羞恥心のニュース

【朗報】つるの剛士「羞恥心」ソックリという理由で「あんスタ」始める。

秒刊SUNDAY / 2016年07月29日10時56分

かつて一世を風靡したテレビのクイズ番組「ヘキサゴン」から飛び出した「羞恥心」。その中のメンバーつるの剛士は、なんともう一度アイドル活動を始めると言い出したのです。再結成か?と思うのかもしれませんが、残念ながらリアルの世界ではないようでして、実はこちらのゲームの中のアイドルのようです。 つか、今の子達知らないんだろーなあ羞恥心。ぼくは真ん中推し~振り付け覚え [全文を読む]

「羞恥心」久々の集結に、再結成を望む声

日刊大衆 / 2017年02月05日16時00分

つるの、上地、野久保の3人といえば、かつて島田紳助氏が司会を務めていた人気番組『クイズ!ヘキサゴン2』(フジテレビ系)から誕生したアイドルユニット「羞恥心」のメンバー。2008年にCDデビューし、『NHK紅白歌合戦』に出場するなど一世風靡した同ユニットだが、2011年に島田氏の芸能界引退で番組が終了すると、羞恥心も解散することになった。 この日、つるのは [全文を読む]

干され俳優・野久保直樹が“第2の西島秀俊”になる!? 羞恥心姿に「1人オーラなし」の声も…

おたぽる / 2015年12月20日12時00分

13日、俳優の野久保直樹が自身のインスタグラムに「久しぶりの羞恥心。何年ぶりだろう。グダグダだったけど」と、かつて上地雄輔、つるの剛士の3人で組んで活躍したユニット「羞恥心」のパフォーマンスを、上地の結婚式で披露したことを報告。羞恥心時代の衣装を着ての久しぶりのスリーショットに、「昔も野久保だけオーラがなかったけど、さらになくなった」「3人並ぶと、野久保が [全文を読む]

8月2日“パンツの日”に井上章一先生から学ぶ「白木屋伝説」の真相と超マジメなパンチラ考

週プレNEWS / 2015年08月02日00時00分

羞恥心の現代史』(朝日新聞社刊)などの著作もあり、日本におけるパンツをめぐる心理、羞恥心の変遷に詳しい国際日本文化研究センター・副所長の井上章一氏にお話を伺った。 ■日本でパンツが普及したきっかけ「白木屋パンツ伝説」の真実 まずは気になるのは日本でパンツが普及したきっかけだ。その昔、日本人は“男はフンドシ、女は腰巻”が常識だったハズ。いつくらいから日本人 [全文を読む]

西島秀俊は民放5年出禁…「羞恥心」野久保直樹は7年目のテレビ復帰なるか?

アサジョ / 2017年02月06日10時14分

06年11月から09年7月に放送された「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)や同番組から派生した、つるの剛士、上地雄輔とのユニット“羞恥心”でブレイクした野久保直樹。 野久保は、ワタナベエンターテインメント所属のタレントとして04年から活動を始めた。だが、事務所からの独立騒動が勃発し、10年には事務所の公式サイトから野久保の名が削除された。 これに対し [全文を読む]

80代からが人生の黄金期だ「ジェームス三木」(2)女性の好みも変わってきた

アサ芸プラス / 2017年05月07日09時57分

── 僕は、哀愁が漂っていて羞恥心を持っている女性が好みなんです。今の20代にはこの2つを兼ね備えている女性があまりいないから、食指が動きません。 昔の芸能人であげるなら、山口百恵ちゃんとかマリリン・モンローには哀愁と羞恥心がありましたよねえ。彼女たちは「俺が何とかしてやらないとこの子はダメになる」という、男の保護本能をかきたてる魅力を持つ、すばらしい女性 [全文を読む]

よもやの「羞恥心」復活で気になった野久保直樹って今なにしてるの?

アサジョ / 2015年12月20日09時58分

12日に行われた上地雄輔の結婚式で「羞恥心」が復活し、かつてのファンたちから喜びの声が上がっている。「羞恥心」は05年から11年までフジテレビ系で放送されていたクイズバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」内で08年に誕生したユニット。上地、つるの剛士、野久保直樹の3名で構成され、デビューシングル「羞恥心」はオリコンの年間シングルチャート5位にランクされる [全文を読む]

【日本人とサングラス】人はどのようにしてサングラスを着用するようになるのか

しらべぇ / 2015年08月22日17時30分

■サングラスと羞恥心©iStock.com/Electra-K-Vasileiadou サングラスは本人が持つ羞恥心と大きな関係があるようだ。本サイトが実施した調査によると、夜にサングラスをかけたことがある人は5.5%。数値の少なさから、一般の人は自らの顔が見られることを恐れているのではなく、むしろサングラスをかけている自分を見られることを恥ずかしがってい [全文を読む]

クララに芸能マネージメント協会が「自粛のない芸能活動、自制するべき」と公式発表

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年01月28日16時48分

同協会は28日、特別機構・賞罰調停倫理委員会を通じて「クララは最近所属事務所との契約解除の問題で議論を起こした当事者として、まだ捜査の結果が出ていない事案ではあるが、社会的に大きな物議を醸しており、特に性的羞恥心を受けたという敏感な部分が公な議論となって、その余波は大衆にまで影響を与えるため、さらに深刻な問題となっている」と述べた。続いて「クララは、本委員 [全文を読む]

事務所と紛争中クララ側、60代会長の「生理周期」を問う発言に感情爆発

Wow!Korea / 2015年01月22日10時39分

これに先立ちクララは性的羞恥心(セクハラ)を感じたという理由で契約解約を要求した。しかし、事務所のポラリスは悪意的な名誉棄損に当たるという立場を示している。クララの法律代理人パク・ヨンモク弁護士は「報道されていたメール内容は事実だが、クララのイメージに傷が付くよう順序が編集されていた」とし、画報写真(ランジェリーやビキニの画報写真)の配置に関する悪意ある編 [全文を読む]

女性がパンティ履かずに出歩くときって?59才「開放感から」22才「漏らしたから」ほか

しらべぇ / 2015年01月21日09時00分

羞恥心の社会史』(朝日新聞社)の検証によると、全くのデタラメだと言います。 著書によると、我が国で女性がパンツを履くようになったきっかけは元々「貞操帯」としての側面からという理由が大きかったようです。その後、パンツを履くことが一般的になってから「パンツを見られることは恥ずかしいこと」という羞恥心が女性のあいだで広まったそうです。つまり、女性は近代のある時 [全文を読む]

クララ、事務所相手に契約無効訴訟…60代会長から「セクハラ・パワハラ」メール

Wow!Korea / 2015年01月15日12時00分

14日にある韓国メディアが「クララが事務所会長の言動で性的羞恥心を感じ、契約無効訴訟を提起したことが確認された」と報道した。これに対して事務所側は「むしろ会長への名誉棄損だ」と反発している。クララ側は「事務所会長のイ某氏に性的羞恥心を感じ、昨年9月に契約の解約を訴え、契約効力がないことを確認するため訴訟に至った」と明かした。クララは昨年6月に所属事務所ポラ [全文を読む]

クララも…契約無効訴訟か「性的羞恥心を感じ…」、事務所側「契約違反は独断で活動進める彼女の方」と猛反発

Wow!Korea / 2015年01月15日10時30分

ある韓国メディアは14日、「クララが事務所会長イ某氏から性的羞恥心を感じて、昨年9月に契約の解約を訴え、先月末、所属事務所を相手に専属契約無効訴訟を提起した」と報道した。ポラリスの関係者は15日午前、「とんでもないことだ」とし「クララとは昨年6月に独占エージェンシー契約をしたが、事務所との合意なしでクララが独断でスケジュールを進めた。契約違反に対して何度も [全文を読む]

振り込め詐欺は「男のプライド」で深刻化する 犯人は「相談する」恥ずかしさを逆手に取る

東洋経済オンライン / 2017年04月15日10時00分

■「こんなことで相談なんて」という羞恥心を逆手に取る 詐欺のパターンで多いのは、「トラブルに巻き込まれている」と思わせるか、「儲かる」と思わせるかのどちらか。どちらのケースも最終的にはおカネを奪われるという被害が出るわけですから、まずおカネの話が出たら、1人で決めず、必ず家族に相談するという習慣をつけておくことが大切です。だます側は、あなたの「こんなこと [全文を読む]

野久保直樹が「羞恥心」メンバーと再結集するもあの芸人との写真が物議!

アサ芸プラス / 2017年02月02日05時58分

俳優の野久保直樹が1月29日、ユニット「羞恥心」の仲間だった上地雄輔、つるの剛士との記念ショットをインスタグラムで公開した。3人が集まったのは、羞恥心を世に出したバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)を担当していたプロデューサーの結婚パーティー。おめでたい場とあってフォーマルウェアに身を包んだ3人の姿に、かつてのファンからは「懐かしすぎる [全文を読む]

韓国でまた!財閥のお坊ちゃんが酔って暴れて警察沙汰に=韓国ネット「すべては処罰がぬるいから」「韓国国民としてまた新たな羞恥心が生まれるとは」

Record China / 2017年01月06日02時00分

金を払えばまたなかったことにしてもらえるんだもんね」「人格と財力が比例したらどんなにいいだろう」「韓国国民としてもうこれ以上の恥をかくことはないと思ったけど、また新たな羞恥心が生まれるとは」などの声もあった。(翻訳・編集/吉金) [全文を読む]

「慰安婦像はヘイト」豪州の日本人団体が撤去を求める陳情書=韓国ネット「どんな教育を受けて育ったんだ」「私の知っている日本人ではない」

Record China / 2016年12月15日21時20分

AJCNは今回の陳情書で、「人種差別禁止法18C条項は人種や肌の色、国や民族を理由に他人に不快な思いをさせたり、羞恥心を抱かせたり、侮辱的・脅威的な表現を使うことを禁止している」と説明。その上で、「少女像は地域社会に害を与え、結果的に侮辱行為と人種的憎悪を誘発する」と訴えている。 インタビューでAJCNは「少女像は純粋な記念碑ではなく、政治的な理由で建てら [全文を読む]

初めてする前にゴマ掃除する?異性が絡むと意識は変化するのか

しらべぇ / 2016年08月30日06時00分

へそのゴマの掃除が行き届いていないことに対する羞恥心は、今の若者ほど多いのか。あるいは、年齢と共に恥ずかしさが減っていくということなのかもしれない。■エッチの自信がない人ほど...次に都道府県別で調べてみると、千葉県の人たちは25.0%ともっとも高い数値になった。なぜ千葉県民は、異性との性行為の前にへそをキレイにする人が多いのか。その理由は、エッチの自信度 [全文を読む]

「深みにハマりすぎやろwww」「めっちゃ重課金してね??」つるの剛士が『あんスタ』で大暴走していると話題

おたぽる / 2016年08月02日20時00分

イケメンとの学園生活を楽しむ完全に女子向けのゲームなのだが、『あんスタ』から登場した3人組新ユニットのシルエットが、つるのがかつて所属していた2008年結成のアイドルグループ「羞恥心」にそっくりだと話題になるとTwitter(@takeshi_tsuruno)で「つか、今の子達知らないんだろーなあ 羞恥心。ぼくは真ん中推し~ 振り付け覚えらんないけどね」 [全文を読む]

女優の「裸画像」合成、「有名税」では済まされない…雑誌出版社の賠償命令確定

弁護士ドットコムニュース / 2016年07月06日10時09分

一審の東京地裁は、「イラストは一見して合成と判別できないほど精巧」「女性に強い羞恥心や不快感を抱かせ、自尊心を傷つける」として、賠償を命じ、二審も支持していた。7人は二審判決の一部を不服として上告受理を申し立てていたが、28日付で不受理が決まり、二審判決が確定した。報道によると、問題となった雑誌には、訴えた7人を含む20人超の女性芸能人の合成画像が掲載され [全文を読む]

フォーカス