川内天子のニュース

【エンタがビタミン♪】KABA.ちゃん、フライデーの男性とお近づきに 芸能リポーターの仲介で新局面

TechinsightJapan / 2016年11月14日18時10分

集まった報道陣のなかにいたのが芸能リポーター・川内天子である。11日に福岡エリアの夕方ワイド番組『今日感テレビ』(RKB毎日放送)に出演した川内が、前日のPRイベントでKABA.ちゃんの恋のキューピッドを務めたと明かすではないか。 イベントのトークで「よく神社にお参りに行くのよ。素敵な男性と出会えますようにって、神頼みです! もうここで見つけるしかないわけ [全文を読む]

「いい加減にしなさいよ!」東海林のり子、ピース綾部祐二をぶった斬り!

サイゾーウーマン / 2012年10月25日13時00分

現在、各方面の熟女が綾部を取り巻いている状況だが、「女性自身」(光文社)最新号では、芸能レポーター・川内天子さんが、綾部に「実はタイプなんです、お付き合いしてください!」と告白されたという逸話を告白。さらに「ベッドインのお誘いだって、すぐOKしちゃうかも(笑)」と逆アプローチも送っている。 かねてから「熟女好き」を公言していた綾部だが、藤田さんとの報道以 [全文を読む]

今も語り草…尾野真千子「スピード離婚」でヌード復活か

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月15日09時26分

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「お互いに仕事が順調すぎて、夫婦無関心になってしまったのではないでしょうか。片方が不満に思えば慰謝料問題に発展しますから。それよりも尾野さんとしては、妻という呪縛から離れて次の作品で自分を表現したいという気持ちの方が勝っていたのでは」 尾野といえば、同世代の女優の中では飛び抜けた女優根性の持ち主としても業界では知られ [全文を読む]

男の影ゼロの清廉潔白 シングルマザー竹内結子の“聖母”ぶり

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月14日09時26分

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「子供の成長に最上の幸せを感じているので、生き方にブレがないのです。不倫でお騒がせしている芸能人は皆、“女の幸せ”が最優先。子供が3人いようとも、宗教の戒律もやすやすと超えてしまっている斉藤由貴さんと比べると、彼女に聖母のような気品すら感じます。離婚の理由のひとつに“孫を絶対歌舞伎役者にさせる”という、姑(獅童の母 [全文を読む]

斉藤由貴に今井&上原…芸能界騒がす“肉食不倫女子”の共通項

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月09日09時26分

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「証拠写真があるのに“心は越えていない”なんて見え透いた自己弁護の釈明をしてしまうから、斉藤由貴さんのように後からキス写真が流出してキズを深くしてしまう。昭和の芸能人のように、たとえ嘘でも毅然として嘘をつき通すほどの度量もない。職業意識、プロ意識の低下といえるでしょう」 斉藤や今井らに比べれば、独身で半ば男にダマされ [全文を読む]

子供とハワイ旅行も 海老蔵の“再婚”やっぱり麻耶が最有力

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月07日15時14分

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「麻央さんとの心の整理をされたと同時に、これで再出発へ気持ちを切り替えたのではないかと思います。海老蔵と勸玄君の襲名披露、子育て、自分を見つめなおすこと、全てが動きだすでしょう。そして、どこかで“結論″を出さなければいけない状況でもあります」 そこで、やはり気になるのが再婚の話だろう。現状では、麻央さんの姉でフリーア [全文を読む]

熟年離婚のモデル? ますおか岡田&妻・佑佳の別居の行方

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月05日09時26分

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「子育てを終え、夫と離れ、現場復帰してもう一度輝く。これは多くの主婦の憧れ。お茶の間の主婦層は奥さんに注目しています。今、奥さんのほうに勢いがあり、金銭的にも余裕がある。優秀な結実さんと隆之介さんの存在は“子育ての証し”になるし、もし離婚しても“損する人”がいない。岡田さんもネタに使うでしょうし、ハッピーな離婚のモデ [全文を読む]

宮迫は2000万!? しくじり芸能人「驚愕の違約金」

日刊大衆 / 2017年09月04日07時05分

撮り直しともなれば、その費用も乗っかってきますから、莫大な金額になってしまうんです」(芸能レポーターの川内天子さん) だが、2000万円など、まだかわいいほう。6月に未成年女性との飲酒事件が明らかになり、所属事務所から無期限活動停止処分を受けた小出恵介(33)の違約金は、実に約10億円にものぼるといわれている。「放送直前だった、NHKの主演ドラマ『神様から [全文を読む]

まだ就労ビザ待ち ピース綾部“NY行く詐欺”で狼少年一直線

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月29日15時00分

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「休業から5カ月も経ち、本気度が疑われています。渡米の噂が出るたびに期待を裏切り、印象を悪くするので、中間報告をした方がいいと思います。“就労ビザが難しいから語学留学に切り替えた”でもいいから、状況を自分の口で伝えるべきでしょう」 事務所に問い合わせると、 「ビザの申請はしていますが、その後、大使館からは連絡があり [全文を読む]

バナナマン日村&神田愛花 “婚前旅行”でゴールイン間近か

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月29日09時26分

芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「交際発覚当時は、不釣り合いだの、神田の母親が猛反対しているだの、神田さんの売名行為などといった心ない報道もあり、誰しもが疑っていたカップルでした。しかし、ここまで来ると2人の仲は疑いようのないものになりましたね。売れっ子芸人の日村さんは高級車を所有し、懐の深さに加え、彼女思いと評判。神田さんはそんな彼の本物の愛を [全文を読む]

梨花も母親に専念 長男ハワイ名門幼稚園合格までの軌跡

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月22日15時19分

そのくらいお子さんを大事にされていたんです」(元ショップ店員) 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「テレビに登場し始めた頃はおバカ風なキャラクターでしたが、おバカキャラのタレントさんこそ芯が強い。ブランドも梨花さんのGOが出ないと進まないということは、副業も名前貸しでなくちゃんと手掛けているということ。最近はSNSなど、声高にアピールするのがトレンド [全文を読む]

杏が渡辺謙と絶縁状態!?人妻芸能人「知られざる本性」

日刊大衆 / 2017年08月06日09時05分

芸能リポーターの川内天子氏に、松居の女心を読み解いてもらおう。「関係修復がかなわず、自殺するために、別居する船越さんのマンションを訪ねた際に用意していた松居さんの“遺書”を見ると、強く愛しすぎてしまった彼女の切なさが伝わってきます。不仲説が週刊誌上を賑わせ始めた昨年1月、松居さんが世田谷区の北澤八幡神社に夫婦の名前が刻まれた鈴緒を奉納したとき、“離婚へ向 [全文を読む]

復讐妻を退治!? 船越英一郎「火だるま夫の逆襲」

日刊大衆 / 2017年08月05日20時05分

芸能レポーターの川内天子氏も次のように語る。 「裁判となれば、逆に松居さんの思うツボ。公の場で、夫婦間の秘密を洗いざらい話し、船越さんをさらに辱めることができますからね。事務所は刑事訴訟も辞さないでしょうが、“監獄に入る覚悟がある”と語っていた松居さんにとって、有罪判決など痛くもかゆくもないのでは、と思います」 もはや、船越に打つ手はないのか。「一番良いの [全文を読む]

カトパンが番組でピリピリ!? 芸能美女「激怒した瞬間」

日刊大衆 / 2017年05月21日07時05分

芸能レポーターの川内天子氏も、こう語る。「沙也加のほうが怒っているんだと思います。彼女は過去にもミュージシャンや俳優など好きな人ができるたび、聖子に紹介しては“そんな人はダメ”と言われていたんです。そのくせ、聖子はいつも男を取っ替え引っ替え(笑)。そりゃあ、娘としたらイヤでしょう」 テレビの収録で突如、怒りをあらわにした美女も。カトパンこと加藤綾子(32) [全文を読む]

芸能レポーター語る“子役は大成しない”ジンクスの分岐点

WEB女性自身 / 2017年05月01日16時00分

子役は大成しない と言われている理由のひとつはそこにあるんです」 そう語るのは、芸能レポーターの川内天子さん。40年近いレポーター人生のなかで、さまざまな子役のはやりすたりを目の当たりにしてきた。 「世界80ヵ国で放送された『おしん』の幼少時代を演じた小林綾子さんは、当時は国賓扱い!まだ芸能人が登壇するイベント会見がなかった時代でしたから、インタビューに [全文を読む]

佐々木希「渡部と結婚」で、“清純派”卒業?

日刊大衆 / 2017年04月24日07時05分

芸能レポーターの川内天子氏もこう語る。「佐々木とつきあいだしたここ2年は、周りからの合コンなどの誘いを上手に断っていたそうです。相手が相手なだけに、悪さしている話が彼女の耳に入れば、交際はうまくいかないと覚悟していたんでしょう」 また、漫画家・やくみつる氏が心配するのは、「アンジャッシュの芸風といえば“すれ違いコント”。佐々木さんは渡部さんに“いつも笑わせ [全文を読む]

起源はさんま&しのぶ…芸能界にみる「別れても頼れる人」という関係

WEB女性自身 / 2017年01月27日12時00分

「額に を書いて離婚会見に登場した(明石家)さんまさんが、日本人の離婚観を変えるきっかけになりました」と語るのは、30年以上、芸能界の結婚・離婚を取材してきた芸能レポーターの川内天子さん。川内さんは、さんま・大竹しのぶ以前と以降で、芸能界の 昔のオトコ史 は変わったという。 「有名人の離婚は昔から大きなニュースとして取り上げられ、会見も数多く行われてきま [全文を読む]

人気者のリアル収入は!?「芸能界長者番付」最新ランキング!

日刊大衆 / 2017年01月16日11時00分

芸能リポーターの川内天子氏は、こう話す。「たけしさんはCM出演料をダンピングしないことで有名です。ギャラ1億円は譲らない。これは吉永小百合さん、高倉健さんクラスのギャラですが、強気に交渉してダメなら決裂。そうやってタレントとしての価値を守っているわけです」 もちろん、この高額ギャラは、これまでの実績があればこその話。「テレビ局は前例主義ですから、一度上がっ [全文を読む]

石田ゆり子が“まだ独身”のワケは…「結婚しない美女優たち」のウラ事情

日刊大衆 / 2016年12月05日10時00分

いったい、なぜなのか? 芸能リポーターの川内天子氏は言う。「1992年のドラマ共演をきっかけに急接近した石黒賢さんとの熱愛は有名ですが、厳格な父親が、彼のギャンブル好きなどを理由に、結婚を認めなかったといわれています。後に交際したバツイチの和太鼓奏者も女性関係が問題視され、父親のOKが出なかった」 石田の父は、後に週刊誌の取材で「結婚に反対したことは一度も [全文を読む]

石原さとみ「30歳電撃婚も?」“多難愛”の行方

日刊大衆 / 2016年11月20日11時00分

「本当、意外でした……」 芸能リポーターの川内天子氏がこう驚いたのは、放送中のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が好調な女優・石原さとみ(29)と、山下智久(31)の熱愛情報。「共演中の相手役俳優といつも噂になるものの、クランクアップと同時に興味をなくし、次の作品の相手役へと乗り換えてしまうのが、これまでの彼女のスタイル。でも、今 [全文を読む]

フォーカス