日本たばこ産業のニュース

日本たばこ産業株式会社の「分煙コンサルタント」が使うコンサルティング資料の配信ツールに「Handbook」を採用!全国で年間3,000件のコンサルティング案件に効率的に対応

PR TIMES / 2017年06月08日11時30分

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、日本たばこ産業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小泉光臣)が、分煙に関するさまざまな質問や相談などに対応する「分煙コンサルタント」が保有するタブレットへコンテンツを配信するツールとして、NTTドコモの法人向けクラウドサービス「ビ [全文を読む]

【食品業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は味の素、キリン、JT

DreamNews / 2015年05月11日11時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、味の素の349件、次いでキリンホールディングスの298件、日本たばこ産業の192件となりました。 1位味の素の最も引用された特許は、「γ-PGAを含有する脂質吸収阻害剤(特願2008-315415)」および、「炎症性腸疾患の治療薬」に関する特許(特許第5554466号)で、前者は花王の特許4件、後者はイーエヌ [全文を読む]

世界の有力「食品飲料・たばこメーカー」、JTが日本企業トップで10位

Forbes JAPAN / 2017年05月29日16時31分

日本企業では、10位に日本たばこ産業(JT)、22位にキリンホールディングス、25位にアサヒビールの名前が挙がった。1位: ネスレ/スイス/食品加工(34位、908億ドル、87億ドル、1298億ドル、2295億ドル)2位: ペプシ/米国/飲料(84位、628億ドル、63億ドル、741億ドル、1594億ドル)3位: コカ・コーラ/米国/飲料(86位、415億 [全文を読む]

加熱式たばこ都内へ JT、銀座・新宿に専門店 加熱式たばこ関連に注目

ZUU online / 2017年05月23日10時40分

■加熱式たばこ都内へ JT、銀座・新宿に専門店日本たばこ産業(JT)は6月末、加熱式たばこ「ブルーム・テック」の販売で、銀座・新宿などに専門店を出店するとの記事に注目です。市場を独占する米フィリップ・モリス・インターナショナルの「アイコス」を追撃するようです。加熱式たばこの専門店では、トランザクション が子会社で既に東京都内に10店舗、出店しています。今年 [全文を読む]

WWF「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクト 第3弾『食料品』業種のランキング発表

@Press / 2016年04月12日15時00分

キリンホールディングスが第1位(100点満点中80.0点)となり、以下 日本たばこ産業(同70.4点)、味の素(同63.0点)が続いた。2015年に環境CSR報告書類の発行がなかった江崎グリコは評価の対象から除外し、残りの24社について評価を行った。・『企業の温暖化対策ランキング』~実効性を重視した取り組み評価~ Vol.3『食料品』編PDF: http: [全文を読む]

財務省がJT株の売却を見送った本当の理由。“最有力の天下り先”を失いたくない?

週プレNEWS / 2015年08月20日06時00分

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、財務省がJT(日本たばこ産業)株の売却見送りを決定した本当の理由に迫る! *** 6月22日、財務省は東日本大震災の復興予算に充てるために検討していたJT(日本たばこ産業)株の売却見送りを決定した。 JTは1985年に日本専売公社が民営化されてできた会社だ。そのため [全文を読む]

日本の喫煙率20%以下に 半世紀前は約50% 変化の背景に海外メディア注目

NewSphere / 2014年08月05日18時01分

日本たばこ産業(JT)が毎年行っている全国たばこ喫煙者率調査で、1965年の調査開始以来、初めて喫煙者率が20%を下回り、19.7%となった。男女別では、男性が30.3%、女性が9.8%で、ともに前年より減少した。 この調査は、JTが今年5月に全国の成人3万2000人を対象に行い、回答のあった1万9420人から算出した。JTによると、喫煙率の減少は、高齢化 [全文を読む]

英国“スモーカー”記者と考える、外国から見た「喫煙天国ニッポン」の受動喫煙対策

週プレNEWS / 2017年06月08日10時00分

ひとつは、日本政府が世界有数のたばこメーカー、JT(日本たばこ産業)の総株式の3分の1以上を保有しており、事実上の「国有企業」に近いこと。もうひとつは日本の「反たばこ団体」、「反たばこロビー」の歴史が浅く、彼らの政治に対する影響力や発言力は少しずつ高まっているとはいえ、イギリスなどヨーロッパと比べると、まだまだ弱いという点です。 ─イギリスの「反たばこ運動 [全文を読む]

投資も就職も「知名度の高い会社は安全」なのか?

Forbes JAPAN / 2017年06月03日17時00分

日本たばこ産業(JT)、セブン&アイ・ホールディングス、信越化学工業、武田薬品工業、アステラス製薬、日立製作所、パナソニック、ソニー、キーエンス、デンソー、ファナック、村田製作所、日産自動車、トヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、三井物産、三菱商事、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、東京海上ホールデ [全文を読む]

加熱式たばこバトル 減少「紙巻き」の救世主となるか

J-CASTニュース / 2017年06月03日16時00分

先行する米フィリップモリス(PM)を追撃しようと、日本たばこ産業(JT)と英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が2017年6月以降、相次いで東京でも展開する。喫煙者の減少に歯止めがかからないだけに、各社とも、他社の顧客を奪おうと必死だ。加熱式の市場を牽引するのが、PMの「アイコス」だ。2014年秋に名古屋市限定で販売を始め、16年春に全国販売。東 [全文を読む]

フォーカス