広野町のニュース

放射能に汚された福島“6国”清掃活動が波紋! 子供を使った除染なのか?

週プレNEWS / 2015年10月18日11時00分

それによると、広野町では毎時0.23マイクロシーベルトを超えている場所もまだ多く、毎時0.47マイクロシーベルトのところもあった。第一原発周辺では毎時5マイクロシーベルトを超える場所もある。 測定値は車道を走る車から測定した数字。山側に近い歩道や草むらなどでは、さらに高い数値になることが予想される。現に地元住民が今年行なった調査では、6国沿いの土壌から10 [全文を読む]

東日本大震災「余震、いまだ止まず」(3-1) 決死ルポ 原発避難地域20キロ圏「境界線上の真実」

アサ芸プラス / 2012年03月22日10時58分

当時、政府は警戒区域外側に、福島第一原発から20~30キロ圏内を「緊急時避難準備区域」としており、久ノ浜駅以北、双葉郡広野町の広野駅までの2駅間が同区域に該当していた。 同区域は法的に立入禁止にはなっていなかったが、現実は違っていた。自治体の判断で、住民の多くが避難を余儀なくされた。JR東日本も、この区間は代行バスを運行させていた。 久ノ浜駅から朝一番の代 [全文を読む]

ハタゴイン福島広野(仮称)2018年秋開業予定

PR TIMES / 2017年05月25日18時04分

~ハタゴインブランド3店舗目となるのは福島県広野町の駅東側開発のシンボルとなるホテル~[画像: https://prtimes.jp/i/3280/94/resize/d3280-94-192813-0.jpg ]全国で宿泊施設を展開するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 理、以下当社http://www. [全文を読む]

急激に悪化する高野病院問題

Japan In-depth / 2017年03月09日18時00分

上昌広(医療ガバナンス研究所 理事長)「上昌広と福島県浜通り便り」【まとめ】・患者激減の高野病院・財政状態も破たん寸前・地域経済にも悪影響 ■人口急減する広野町年末の高野英男院長の急死から2ヶ月が経った。人の噂も75日というが、メディアが高野病院を取り上げる回数もめっきり減った。では、高野病院の問題は解決されたのだろうか。勿論、そんなことはない。むしろ、事 [全文を読む]

福島県双葉郡、医療崩壊の危機

Japan In-depth / 2017年01月11日07時00分

原発事故以降、広野町の住民は5400人から3000人に減った。高野病院の患者も減少した。財政難の我が国で、診療報酬は下がる一方だ。一方、原発周辺の病院での勤務を希望する医師は少ない。非常勤医師の調達コストは高騰した。高野病院は内部留保をすり減らしており、このままでは数ヶ月で経営破綻する。2017年元旦には、広野町の遠藤智町長に対して「患者・職員を助けて下さ [全文を読む]

批判殺到を教訓に?今年はひっそり開催…放射能汚染が危惧される福島“6国”清掃活動の意義とは

週プレNEWS / 2016年10月23日06時00分

10月15日、福島県広野町。気温は19度、天気は快晴。朝9時前、二ツ沼総合公園の開会式会場に高校生がゾロゾロと集まってくる。主催者発表では、参加者数は昨年と同等の約1400人に上った。開会式直前、手持ちの線量計で会場付近の空間線量を測ってみると…会場の空間線量は0.37マイクロシーベルト。 もちろん、この線量計の数字が100%正しいわけじゃないが、前日、 [全文を読む]

QRコードで身元確認を行っている市町村まとめ

認知症ねっと / 2016年04月13日14時25分

兵庫県・小野市 【福島県・広野町】身元確認専用QRコード広野町の「身元確認専用QRコード」は、読み取ることで、徘徊者対策を行うコールセンターに連絡することができるシール。シールは大小合わせて36枚配布され、防水仕様になっている。 福島県・広野町 【福島県・棚倉町】棚倉町高齢者見守りネットワーク徘徊する恐れがある高齢者等の情報を事前に登録しておくと、QRコ [全文を読む]

恐竜でフクシマを応援しようプロジェクト、いよいよスタート!

PR TIMES / 2015年12月24日14時26分

震災から5年、恐竜博士たちがクラウドファンディングを活用し 壊れた恐竜の標本修復の支援を呼びかけ恐竜でフクシマを応援しようプロジェクト事務局(代表:長谷川善和/群馬県立自然史博物館 名誉館長)は、東日本大震災から5年を迎える2016年を前に、震災で壊れた恐竜・チンタオサウルスの全身復元骨格(レプリカ、福島県広野町役場展示)を修復するプロジェクトを立ち上げ、 [全文を読む]

地元高校生が強制参加? 放射能に汚された福島“6国”清掃活動は美談でいいのか

週プレNEWS / 2015年10月17日15時00分

天候に恵まれた土曜日の朝9時、開会式会場となった広野町の二ツ沼公園には、参加者の印であるオレンジ色のTシャツを着た多くの地元民が詰めかけていた。その中にジャージ姿の子供らの姿が見える。20人以上の中学生らしき集団に声をかけると、地元のサッカーチームから希望者が参加したという。学校単位で参加した高校生もいる。 主催者の特定非営利活動法人のハッピーロードによ [全文を読む]

~2014年度・ディノスの復興支援活動『東北に春をお届けします。』~宮城県・岩手県に14,000鉢の花の苗をお届けするほか、福島県に150本の桜を植樹

@Press / 2015年01月09日13時00分

昨年度より新たに開始した取り組みとして、福島県内(双葉郡広野町)で150本の桜の植樹を、また、継続的な活動として、宮城県(石巻市・岩沼市)及び岩手県(陸前高田市・大船渡市・釜石市・大槌町)では、児童関連施設に計14,000鉢のビオラの花の苗をお届けします。 「ディノス」の復興支援活動『東北に春をお届けします。』では、2011年に開始して以来、対象カタログで [全文を読む]

フォーカス