小舟のニュース

東京の運河を初運航するEV(電動)カヌーの紹介 ~東京を「東洋のアムステルダム」に!新たな観光資源化を目指して~ 観光客が自らEVカヌーを操縦するツアー運航を神田川ー日本橋川の東京運河で始めます。

DreamNews / 2017年04月17日11時00分

私共スカイシップ社は、観光客自らが小舟を操縦しながら運河観光を楽しむツアーを今春2017 年4 月下旬より開始します。大きな河川を除き、東京の運河は橋脚の低さからプレジャーボートなど船舶の航行が少なく潮や風の影響を受け難い場所が多く、そのことは小舟の航行に最適な環境と言えます。問題は運河内に乗り降りするための桟橋や小舟のための係留場所がない事です。少し離れ [全文を読む]

15万坪の日本庭園:御船山楽園(国登録記念物)にて「納涼 竹あかり」を開催。広大な園内に5千個の竹灯篭や、昨年に続きチームラボによる作品を展示。今年は池全面、2,000m2 を使い巨大なアート作品が登場。

PR TIMES / 2016年07月14日09時45分

ライトアップされた木々と御船山、5000個の竹灯篭の優しい灯り、虫の音、星たち、そして、小舟とともに踊る光の魚、蓮が水面に描くアート。自然とアートが一体となった幻想的な空間、池泉回遊式庭園ならではの演出をお楽しみいただけます。[画像2: http://prtimes.jp/i/15983/12/resize/d15983-12-923849-15.jpg [全文を読む]

世界初の湖面アート!チームラボが御船山楽園を彩る

Walkerplus / 2015年06月23日16時36分

注目は、御船山楽園の池の水面に映像を映し出すプロジェクションマッピング「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング- Mifuneyama Rakuen Pond」。 センサーで管理された水面は、タッチパネルのようになっていて、映し出された鯉は、池に浮かんで進む小舟とインタラクティブに反応して泳ぐ。つまり、鯉全体に意思があるわけではなく、近くの鯉 [全文を読む]

チームラボ新作は“光る鯉”が踊る。世界初の池の水面プロジェクションを展開

FASHION HEADLINE / 2015年06月17日19時00分

チームラボはその中で、国登録記念物の名勝地でもある大庭園である、御船山楽園の「納涼 竹あかり」にて新作「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング- Mifuneyama Rakuen Pond」を発表することとなる。また、武雄市図書館では「図書館で踊る人」も展示される。 「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング- Mifuneyama [全文を読む]

チームラボ「佐賀・武雄のあかり~未来を照らす武雄のあかり展~」の御船山楽園「納涼 竹あかり」にて、世界初の池の水面プロジェクションによるインタラクティブなデジタルアート作品を発表。7/17から

PR TIMES / 2015年06月16日16時17分

チームラボは、御宿 竹林亭で行われる、御船山楽園「納涼 竹あかり」(http://www.team-lab.net/latest/exhibition/summernight.html)にて、新作「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング- Mifuneyama Rakuen Pond」を発表。また、昨年に引き続き、武雄市図書館に「図書館で踊る人 [全文を読む]

新しく、懐かしい北海道の印象を形づくる ニコンのレンズとプロの写真家が魅せる世界

ガジェット通信 / 2016年07月25日18時35分

昼過ぎに貝などを獲る小舟が漁に出たことを確認し、夕暮れに戻ってくる時刻を待ち、日没間際に野鳥の群れが横切る空の下、漁から還ってきた舟が進む夕景の撮影に臨んでいます。 今回は天候などを見ながら数日間にわたり、森の奥ではなく、より広大な風景を捉えることができる場所での撮影となりました。いくつかのポイントをチェックしながら撮影を続けていると、お昼過ぎに干潮時の [全文を読む]

大人も楽しめる、十五夜のお月見までに見ておきたい「月」の絵本

まぐまぐニュース! / 2015年09月16日06時00分

『ぼくの ともだち おつきさま』(アンドレ・ダーハン・作/きたやまようこ・訳) 主人公の「ぼく」は、海(あるいは湖?)で小舟を漕いでいるときに「月」と知り合いになります。すぐに2人は仲良くなりますが、月が水中に落ちてしまったので、「ぼく」は心臓が止まるほどびっくり。でも、月は無事に浮き上がってきました。 小舟に月を引き上げて水をふいてあげていると、夜明け [全文を読む]

~大画面・高画質を両立した「レグザ Z8Xシリーズ」新登場~ 福山雅治さんが美しい透明な水面で浮遊!? 「レグザ(REGZA)」の新TV‐CM 6月16日(日)より放映開始!

PR TIMES / 2013年06月14日17時46分

[新CM 「海のうえで」篇 ストーリー]小舟のなかで目を覚ます福山さん。起き上がるとそこは一面透明な海で囲まれ、まるで舟が宙に浮かんでいるかのような場所でした。その景色の美しさに目を奪われ、海に囲まれた小舟の上でたたずんでいると、ふと福山さんはそこが“テレビの中”であると気づきます。すると景色が切り替わり、映し出されたのは舟に乗った婦人と船頭さん。広い水面 [全文を読む]

バロン吉元×寺田克也×ハードコアチョコレート!二人展「バッテラ」のコラボレーションTシャツが登場

@Press / 2017年03月24日10時00分

▼バロン吉元×寺田克也 バッテラ(小舟ネイビー) http://core-choco.shop-pro.jp/?pid=115024373 【商品概要】 様々なカルチャーを超境しながら独自の創作を現在進行形で探求し続ける稀有のアーティスト、バロン吉元・寺田克也。 マンガなのか、イラストレーションか、もしくはアートであるのか、両作家の才能と情熱が様々な形と [全文を読む]

「樺太は島だ」。命を賭して証明した江戸の探検家・間宮林蔵の生涯

まぐまぐニュース! / 2017年01月13日04時45分

4月17日に数人のアイヌ人を案内役として、小舟で北上を開始。途中、弓矢や槍をもった住民に危うく殺されかけたりしながら、6月21日には対岸にアムール河(黒竜江)河口が望める地点に到達した。そこから先は樺太と大陸との間は広がっているようで、どうやら樺太は島のように思われた。海面は海草に覆われ、小舟ではそれ以上進めなくなった。舟をこぐアイヌたちは「恐ろしい。帰 [全文を読む]

チームラボ、御船山楽園「納涼 竹あかり」にて、「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイングと蓮の花 - Mifuneyama Rakuen Pond」を展示。2016/7/15~9/25

PR TIMES / 2016年06月23日16時28分

チームラボは、園内の池にて、「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイングと蓮の花 - Mifuneyama Rakuen Pond」を展示。期間は、2016年7月15日(金) ~ 9月25日(日)(※9月は土日祝日のみ開催)まで。佐賀県武雄市の御船山楽園で「納涼 竹あかり」が開催します。チームラボは、園内の池にて、池の水面プロジェクションによるイン [全文を読む]

「愛の小舟は沈んだ?」ソン・スンホンとリウ・イーフェイの中韓カップル、共演作PRを欠席―韓国

Record China / 2016年05月11日11時30分

破局が大きく報じられた直後だけに、今回の欠席について、「愛の小舟はやはり沈んだのではないか?」と再び疑惑の目が向けられている。なお、「第三種愛情」は韓国で今月19日から上映される。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

吠えるトランプ氏、日米同盟の「小舟」は転覆するか?―中国メディア

Record China / 2016年05月10日22時20分

日米同盟の小舟は転覆するか」と題する記事を掲載した。 新華国際によると、トランプ氏の「歯に衣を着せぬ発言」もしくは「大口」の矛先は、メキシコからの移民問題からイスラム教徒の排斥まで多岐にわたっている。米ワシントンの政治家は驚くばかりだ。 トランプ氏の日本攻撃発言は、真面目なのか、口先だけなのか。専門家の一部には「日米関係に少なからぬ影響を与える」との声もあ [全文を読む]

巌流島に行かず武蔵を作り吉良邸から泉岳寺を歩かず忠臣蔵を語る三流

まぐまぐニュース! / 2016年02月23日03時10分

狭い海峡の中にあるから、巌流島はどんな位置からどんな角度で見ても必ず対岸の陸地が近くに見えるのですが、ドラマや漫画などでは、なぜか水平線が広がっていて遠くのほうから遅れてきた武蔵が小舟でやってきます。 すごく遠くから小舟を漕いでいて、夜明けと共に朝日の中から小さな島が見えてくる、みたいな演出をしている作品が多くて、恐らく朝鮮半島から竹島とかに向かってるん [全文を読む]

チームラボが都市に、自然に…“溶け込む”新アートプロジェクト始動

FASHION HEADLINE / 2015年08月07日14時00分

8月31日までは佐賀県・武雄市にある50万平米もの広さを誇る御船山楽園に、「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」が出現。国登録記念物の名勝地でもある大庭園の水面に、泳ぎまわる無数の鯉の姿がプロジェクションによって映し出された。鯉たちは、池に浮かぶ小舟が止まると周りに集まり、動き出すと避けていくなど、インタラクティブに反応しながら泳いでいく [全文を読む]

カップヌードル×錦織圭 「SAMURAI-K篇」 2014年1月1日(木)より全国でオンエアスタート!

PR TIMES / 2015年01月05日10時15分

巌流島へ決闘に向かう宮本武蔵のように、ハドソン川を小舟で進む「SAMURAI-K」。 たどり着いた決戦の場は、完全アウェーの特設テニス会場。 木刀一本を片手に世界に立ち向かう「SAMURAI-K」。 フォア、バック、トリックショットと木刀で次々にリターンを決める「SAMURAI-K」。 相手選手、審判、ギャラリーも唖然とする中、木刀であの“エアK”を叩き [全文を読む]

血縁のない母の葛藤に涙腺崩壊! 『母になる』『光をくれた人』が深い

Woman.excite / 2017年05月24日16時15分

そんなとき、トムが小舟で流れついてきた男と赤ん坊を助けます。すでに天に召されていた男を埋葬し、赤ん坊はそのまま2人の実子として育てることに。© 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC繰り返しますが、女性たちの願いはひとつ。「母になりたい」それだけです。立場は違えど、彼女たちの子を思う心はそれぞれに深く、その嘆きが痛いほ [全文を読む]

沖縄の伝統焼き菓子ポーポーとチンビンの作り方【沖縄ぬちぐすい紀行25】

サライ.jp / 2017年05月18日11時30分

地区などを代表する漕ぎ手が小舟に乗り込み、速さを競うのです。『那覇ハーリー』は観光客にも楽しんでもらうために毎年5月のゴールデンウィークに行われますが、ほかの多くの地域では今も旧暦を守り、今年は5月29日に開催されます。中でも、糸満は沖縄を代表する漁師町とあって、ハーリーが最も熱い地域です。海人(ウミンチュ)の誇りをかけて競います。 糸満では「ハーリー」で [全文を読む]

夜景が素敵な、お台場沖に海上から夜景が楽しめる海上バーが生まれました。 今まで屋形船や観光船でしか見ることの出来なかった海からの夜景を手軽に見ることができます。 勝どき橋の船着場から渡し船で行きます。

DreamNews / 2017年05月08日12時00分

人は、たとえ小舟でも船遊びは楽しいものです。水の上に出ると非日常的な空間であることから、不安以上に喜びや楽しみを感じ興奮します。この感動ともいえる体験を、予約もなく安価に何時でも利用出来る事は、Tokyo Bayを身近な観光として世界にアピールする始まりになります。営業時間:18:00~23:30 毎日(天候条件による変更あり)渡し船のりば:勝どき橋袂の船 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】カズレーザー「神回」と興奮 “部族アース”のディレクターが凄すぎる

TechinsightJapan / 2017年05月05日18時30分

カヌーのような小舟で魚を獲る漁に同行した“友寄D”。網にかかった小魚を手にすると「ピラニアに似てるな」「食べていいですか?」と漁師に確認、「いいよ」と返って来るやそのまま生でバリボリと食べだす。同行した漁師の子どもが信じられないという目で見ていた。“友寄D”が「おいしいよ! 食べる?」とその男の子に差し出すが「ダメだ! お前は食べるな!」と父親が止める。集 [全文を読む]

フォーカス