-6 爆撃機6機が東シナ海から沖縄本島・宮古島間の公海上を [全文を読む]

「東海・東南海・南海トラフ型」巨大地震を誘発する兆候が…浜岡原発は大丈夫か?

週プレNEWS / 2016年04月14日06時00分

気象庁によると震源は紀伊半島東側約50kmの三重県南東沖海底下29kmで、マグニチュードは6.5。最も震源に近かった紀伊半島南端・串本町の漁業関係者に当時の様子を聞くと、「この辺りの震度は3で、身の危険を感じるほどの揺れ方ではなかった。でも地面がゆらゆら動く状態が2分間以上も続き、これまで経験したことのない変わった地震だと思いました」 過去の研究データを [全文を読む]

大雨 激しい雨 記録的な雨

tenki.jp / 2014年06月03日22時53分

紀伊半島は5日(木)にかけて大雨に警戒が必要で、関東も5日(木)から6日(金)は総雨量がかなり多くなりそうです。4~6日の予想天気図九州と四国で記録的な雨も4日(水)は、九州と四国は雨の一日。雷を伴ったり、非常に激しく降ることがあるでしょう。特に九州南部や四国の太平洋側は6月ひと月分の雨量を超えるほどの大雨になる所もありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、 [全文を読む]

九州雨量増加 来月梅雨前線日本海へ

tenki.jp / 2017年06月25日18時33分

25日(日)は、梅雨前線の影響で、九州や四国の沿岸部、紀伊半島の一部の主に西日本の太平洋側で大雨になりました。同日未明には、和歌山県で記録的短時間大雨情報の発表、九州(熊本県や宮崎県中心)では、非常に激しい雨が降りました。梅雨前線は、26日(月)にかけて少し陸地から離れますが、九州南部では雨が断続的に降り、雨量がさらに増えるでしょう。引き続き、土砂災害に警 [全文を読む]

山里の貴婦人「キイジョウロウホトトギス」が見頃を迎えました!

@Press / 2016年09月21日17時45分

和歌山県の紀伊半島南部にのみ自生する希少なホトトギスの仲間です。斜面にすずなりになって咲く姿は大変美しく、ホトトギスの花によくみられる斑点模様があり一際人気の植物です。 ■キイジョウロウホトトギス(ユリ科) 本州(紀伊半島南部)に分布する多年草です。深山のがけから垂れ下がるようにして生育しています。長さ40~80cmの茎はしなだれて、節々に重なって花を咲 [全文を読む]

山里の貴婦人「キイジョウロウホトトギス」が見頃を迎えました!

PR TIMES / 2016年09月21日17時41分

和歌山県の紀伊半島南部にのみ自生する希少なホトトギスの仲間です。斜面にすずなりになって咲く姿は大変美しく、ホトトギスの花によくみられる斑点模様があり一際人気の植物です。 [画像1: http://prtimes.jp/i/5180/811/resize/d5180-811-464162-1.jpg ] [画像2: http://prtimes.jp/i/ [全文を読む]

山里の貴婦人「キイジョウロウホトトギス」が咲き始めました

PR TIMES / 2015年09月16日16時23分

和歌山県の紀伊半島南部にのみ自生する希少なホトトギスの仲間です。斜面にすずなりになって咲く花の姿は大変美しく、当園に咲く花の中でも一際人気があります。花内には、ホトトギスの花によくみられる斑点模様があり、光沢のある黄色い花は森の中を照らす明かりのように輝いています。 [画像: http://prtimes.jp/i/5180/514/resize/d51 [全文を読む]

山里の貴婦人「キイジョウロウホトトギス」が咲き始めました

@Press / 2015年09月16日16時15分

和歌山県の紀伊半島南部にのみ自生する希少なホトトギスの仲間です。斜面にすずなりになって咲く花の姿は大変美しく、当園に咲く花の中でも一際人気があります。花内には、ホトトギスの花によくみられる斑点模様があり、光沢のある黄色い花は森の中を照らす明かりのように輝いています。 ■キイジョウロウホトトギス(ユリ科) 本州(紀伊半島南部)に分布する多年草です。深山のが [全文を読む]

台風11号 大雨・暴風の警戒期間

tenki.jp / 2015年07月15日20時41分

大型で非常に強い台風11号は、16日(木)夜遅くから17日(金)にかけて四国や紀伊半島、九州に接近、上陸の恐れ。広い範囲で暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。警戒期間をまとめましたので参考になさってください。大型で非常に強い台風11号は、15日(水)18時現在、 紀伊半島のはるか南海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいます。 今後も比較的ゆっくりとした速 [全文を読む]

山里の貴婦人「キイジョウロウホトトギス」が見頃を迎えています

PR TIMES / 2014年09月25日16時52分

六甲高山植物園 → http://bit.ly/1mUt99b 「キイジョウロウホトトギス」とは、和歌山県の紀伊半島南部にのみ自生する希少なホトトギスの仲間です。斜面にすずなりになって咲く花の姿は大変美しく、当園でも一際人気があります。 ■キイジョウロウホトトギス(ユリ科) 本州(紀伊半島南部)に分布する多年草です。深山のがけから垂れ下がるようにして生育 [全文を読む]

和歌山の「二階バイパス」 自民政権復帰で予算が7倍78億円

NEWSポストセブン / 2013年06月13日07時00分

活況をもたらしたのは、大阪府松原市から紀伊半島沿岸をぐるっと一周して三重県の多気町に至る全長336㎞の長大な「近畿自動車道紀勢線」の建設計画だ。国道42号線に並行して走る高速道路は現在、和歌山側と三重側でそれぞれ工事が進んでいて、自民党の政権復帰とともにピッチが上がっている。 和歌山側の着工区間(田辺~すさみ間、全体事業費約1968億円)の事業費は201 [全文を読む]

大雨ピーク2回 雨量500ミリ超えも

tenki.jp / 2017年09月16日14時56分

紀伊半島など局地的に非常に激しい雨が降る予想。17日(日)未明からいったんおさまりますが、17日(日)の午後は台風本体の雨雲が近づき2回目のピークに。日曜の午後を中心に暴風や高潮に警戒。紀伊半島など近畿南部では総雨量500ミリを超える大雨の恐れがあります。 【東海】 1回目の雨のピークは今夜にかけて。三重県などで局地的に非常に激しい雨。17日(日)は一日雨 [全文を読む]

紀伊半島豪雨6年:亡き祖父導く復興支援 大阪の53歳

毎日新聞 / 2017年09月04日13時11分

2011年9月の紀伊半島豪雨で死者・行方不明者が13人に上った奈良県十津川村は、深刻な水害に度々見舞われた歴史を持つ。1953年7月の「紀和水害」で、村在住の祖父を失った大阪府八尾市の美容師、上垣隆幸さん(53)は11年豪雨の現場を見て「祖父との縁」を感じ、村の復興支援を続けている。6度目の慰霊に訪れた4日、「これからも十津川の温泉や景観をあちこちで自慢し [全文を読む]

紀伊半島豪雨6年:キャンドルで追悼 88人が死亡・不明

毎日新聞 / 2017年09月04日10時35分

和歌山、奈良、三重3県で計88人が死亡・行方不明となった紀伊半島豪雨(2011年9月)の発生から、4日で6年を迎えた。29人が犠牲になった和歌山県那智勝浦町の紀伊半島大水害記念公園では午前1時から、29本のキャンドルをともして冥福を祈った。 那智谷大水害遺族会(岩渕三千生代表)が主催。犠牲者名が刻まれた慰霊碑前にキャンドルが並べられ、遺族や友人、被害を受け [全文を読む]

日本政府が中国に関心を表明、爆撃機の長距離飛行で

ロイター / 2017年08月25日13時18分

[東京 25日 ロイター] - 小野寺五典防衛相は25日の閣議後会見で、中国軍機が前日午前に紀伊半島沖まで長距離飛行したことについて、外交ルートを通じて日本側の関心を伝えたことを明らかにした。 小野寺防衛相は「国際法上、特段の問題があったという事実は確認されていない。抗議はしていないが、外交ルートを通じ、我が国としての関心表明を行った」と述べた。 防衛省は [全文を読む]

中国爆撃機が紀伊半島沖に初飛来、日本に緊張走る―台湾メディア

Record China / 2017年08月25日11時30分

2017年8月25日、中国の爆撃機6機が紀伊半島沖に飛来した問題をめぐり、海外網は「台湾メディア、『日本に緊張』と報道」と題する記事を掲載した。 防衛省の24日の発表によると、中国のH−6(轟−6)爆撃機6機がこの日、沖縄本島と宮古島の間を通り、紀伊半島沖に飛来した。これを受け、航空自衛隊が緊急発進(スクランブル)を実施。領空侵犯はなかったという。台湾・中 [全文を読む]

長引く雨に 年に何度もない大雨の所も

tenki.jp / 2017年06月23日16時38分

九州や四国、紀伊半島を中心に年に何度もないような大雨となる所もあるでしょう。関東付近では南岸に前線が停滞し、今のところ、先日ほどの暖湿気の流れ込みはなく、大雨にはならない見込みです。ただ、梅雨前線が現在の予想よりもやや北上すると雨量が多くなる可能性もありますので、最新の情報もご確認下さい。◆各地の警戒、注意期間【九州】24日(土)は雨や雷雨で非常に激しい雨 [全文を読む]

土日からまた大雨 強雨が長引く

tenki.jp / 2017年06月22日16時36分

一日で6月ひと月分の雨が降った所も20日(火)から21日(水)にかけては活発な梅雨前線や低気圧の影響で、紀伊半島を中心に記録的な大雨となった所がありました。和歌山県古座川町や白浜町では1時間に80ミリを超える猛烈な雨が降るなど、比較的短い時間に一気に雨が降り、たった1日程度で、平年の6月ひと月分の雨が降った所もありました。沖縄は夏本番 九州から関東は梅雨の [全文を読む]

地方は消滅しない――奈良県野迫川村の場合

文春オンライン / 2017年06月12日17時00分

紀伊半島の山々に囲まれた野迫川村は、奈良県でも隠れ里のような存在だ。国道も信号もなく、携帯電話が通じない地区もある。役場の標高は八百十メートルで、年間平均気温は九・二度と札幌市並みだ。 人口は約四百二十人しかなく、谷筋にへばり付くようにして十五の集落が点在する。大股漁業生産組合は役場から十三キロメートルほど離れた大股という集落にあり、ここでは十二戸、二十 [全文を読む]

フォーカス