張力のニュース

駆動もブレーキも…新型ノートe-POWERは「逆転の発想」でできている!

clicccar / 2016年12月05日20時33分

■高張力鋼板を贅沢に使って軽量化と高剛性を両立 ノートのVプラットフォームは、世界のどこでも生産できるように標準鋼板と低グレードの高張力鋼板を利用する設計となっています。 ただ日本向けのノートは、九州工場で生産されているため、590MPaまでの高張力鋼板を採用してきました。今回のe-POWERでは大掛かりなカスタマイズが必要なため、更に高いグレードの高張 [全文を読む]

【三菱電機】ロール・ツー・ロール専用インバータ「FR-A800-R2R」新発売

PR TIMES / 2016年02月01日09時32分

2. ダンサフィードバック速度制御/張力センサフィードバック速度制御 ダンサフィードバックや張力センサフィードバックによってPID制御を行います。 巻径演算と組み合わせることで安定した制御が可能です。 3. 張力センサレストルク制御/張力センサフィードバックトルク制御 材料にかかる張力が一定になるように、巻径演算でロールの巻径を計算し、モータの出力トルク [全文を読む]

販売本数5,000本を突破した緊急救助用「ラクラク39バール」 公共機関・各自主防災組織で続々と導入が决定!

@Press / 2014年03月07日13時00分

それならば、当社が持つプレス加工技術で、【もっと楽に使える】バールを作れないかと考え、自動車のフレームなどに使用されている「高張力鋼管」を使って、緊急救助用バールの試作を始めました。■ものづくりの技術を使って/開発の経緯・自動車のフレームなどに使用する「高張力鋼管」の採用パイプだから、軽い。高張力鋼材だから、強い。ものづくりの会社だからこそ、材料の存在とそ [全文を読む]

女性や高齢者でも扱いやすい緊急救助用「ラクラク39バール」 販売本数5,000本を突破!

@Press / 2014年02月12日13時00分

それならばと、当社が持つプレス加工技術で、【もっと楽に使える】バールを作れないかと考え、自動車のフレームなどに使用されている「高張力鋼管」を使用し、緊急救助用バールの試作を始めました。■ものづくりの技術を使って/開発の経緯<自動車のフレームなどに使用する「高張力鋼管」の採用>パイプだから、軽い。高張力鋼材だから、強い。ものづくりの会社だからこそ、材料の存在 [全文を読む]

~業界初、スポーツの世界でも適性検査を活用~ 行動特性診断ツール『Axis B.R.A.I.N system』の活用事例

DreamNews / 2017年03月03日13時00分

introduction (1) 某大学野球(強豪校)の分析レポート結果 ・受験期間:2016年12月~1月 ・受験者数:60名(監督含む) ポジション別内訳:投手15名、捕手7名、内野手18名、外野手16名、マネージャー3名 【コミュニケーション力】 BRAINでは、傾聴力・共感力・受容力の3能力を受信力(人の話を聴き受け入れる力)、自己開示力・主張力[全文を読む]

【衝撃】水中を生物のように泳ぎ回る「油」が発見される! メカニズム不明、生命誕生の謎が解明する可能性も!?

tocana / 2016年08月26日07時00分

現在のところ、豊田氏らは油滴の表面で生じる界面張力の変化が原因ではないかと考えているようだ。界面張力とは、水中にある油滴を球体にしている力であるが、油滴の表面上にはこの力が弱いところと強いところがある。そして油滴表面の分子は、界面張力が強いところから弱いところへと移動する。この分子の移動によって生じた流れと、界面活性剤と油の分子間で働く相互作用によって、 [全文を読む]

履くだけで高度なテーピング効果を発揮!「リアライン・ソックス・ソフト」新色3カラー発売

@Press / 2016年03月01日10時00分

<2. 機能>繊維構造を密にした特殊な編み構造を作ることにより、テーピングのようにベルト状に強い張力が得られます。弱い張力(写真の黒い部分)と強い張力(写真のグレーの部分)を組み合わせることで、足関節の動きをコントロールできるようになりました。(1) 外側のテーピング構造は、足の裏を内側にひねる動きを制動します。* テーピングの力の加わり方 1https: [全文を読む]

東日本大震災から3年、「いざ」という時あなたの大切な人を救う緊急救助用「ラクラク39バール」 ~販売本数5,000本を突破した、女性や高齢者でも扱いやすいバール~

@Press / 2014年03月11日15時00分

それならば、弊社が持つプレス加工技術で、【もっと楽に使える】バールを作れないかと考え、自動車のフレームなどに使用されている「高張力鋼管」を使って、緊急救助用バールの試作を始めました。■ものづくりの技術を使って/開発の経緯・自動車のフレームなどに使用する「高張力鋼管」の採用パイプだから、軽い。高張力鋼材だから、強い。ものづくりの会社だからこそ、材料の存在とそ [全文を読む]

大人2人分「新型スイフト」の異常な減量

プレジデントオンライン / 2017年05月24日09時15分

素材改革としては、薄くても(つまり軽い)強度の高い抗張力鋼板を積極的に採用している。これも形状を徹底的に解析し、より有利に応力を受け止められる形状に拘った。高張力鋼板はプレスが難しい。硬すぎて曲がらないのだ。最後の手段は加熱して成型するホットプレスという方法があるが、それをやればコストがかさむ。だから常温プレスで曲げられる限界に合わせ、あらゆる部品の形状 [全文を読む]

【スズキ スイフト試乗】100kg超ダイエットの恩恵大!欧州車的なルックスも◎

&GP / 2017年01月28日18時00分

構造をイチから見直した上、超高張力鋼板、高張力鋼板といった強靱な素材を使うことで、フロントのクラッシャブルゾーンを従来より短くすることができました。つまり、エンジンルームの前後を短くできたので、クルマ全体の長さの中で、キャビン(と荷室)に振り分ける寸法を大きく採れたのです。 その恩恵で、後席は10mm、荷室は75mmも奥行きが増えました。荷室容量は、先代よ [全文を読む]

フォーカス