弘前大学のニュース

「日本一短命の町」に企業が続々と参入する理由

Forbes JAPAN / 2016年10月22日15時00分

この地にある弘前大学を拠点に、いま大手企業が続々と集まっていることはあまり知られていない。企業が関心を寄せたきっかけは、ただひとつ。青森県の不名誉な姿である。以下の表のように、青森県は男女とも長く「日本一の短命県」であり続けている。短命という嬉しくない話が、実は宝の山に変わる可能性が高いのだ。まず、なぜ早死になのか、その実態を紹介しよう。青森県の平均寿命は [全文を読む]

世界最大級!ダンスとパフォーマンスの祭典SHIROFES.2017今年はRed Bull BC One Campとコラボが決定!

@Press / 2017年05月23日18時00分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128869/LL_img_128869_1.jpgメインビジュアル■あの感動が再び!今年のSHIROFES.はRed Bull BC One Campとコラボ!HIROSAKI DESIGN WEEK事業として、昨年7月に弘前公園本丸敷地内で開催され、5,000人を動員したS [全文を読む]

基礎医学医療研究に向けた新たな助成金・生体の科学賞 充填知覚研究の小松 英彦氏が第1回の受賞者に決定

@Press / 2017年02月16日10時00分

生体の科学賞http://www.kanehara-zaidan.or.jp/index.html■受賞概要受賞者氏名:小松 英彦(こまつ ひでひこ) 1952年11月30日生(64歳)※2017年2月16日現在所属 :自然科学研究機構 生理学研究所 感覚認知情報研究部門役職 :教授所在地 :愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38履歴 :1976年 静岡大学理学 [全文を読む]

青森発の健康素材「プロテオグリカン」を使用!

PR TIMES / 2016年10月20日16時03分

[画像: http://prtimes.jp/i/21555/3/resize/d21555-3-121273-0.jpg ] ●開発背景 当社では、高齢化が進み、健康食品市場がさらに拡大すると考え、2013年12月に、青森県の弘前大学が開発した技術により抽出された軟骨成分「プロテオグリカン」を使った「ロコモプロ プロテオグリカン配合」を発売し、大変ご好 [全文を読む]

弘前で7月2日・3日に開催!「ダンス&パフォーマンスフェスティバル2016」~東北最大級、夜まで楽しめる夏の大イベント~

@Press / 2016年06月20日11時00分

■弘前から海外へ「Red Bull BC One Hirosaki Cypher」を開催7月2日(土)弘前大学を会場に「Red Bull BC One Hirosaki Cypher」を開催します。ブレイクダンスの世界一を決定する「Red Bull BC One 2016」の国内最終予選への出場権を争う大会を行います。【Red Bull BC One Hi [全文を読む]

楽天レシピと弘前大学、レシピを通じた高血圧予防で協働

PR TIMES / 2016年04月09日10時20分

料理研究家の浜内 千波氏の監修のもと、産学共同で油・糖・塩を減らす3ダウンレシピを提案「楽天レシピ」と国立大学法人 弘前大学(青森県弘前市)は、レシピを通じて高血圧予防に取り組む「3ダウンレシピプロジェクト」を開始しました。楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)が運営するレシピサイト「楽天レシピ」と国立大学法人 弘前大学[全文を読む]

農家のおじさんが作りました!安心して飲める女性のためのサプリを発売

美容最新ニュース / 2016年03月10日22時00分

しかし、弘前大学がサケの鼻軟骨から高純度なプロテオグリカンを抽出する技術を開発したことから、比較的安価に手に入れられるようになったのである。この製品には「あおもりPG」マークがつけられている。このマークは弘前大学の抽出技術を用いて精製したプロテオグリカンを使用し、なおかつ基準を満たした製品だけにつけることが認められたマークなのだ。(画像はプレスリリースより [全文を読む]

「第34回日本認知症学会学術集会」青森にて開催

認知症ねっと / 2015年09月05日12時00分

事務局を弘前大学大学院医学研究科脳神経内科学講座におき、会長を同講座の東海林幹夫氏がつとめる。 【会期】平成27年(2015年)10月2日(金)~4日(日) 【会場】リンクステーションホール青森(青森市堤町1丁目4番1号)/ホテル青森(青森県青森市堤町1丁目1-23)【参加費】会員・非会員 12,000円/学生(大学院生を含む) 4,000円(学生証を参加 [全文を読む]

キャンパス内期日前投票所で若者の投票率アップを!!~2015統一選「Create Future山梨」の取り組み

政治山 / 2015年05月14日11時50分

こうした中、朝日新聞の調査によると、低迷する若者の投票率アップを目指し、今回の統一選で、大学キャンパス内に期日前投票所を設置する動きが12大学(函館大学:北海道函館市、弘前大学:青森県弘前市、山梨大学:甲府市、大阪大学:大阪府豊中市、松山大学、愛媛大学:ともに松山市、高知大学:高知市、山口大学、山口県立大学:ともに山口市、近畿大学産業理工学部、九州工業大 [全文を読む]

食べて日焼け止め効果のある物質発見

美容最新ニュース / 2015年03月13日08時15分

広島大学とサンスターの共同研究2015年3月10日、弘前大学とサンスターは共同で鮭鼻軟骨から抽出した新規プロテオグリカン複合体がヒトでの経口摂取による日焼け予防効果を確認したと発表した。弘前大学とサンスターは鮭鼻軟骨から抽出したプロテオグリカンの生理活性の研究を2007年8月に締結した「研究連携の推進に係る協定」に基づいて行っている。プロテオグリカンとはコ [全文を読む]

食品に応用できるユニークな新規プロテオグリカン複合体弘前大学とサンスター株式会社が共同開発

PR TIMES / 2015年03月10日14時27分

国立大学法人 弘前大学(青森県弘前市、以下:弘前大学)とサンスター株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 吉岡貴司、以下:サンスター)は、2007年8月に締結した「研究連携の推進に係る協定」に基づき、鮭鼻軟骨から抽出したプロテオグリカンの生理活性に着目した共同研究に取り組みました。このたび、新規プロテオグリカン複合体(ヒアルロン酸及びコラーゲンとの複 [全文を読む]

ARで学生が「弘前大学」「弘前の街」の魅力を語る!|新聞連動AR+受験生向け特設サイト『弘前WANDER×弘大WONDERFUL』オープンのお知らせ

PR TIMES / 2014年12月10日19時03分

受験生向け特設サイト『弘前WANDER×弘大WONDERFUL』|弘前大学への進学を考えている受験生、高校生、保護者のみなさま向けの特設サイト。「弘前WANDER」では弘前の街の魅力を、「弘大WONDERFUL」では先輩たちがそれぞれの学部の魅力を紹介。先輩が直接語りかける動画は必見! 日頃より本学に多大なるご協力をいただき、誠にありがとうございます。 本 [全文を読む]

青森県、弘前大学とイオンが 「産学官による青森県の健康寿命延伸」に向けた協力体制を発足

PR TIMES / 2014年10月29日12時22分

このたび、青森県、弘前大学、イオンの3者は、産学官による青森県の健康寿命延伸に向けて、新たに協力体制を発足します。今回の取り組みは、平均寿命が全国最下位の青森県の「短命県返上」を目標としています。三者が持つ強みを生かし、野菜の摂取量が少ない、運動習慣が少ない、脳卒中など加齢性疾患の死亡率が高いなど、青森県が抱える医療課題の解決に向けて協力して取り組みます。 [全文を読む]

「Qiana(キアナ)」新登場

PR TIMES / 2013年05月13日15時29分

*)不安定な肌とは乾燥、かさつき、キメの乱れのこと【背景】弘前大学との共同研究で藍抽出物の有用性を追求 藍は古くから様々な有用性が言い伝えられている植物です。サンスターは、その効果を科学的に検証することに力をいれてきた国立大学法人弘前大学(青森県弘前市)と共同研究契約を締結、藍抽出物を応用した研究成果の実用化として、この度スキンケア商品の開発に至りました [全文を読む]

1g3000万円の潰瘍性大腸炎治療物質 鮭の頭から安価抽出成功

NEWSポストセブン / 2012年04月14日07時00分

弘前大学副学長で大学院医学研究科の中根明夫教授に話を聞いた。 「弘前大学では30年以上前から糖鎖の研究をしており、その中で特に糖とタンパク質の複合体であるプロテオグリカンに着目しました。この物質は細胞マトリックスを形成していて、保湿性にすぐれ、皮膚ではハリや弾力を保つ重要な成分です。 しかし、その抽出が難しく1グラム3000万円と高価で、医療・美容分野へ [全文を読む]

ここぞという“大勝負”でためになる!オリンピック柔道金メダリスト 古賀稔彦先生が教える緊張・イライラ対策法 公開!

@Press / 2017年03月17日12時30分

また、2008年に弘前大学大学院医学研究科博士過程に入学後、2012年同大学を卒業し、医学博士号を取得。 ■緊張・イライラLABOとは!? 仕事・対人関係・家事・育児など日常のいろいろなシーンで、緊張・イライラに悩まされやすい現代。当LABOは、「毎日のストレスと上手に付き合おう!」をモットーに緊張・イライラを医学的、統計的にひもといて、みなさんのココロを [全文を読む]

丸の内meetsあおもりPG『キレイと健康をつくる青森Week@丸の内タニタ食堂』を開催!

@Press / 2017年02月02日12時00分

●あおもりPG(プロテオグリカン)とは? あおもりPGとは、弘前大学が開発した技術により、サケ鼻軟骨から抽出されたプロテオグリカン(PG)のことです。プロテオグリカンは、もともと私たちの体内に存在して、肌や軟骨を支える役割を担っており、コラーゲンやヒアルロン酸を凌ぐ注目の美容・健康成分として今注目されています。 あおもりPGについての詳しい説明はこちらか [全文を読む]

ボストン・サイエンティフィック 全身MRI検査が可能な完全皮下植込み型除細動器システム「EMBLEM(TM) MRI S-ICD システム」を発売

PR TIMES / 2017年01月24日15時31分

」と弘前大学 大学院医学研究科 不整脈先進治療学講座 准教授 佐々木真吾医師はコメントしています。*1. 動悸や息切れなどの自覚症状を全く伴わない場合*2. Embolic stroke of undermined sourceの頭文字をとった略語であり、塞栓源不明の脳塞栓症という意味・S-ICDは、一般名である皮下植込み型除細動器(Subcutaneou [全文を読む]

青森県発!美容・健康成分プロテオグリカン(あおもりPG)配合のりんご酢を使用した期間限定メニュー11月28日から丸の内タニタ食堂で提供

@Press / 2016年11月25日12時30分

【あおもりPG(プロテオグリカン)とは?】 あおもりPGとは弘前大学が開発した技術により抽出されたプロテオグリカン(PG)のことです。プロテオグリカンは、いま、大変注目されている美容・健康成分で、もともと私たちの体内に存在し、コラーゲンやヒアルロン酸とともに、肌や軟骨を支える役割を担っています。 ■丸の内meetsあおもりPG キレイと健康をつくる青森W [全文を読む]

青森発の産官学連携開発品を全国発売~膝関節検査を数値化する携帯可能な測定器~

@Press / 2016年11月22日13時00分

アルケア株式会社(東京都墨田区、代表取締役社長:鈴木 輝重、以下 アルケア)はこのたび、弘前大学大学院 医科学研究科 石橋 恭之教授(以下 石橋教授)、青森県庁、有限会社ビット・テック(以下 ビット・テック)と膝関節運動テスタ「KMI」(Knee Measure Instrument、呼称:ケーエムアイ)を共同開発し、10月28日より全国販売を開始しました [全文を読む]

フォーカス