佐村河内守のニュース

佐村河内守氏に学ぶ、ビジネスでも使えるキャラクターの起て方とは

AOLニュース / 2014年02月18日10時00分

2014年2月、日本中の話題をさらったのは、やはり何と言っても佐村河内守氏である。今やニュースやワイドショーでは記録的な大雪やソチ五輪の話題ばかり取り上げられているわけだが、心のどこかで、佐村河内守氏を探している自分に気付かないだろうか。あの長髪とサングラスを、ふと思い出す瞬間がないだろうか。まだ、求めている。私たちは、佐村河内守氏のことを。 そもそも佐村 [全文を読む]

ゴースト作曲家・新垣隆氏の封印された壮絶な経歴...夜逃げ、露天商、妻が重病説も

東京ブレイキングニュース / 2014年02月07日10時40分

「被爆二世」で「全聾の作曲家」と聴力を失った不遇の状況ながらも作曲家として優れた交響曲を発表、そのため「現代のベートーヴェン」と高い賞賛を得てきた佐村河内守氏(さむらごうち・まもる=50)。これまでの作曲が彼自身の手によるものではなかったとゴーストライター新垣隆氏(43)に告発され大きな騒動となっているのは既報の通りだ。 インターネット上では佐村河内守氏で [全文を読む]

BPO放送倫理検証委員会、“全聾の天才作曲家”5局7番組に関する見解を公表。「放送倫理違反とまでは言えない。自己検証結果の公表を要望する。」

PR TIMES / 2015年03月06日17時04分

」 http://www.bpo.gr.jp/ 放送倫理・番組向上機構[BPO] の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)は、1年余りにわたって討議・審理してきた“全聾の天才作曲家”佐村河内守氏の5局7番組に関する見解(委員会決定第22号)をまとめ、2015年3月6日、記者会見して公表しました。委員会は、佐村河内氏の作曲活動と聴覚障害に関する各局の裏付け取材 [全文を読む]

佐村河内守に森達也が挑む超問題作『FAKE』が突きつける真実とは?

tocana / 2016年06月24日07時00分

2014年、作曲家・佐村河内守のゴーストライター問題が週刊文春で報じられた。テレビマスコミは便乗し、ゴーストライター騒動は即座にお茶の間にまで広がっていった。成功者を妬み、引きずりおろすことにかけては、テレビメディアは天才的な手腕を発揮する。 そんな中、森達也はカメラを持ち、佐村河内守の自宅を訪れていた。マンションの部屋で佐村河内守と妻、一匹の猫は、世間 [全文を読む]

ネットユーザーが選ぶ2014年の「ワースト謝罪会見」、 1位は「理研・小保方晴子氏」

PR TIMES / 2014年12月04日15時22分

広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(宣伝会議刊)が調査3トップは小保方晴子・佐村河内守・野々村竜太郎企業部門はマクドナルド・ベネッセ・朝日新聞が上位に広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(株式会社宣伝会議発行、月刊)は11月、2014年に発生した企業や個人の不祥事や謝罪会見に関し、全国の男女500人(20~80代)を対象に「印象に残った出来事」「ニュ [全文を読む]

夢の対決過ぎる「第65回裏紅白歌合戦」が今年も発表される!

秒刊SUNDAY / 2014年11月24日20時26分

今年はあまりに奇怪な人物の方策となっており、思えば「佐村河内守」「小保方晴子」「野々村竜太郎」の御三家をはじめ、ありとあらゆる意味で危ない人物が勢ぞろい。そして彼らが歌うヒットソングも注目したいところだ。早速ご覧ください。第65回裏紅白歌合戦http://homepage3.nifty.com/jiyujoho/urak14.htm視界は昨年と同じく「白組 [全文を読む]

「佐村河内守神話」のきっかけを作ったのは「五木寛之の推薦文」だった?

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月16日15時41分

「全聾(ぜんろう)の作曲家」「現代のベートーベン」と呼ばれ、多くのクラシックファンの人気を集めていた佐村河内守さん。その地位は今年2月、音楽家の新垣隆さんが「ゴーストライターをつとめていた」と告白したことで、一気に暗転した。 だが、そもそも、音大などで正規の音楽教育を受けたことのない佐村河内さんが、なぜ「現代のベートーベン」と称されるまでになったのか。新垣 [全文を読む]

テリー伊藤対談「ノンフィクション作家・神山典士」(1)佐村河内氏に疑問を抱いた理由とは?

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時52分

全聾の作曲家として「現代のベートーベン」と絶賛されていた佐村河内守氏。その虚構を世に知らしめたノンフィクション作家・神山典士氏が登場。騒動の発端となった記事「全聾の作曲家はペテン師だった!」の裏舞台と人間模様に、天才テリーが迫った! テリー 神山さんが佐村河内守さんの盗作に気づいたのは、いつ頃だったんですか。 神山 去年の12月からですね。 テリー 音楽 [全文を読む]

バナナ彫刻職人が、ゴーストライター発覚前の佐村河内守を彫る!

週プレNEWS / 2014年03月10日17時00分

記者会見でのあまりの別人っぷりに、かつての佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏の容貌を忘れてしまった人も、この写真で思い出したのではないだろうか? この見事な彫刻、素材は見てのとおりバナナ。作者は、滋賀県彦根市在住の山田恵輔氏、26歳だ。 電気内装工事を職業とする山田氏は、「4年ほど前、休日にあんまりヒマだったんで、家の食卓にあったバナナに顔を彫ってみたの [全文を読む]

これがすべての発端だ!週刊文春2月13日号の佐村河内氏記事を電子書籍化

@Press / 2014年02月13日16時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は、2月13日、文春e-Books『堕ちた“現代のベートーベン”「佐村河内守事件」全真相』(神山典士+『週刊文春』取材班)を発売いたします。「文春e-Books」は、2013年12月にスタートした、文藝春秋の電子書籍オリジナルレーベルです。 2月6日、『週刊文春』に一本の記事が掲載されまし [全文を読む]

メディアが「障害者の美談に弱い」は本当か? ある地方紙記者の奇妙な体験

東京ブレイキングニュース / 2014年02月08日10時00分

「現代のベートーベン」といわれた作曲家・佐村河内守さん(50)の18年間にわたる主要作品が自身ではなく、ゴーストライターが作っていたことを週刊文春がスクープした。発売後には桐朋学園大学の非常勤講師、新垣隆さん(43)が記者会見し、自身が作曲していたことを認めた。また、全聾といわれた佐村河内さんに対して「耳が聞こえないと思ったことはない」とも述べた。これが本 [全文を読む]

日本中の注目を浴びた一人の音楽家の素顔に迫るドキュメンタリー

NeoL / 2016年07月19日16時01分

ゴーストライター騒動で注目を集めた佐村河内守を追った、ドキュメンタリー映画『FAKE』が公開中。 視聴覚障害を持ちながら数々の音楽を発表し、“現代のベートーベン”を称された佐村河内。しかし、音楽家の新垣隆が18年間に渡りゴーストライターを務めていたと告白、耳も聞こえていると暴露したことは記憶に新しい。騒動については謝罪したものの、その後は沈黙を守り続けてい [全文を読む]

衝撃のラスト12分間。佐村河内守を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』公開!【森 達也×浅野いにお×木村綾子(後編)】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月04日15時00分

■視点を変えれば、ぜんぜん違うものが見えてくる浅野 『A3』を読んでいても思ったんですけど、森さんって、麻原彰晃やオウム事件の被告人に対しても、完全には断罪できずに、何か事情があったんじゃないかと入り込んでいく感じがして。それが森さんの魅力だとは思うんですけど、それってでも、世間からしたら合理的ではないですよね。森 ……確かに風当たりは強いです。だから本が [全文を読む]

衝撃のラスト12分間。佐村河内守を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』公開!【森 達也×浅野いにお×木村綾子(前編)】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月04日10時00分

被写体となったのは、「ゴーストライター騒動」として世間を賑わせた佐村河内守氏。本作をもとに、かねてから森作品のファンだったと語るマンガ家・浅野いにおさんと、二人を繋いだ作家・木村綾子さんとの鼎談が開かれた。 『チャンキ』『A3』などの活字作品にも触れながら、『FAKE』が生まれた理由のひとつである“今この国に対する違和感”について伺っていった――。■感想を [全文を読む]

佐村河内の意外な「素顔」に迫った森達也監督が社会の二元化に警鐘!「安倍政権もメディアも途上国以下のレベル」

リテラ / 2016年06月03日12時34分

"「現代のベートーベン」全聾の作曲家佐村河内守はペテン師だった!"──2014年2月の「週刊文春」(文藝春秋)のスクープを皮切りに、メディアを巻き込んだ大スキャンダルに発展した佐村河内守氏の"ゴースト騒動"。会見後、佐村河内氏は表舞台から姿を消したが、その佐村河内氏の「素顔」に迫ったドキュメンタリー映画が、6月4日より劇場公開される。 タイトルは『FAKE [全文を読む]

第2の佐村河内守!? 経歴詐称・ショーンK氏の超絶「ウソ」を見抜けなかったテレビ局の失態

日刊サイゾー / 2016年03月16日17時00分

ネット上では「佐村河内守の再来か」と、重度の聴覚障害を偽って作曲していたとされる佐村河内氏を連想する人もいれば、堺雅人の主演映画『クヒオ大佐』(2009)で、軍人など経歴を偽って結婚詐欺を繰り返す主人公を思い出す人もいた。中には「お見事」と評価する声もある。ここまでウソで塗り固めれば、逆に信ぴょう性も出てくるということなのか、川上氏はここ数年メディアに出 [全文を読む]

あの演技力は伊達じゃないが…佐村河内守が俳優転向だって!?

アサ芸プラス / 2015年03月09日17時57分

一方、すっかり忘れ去られた佐村河内守氏(51)は今──。 「このままでは絶対に終わらせない」 新垣隆氏の活躍ぶりを“耳にした”佐村河内氏は親しい関係者の前でこうツブやいたという。 対抗心をにじませるのも無理はない。かつてゴーストライターとして作曲を依頼していた新垣氏は、今や超が付く売れっ子となったからだ。 イベント関係者が語る。 「新垣さんはギャラにうるさ [全文を読む]

金爆「佐村河内守にオファー」は即NG!紅白で今回もサプライズ

dwango.jp news / 2014年12月29日15時41分

ただ、今回は本当に難航しまして、佐村河内守さん出したいとか、話にもならなかった。あとは、完全に言えないヤツが一個ボツになりました!」と鬼龍院翔は話した。また3年連続『女々しくて』を歌うことについて「4回までは連続で歌った方がいるみたいなので、5回位『女々しくて』で出たいよね!」と話し、紅白に出るメリットを聞かれると「グッズが売れる」と夢のない話をし報道陣を [全文を読む]

佐村河内“ゴーストライター”問題の新垣氏があの謝罪会見とその後を告白!

週プレNEWS / 2014年12月26日06時00分

彼は一体、佐村河内守氏の謝罪会見をどう見ていたのか? 何かと謝罪会見の多かった今年を振り返る意味でも、年の瀬にあらためて語ってもらった。 * * * ―こちらから依頼しておいてなんですが、なぜこの取材を受けていただけたのでしょう。 新垣 えっと、いや、その……、そもそも自分はあちら側なのでコメントする資格はないんですけど、何かお役に立てることがあればと。全 [全文を読む]

都道府県別も見逃せない! 『グラスリップ』『ロマンシング佐賀』...2014年Google検索ランキング

おたぽる / 2014年12月25日18時00分

今年の急上昇ランキングには、2位に『妖怪ウォッチ』、5位に『アナ雪』、急上昇【話題の男性】には5位に「やしきたかじん」、6位に「佐村河内守」、7位に「ASKA」、8位に「福士蒼汰」、急上昇【話題の女性】には5位に「橋本環奈」、8位に「松たか子」、9位に「May J.」となっている。 言うまでもなく『妖怪ウォッチ』は福岡のゲーム会社・レベルファイブが開発し [全文を読む]

フォーカス