山本モナのニュース

指原莉乃 山里亮太が思う理想の女性像にドン引き

dwango.jp news / 2015年12月04日02時03分

4日放送の「アリよりのアリ~理想の男女をビジュアル化~」(TBS系列)へ指原莉乃、山里亮太、山本モナ、羽田圭介が出演。 この日の放送では山里亮太が理想とする女性を探していくこととなり、指原は「山里さんは顔とかじゃなくて性格で選んで欲しい」と注文。しかし、選考段階で色々と女性へのこだわりを話し「ミニスカートは嫌だな、一番可愛いのはリクルートスーツだな」と真顔 [全文を読む]

坂口杏里を救えるのは、ビートたけししかいない!? “しくじり”山本モナ、小向美奈子を再生させた過去

日刊サイゾー / 2017年04月28日13時00分

衆議院議員の細野豪志やプロ野球選手の二岡智宏との相次ぐ不倫騒動で話題となった山本モナ、覚せい剤で逮捕された小向美奈子がよく知られている。 「山本の場合、朝日放送を退社後、オフィス北野所属となりました。その直後に細野との不倫騒動を受け、『筑紫哲也NEWS23』(TBS系)を降板。この時点で、たけしは彼女が自分の事務所に所属していたとは知らなかったようです。事 [全文を読む]

阪神・福留のゲス不倫だけじゃない!巨人・高橋監督は乱痴気騒ぎ、阿部は業者装い愛人宅通い

Business Journal / 2017年03月10日17時00分

●二岡智宏と山本モナの9800円不倫騒動 しかし、「一番インパクトがあったのは、二岡智宏(巨人)と山本モナの不倫でしょう」とスポーツ紙記者は語る。 「08年、けがでリハビリ中の二岡が山本と五反田のラブホテルに出入りする様子が『女性セブン』(小学館)で報じられ、大スキャンダルとなりました。王貞治氏が『プロ野球選手が9800円のところに行くのはいかん』と発言 [全文を読む]

“リアルママ”1000人アンケート「好きなママタレ、嫌いなママタレ」(4)土屋アンナは3度目の結婚で…

アサジョ / 2017年03月02日17時00分

メディアへの登場が減っても嫌われ続けているのが、7位の梅宮アンナ(44)、11位の江角マキコ(50)、12位の山本モナ(40)の3人だ。 梅宮には、「最近の話題が、神田うのと共演NGだったってことで、“和解してハグ”なんてだぁーれも興味ありません」(45・兵庫) 江角には、「長嶋一茂宅落書き事件騒動でとうとう休養? 責任はマネージャーにだけにあるの? ママ [全文を読む]

2016年夏場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(1)ハンカチ王子の「車庫飛ばし」が判明して久々に元巨人・篠塚の話が出てきたね

アサ芸プラス / 2016年08月19日09時57分

水 こういうラブホ不倫が起こるたびに山本モナの話になるんだよな。吉 はいはい、ラブホの金額の話。山本モナは五反田で9800円だったという。水 林家たい平さんが24時間テレビのマラソン走るんだっけ? みそぎとして24時間、瀬古利彦の顔マネで円楽師匠が走ったほうが盛り上がりますよ。ヱスビー食品のランニング着てね。宇 古いわ(笑)。後ろから宗兄弟がものすごい形相 [全文を読む]

何度もあった極楽とんぼ・山本圭壱“復帰プラン” 島田紳助、萩本欽一が奔走も、本人の「謝罪拒否」で……

日刊サイゾー / 2016年08月14日09時00分

同時期、タレントの山本モナが、民主党衆議院議員・細野豪志との不倫スキャンダルで報道番組を降板。後に『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』で復帰した際、「山本圭壱と山本モナのダブル山本で登場」なんていう、たけしが好きそうなシャレが持ち上がったというが、これも実現しなかった。「おそらく日テレがゴーサイン出さなかったのは、『めちゃイケ』での復帰プランが聞こえてい [全文を読む]

TBS電撃退社の小林悠 報道の男性との交際は順調に継続か

NEWSポストセブン / 2016年03月15日07時00分

それが事実であれば、山本モナの一件(※注)と同様に「キャスターとしての品格」が問題視されたということになりかねない。 【※注:2006年、キャスターに抜擢されたばかりの山本モナ(40)が、民主党の細野豪志氏との“路チュー不倫”を報じられ、番組を降板した】 A氏の知人らに取材すると、「A氏には9年間連れ添った妻がいたが、昨年末に離婚が成立している。小林アナと [全文を読む]

“ゲス不倫”議員の炎上劇が“山本モナ男”にも飛び火

デイリーニュースオンライン / 2016年02月14日12時00分

中には、「フライデー」に掲載された山本モナ(40)との路チュー写真を添付しリプライした人もいたほど。 既婚者である細野議員は2006年10月、タレントの山本モナとの不倫旅行・路チュー写真を「フライデー」にばっちり撮られてしまった。当時35歳だった細野議員は議員辞職ではなく、民主党の役職を辞任する形でけじめをつけた。その後、細野氏は、民主党が与党だった201 [全文を読む]

トリンドル玲奈が「山本モナ」似に? 主演女優に抜擢もパッとしない現状

messy / 2015年07月21日18時30分

それだけでなく、劇中のトリンドルの姿に「服着ててもガリガリなのがわかる」「顔が痩せて法令線が目立つ」「不健康そう」と痩せすぎが指摘され、「美少女だった頃の面影もない」と、トリンドルよりずっと年上のドイツのメルケル首相や山本モナに似ているとの声が出ている。 しかしトリンドルといえば、2013年にアパレルブランド「E hyphen world gallery」 [全文を読む]

ほしのあき常連のママタレ会にも出没! 中西モナ、旧姓で芸能界復帰に「需要なし」の声

サイゾーウーマン / 2014年06月12日13時00分

第二子出産を発表し、7月1日より、芸名も旧姓の「山本モナ」に戻すことを発表した中西モナ。2011年に芸能界引退を発表し、約2年後の13年3月に再開を宣言していたが、これまで主だった活動は見えてこなかった。しかし、さまざまなスキャンダルにまみれた旧名・山本モナを使うということは、いよいよ本格的な復帰となるのだろうか。 「モナは06年、衆議院議員・細野豪志氏と [全文を読む]

二岡智宏が山本モナと不倫しなかった場合を巨人番記者が推測

NEWSポストセブン / 2014年01月30日11時00分

阪神だったとしても、朝日放送時代の独身のモナと知り合っていれば、不倫じゃなくて結婚できたかもしれませんね」(当時を知る巨人番記者) ※週刊ポスト2014年1月31日号 [全文を読む]

芸能界ピンチヒッター裏・物語(4)

アサ芸プラス / 2012年03月30日11時00分

女子アナ編 滝川クリステル→秋元優里「NEWS JAPAN」 「美脚」で大抜擢後の「原発事故失言」真相 山本モナ→中嶋美和子「大竹まことゴールデンラジオ!」 巨乳アナが「下半身剃毛」発言で人気大爆発 女子アナはテレビ局の一社員だけにピンチヒッターが立てられるケースはそう多くなさそうだが、それでも人気アナの後釜に座ったことで、予想以上の活躍を見せる者もいる― [全文を読む]

山田美保子氏 田中みな実に昔の女子アナの根性を感じる

NEWSポストセブン / 2012年02月18日16時00分

なぜなら彼女は、山本モナ(朝日放送出身)以降トレンドといわれる“ハーフ”でもなければ、平井理央アナ(フジテレビ)や青木裕子アナ(TBS)、紺野あさ美アナ(テレビ東京)のような元タレントでもない。 ちなみに、在阪の準キー局にハーフの山本モナが入った翌々年、フジテレビに政井マヤが入社。以降は、葉山エレーヌ(日本テレビ)や加藤シルビア(TBS)など、ハーフ女子ア [全文を読む]

山本モナ 自伝に濡れた「武勇伝」

アサ芸プラス / 2012年01月06日12時00分

お騒がせ女子アナ・山本モナ(35)=現・中西モナ=が初の自伝本を出版した。本誌はそこにも掲載できなかった“赤っ恥エピソード”を蔵出しする。 * その自伝本「モナ 本当の私」(日経BP社)の帯には「仕事、人間関係、恋、不妊で悩んだ…『山本モナ』のすべてを語る」とのあおり文句が躍る。 芸能デスクが説明する。 「昨年、一般男性との結婚を機に芸能界を引退していまし [全文を読む]

「イエニスタ土田」「QBK」一度のミスに執着するネット民

NEWSポストセブン / 2017年07月31日16時00分

細野豪志衆議院議員も相変わらず2006年の山本モナとの不倫により「モナ夫」と呼ばれ続けている。日本ハムファイターズの斎藤佑樹はルーキーだった2011年、番組の密着ドキュメンタリーで「(ポルシェの)カイエン乗りてぇ」「ビッグになろう」「青山に土地買うってやばいっすか?」と発言したことがテロップ化され、「カイエン青山」と呼ばれるようになった。 夏の甲子園大会決 [全文を読む]

不倫の今井絵理子議員、陰で「暑いのに、なんで自分が応援演説に」…別宅住まいの目的

Business Journal / 2017年07月30日06時00分

かつて、細野豪志議員と山本モナが不倫旅行でJRパスを使っていたことが批判されましたが、同じような批判が出てきてもおかしくない。行き先で政務もあったようですが、実態は不倫旅行と同じですから。 [全文を読む]

ホラン千秋が狼狽した「ある“依存症”」騒動(2)「ホレっぽく、飽きっぽい」

アサ芸プラス / 2017年06月17日17時57分

同じ『ハーフ枠』では山本モナで懲りているTBSだけに、厳しい検査だったはず。今は恋愛よりも仕事優先なのでしょう」(スポーツ紙芸能デスク) さて、坂上からホランへの“かわいがり”は継続中で、6月8日放送の「バイキング」でもこんな“口撃”があった。 淫行で捕まったホテル専属歌手の「栃木のプリンス」こと宇都ノ宮晃容疑者のニュースを紹介した際、容疑者の収入が月18 [全文を読む]

松本人志、坂口杏里に「たけし軍団入り」を提案!?

日刊大衆 / 2017年04月28日18時05分

「ビートたけしはかつて、替え玉受験のなべやかん(46)や、不倫スキャンダルの山本モナ(41)など、不祥事を起こしたタレントを自分の事務所に入れて、“たけし再生工場”といわれたこともありました。松本の発言に対しネット上でも“たけし軍団なら更生してくれるかもしれない”など、好意的な声もありました。坂口のたけし軍団入りは、まったくない話とも言えませんよ!」(芸 [全文を読む]

有名人「歴史的大不貞」はこんなに甘美だった!(4)今井美樹は山下久美子に離婚届を投函

アサジョ / 2017年03月26日17時00分

山本モナの数々の武勇伝もまた、肉食系アナの名に恥じない。06年10月に細野豪志議員との路上キス不倫が発覚すると、わずか5日間で「ニュース23」(TBS系)を降板。 その2年後の08年7月、再起したモナは「サキヨミ!」(フジテレビ系)のメーンキャスターになり、「不倫のようなことは二度としません」と宣言した。ところが、1回目の生放送を終えた夜に、巨人・二岡智 [全文を読む]

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(3)男と女の十大事件簿

アサ芸プラス / 2017年01月30日12時57分

06年に国会議員との路上キスが発覚した山本モナ(40)は2年後、「不倫のようなことは2度としません」と宣言した直後に巨人・二岡智宏との「ラブホ不倫」が見つかってしまう。 さて、恋多き女として知られる高岡早紀(44)は、こんなポリシーを豪語する。「相手が(私を)100%嫌いでも好きにさせる」 この自信がフェロモンの発生源となる。最後に若手女優で魔性を誇る蒼 [全文を読む]

フォーカス