華族のニュース

旧華族に序列が存在 安倍家・麻生家は「五摂家」より格下

NEWSポストセブン / 2016年07月17日07時00分

「旧華族」とは明治以降の貴族階級のこと。そんな旧華族の末裔たちが人知れず集う「霞会館」は、霞が関ビル(東京都千代田区)の34階にある。ここには一般人は入ることができない。 その旧華族にも「序列」がある。最高ランクは平安時代にルーツを持つ藤原北家の流れを汲む「五摂家」(近衞家、九条家、鷹司家、一条家、二条家)と武家の「徳川宗家」であり、明治維新後に「公爵」を [全文を読む]

HKT48指原莉乃も“彼女志願”したセレブ大学生「SHOUTA」とは何者?

アサ芸プラス / 2016年02月26日09時58分

成金一家にも見えますが、華族の血を引く由緒ある家系で、SHOUTA自身も華族の子弟が多く通う大学の学生です」 番組内では、小学校では自分の先祖が教科書に載っていないとバカにされるとも語っていたSHOUTA。そんな彼の家系は公家や大名の流れではなく、明治時代に華族に列せられた“新華族”なので、実はバカにされていたほうなのかもしれない。とはいえ名家には違いなく [全文を読む]

朝ドラヒロインモデル・広岡浅子の「歴史動かした“人間力”」

WEB女性自身 / 2016年01月31日06時00分

元大名で華族の一柳家の令嬢ですが、母親がクリスチャンだった影響からか、閉鎖的な武家の伝統が残る実家の暮らしは肌に合わず、人の出入りが激しく開放的な広岡家のほうが、居心地がよかったのでしょう。満喜子は 浅子ママ と甘え、広岡家に住まわせてもらっていました」 恋に落ち、愛し合い、結婚を誓い合ったまではよかったが、当時の華族の 常識 はそれを許さなかった。一柳家 [全文を読む]

【書評】現代の東京のうしろに見え隠れする貧富の差の大きさ

NEWSポストセブン / 2015年12月08日07時00分

戦前には華族制度があり、屋敷の多くは爵位を持つ華族の私邸だった。さらに政治家、実業家(財閥)、軍人らが豪邸を競った。西洋の城のような鍋島邸(永田町)。ベランダのついた洋館、細川邸(目白台)。一万五千坪もあったという山県有朋邸(目白)。写真付きで次々に紹介される豪邸には目を見張る。同時にウサギ小屋に住む人間としては、昔の東京はいかに貧富の差が大きかったかと [全文を読む]

訪れてみたい「旧財閥の庭園・邸宅」 5月は「旧安田邸さつきの庭」へ

ZUU online / 2017年05月05日11時50分

長年訪れてみたかった場所に足を運んだり、季節に合わせて景観を楽しめるスポットを選んだりと、各地が賑わう中、一味違った楽しみ方が期待できるのが、年に数回しか公開されない旧財閥や華族の邸宅や庭園を訪れることだ。歴史に名を残した名家が築き上げた遺産は、非日常を体感するにはぴったりな空間だろう。限られたときにしか公開されない邸宅や庭園を紹介しよう。■優雅な気持ちに [全文を読む]

孤独な華族令嬢を狙う詐欺師たちの極限の騙し合いサスペンス

NeoL / 2017年03月27日01時50分

お嬢さん 監督:パク・チャヌク 出演:キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン (2016年/韓国) 全国公開中 ©CJ E&M Corporation ojosan.jp http://ojosan.jp/#top 関連記事のまとめはこちら http://www.neol.jp/culture/ [全文を読む]

なぜ卒業式に袴を着るの?知ってると楽しい袴の歴史と豆知識

Woman Insight / 2017年03月22日11時50分

学習院女子部の前身である「華族女学校」創設者の下田歌子によって、新しい形の袴が考案されました。股が左右に分かれていない、すとんとしたロングスカート式で「 行灯袴(あんどんばかま)」「女袴」と呼ばれました。 華族女学校をはじめとした、宮中や大奥にゆかりのある「上流階級の子女が通う学校の制服」として導入され、次第に一般の女学校に広まり、袴=女学生のイメー [全文を読む]

旧華族末裔が集う霞会館 一般人は立入禁止の秘密の社交場

NEWSポストセブン / 2016年07月20日07時00分

かつて華族たちが集った社交場が「鹿鳴館」だ。現代では「華族」という身分はなくなったが、いわば「現代の鹿鳴館」とでもいうべき社交場は今も存在する。それが「霞会館」だ。 「ちょうど今日も霞会館で旧薩摩藩士・島津家の親睦会がありました。2年に1度開かれる定例会で、島津家の他に徳川宗家など、旧華族の方々が総勢180人出席し、立食パーティで旧交を温めました。こうした [全文を読む]

【玉の輿占い】IT社長、石油王、ハリウッド俳優……夢のような結婚相手は誰?

i無料占い / 2015年12月04日20時00分

■運命数4……旧華族の本家の息子 あなたの玉の輿結婚のお相手は、政治家や実業家を多く輩出してきた旧華族の本家の息子。そんな彼の普段の生活は実にシンプル。生まれながらのお金持ちですから、あえて誇示する必要がないのです。出会いのパターンは、たとえばあなたは販売員で、彼はお客さん。彼はいつも同じものを買っていきます。彼の来店を楽しみに思うようになった頃、食事に誘 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】我が家・坪倉『天皇の料理番』の演技力に高評価。本業がお笑いだと知らなかった視聴者も。

TechinsightJapan / 2015年07月13日17時30分

お笑い芸人の坪倉由幸(我が家)も、「華族会館」の宇佐美料理長の片腕として働く奥村チーフ役を演じ、高い評価を受けた1人である。 『天皇の料理番』で坪倉由幸の演技が最も印象深かったのは、秋山篤蔵が密かに英国公使館で料理を習っていることが宇佐美にバレてしまう、第4話ではないだろうか。 篤蔵がじゃがいもの切り方を間違っていることに気付きながら、あえて言わなかった先 [全文を読む]

佳子さまはなぜ学習院を中退したのか!? セクハラ、イジメ...名門校に不祥事続出

リテラ / 2015年04月08日12時30分

そもそも現在の学習院は、華族のための教育機関として明治初期に設立されたものだ。「華族」とは、江戸時代に公家や諸侯、大名だった人々に、新政府が与えた称号のこと。著述家・浅見雅男氏の『学習院』(文藝春秋)には、設立に至った理由としてこんな記述がある。 [全文を読む]

佐藤健が刀を包丁に持ち替え「天皇の料理番」に主演

Smartザテレビジョン / 2014年12月05日06時00分

篤蔵が“料理人としての父”と慕う華族会館の料理長・宇佐美鎌市を、小林薫が演じる。その華族会館の下っ端コックとして共に苦労し、篤蔵が慕い頼る生涯の友・松井新太郎に桐谷健太、山上辰吉に柄本佑という顔ぶれが。さらに、篤蔵の優秀な兄・周太郎に鈴木亮平、篤蔵にカツレツを振る舞った軍隊のコック・田辺祐吉軍曹役に伊藤英明とイケメン陣が脇を固める。ほか、父・周蔵役の杉本哲 [全文を読む]

【花子とアン】朝ドラが“朝ドロ”になる!? 花子の腹心の友・蓮子のモデル「白蓮」の正体

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月26日07時20分

娘と引き離されたりょうはその後病弱となり21歳で亡くなっているが、燁子は産みの母を知らず、華族の娘として育つ。そして華族の慣例にならってすぐに里子に出されて、小学校入学まで乳母に育てられ、小学校入学の7歳で柳原家に戻るが、9歳で北小路家へ養女に出されることになる。これは北小路家の跡取りである資武に嫁入りすることが前提だったそうだ(家同士の事情が複雑に絡み合 [全文を読む]

小島慶子 上流階級に強い憧れを持つ母との歪んだ関係を語る

NEWSポストセブン / 2014年04月18日16時00分

《同じクラスのあの子は、旧華族のおうちなんだってと話そうものなら、母はどこで見つけたのか「日本の旧華族一覧」のような本を引っ張り出してきて、すぐに調べ始めます。そして勝ち誇ったような顔で言うのです。「それは嘘よ、慶子。だって、この本に載っていないもの」そんな母の姿に強烈な嫌悪感を覚えました》(『解縛』より) 恐らく、自分との格差を素直に認めることができな [全文を読む]

家族の前でもスッピンは御法度!? 現代に残る“貴族”の暮らし

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月13日11時40分

でも、ほんのひと昔、戦前の日本には 「華族」という貴族階級が存在した。江戸時代の公家や大名、明治維新の功労者の流れをくむ家で、「公爵」「侯爵」「伯爵」「子爵」「男爵」の5階に分かれ、日本の政界・財界を牛耳っていたのだ。関連情報を含む記事はこちら 華族制度が廃止された今も、「若さま」「おひいさま(お姫さま)」などと呼ばれていた肉親のことを記憶し、また彼らと同 [全文を読む]

ジグノシステムジャパン 帝都に咲く、華麗なる恋物語 [無料]「艶メキ大正浪漫 ~トリニティ・プロポーズ~」 女性向け恋愛シミュレーションゲーム 各SNSサイトにて配信開始!

PR TIMES / 2013年08月29日15時56分

『艶メキ大正浪漫 ~トリニティ・プロポーズ~』とは、華族の令嬢であるあなたが、嫁ぎ先の財閥家の兄弟に奪い合われる女性向け恋愛シミュレーションゲームです。<ストーリー>時は大正時代。華族の令嬢であるあなたは、傾きかけた実家を救うため、財閥家に嫁ぐことに。そこで出逢ったのは、3人の華麗なる兄弟たち。優雅でミステリアスな長男、クールでドSな次男、奔放で俺様な三男 [全文を読む]

日本初の雑誌の図書館「大宅文庫」が存続危機? クラウドファンディングが救う

ZUU online / 2017年06月01日06時10分

所蔵する雑誌の中で一番古いものは、1875年に華族会館が発行した「會館雑誌」。「天覧議事記」や「展覧講義記」といった記事が掲載されている。現在、大宅壮一文庫には約78万冊が所蔵されており、今後も毎年1万冊ずつ増加される予定。雑誌は記事だけでなく、広告にもその時代の風俗が反映されており、当時を知るための貴重な資料となっている。■クラウドファンディングで存続の [全文を読む]

良家の子息子女が通う「私立小学校御三家」

ZUU online / 2017年05月09日20時40分

明治維新後も華族のための学校として運営され、1919年(大正8年)には、学習院初等科に名前を改めた。現在の本校舎は1940年に竣工し、戦火を潜り抜けてきた本館は、同校が教育目標に掲げている「真実を見分け、自分の考えを持つ子ども」の育成にふさわしく、落ち着いた雰囲気に包まれている。特徴は、低学年から学級担任制と教科担任制を採っていることだ。高学年ではさらに広 [全文を読む]

“この映画だけはTシャツにしたくなかった”金田一耕助シリーズ「悪魔が来りて笛を吹く」がTシャツで登場!

@Press / 2017年05月09日14時00分

華族で起こる血の惨劇。その裏にかくされた人間の愛と憎しみ、妖しいロマンを漂わせて幻想的な殺しの美学が展開するストーリー。 金田一耕助役を西田敏行が熱演し、今までにない金田一像を作り上げました。 ハードコアチョコレートとのコラボは、今にもフルートの音が聴こえてきそうなトラウマ必至のデザイン。 「この映画だけはTシャツにしたくなかった」巨匠・横溝正史の世界観 [全文を読む]

女性皇族と海外王室の「縁談」 英・タイ王室で考えてみた

NEWSポストセブン / 2017年04月25日07時00分

皇族が嫁ぐことができなかったのは、旧皇室典範によって皇族女子の婚姻相手は皇族、朝鮮の王公族、華族に限定されていたためだ。そこで白羽の矢が立ったのがのちに「流転の王妃」として知られる浩だった。皇族ではなかったものの、貴種が外国との友好のために架け橋となった例である。 [全文を読む]

フォーカス