群馬大学のニュース

自動運転へ向けチーム日本のきっかけとなるか? 群馬大学と東洋電装、自動運転に関する産学連携の新たな取り組みを発表

clicccar / 2017年05月23日20時09分

群馬大学と東洋電装は5月23日、自動運転に関する産学連携の取り組みを開始したと発表しました。 自動車100年の歴史の中で、過去最大の変革と言われる自動運転化への潮流。自動車メーカー同士でも、一社でやっていては乗り遅れてしまう、と技術提携へ向けた発表がいくつも行われています。 群馬大学は、2016年10月より群馬県桐生市で自動運転社の公道実証実験を開始してお [全文を読む]

日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【北関東・甲信越編】「在学中の資格取得に積極的」では、足利工業大学、上越教育大学が第1位に 「時代を切りひらいている」長岡技術科学大学など、「ならでは」の魅力が発信される

@Press / 2013年11月22日11時00分

本リリースURLhttp://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_2/【調査結果のポイント】■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)トップ3・[北関東編]:筑波大学、群馬大学、宇都宮大学・[甲信越編]:信州大学、新潟大学、長岡技術科学大学■その大学「ならでは」の魅 [全文を読む]

【セミナー開催のご案内】リチウムイオン電池の熱暴走の要因と対応策 2月3日開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

PR TIMES / 2017年01月17日09時17分

リチウムイオン電池の安全性の劣化現象とその対策先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: http://cmcre.com/ )では、リチウムイオン電池関連のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「リチウムイオン電池の熱暴走の要因と対応策」と題するセミナーを、 講師に 鳶島真一 氏(群馬大学大学院 工学研 [全文を読む]

群馬大学との共同研究 【青梅加熱濃縮エキス成分の肺がん細胞への抑制効果に関する研究成果】国際医学雑誌「Journal of Cancer Science & Therapy」にて論文発表

@Press / 2012年04月19日15時00分

AdaBio株式会社(群馬県高崎市 / 代表取締役 足立 正一)は、群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学 砂長 則明 助教(主任教授 森 昌朋)らの研究グループと共同で、同社が手掛ける青梅加熱濃縮エキスに含まれる成分MK615が、肺がん細胞(非小細胞肺がん株)に対して増殖抑制作用、細胞死誘導作用、IL-8産生抑制作用を有することを論文発表いたしました。 [全文を読む]

【セミナー開催のご案内】マイクロEVの設計・製作・生産とEVの今後の展開 5月24日開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

PR TIMES / 2017年04月19日09時24分

このたび「マイクロEVの設計・製作・生産とEVの今後の展開」と題するセミナーを、 講師に 松村修二 氏 (群馬大学大学院 理工学研究院 客員教授 工学博士<元富士重工業(株)、(株)SUBARUに社名変更>)をお迎えし、 2017年5月24日(水)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5階502会議室(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料 [全文を読む]

教育格差が拡大、メンタルヘルスにも悪影響…従来型の「受験学力」を否定する2020年度入試改革は危険!

週プレNEWS / 2017年03月30日10時00分

2015年に群馬大学の医学部附属病院で、ひとりの医師が18人もの患者を手術後に死亡させていた事件が発覚しましたが、17人目まではこの医師の説明に納得していたのです。つまり、この医師は手術に関する本質的技量には重大な欠陥があったが、面接やプレゼンテーションの能力は高かったということでしょう。医療の分野に限らず、こういった人材が大学から今以上に多く輩出されるこ [全文を読む]

2015年 医師が選ぶ「医学界・医師界における今年の漢字一文字」発表!

PR TIMES / 2015年12月15日11時23分

■ベスト10と、主な理由(コメント抜粋)1位 「偽」 107票・STAP細胞の件や、群馬大学病院での手術後の死亡の件など、信頼を失った感じがする。(50代、一般内科)・群馬大学病院の話がやはり強烈でした。(30代、消化器外科)・STAP細胞騒動、杭打ちデータ偽装など、人の心をあざむく出来事が多過ぎると感じます。(50代、消化器外科)・精神保健指定医の申請に [全文を読む]

群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘

NEWSポストセブン / 2015年04月12日07時00分

群馬大学医学部附属病院で肝臓の腹腔鏡(ふくくうきょう)手術を受けた患者が過去5年間で8人死亡し、その「調査最終報告」が発表された。この8例すべてに関わっていた40代助教のS医師は2010年に腹腔鏡手術を始めている。ベストセラー『がんばらない』著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏が、この医療過誤について検証する。 * * * 手術を行なった第二外科は、心臓の [全文を読む]

<こんな病院はイヤだ!>2才児死亡事件から見える東京女子医大病院の杜撰な管理と緩すぎるコンプライアンス/ガバナンス

メディアゴン / 2015年03月12日00時30分

藤沢隆[テレビ・プロデューサー/ディレクター]* * *群馬大学病院のある医師による腹腔鏡手術で8人の方が亡くなり、同じ医師の開腹手術でも10人の患者さんが亡くなった疑いがあるという事件。もちろんこの医師個人に問題があることは確かでしょうが、そんな医師に次々と手術をさせ、死亡例が多発していることにも気づかないという病院の管理体制の無責任さには驚くばかりです [全文を読む]

大学病院は危険?死亡事故多発、流れ作業の診察、新薬実験…自分を守る3つのポイント

Business Journal / 2015年02月06日06時00分

群馬大学医学部附属病院で、2011~14年に同一医師が執刀した腹腔鏡下手術を受けた患者約100人のうち、少なくとも8人が術後2週間~100日以内に死亡していたことが明らかになった。この死亡事故は、なぜ発生したのだろうか? 岩手県一関市の医師・菅原由香子氏は、同病院にはいくつかの問題点があると指摘している。 腹腔鏡下手術は傷が小さくて済むため、術後の回復が早 [全文を読む]

日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」【東日本編(北海道/東北/北関東/甲信越)】 室蘭工業大学、東北大学、群馬大学、信州大学が各地域の「地域産業に貢献している」第1位に 各大学「ならでは」の魅力が発信される

@Press / 2014年11月28日11時00分

【調査結果のポイント】■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の得票率を束ねて算出した総合スコア)トップ・[北海道]北海道大学 [東北]東北大学 [北関東]筑波大学 [甲信越]信州大学■その大学「ならでは」の魅力として・室蘭工業大学、東北大学、群馬大学、信州大学が、各地域の「地域産業に貢献している」第1位・「在学中の資格取得に積極的」な大学は、北海道 [全文を読む]

“永遠の偽善者” 37歳の若き市長、山中光茂が挑む市民改革

週プレNEWS / 2013年06月06日06時00分

―その後、外交官試験の学科試験は合格するものの、群馬大学医学部に編入。卒業後は松下政経塾に入り、医師として南アフリカやケニアに渡りました。 山中 想像していた“地球の裏側”に実際に行き、スラム街でしばらく生活したんですが、アフリカにはアフリカの価値観があるんだなって感じました。孤児で、エイズに感染していて、売春もしてるけど、ちゃんとそこにも幸せがある。一 [全文を読む]

気になる汗の臭いや加齢臭に!驚きの技術革新!「マイクロバブル・ナノ・シャワー華」新発売

@Press / 2013年03月12日10時00分

本品は、群馬大学機器分析センター 滝上 昭冶教授ご協力のもと、消臭・洗浄・保温・保湿などの実験データをとり、それらの効果が実証されています。商品紹介URL: http://item.rakuten.co.jp/emurshop/showerhead/※楽天 エミュールショップ内■マイクロバブルを越えた“マイクロナノバブル”が家庭用のシャワーに! 「マイク [全文を読む]

4/14(金)eラーニング『新入社員のための週報・日報・月報の書きかた講座』開講!

DreamNews / 2017年04月14日12時00分

群馬大学教育学部国語・国文科卒。論文オンライン代表1997年より、インターネット上で社会人を中心に論文の添削指導を行う。年間1500本以上の添削をこなし、大学入試をはじめ昇進昇格試験や社会人入試、公務員試験の経験者採用試験などに数多くの合格者を出している。小論文の書き方に関する著書多数。主な著書・実戦添削例で学ぶ 必ず受かる作文・小論文の書き方(新星出版) [全文を読む]

1日10分で脳が活性化! 「ユル体操」のすすめ

プレジデントオンライン / 2017年03月21日15時15分

筑波大学大学院体育研究科修了、群馬大学大学院医学研究科修了。専門はスポーツ神経科学。脳フィットネス理論を提唱。 ---------- (嶺 竜一=構成 中川原 透=イラストレーション 教えてくれる人:筑波大学体育系教授 征矢英昭) [全文を読む]

認知症リハビリで生活力向上を目指す【第35回日本認知症学会学術集会】

認知症ねっと / 2017年03月21日12時00分

今回は、昨年12月に行われた日本認知症学会学術集会における群馬大学名誉教授、山口晴保先生の講演の中で触れられた「認知症リハビリの5原則」について紹介します。先生の講演内容をもとに、5原則とはどのようなものか、なぜ重要なのかを詳しく解説していきます。 この記事の目次 認知症のリハビリは脳を活性化させ進行を防ぐ年々その患者数が増加の一途をたどる認知症。現在のと [全文を読む]

東日本大震災を風化させないために…、TOKYO FMが特別番組を放送

IGNITE / 2017年03月09日23時00分

パーソナリティは、「釜石の奇跡」を生み出した防災研究の第一人者、群馬大学大学院の片田敏孝教授と、朝のワイド番組『クロノス』パーソナリティの高橋万里恵。東北の若い世代が伝え、残そうとしている「震災の記憶と記録」を紹介する。◇1000年後の子どもたちのために…「女川 いのちの教科書」の取り組みとは?東日本大震災から6年。震災の記憶が薄れゆく中、番組が密着したの [全文を読む]

1000年後の子どもたちの為に。女川の高校生による命のバトンを未来に繋ぐ活動に密着LOVE&HOPE Special『忘れない、伝えたい 僕たちがつくるいのちの教科書』

PR TIMES / 2017年03月03日13時54分

パーソナリティは、「釜石の奇跡」を生み出した防災研究の第一人者、群馬大学大学院の片田敏孝教授と、朝のワイド番組『クロノス』パーソナリティの高橋万里恵。東北の若い世代が伝え、残そうとしている「震災の記憶と記録」を紹介します。◇1000年後の子どもたちのために…「女川 いのちの教科書」の取り組みとは?[画像1: https://prtimes.jp/i/482 [全文を読む]

体外診断用医薬品として本邦初のサンドイッチELISA法によるグルカゴン測定キット Glucagon ELISA「コスミック」を発売

PR TIMES / 2017年02月01日13時51分

群馬大学 生体調節研究所 代謝シグナル解析分野 北村忠弘教授は、「グルカゴン分泌抑制作用を併せ持つインクレチン関連薬の登場によりグルカゴンが再注目されている。しかし、これまでのグルカゴンの測定系には特異性の問題があり安定したデータの取得が困難であった。今回、承認されたGlucagon ELISA「コスミック」は、非常に高い検出特異性をもつ質量分析法(LC- [全文を読む]

700万人が“瞬殺”、死者は最大1億人!? 明日にも「破局噴火=日本終了」するカルデラ6選

tocana / 2017年01月17日13時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/01/post_12021.html】 群馬大学教育学部の早川由紀夫教授(地質学)は、地震と同様に、火山噴火もマグニチュード(M)で表すことを提唱しており、これを「噴火マグニチュード」と呼んでいる。氏によれば、破局噴火をM6.5(噴出量300億トン)以上の噴火と仮定すると、日本では過去12 [全文を読む]

フォーカス