御嶽山のニュース

御嶽山噴火が富士山崩壊の導火線となる!これだけの理由

週プレNEWS / 2014年10月07日06時00分

あまりに甚大な被害を及ぼした御嶽山噴火。しかし、約75万年前から、この火山はマグマ噴火も繰り返してきた。 今回は、山体の下に潜むマグマ熱で地下水が高温化し気化・膨張した「水蒸気噴火」だったとされており、ひとまず安心との報道もなされているが、これは大きな見当違い。その影響でマグマ活動が高まり、次は大きな「マグマ噴火」が起こる恐れもあるのだ。 注目すべきは、今 [全文を読む]

課題となる噴火への備え

NewsCafe / 2014年10月01日15時00分

長野県と岐阜県にまたがる御嶽山が噴火しました。御嶽山は1979年、死火山だと思われていましたが、噴火しました。その5年後の1984年、御岳山麓を震源とする長野県西部地震が起きました。死者と行方不明者あわせて29人が犠牲となりました。まず、「御嶽山」という表記ですが、朝日新聞をはじめ、地元紙の信濃毎日新聞、岐阜新聞、中部地方のブロック紙である中日新聞、そして [全文を読む]

~ご結婚されるカップルが続々誕生~人気企画「山コン・トレッキングツアー」の男性参加者募集中!

DreamNews / 2016年08月22日09時00分

2013年夏に開催した第1回以降、100%の催行率で開催しており、今回の長野県木曽町で行う「山コン・トレッキング in 木曽御嶽山」で14回目の開催となります。女性向け登山情報サイト「山ガールネット(http://www.yamagirl.net/)」は、株式会社デイリー・インフォメーションと共同で、全国に恋の百名山を認定していく「恋山プロジェクト~山コ [全文を読む]

次に噴火する火山はどこか? 御嶽山→富士山→首都直下地震... 悪夢のシナリオも!?

tocana / 2014年10月09日08時00分

先月27日に突然噴火した御嶽山では、死者が50名を超え、いまだ行方不明者の懸命な捜索が行われている。国内の火山災害としては、1991年に41人の死者が出た雲仙・普賢岳の噴火を上回り、戦後最悪の事態となってしまった。今回は、御嶽山の次に噴火する恐れのある火山はどこなのか、そして大地震を誘発する可能性についても、科学者や予言者の見解を絡めながら考えてみたい。【 [全文を読む]

御嶽山噴火で東北“4火山”が活発化の戦慄データ(1)大地震後に例外なく噴火する

アサ芸プラス / 2014年10月14日09時56分

戦後最悪の火山災害となった御嶽山噴火。あらためて、我が国が“火山列島”であることを認識させた。そんな最中、東日本大震災からの復興がいまだ道半ばの被災者たちを戦慄させるデータが発表された。東北地方の4つの火山が活動を活発化させているというのだ。再び東北に危機が訪れるというのか。 紅葉シーズン、さらには午前11時52分という時間帯もあっただろう。山頂は昼食をと [全文を読む]

御嶽山噴火 入山規制 登山者注意

tenki.jp / 2014年09月27日13時51分

9月27日11時53分、御嶽山(おんたけさん)が噴火。長野と岐阜の県境にある御嶽山。気象庁は午後0時36分「火口周辺警報」を発表し噴火警戒レベルを「入山規制」を示すレベル3に引き上げた。山頂の火口から4キロ程度の範囲では噴石などに警戒が必要。開田高原木曽馬の里さまから提供 ライブカメラからみた御嶽山(13時22分)御嶽山噴火で火口周辺警報27日昼前、長野と [全文を読む]

自分を見つめ直す旅をしよう。心が迷ったときに訪れたい、関東の人気宿坊5選

TABIZINE / 2016年08月30日12時00分

お寺の中にある斬新な人気カフェレストラン http://tabizine.jp/2016/06/08/80237/ 古くから息づくパワースポット御嶽山にある「御嶽山荘」の日供祭に参加しよう! (C) 御嶽山荘 こちらは江戸時代から佇む宿坊「御嶽山荘」。長い歴史を感じる梁や柱が印象的な宿坊です。大広間には御嶽神社の分け御霊を祀った神殿、内神殿があり、荘厳な雰 [全文を読む]

緊急出版!ヤマケイ新書『ドキュメント 御嶽山大噴火』刊行

PR TIMES / 2014年12月01日12時21分

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、12月1日にヤマケイ新書『ドキュメント 御嶽山大噴火』を刊行いたしました。 「戦後最大の火山災害となってしまった御嶽山で何があったのか――」 2014年9月27日、御嶽山が噴火。戦後最大の火山災害となってしまいました。あの日、 [全文を読む]

御嶽山噴火で「東北・信越・関東の危ないスキー場&温泉地」を緊急警告!(3)火山情報が開示されていない

アサ芸プラス / 2014年10月30日09時56分

噴火すれば御嶽山より小さい規模でも、観光客の数を考えれば被害は大きくなります。観光客に火山としての危険性が周知されていないのは、御嶽山とまったく同じ。防災担当者の情報を伝えるリスクコミュニケーションの低さや、国民の自然災害に対する教育レベルの低さなど、課題が浮き彫りになりました」(山元氏) 今回の御嶽山の噴火は、火山を擁する観光地に、大きな“課題”を突きつ [全文を読む]

予言書「日月神示」が的中している? 日本の創造神「国常立尊」がついに始動、富士山噴火の危機か!

tocana / 2014年10月10日08時30分

そして9月27日午前11時53分ごろ、長野、岐阜県境にある御嶽山(おんたけさん)が7年ぶりに大噴火した。紅葉シーズンの週末土曜日、日帰りの登山者が最も多い時間帯。まさに最悪のタイミングでの噴火だった。 この、御嶽山は「木曽の御嶽山」として、古くから山岳信仰の霊山として有名だが、この山の御祭神は、なんと国常立尊なのである。これは、冒頭でもお伝えした『日月神 [全文を読む]

御嶽山と箱根 共通する教訓は観光への影響配慮することの危険

NEWSポストセブン / 2015年05月19日07時00分

噴火は規模も時期も予知できない──日本人は昨年9月、57人の登山者の命を奪った御嶽山(おんたけさん)の噴火(水蒸気爆発)によって大自然の脅威と科学の限界を思い知らされた。ところが、この国の政府とマスコミは箱根山の異変に際してその教訓を活かそうとしない。火山性地震が連日観測されている箱根は、御嶽山より遥かに多くの観光客が訪れる地だ。だからこそリスクを過小評価 [全文を読む]

「噴火男」「地震男」「ジョン・タイター」ネットに降臨した予言者たち

tocana / 2014年10月17日14時30分

御嶽山噴火を予言した「噴火男」「9月27日の御嶽山の噴火を予言した男性がいた」と、ウェブ上で話題になっている。その男は、知識や知恵を共有し合うサイト「Yahoo!知恵袋」に2014年9月20日登場し、「岐阜県御嶽山の今回の噴火で、噴火した場所まで一番近くに行くにはどの登山道が良いでしょうか?」と質問したのである。 彼の質問を受けて、翌日に、「噴火は198 [全文を読む]

「M9巨大地震から4年以内に大噴火」 過去の確率は6分の6

NEWSポストセブン / 2015年03月09日07時00分

震災後の噴火としては昨年9月、63人の死者・行方不明者を出した御嶽山が挙げられるが、高橋学・立命館大学歴史都市防災研究所教授は「これはカウントすべきではない」という。 「御嶽山の噴火は、紅葉のハイシーズンでしかも土曜日の昼間にあたり、観光客が多かったせいで被害が大きくなったが、噴火の規模は小さく、『VEI2』の水蒸気爆発にすぎない」 VEI(火山爆発指数) [全文を読む]

日本気象協会が選ぶ「2014年お天気10大ニュース ランキング」発表 ~ 第1位は「記録的な大雪の話題」に決定! ~

PR TIMES / 2014年12月09日14時24分

2位 御嶽山噴火、上空の風に流され甲府でも降灰を観測御嶽山(長野県・岐阜県境)で、9月27日11時53分に噴火が発生しました。気象庁は、御嶽山に対し同日12時36分「火口周辺警報」を発表しました。噴火による火山灰は、上空の風に流され、同日18時30分には御嶽山から約100km離れた甲府気象台で降灰が観測されました。秋晴れとなった土曜日のお昼時であり、死者5 [全文を読む]

長野県神城断層地震で「次は中日本ベルト地帯が危ない」

WEB女性自身 / 2014年12月05日07時00分

本誌11月18日号「危機迫る南関東大震災」の記事中で、地震学者・濱嶌良吉先生(元前橋工科大教授)が「9月16日の茨城県南部地震、9月27日に噴火した御嶽山は相模トラフが日本列島にかかる伊豆半島の付け根地点から、北東と西北西の100キロ超離れたエリア(詳しくは後述)。いまここで地震や噴火が起きている」と指摘。 今回の白馬村も相模トラフから100キロ超。ほか [全文を読む]

損保会社がいち早く反応した「南関東大震災リスク」

WEB女性自身 / 2014年11月10日08時00分

同月27日には御嶽山水蒸気噴火。じつは2つの出来事は、日本列島の地下深いところで密接に結びついています。つぎに危ないのは南関東直下。私は 20年東京五輪どころではなくなることを危惧しています」 そう話すのは、元前橋工科大学教授で地震学者の濱嶌良吉さん。東日本大震災から3年半。あの激しい揺れが記憶に生々しい南関東が、今度は直下型大地震に襲われる危険性があると [全文を読む]

日光白根山、三原山、富士山、草津白根山 注意必要との警告

NEWSポストセブン / 2014年10月15日07時00分

御嶽山の噴火による死者は50人を超えた。我々はこの悲劇を教訓とし、火山の持つ恐ろしさを理解し、その動きに細心の注意を払っていかなければならない。 立命館大学歴史都市防災研究所教授の高橋学氏は、15回の揺れが観測された御嶽山と同様に今年に入ってから震源の浅い地震が頻発している火山として、日光白根山(33回)、伊豆大島の三原山(28回)、富士山(5回)、草津白 [全文を読む]

震源浅い地震 マグマや水蒸気動いている可能性高いと専門家

NEWSポストセブン / 2014年10月13日16時00分

御嶽山の噴火は、多くの犠牲者を出した。だからこそ、国策として噴火予知に莫大なカネをつぎ込みながら「予知できるフリ」をして国民を騙し続けてきた役所と、その諮問機関である火山噴火予知連絡会を中心とした「噴火予知ムラ」の責任は重い。 どの火山が噴火するかを、ピンポイントで日付まで予知することは限りなく不可能に近い。まずは自然災害には科学によって予知しきれない部分 [全文を読む]

みのもんた「御嶽山噴火から学ぶべきこと」

アサ芸プラス / 2014年10月11日09時56分

御嶽山7年ぶりの噴火で多数の犠牲者が‥‥】 9月27日、長野・岐阜の両県にまたがる御嶽山で7年ぶりとなる噴火が起きた。突然の水蒸気爆発が引き起こした噴石や火山灰による被害は甚大で、死亡が確認された犠牲者は47人に上っている。気象庁は「予測は難しかった」とコメントしているが、9月に入ってから同地区では火山性地震が急増していた。 噴火のニュース映像を見た時 [全文を読む]

御嶽山噴火の前兆を察知していた人々!! 南海トラフ地震・富士山大噴火との関係は!?

tocana / 2014年09月30日08時00分

9月27日11時52分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる位置にある御嶽山が突然に噴火し、数十人の負傷者や行方不明者が出ている。日本には「おんたけさん」「みたけやま」などと呼ばれる山が20以上存在しており、信仰の山としての普通名詞的な要素をもつ名称であるが、その中でも「木曽御嶽山」といえば、もっとも山岳信仰が盛んな「神の山」であり、また富士山に次いで日本で2番目 [全文を読む]

フォーカス