電気通信大学のニュース

創立100周年記念国際シンポジウム開催案内(発表申込・参加登録のお願い)“Future Earth”エネルギー課題に資する新奇なナノ物質・触媒・表面 -- その場&オペランドXAFS及びX線手法による物質研究、キャラクタリゼーション及びイメージング -- 電気通信大学

Digital PR Platform / 2017年05月31日08時05分

電気通信大学(UEC, Tokyo)では、NEDO燃料電池プログラムの下、SPring-8ビームラインBL36XUで、最先端X-ray based techniquesを開発・整備し、他の解析法では得ることが困難な燃料電池内部のナノ電極触媒の挙動を、”その場&オペランド”、”時間軸”、”空間軸”で計測・解析することを可能とし、新たな科学的洞察を提供してい [全文を読む]

KDL、京大、電通大がIoTシステムの共同研究、実証実験に向けた取り組みを開始-三井不動産リアルティ、ポテンシャルユナイテッドらとの連携により駐車場データの活用モデルを目指す-

DreamNews / 2015年12月21日14時00分

株式会社神戸デジタル・ラボ、国立大学法人京都大学、国立大学法人電気通信大学は、三者で研究開発を進めているデータ活用技術「マイクロナレッジ技術」を用いて、三井不動産リアルティ株式会社、株式会社ポテンシャルユナイテッドとともに、駐車場の利用者の行動履歴を活用して個々人に最適な情報を配信する「駐車場データと周辺環境の関係性に基づく情報配信の最適化」の実証実験に向 [全文を読む]

水瀬いのり初冠ラジオ本日スタート、公式モバイルサイト情報も

okmusic UP's / 2014年04月02日22時26分

番組の企画・制作は、提供元である大阪電気通信大学 総合情報学部デジタルゲーム学科と学生プロジェクト「大阪電気通信大学チャンネル:通称 電ch! (でんチャン)」が行う。また、ニコニコ動画大阪電気通信大学チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/denchan)でも視聴が可能となっているので、気になる人はチェックをお忘れなく。なお、4月1日( [全文を読む]

電気通信大学が公開講座「 -- 超スマート社会の実現を目指す最先端の科学・技術研究 -- 」(全6回)を開催 -- 創立100周年記念事業の一環

Digital PR Platform / 2017年05月15日08時05分

電気通信大学(東京都調布市)は2017年6月~2018年1月まで、全6回の公開講座「―超スマート社会の実現を目指す最先端の科学・技術研究―」を開催する。これは、2018年に創立100周年を迎える同大の記念事業の一つとして行うもので、4月に開設した100周年キャンパスで実施。科学・技術の各分野の第一線で活躍する同大の研究者が、政府の「第5期科学技術基本計画」 [全文を読む]

平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 : 一般社団法人情報処理学会推薦の 久野 靖氏、中野由章氏、辰己丈夫氏、中山泰一氏、植原啓介氏の受賞が決定

DreamNews / 2017年04月11日16時00分

報道関係者各位プレスリリース2017年4月11日 平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 : 一般社団法人情報処理学会推薦の久野 靖氏、中野由章氏、辰己丈夫氏、中山泰一氏、植原啓介氏の受賞が決定 電気通信大学神戸市教育委員会大阪電気通信大学放送大学慶應義塾大学一般社団法人 情報処理学会文部科学省は4月11日、平成29年度 科学技術分野の文 [全文を読む]

“「世界津波の日」に先がけ防災意識の啓発として”地震予知情報配信サービス「予知するアンテナ」有料会員向け地震予知情報を無料会員に1ヶ月間無料で提供

DreamNews / 2016年11月01日14時00分

*月額500円(税抜) 【地震予知情報の無料提供について】 期間:2016年11月1日(火)~2016年11月30日(水) 対象:無料会員 提供情報:有料会員が閲覧できる地震予知情報を無料会員にも提供■「予知するアンテナ」の地震予測とは? □ メディアで話題!早川正士教授の地震予知理論がベース 「予知するアンテナ」の地震予測は、新聞・テレビなどメディアで [全文を読む]

オープンストリームと電気通信大学、人工知能分野で共同研究開始

@Press / 2016年08月29日11時00分

株式会社豆蔵ホールディングス(証券コード:3756、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:荻原 紀男)の事業会社である株式会社オープンストリーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉原 和彦、以下 オープンストリーム)と、国立大学法人 電気通信大学(所在地:東京都調布市、学長:福田 喬、以下 電気通信大学)は、人工知能技術を活用したリアルタイム行動解析分野 [全文を読む]

多数映像の同時伝送技術fabric video(ファブリック・ビデオ)発表と実用化のお知らせ

@Press / 2012年03月01日09時30分

国立大学法人電気通信大学 笠井研究室(所在地:東京都調布市 笠井 裕之 准教授)は、多数の映像を同時に伝送する技術『fabric video(ファブリック・ビデオ)』を発表しました。本技術は、電気通信大学発ベンチャーの株式会社Gnzo(所在地:東京都新宿区、代表取締役:篠原 稔和)*1がリリースした無料アプリケーション「Gnzo(グンゾウ)」*2のコア技術 [全文を読む]

1年次から資格を取得する学生が急増 -- 大阪電気通信大学の「実学道場プロジェクト」

Digital PR Platform / 2017年03月28日08時05分

大阪電気通信大学では、多くの学生に資格取得の有効性を呼びかける「実学道場プロジェクト」を2014年に開始。以来、資格を取得する学生の数が年々増加しており、第一種電気工事士や、第一級陸上無線技術士、公害防止管理者(水質1種)などの難関資格をはじめ、1年次からICT(情報通信技術)関連の資格を取得する学生も増えている。 大阪電気通信大学では「実学」を重視した教 [全文を読む]

電気通信大学が3月27・28日に「Industry-UCB-UEC Workshop 2017」を開催

Digital PR Platform / 2017年03月22日08時05分

電気通信大学は3月27日(月)、28日(火)に「Industry-UCB-UEC Workshop 2017(IUUWS 2017)」を開催する。これは、「超スマート社会」実現に向けたサービス基盤技術やプラットフォームの協創構築に関するワークショップ。電気通信大学の教員や、包括連携協定を結んでいるカリフォルニア大学バークレー校の教員らによるセッションやパネ [全文を読む]

地震予知学会会長 早川正士氏、メールマガジン配信サービス「まぐまぐ!」にて地震予知情報を配信開始!

DreamNews / 2017年03月08日14時00分

Webコンテンツの企画から制作・モバイル受託開発を行う株式会社テンダ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:小林 謙、以下テンダ)は、本日3月8日から、メールマガジン配信サービス「まぐまぐ!」にて地震予知学会会長で国立電気通信大学名誉教授の早川正士氏による地震予知情報の配信・運用を開始いたします。Webコンテンツの企画から制作・モバイル受託開発を行う株式会社 [全文を読む]

12月8日(木)「ビッグデータとAI、これからどうなる?セミナー」(東京会場/全国配信)のご案内

DreamNews / 2016年11月24日17時00分

そんな業界の動向を、 電気通信大学、CCCマーケティング、エム・データの3社からお話いただきます。 大変貴重な機会です。ぜひご参加下さい。※本セミナーは全国対応で生放送のオンラインセミナーも対応しております。http://www.navit-j.com/blog/?p=5743↓↓1. セ ミ ナ ー の ご 案 内 ◆ 第1部 加速する人工知能のこれか [全文を読む]

電気通信大が新設するAI研究センターにサポーター企業として参画

@Press / 2016年06月30日14時30分

株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、国立大学法人電気通信大学が2016年7月1日に設置する「人工知能先端研究センター」にサポーター企業として参画いたします。電気通信大学 人工知能先端研究センター Webサイト http://aix.uec.ac.jp/■「人工知能先端研究センター」サポーター企業参画の概要 [全文を読む]

大阪電気通信大学が5月19日に工学部基礎理工学科の新入生歓迎イベント「卵落としコンテスト」を開催 -- 科学とモノづくりの融合競技に新入生が挑戦

Digital PR Platform / 2017年05月16日08時05分

大阪電気通信大学は5月19日(金)に「卵落としコンテスト」を開催する。これは、限られた材料を使って卵を守る緩衝器を製作し、卵を学舎5階から割らないよう落とす競技。工学部基礎理工学科の新入生歓迎イベントとして毎年開催しているもので、今年で11回目となる。 「卵落としコンテスト」は、A2のケント紙1枚・はさみ・ものさし・セロハンテープなどを使って卵を守る緩衝器 [全文を読む]

マルツエレック、電気通信大学UECアライアンスセンター内に西東京営業所を開設

ITライフハック / 2017年05月10日09時00分

マルツエレックは2017年5月9日、東京都調布市の電気通信大学UECアライアンスセンター内に新たなサービス拠点としてマルツ西東京営業所を開設した。西東京営業所「パーツポート」には半導体、電子部品約5000型番をはじめ、研究開発用の部材を豊富にストックしているとのこと。西東京地区、神奈川県北西部、中央線沿線、京王線沿線のユーザーは、秋葉原へ出かけなくても、調 [全文を読む]

京都大学、神戸デジタル・ラボ、電気通信大学の共著論文が第31回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞入賞)を受賞

DreamNews / 2016年04月05日14時00分

京都大学、神戸デジタル・ラボ、電気通信大学の3者共著で2014年11月に発表した論文「A Socialized System for Enabling the Extraction of Potential Values from Natural and Social Sensing」が、電気通信普及財団が主催する「第31回電気通信普及財団賞(テレコムシス [全文を読む]

CEATEC出展:京大、電通大、KDL、「暮らしを変える!未来予測のデータ活用技術」のデモを展示

DreamNews / 2014年10月03日10時00分

京都大学、電気通信大学、株式会社神戸デジタル・ラボは、共同研究開発している「関係性メトリック」を用いた新しい未来予測技術の研究成果を、10月7日(火)から11日(土)まで幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2014」で展示いたします。京都大学(大学院情報学研究科 新熊亮一准教授) 、電気通信大学(大学院情報システム学研究科笠井裕之准教授)、 [全文を読む]

電通大ピクトラボ、学生主体共同研究をBIGLOBEと実施~サウンド付きLEDシーリングライトを活用したAndroidアプリを試作~

@Press / 2013年10月01日13時45分

BIGLOBEプレスルームhttp://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2013/10/131001-a 国立大学法人電気通信大学(以下、電気通信大学)のピクトラボ(高度ICT試作実験公開工房)(参考資料1)は、学生と企業が直接連携し研究を行う制度を始めました。最初の事例としてNECビッグローブ株式会社(以下、BIG [全文を読む]

レッドブル1本購入で1プレイ無料!? 電通大、生協に『グルーヴコースター』設置で話題に!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2017年06月03日14時00分

電気通信大学の生協に株式会社タイトーがアーケード向けにリリースしている音楽ゲーム『グルーヴコースター』が設置され話題を呼んでいる。商品が並ぶ生協内に『グルーヴコースター』筐体が置かれているインパクトはかなりのものだ。さらに、この『グルーヴコースター』はレッドブルを購入すると1クレジット分プレイすることができるという。大学生協とゲーム筐体という異色の組み合わ [全文を読む]

熊本地震から1年。企業が備えるBCP・防災対策。 電気通信大学名誉教授 早川正士氏による地震予知情報配信サービス 「予知するアンテナ For Business」を提供開始

DreamNews / 2017年04月14日11時00分

本サービスは1週間前に日本地震予知学会会長/電気通信大学名誉教授 早川正士氏による、「いつ・どこで・どのくらい」の地震予測情報を企業担当者に配信し、企業の防災活動・BCP(事業継続計画)に活用いただけます。―企業のBCP・防災対策の取り組みについてー 内閣府が発行した平成28年度版防災白書の「平成27年度企業の事業継続及び防災の取組に関する実態調査」によ [全文を読む]

フォーカス