七人の侍のニュース

パリ・同時テロ事件の報を聞いて思う「窮鼠、猫をかむ」

メディアゴン / 2015年11月18日07時30分

黒澤明監督の映画「七人の侍」この映画でクロサワはアクション映画の監督として世界的名声を確固たるものにする。しかし黒澤はアクション映画だけを撮ったのではない。思想が込められていた。舞台は戦国時代の山間の僻村。村人たちは野伏せりの襲撃により収穫を簒奪され、娘をさらわれ、困窮に極みにいた。だが、百姓たちに野伏せりと戦う力も武力も無い。百姓たちは武力をアウト・ソー [全文を読む]

やっぱり可愛い大杉漣!おじさんたちのテラスハウスが濃くてハァハァする/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第一話レビュー

messy / 2017年01月16日23時00分

“ユーチュー”という中国のネット配信チャンネルの開局記念番組『七人の侍』の出演オファーが6人それぞれのもとに舞い込みます。そんな胡散臭いオファーなんか……と皆、断ろうとしますが、制作費が3億元(日本円でおよそ50億)。監督は世界的に有名な、チャン・イーモウ。さらに主演が“役所さん”だと聞き、「役所広司さんが主演なら……」承諾した結果、条件として提示された [全文を読む]

『七人の侍』『荒野の七人』リメイク作品『マグニフィセント・セブン』が全米初登場1位! 3日間で興収3500万ドル突破

AOLニュース / 2016年09月26日19時00分

黒澤明監督代表作『七人の侍』(54)、そして『七人の侍』のハリウッドリメイク版となる『荒野の七人』(60)。これら最高峰の名作たちを原案として、『イコライザー』(14)、『サウスポー』(15)など、重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督のもと、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、個性&国際色豊か [全文を読む]

『七人の侍』『生きる』の志村喬生誕110年記念展 フィルム上映も

太田出版ケトルニュース / 2015年08月12日06時27分

8月18日(火)より、東京・京橋の「東京国立近代美術館フィルムセンター」にて、『七人の侍』『生きる』で知られる俳優・志村喬の旧蔵コレクションを紹介する企画展『生誕110年 映画俳優 志村喬』が開催される。 志村喬(1905~1982)は兵庫県に生まれ、舞台俳優を経た後、映画の世界に。芸達者な脇役として認められた。そして1943年、黒澤明監督の『姿三四郎』に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ハリー杉山、「映画が僕に自信をくれた」「映画は究極の喜怒哀楽」。東京国際映画祭は「心を“まっぱ”にして観て」<ロングインタビュー>

TechinsightJapan / 2014年10月22日21時50分

■映画好きのルーツは母と観た『七人の侍』──映画がとてもお好きなのが伝わってきました。何か映画が好きになるきっかけがあったのですか。ハリー:子どもの頃、母親に銀座の地下の20席ぐらいの映画館へ、『七人の侍』『ドクトル・ジバゴ』『アラビアのロレンス』などを観に連れていかれました。ものすごく衝撃を受けました。『ドクトル・ジバゴ』は、ロシア革命の話ですが、15、 [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

■『七人の侍』を彷彿させる7人のキャラ付け 次に、『太陽~』といえば、やはりニックネームである。ボスをはじめ、山さん、ゴリさん、長さん、殿下、シンコ、そして――マカロニ。このように、レギュラー刑事たちのキャラを際立たせたのも、『太陽~』が初めてだった。かつての『七人の刑事』も『ザ・ガードマン』も、メンバーは同じ7人だったが、ここまでの明確なキャラ付けはなか [全文を読む]

半世紀を経て黒澤明監督作が世界の映画人に影響を与え続けるワケとは?

アサ芸プラス / 2017年01月26日05時59分

黒澤明監督の名作時代劇「七人の侍」(54年)と、そのリメイク版西部劇「荒野の七人」(60年)を原案とする「マグニフィセント・セブン」が1月27日に公開される。残虐の限りを尽くして町を支配する男の一味に、デンゼル・ワシントン演じる賞金稼ぎやギャンブラー、伝説のスナイパー、ネイティブ・アメリカンなど7人が挑むもので、立場が違う者たちの対立と和解を織り込んだ原案 [全文を読む]

『七人の侍』を原案にした『マグニフィセント・セブン』の仲間集めシーンを独占公開!

Movie Walker / 2017年01月21日12時00分

黒澤明監督の代表作『七人の侍』(54)、それをハリウッドリメイクした『荒野の七人』(60)の2作を原案にした本作の本編特別映像を独占で公開。 映像で映し出されるのは、家族を非道な男ボーグに殺されたエマと、彼女に正義のための復讐を依頼され引き受けた賞金稼ぎのサム・チザムが、敵に立ち向かうための仲間を集める姿。指名手配中の流れ者、バスケスをリクルートする緊迫し [全文を読む]

映画『マグニフィセント・セブン』は『七人の侍』『荒野の七人』に比べもっと過激!? トロント映画祭プレミア上映

AOLニュース / 2016年09月12日18時00分

黒澤明監督の『七人の侍』、その翻案作品である『荒野の七人』を原案とする本作のメガホンを取るのは重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督。 主演にはデンゼル・ワシントン、クリス・プラット、 イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、国際色豊かな豪華キャストが並んでいる。実は、このトロント映画祭、オスカーレースの行方を占う映画祭として近年脚光を浴 [全文を読む]

7人のアウトローがド派手に暴れる『マグニフィセント・セブン』予告映像解禁! デンゼル・ワシントン&クリス・プラットのコメントも

AOLニュース / 2016年09月06日10時30分

黒澤明監督の代表作『七人の侍』(54)。『七人の侍』の舞台を西部開拓時代のメキシコに移してハリウッドリメイクされたウェスタン『荒野の七人』(60)。この2名作を原案とした『マグニフィセント・セブン』が2017年1月27日(金)に公開される。黒澤明監督の命日である本日9月6日、本作の予告編が解禁された。 https://youtu.be/b1H2eLv-Mz [全文を読む]

『珍遊記』まさかの実写化で関係者が暴露する、超問題作の舞台裏「松山さん…なんで出たんだろ?」

週プレNEWS / 2016年03月05日09時00分

―監督から脚本について指示はあったんですか? お 「山田太郎は黒澤明監督の『七人の侍』の三船敏郎さんのイメージだから」って言われて、エーッと思いながら『七人の侍』を研究したんですが…全然参考になりませんでした(笑)。 今 現場でも監督には最後まで何も言われなかったから、いいのか悪いのかわからないままやってました(笑)。僕、撮影の日に面白いからいいやと思っ [全文を読む]

GHQ 民主主義を賛美する親米的映画で日本人の歓心をかった

NEWSポストセブン / 2015年09月15日07時00分

* * * 『七人の侍』。黒澤明監督の傑作だ。1954年の映画。 題名通り、7人の侍が活躍する。野武士に襲われ放題の農村。村のわずかな蓄えをはたいて、7人の浪人者を雇う。日米安保体制の写し絵。そうとも言われる。自衛力の著しく不足する農村が、平和憲法下の日本。7人の侍は米軍。そう解釈できなくもない。 『七人の侍』は群像劇である。7人みんなが主役。とはいえ、 [全文を読む]

「日本を代表する映画監督」と言えば…やはりあの人

NewsCafe / 2014年07月15日12時00分

※回答総数…592件【1位】黒澤明「七人の侍」(43.4%)■どなたも世界に誇れる監督ばかりだけど、一人だけというなら、やっぱりこの人では!? 世界中の映画人に大きな影響を与えたでしょう。[女性/50代/自営業]■スピルバーグもルーカスも黒澤明監督を尊敬しているよね、「荒野の七人」は「七人の侍」のリメーク作品だし。[女性/40代/会社員]■実写では黒澤か小 [全文を読む]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その5

TABIZINE / 2017年06月10日07時30分

ちょっと話は違いますが、昔話の『桃太郎』にせよ、映画『七人の侍』にせよ、仲間探しが物語で重要なパートを占めていました。 町づくりもきっと一緒ですよね。ならばどのような人たちと、どのように協力していけばいいのでしょうか? そのヒントとしてgaccoで講義を受け持つ講師の1人、イデアパートナーズの代表取締役、NPO法人イデア九州・アジア理事長の井出修身さんが、 [全文を読む]

黒澤明監督の未完作品の製作で、日中企業が提携へ

ガジェット通信 / 2017年05月23日10時00分

黒澤監督は、『七人の侍』や『用心棒』『羅生門』などの名作を監督し、1998年に亡くなった。『影武者』は1980年にカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞している。 ジンケと黒澤プロダクションの契約は、木曜日にカンヌ国際映画祭にて発表された。両社の合意は、映画『黒き死の仮面』(『The Mask of the Black Death(英題)』)を除く、黒澤監 [全文を読む]

なぜNY在住の日本人社長は真っ白なDVDを見て身を乗り出したのか

まぐまぐニュース! / 2017年05月15日13時55分

「ローマの休日」しかり、「風と共に去りぬ」しかり、「七人の侍」しかり。もう誰もがいい作品と認める、名作中の名作。 でも、これを未見の人が今から観るということは、前述の理屈だと「絶対いい作品」「間違いないクオリティーの作品」だということを知った上で観る、ということになります。 それって、つまりは、お見合い結婚だよね?(いえ、決してお見合い結婚が悪いってわけで [全文を読む]

ギラつく若き三船敏郎が疾駆する極上の追跡劇!黒澤明『野良犬』【面白すぎる日本映画 第3回】

サライ.jp / 2017年05月03日17時00分

ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『羅生門』や、『生きる』『七人の侍』の前に生まれた作品であるが、黒澤映画の醍醐味が存分に出ている。ある蒸し暑い日。村上刑事(三船敏郎)はバスの中で拳銃をすられてしまう(懐かしいコルトだ)。拳銃にはまだ弾が入っている。この拳銃がもし使われたら……。村上は一刻も早く拳銃を取り戻そうと、ベテランの佐藤刑事(志村喬)と犯人 [全文を読む]

「本来、葬式はめでたいもんだよ」(黒澤明)【漱石と明治人のことば120】

サライ.jp / 2017年04月30日06時00分

他にも『七人の侍』『赤ひげ』『椿三十郎』『影武者』など、多くの名作を撮った。 掲出のことばは、その黒澤が晩年に製作した映画『夢』(平成2年)の第8話「水車のある村」の中で、笠智衆演じる老人に言わせた台詞。そこには、黒澤自身の死生観が反映しているのだろう。 劇中、老人はこんな台詞も口にする。 「私達はできるだけ昔の様に、自然の暮らし方をしたいと思っているんだ [全文を読む]

『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

ガジェット通信 / 2017年04月06日08時00分

七人の侍』やたけしサンの『座頭市』もそうだけど、日本映画は“復讐”というテーマを最も美しいカタチで表現していると思う。そして、それは今作にも通じるテーマだね」 今作では、人間とテクノロジーの境界線が曖昧になった近未来を舞台に、脳以外は全身義体の少佐率いる公安9課が、謎のサイバーテロリストを追う。アスベックが演じたバトーは、任務における少佐の相棒であり、彼 [全文を読む]

西部開拓時代に思いを馳せる! 同じ名前の銃の数奇な運命『マグニフィセント・セブン』

おたぽる / 2017年03月11日21時00分

黒澤明監督の名作『七人の侍』をモチーフとした西部劇映画『荒野の7人』をさらにリメイクし、時代背景はそのままに現代風に再構成した『マグニフィセント・セブン』。アントワーン・フークワ監督、デンゼル・ワシントン主演の西部劇映画です。 実は西部劇モノでは絶対出てくる代名詞的拳銃があります。武器を知らない人でも聞いたことがある人も多いであろう“ピースメーカー”です。 [全文を読む]

フォーカス