銭形平次のニュース

AKB48には“中毒性”がある!? アイドルのパチンコ台が増加している背景事情

リアルサウンド / 2013年11月08日09時00分

最近では『CRびっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』という、AKBグループと銭形平次のコラボ台が大ヒットしたのですが、それのテーマソングとなっている『恋のお縄』はパチンコ景品限定CDなんですよ。AKBの大ファンなら、やはり打ちたくなるでしょうね」 アイドル側にとっても、パチンコのキャラクターになるメリットは大きいという。 「アイドルソングは明るく [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】「このご紋が目に入らぬか!」の印籠は何を入れるものだった?時代劇クイズ4問

サライ.jp / 2017年02月12日19時00分

「この紋所が目に入らぬか!」のセリフでおなじみの水戸黄門から、銭形平次、大岡越前、まで、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題から、懐かしの時代劇にまつわるクイズを出題します。あのヒーローが使っていた道具の秘密や、知られざる時代背景も見えてくる?全4問です。全問正解目指して頑張ってください!【クイズ1】テレビ時代劇の主人公・銭形平次が投げた銭は、次 [全文を読む]

"銭形平次の賞”を、新撰組が受賞決定!

PR TIMES / 2016年09月14日09時25分

銭形平次」の生みの親で国民作家と呼ばれた野村胡堂を顕彰する「野村胡堂文学賞」(日本作家クラブ主宰)の第4回受賞作品が、『闘鬼 斎藤一』(吉川永井青著・NHK出版刊)に決定しました。いま脂がのっている気鋭の歴史小説家・吉川永青氏(48歳)が、新撰組幹部にして無敵の剣士、斎藤一の生き様を描き切った意欲作です。映画や漫画、ゲームでも人気の斎藤一。無口なイメー [全文を読む]

赤江珠緒アナ ラジオでの天然ぶりで「ポンコツ工場長」と話題

NEWSポストセブン / 2014年12月03日07時00分

「そうそう、銭形平次とかもね…」 その日の日替わりパートナーは博多大吉。「赤江さん、それ平次じゃなくて、銭形警部です。銭形平次がトレンチコート着てたら、ただのタイムトラベラーですよ」とうまくツッコんでいた。 そんな勘違いのみならず、イージーな言い間違いも数知れず。例を挙げれば「コーナー」を「コンナー」と言ったり、鼻呼吸を「はなこくう」、さらには放送してい [全文を読む]

【待望の新刊!】電子書籍『銭形平次捕物控 呪いの銀簪』がKindleストア、楽天koboイーブックストアなど4電子書店にて配信開始! 大人気時代小説が、電子書籍でも読める!

@Press / 2014年01月22日15時45分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井 仁)は2014年1月21日(火)、Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Google Play、ならびにニコニコ静画にて電子書籍『銭形平次捕物控 呪いの銀簪』の配信を開始したことを発表します。 映画、テレビ時代劇、舞台作品にもなった、勧善懲悪の時代小説。銭形平次が、次々に悪党を倒し [全文を読む]

元SMAPがパチンコに?『CRオートレーススピードスター森且行』検定通過で注目を集める「高尾」の業界発展へ繋がる行動が話題

ギャンブルジャーナル / 2017年06月20日16時00分

今年1月にリリースされた『CR銭形平次withでんぱ組.inc』を題材として、コンセプト作成やスペック、演出バランス等の作り方や進め方など「高尾」らしさの追求や拘りの要素などが説明された。受講生にとって貴重な体験になったことは間違いないだろう。 『クイーンズブレイド』や『一騎当千』といった根強いファンを獲得しているシリーズを開発している名物メーカー「高尾」 [全文を読む]

作者語る『ルパン三世』の秘密3「銭形の幅の広いキャラは貴重」

WEB女性自身 / 2017年03月26日06時00分

「(銭形警部の)名前の由来は、銭形平次からなんだけど 。僕の生まれ故郷・北海道にはアザラシが棲息していてね、それが『ゼニガタアザラシ』っていうんですよ(笑)。じつはそこからも取りました。だから両方から取った名前ということになるね(笑)」 そう語るのは、『ルパン三世』の原作者のモンキー・パンチ先生(79)。「とりえず3カ月やってみようか」 。 67年、創刊さ [全文を読む]

「相棒」VS「科捜研の女」 同一俳優主演による“長寿警察ドラマ“はどっち?

アサ芸プラス / 2017年01月25日05時59分

“テレビの1時間番組世界最長出演”でギネス記録に認定されている故・大川橋蔵さんの『銭形平次』(フジテレビ系)もそうです。『相棒』も『科捜研の女』も現代劇ですが、水谷さんが杉下右京の、沢口さんが榊マリコのイメージをそれぞれ確立しているからこそ、これだけ継続して愛されるドラマになっているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター) 両シリーズの記録はどこま [全文を読む]

松平健は静の芝居を求めている

NEWSポストセブン / 2016年11月13日07時00分

『鬼平』は、昔から観てきまして、『銭形平次』とか、ああいう派手な時代劇とは違って、落ち着いた大人の時代劇と思っていました。こういう時代劇に、ようやく年齢が合うようになってきたんですかね」『顔』では、表では剣術指南を生業にしながら絵を趣味とし、裏では殺し屋という、二面性のある役柄を演じている。「今の僕には、池波先生の世界が凄くいい。ですから、池波原作ならなん [全文を読む]

いまパチンコで「5万発」の可能性を秘める台とは?

日刊大衆 / 2016年10月01日12時30分

覚えている範囲では、『浜崎あゆみ物語-序章-』『銭形平次withチームZ』『暗黒騎士呀鎧伝』『X-FILES』といった機種で、5万発超えを達成しました。大勝ちを狙いやすい機種といえば、もちろん『牙狼 魔戒ノ花』や『北斗の拳6』に代表される、大当たり確率約399分の1の「MAX機」になります。でも、私が5万発超えした機種で、このカテゴリーに分類されているのは [全文を読む]

フォーカス