気仙沼市のニュース

東日本大震災 復興支援コンサートを目黒で3月5日開催 気仙沼市出身のシンガーソングライター 熊谷育美や気仙沼市と目黒区の吹奏楽団が共演!

@Press / 2017年01月30日10時30分

めぐろパーシモンホール(東京都目黒区)は、東日本大震災から6年を迎えても震災の記憶を風化させず、被災地の復興支援を継続するため、目黒区友好都市・宮城県気仙沼市と目黒区の音楽家たちが共演する「東日本大震災 復興支援コンサート」を2017年3月5日に開催します。公演詳細URL: http://www.persimmon.or.jp/performance/ho [全文を読む]

三菱商事:『気仙沼きぼう基金』の設立について

JCN Newswire / 2013年02月05日17時15分

Tokyo, Feb 5, 2013 - (JCN Newswire) - 気仙沼市、気仙沼信用金庫、公益財団法人三菱商事復興支援財団(以下、三菱商事復興支援財団)は、気仙沼市の復興をより力強く推進していくことを目的として、『気仙沼きぼう基金』(以下、本基金)を共同で設立することと致しました。 気仙沼信用金庫と三菱商事復興支援財団は協働で、被災地の「産業復 [全文を読む]

5/15「第4回イオン 東北復興ふるさとの森づくり 気仙沼大島植樹祭」開催

PR TIMES / 2016年05月11日11時38分

緑豊かな自然の再生と地域経済の活性化を目指し、亀山山頂にヤマツツジ4,000本を植樹 イオンは5月15日(日)、宮城県気仙沼市大島において気仙沼大島観光協会とともに「第4回イオン 東北復興ふるさとの森づくり」を開催します。 [画像: http://prtimes.jp/i/7505/643/resize/d7505-643-607510-1.jpg ] 気 [全文を読む]

三菱商事、気仙沼海鮮市場「海の市」再建支援について

JCN Newswire / 2013年08月23日14時44分

Tokyo, Aug 23, 2013 - (JCN Newswire) - 公益財団法人三菱商事復興支援財団(以下、三菱商事復興支援財団)は、気仙沼市の海鮮市場「海の市」再建への支援を決定致しました。「海の市」の運営主体である株式会社 気仙沼産業センター(以下、気仙沼産業センター)に対し5,000万円を出資します。気仙沼市及び気仙沼信用金庫の支援に加え、 [全文を読む]

地域の皆さまとともに気仙沼大島の魅力発信に取り組みます~4/15、気仙沼大島「復興ゆず植樹」実施~

PR TIMES / 2017年04月11日16時18分

イオンは4月15日(土)、宮城県気仙沼市大島において、NPO法人 海べの森をつくろう会・気仙沼大島観光協会とともに、気仙沼大島「復興ゆず植樹」を実施します。 [画像: https://prtimes.jp/i/7505/1056/resize/d7505-1056-419810-0.jpg ] 気仙沼市大島は、宮城県北部の気仙沼湾内に位置する、東北地方で最 [全文を読む]

"ほぼ日"のダメ出しで変わった気仙沼観光

プレジデントオンライン / 2017年08月19日11時15分

宮城県気仙沼市が、地域一体となった「観光経営」に取り組んでいる。きっかけのひとつは、「ほぼ日」を運営する糸井重里さんからのダメ出しだった。「風光明媚で、食がおいしい」は至るところにある。気仙沼が目指すべき観光とはどんなものか。2012年以来、5年半ぶりに当地を取材した経済ジャーナリストがリポートする――。 ■本気のイベントだから「すべて有料」に 本格的な「 [全文を読む]

第2回共創イベント『若者が稼ぐシェアリングシティ』をテーマにアイデアソン・ハッカソン同時開催!【イベント開催・参加者募集】

PR TIMES / 2017年08月01日11時35分

日時:8月19日(土)13:30~20日(日)15:30の2日間、会場:スクエアシップ(宮城県気仙沼市)、募集人数:30名/アイデアソン15名・ハッカソン15名、締切:8月14日(月)12:00 復興庁は、東北における地域の課題の解決に向けて、共創力で進む東北プロジェクトの第2回共創イベントを宮城県気仙沼市にあるスクエアシップにて、2017年8月19日(土 [全文を読む]

ホヤぼーやも登場!「気仙沼PORT 1周年感謝フェア」 横浜ワールドポーターズで7月22日(土)より開催

@Press / 2017年07月20日15時00分

株式会社横浜インポートマートと宮城県気仙沼市は、2016年7月、「港」をキーワードに、継続的な連携・協力関係を深め、震災復興と相互の持続的発展を目的とし連携協力協定を締結しました。気仙沼市アピールショップ「気仙沼PORT」が1周年を迎えるにあたり、本イベントを実施いたします。生鮮水揚げ連続20年日本一を誇る「気仙沼港水揚げのカツオ」のブランドイメージや認知 [全文を読む]

震災記録写真展「『あの日から4年・・・失われた街が語りかけるもの』~リアス・アーク美術館 東日本大震災と津波の記録~」を2/23~3/26に開催

@Press / 2015年01月28日14時00分

明治大学震災復興支援センターと博物館は、宮城県気仙沼市にあるリアス・アーク美術館に常設展示されている震災記録写真の写真展、「『あの日から4年・・・失われた街が語りかけるもの』~リアス・アーク美術館 東日本大震災と津波の記録~」を2月23日(月)~3月26日(木)に、駿河台キャンパスの明治大学博物館で開催します。 本写真展では、リアス・アーク美術館の学芸員が [全文を読む]

10月12日(日)宮城県気仙沼市で「第3回海べの森の植樹祭」を開催

PR TIMES / 2014年10月10日17時09分

お客さまの復興への想いがこもった苗木5,000本を植えます イオンは10月12日(日)、「気仙沼市波路上(はじかみ)において、NPO法人「海べの森をつくろう会」および気仙沼市と協力して「第3回海べの森の植樹祭」を開催します。 NPO法人「海べの森をつくろう会」は、東日本大震災により被害を受けた沿岸部に美しい海辺を取り戻し、人々の命を守る防潮林を形成するべく [全文を読む]

三陸沿岸の漁業復興―漁獲量7割回復、課題は販路

PR TIMES / 2014年05月23日11時07分

公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)の東日本大震災被災者支援いけすを活用した直接販売開始、消費者と漁師らつなぐ いけす施設完成を祝う記念式典開催 5月25日(日) 宮城県気仙沼市 東日本大震災によって、三陸沿岸は大きな被害を受け、漁師たちは津波による漁船や漁具の流出、震災のトラウマに苦しみました。しかし復興庁によると、被災した宮城県、岩手県、およ [全文を読む]

福島、宮城、岩手3県で「由紀さおり・安田祥子 童謡コンサート」を開催

PR TIMES / 2013年08月13日09時33分

被災地の子どもたちとご家族2,800人をご招待イオンは、8月19日(月)に福島県南相馬市、20日(火)に宮城県気仙沼市、22日(木)に岩手県釜石市において、各市にお住まいのお子さまとそのご家族約2,800人をご招待し、「由紀さおり・安田祥子 童謡コンサート」を開催します。由紀さおりさん、安田祥子さんは長年、日本の美しい歌を次世代の子どもたちに伝えるため、日 [全文を読む]

全国の学生と気仙沼市立唐桑中学校の生徒が作った2017年「チャリティー年賀状」、本日2016年11月21日より販売開始

@Press / 2016年11月21日13時30分

株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)は、全国の学生と気仙沼市立唐桑中学校の生徒が作った2017年のお正月向け「チャリティー年賀状」183点を、株式会社CONNECTIT(本社:東京都千代田区、代表取締役:飯野 法志、以下 CONNECTIT)が運営する「ネットで年賀状」と「スマホで年賀 [全文を読む]

異業種4社、大学生参加のグリーン・ブルーツーリズムを通し地方創生を推進

PR TIMES / 2016年10月11日15時37分

10月14日~16日、宮城県気仙沼市、南三陸町、登米市にてフィールドワークを実施し、大学生視点のプロモーション企画、 観光プランを策定して世界に配信農林中央金庫(JAバンク)、株式会社ABC Cooking Studio、株式会社リクルートライフスタイル、株式会社農協観光の4社は、地方交流人口の増加による地域活性化と、日本食の魅力発信による輸出拡大を目指し [全文を読む]

-「旅ができる復興」- 東北ふるさと課(化)シリーズ 第九章 海と生きる気仙沼

PR TIMES / 2016年09月27日17時06分

~地酒(蒼天伝)海中貯蔵旅2016~ JTB グループの株式会社 JTB コーポレートセールス(東京都千代田区、代表取締役社長:皆見 薫)は、宮城県気仙沼市において漁業・水産業者や市民の皆様が一丸となって結成した「観光チーム気仙沼」と連携し、2016年11月19日(土)からの1泊2日で、2015年の秋に宮城県気仙沼の牡蠣棚の下の海中に貯蔵した地酒(蒼天伝) [全文を読む]

摂南大学がメカジキで震災復興推進!気仙沼市の食材を使った新カレーを食堂で販売 ~経済学部ゼミの研究活動の一環として~

@Press / 2016年06月02日11時00分

摂南大学(所在地:大阪府寝屋川市、学長:八木 紀一郎)は、被災地の地域ブランド形成に関する研究活動の一環として、経済学部植杉大ゼミの学生らの提案による宮城県気仙沼市の特産の一つメカジキを使ったカレー「商品名:メカカレー」を大学内の食堂で販売しております。 販売期間内には、関西圏における気仙沼に関する認知度や、現地の食品や商品を購入することでできる復興支援に [全文を読む]

9/27「第3回イオン 東北復興ふるさとの森づくり 気仙沼大島植樹祭」開催

PR TIMES / 2015年09月18日16時11分

緑豊かな自然の再生と地域経済の活性化をめざして 5,000本の木を植えます イオンは9月27日(日)、宮城県気仙沼市大島において気仙沼大島観光協会とともに「第3回イオン 東北復興ふるさとの森づくり」を開催します。 [画像: http://prtimes.jp/i/7505/441/resize/d7505-441-532590-1.jpg ] 気仙沼市大島 [全文を読む]

東北に100棟のツリーハウスを作る活動を応援しよう!基金付き手づくりパンキット「ポリパンキット」発売~5/31に気仙沼でワークショップ開催・WEB配信も~

PR TIMES / 2015年05月14日16時13分

5月31日(日)には宮城県気仙沼市に建設中のツリーハウスのふもとで、パン作りのワークショップを行い、写真とテキストによるWEB配信も実施するとともに、東北各地のスイーツや手しごとの雑貨を販売する『とうほくマルシェ』も同時開催いたします。[画像1: http://prtimes.jp/i/12759/28/resize/d12759-28-586479-0. [全文を読む]

宮城県気仙沼市大島で地域の皆さまとともに2,000本を植樹

PR TIMES / 2013年09月12日12時06分

9/22(日)「~新しい未来へ~ イオンふるさとの森づくり」を開催 イオンは9月22日(日) 、宮城県気仙沼市大島において気仙沼大島観光協会と協力し、「~新しい未来へ~ イオンふるさとの森づくり」植樹祭を開催します。 気仙沼市大島は、風光明媚な東北最大の有人島で三陸復興国立公園の中にあります。大島北部に位置する亀山からの景色は「緑の真珠」とも評され、気仙沼 [全文を読む]

ロクシタン2013年度 東日本大震災復興支援活動

PR TIMES / 2013年03月11日15時33分

被災地のママを支援するトーク&ワークショップイベント「ママ ミーツ イン東北」実施資金を支援 /被災地の起業家を応援!宮城県気仙沼市の復興イベント「第3回東北マルシェ(R)」開催費を全額支援ロクシタンジャポン株式会社(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:鷹野志穂)を含むロクシタングループ(本社:フランス、以下ロクシタン)は本年度における東日本大震災復興 [全文を読む]

フォーカス