川内天子のニュース

【エンタがビタミン♪】KABA.ちゃん、フライデーの男性とお近づきに 芸能リポーターの仲介で新局面

TechinsightJapan / 2016年11月14日18時10分

集まった報道陣のなかにいたのが芸能リポーター・川内天子である。11日に福岡エリアの夕方ワイド番組『今日感テレビ』(RKB毎日放送)に出演した川内が、前日のPRイベントでKABA.ちゃんの恋のキューピッドを務めたと明かすではないか。 イベントのトークで「よく神社にお参りに行くのよ。素敵な男性と出会えますようにって、神頼みです! もうここで見つけるしかないわけ [全文を読む]

「いい加減にしなさいよ!」東海林のり子、ピース綾部祐二をぶった斬り!

サイゾーウーマン / 2012年10月25日13時00分

現在、各方面の熟女が綾部を取り巻いている状況だが、「女性自身」(光文社)最新号では、芸能レポーター・川内天子さんが、綾部に「実はタイプなんです、お付き合いしてください!」と告白されたという逸話を告白。さらに「ベッドインのお誘いだって、すぐOKしちゃうかも(笑)」と逆アプローチも送っている。 かねてから「熟女好き」を公言していた綾部だが、藤田さんとの報道以 [全文を読む]

海老蔵に再婚はあるのか? 成田屋を待ち受ける2020年問題

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年07月25日09時26分

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「海老蔵さん、勸玄くんの『ダブル襲名披露』が2020年ごろにあるといわれているからです。『團十郎』を襲名するとなれば、成田屋はもとより、松竹を挙げての大興行になる。市川宗家は歌舞伎界の中でも別格。襲名には多額の資金も必要ですし、そばで支えてくれる“梨園の妻”がいなくては襲名披露は不可能といわれています」 海老蔵の助け [全文を読む]

標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年07月01日09時26分

芸能リポーターの川内天子さんはこういう。 「麻央さんは乳房を失うこと、抗がん剤治療をしたらしばらくは子供を産めなくなることに躇躊されたのではないでしょうか。有名人だけにたくさんの情報が入り、高額な民間療法もかなえられるお金もあるからこそ、選択肢が多かったのかもしれません」 藁にもすがる気持ちはわかるが、民間療法やスピリチュアルでは、やはりがんは治らないの [全文を読む]

通販番組で視聴者の背中押す アンミカのおばちゃんパワー

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年06月30日09時26分

芸能リポーターの川内天子氏がこういう。 「モデルとして一線を退いたことを自覚して、求められているものが素の自分だと気づいたのではないでしょうか。モデルとして常に何を求められているかを感じとる感性と、それを体現できるトーク力がなせるワザでしょう。大阪のおばちゃん然とした、正直で的確な話し方が視聴者に安心感を与えています」 アンミカの“おばちゃん力”、見習いた [全文を読む]

ジャニーズも救う 木村佳乃「バラエティー出演」の効能

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年06月28日15時01分

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「木村さんのバラエティー出演は、ご主人の東山紀之さんの所属する“ジャニーズ事務所のイメージアップ”に貢献しています。SMAP問題に揺れている中、トップの東さんの奥さんが番組で楽しそうにやっているだけで、どれだけクリーンな印象を与えているか計り知れない。お子さんたちもママがバラエティーに出る姿を楽しみにしているというこ [全文を読む]

カトパンが番組でピリピリ!? 芸能美女「激怒した瞬間」

日刊大衆 / 2017年05月21日07時05分

芸能レポーターの川内天子氏も、こう語る。「沙也加のほうが怒っているんだと思います。彼女は過去にもミュージシャンや俳優など好きな人ができるたび、聖子に紹介しては“そんな人はダメ”と言われていたんです。そのくせ、聖子はいつも男を取っ替え引っ替え(笑)。そりゃあ、娘としたらイヤでしょう」 テレビの収録で突如、怒りをあらわにした美女も。カトパンこと加藤綾子(32) [全文を読む]

芸能レポーター語る“子役は大成しない”ジンクスの分岐点

WEB女性自身 / 2017年05月01日16時00分

子役は大成しない と言われている理由のひとつはそこにあるんです」 そう語るのは、芸能レポーターの川内天子さん。40年近いレポーター人生のなかで、さまざまな子役のはやりすたりを目の当たりにしてきた。 「世界80ヵ国で放送された『おしん』の幼少時代を演じた小林綾子さんは、当時は国賓扱い!まだ芸能人が登壇するイベント会見がなかった時代でしたから、インタビューに [全文を読む]

佐々木希「渡部と結婚」で、“清純派”卒業?

日刊大衆 / 2017年04月24日07時05分

芸能レポーターの川内天子氏もこう語る。「佐々木とつきあいだしたここ2年は、周りからの合コンなどの誘いを上手に断っていたそうです。相手が相手なだけに、悪さしている話が彼女の耳に入れば、交際はうまくいかないと覚悟していたんでしょう」 また、漫画家・やくみつる氏が心配するのは、「アンジャッシュの芸風といえば“すれ違いコント”。佐々木さんは渡部さんに“いつも笑わせ [全文を読む]

起源はさんま&しのぶ…芸能界にみる「別れても頼れる人」という関係

WEB女性自身 / 2017年01月27日12時00分

「額に を書いて離婚会見に登場した(明石家)さんまさんが、日本人の離婚観を変えるきっかけになりました」と語るのは、30年以上、芸能界の結婚・離婚を取材してきた芸能レポーターの川内天子さん。川内さんは、さんま・大竹しのぶ以前と以降で、芸能界の 昔のオトコ史 は変わったという。 「有名人の離婚は昔から大きなニュースとして取り上げられ、会見も数多く行われてきま [全文を読む]

人気者のリアル収入は!?「芸能界長者番付」最新ランキング!

日刊大衆 / 2017年01月16日11時00分

芸能リポーターの川内天子氏は、こう話す。「たけしさんはCM出演料をダンピングしないことで有名です。ギャラ1億円は譲らない。これは吉永小百合さん、高倉健さんクラスのギャラですが、強気に交渉してダメなら決裂。そうやってタレントとしての価値を守っているわけです」 もちろん、この高額ギャラは、これまでの実績があればこその話。「テレビ局は前例主義ですから、一度上がっ [全文を読む]

石田ゆり子が“まだ独身”のワケは…「結婚しない美女優たち」のウラ事情

日刊大衆 / 2016年12月05日10時00分

いったい、なぜなのか? 芸能リポーターの川内天子氏は言う。「1992年のドラマ共演をきっかけに急接近した石黒賢さんとの熱愛は有名ですが、厳格な父親が、彼のギャンブル好きなどを理由に、結婚を認めなかったといわれています。後に交際したバツイチの和太鼓奏者も女性関係が問題視され、父親のOKが出なかった」 石田の父は、後に週刊誌の取材で「結婚に反対したことは一度も [全文を読む]

石原さとみ「30歳電撃婚も?」“多難愛”の行方

日刊大衆 / 2016年11月20日11時00分

「本当、意外でした……」 芸能リポーターの川内天子氏がこう驚いたのは、放送中のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が好調な女優・石原さとみ(29)と、山下智久(31)の熱愛情報。「共演中の相手役俳優といつも噂になるものの、クランクアップと同時に興味をなくし、次の作品の相手役へと乗り換えてしまうのが、これまでの彼女のスタイル。でも、今 [全文を読む]

高畑淳子「総額1億円を超える」“尻ぬぐい”賠償金

日刊大衆 / 2016年09月12日17時30分

芸能レポーターの川内天子氏は、こう語る。「淳子さん本人に責任がなくても、“イメージを損なう”だけで契約違反なので、違約金は発生します」 さらに違約金は、裕太容疑者が出演を予定していたテレビ番組に対しても発生。「業界の慣習として、契約違反の場合は、“契約金の3倍返し”が一般的。さらに、メインパーソナリティーを予定していた日テレ『24時間テレビ』での被害額は1 [全文を読む]

“神対応”はあの人気芸人の妻「芸能人の不倫と妻の対応25年」

WEB女性自身 / 2016年07月14日06時00分

しかし、妻の志穂美さんはそんな長渕さんを常に許し、受け入れ続けてきたんです」 そう話すのは、芸能リポーターの川内天子さん。この25年間、芸能界の不倫騒動会見の現場に足を運び続けてきた川内さんは、長渕剛(59)の妻・志穂美悦子(60)の対応についてこう語る。 「志穂美さんの『仕事のための不倫、許します』という会見時の言葉からもわかるように、彼女はいつでも長渕 [全文を読む]

道端ジェシカ 離婚決意から3カ月、新恋人歌手は年収10億円!

WEB女性自身 / 2016年03月15日00時00分

ジェシカのモテぶりについて、芸能リポーター川内天子さんはこう語る。 「 バトンの妻 として、いわゆるセレブと知り合う機会も多かったのだと思います。外国人男性から見た彼女の魅力は 尽くす女性 ということでしょうか。ジェシカは、バトンが熱中していたトライアスロンを自らも始めましたが、『あなた色に染まります』といった姿勢もウケるのでしょう」 ジェシカが海外のパパ [全文を読む]

今、熱愛系スクープが狙われている芸能人15人! 次のスキャンダルはどれ?

tocana / 2014年09月04日09時30分

取材に協力したのは、芸能リポーターの城下尊之、川内天子。芸能ジャーナリストの松本佳子。芸能ディレクターの神谷忠市郎。さらに、FLASH(光文社)、東京中日スポーツ、東スポが、本気で裏付けを狙っているスクープを番組内で明かした。下記がその一覧である(■は、あくまでも筆者の予想である)。 【歌手・俳優Mと若手実力派俳優I・M】 ■松本潤(嵐)と井上真央が熱愛 [全文を読む]

『あまちゃん』カップルが現実に!? 「実はジャニヲタ」能年玲奈と、イケメン俳優・福士蒼汰に熱愛報道

日刊サイゾー / 2014年01月06日17時30分

その中で、芸能リポーター歴31年の川内天子氏は、「若手俳優F.Sは、ドラマで恋人役だった若手女優N.Rに“猛アプローチ中”」「Nもまんざらでもない様子」との情報を公表した。 イニシャルにピンときた出演者の和田アキ子や勝俣州和らは驚きの表情を浮かべ、スタジオの観覧席からも大きなどよめきが上がった。 同時に、視聴者からは「『あまちゃん』の能年と福士では?」とい [全文を読む]

『あまちゃん』カップル誕生!? 能年玲奈&福士蒼汰に熱愛説が飛び出した真相

メンズサイゾー / 2014年01月06日13時45分

その中で芸能リポーターの川内天子さんが「若手女優N・Rに若手俳優F・Sが猛アプローチ中」と暴露した。N・Rは「去年大ブレイクした女優」だといい、二人はドラマで恋人役だったという。明らかにこれは「あまちゃん」で主人公の天野アキを演じた能年と、恋人の種市浩一役を務めた福士のこと。福士のアタックに能年もまんざらでもない様子で、年内に熱愛が発覚しそうな勢いだという [全文を読む]

ブログでイメージ激変の小倉優子、広告料金は380万円

WEB女性自身 / 2013年09月19日07時00分

ママになってからも、何かすごいことをしてくれそうなイメージです」(芸能レポーターの川内天子さん) [全文を読む]

フォーカス