テムズ川のニュース

英国議会のテロ、密かに行われた訓練の直後に事件が発生していた

ニューズウィーク日本版 / 2017年09月04日16時45分

複数の警察官が過激派役としてボートに乗り込み、テムズ川から議会に侵入するという筋書きだった。議会に入り込んだ犯人役はその後、廊下から下院本会議場へと進むことができたという。さらにシミュレーションの結果、そこにいた下院議員100人以上が殺害される「大虐殺」になっていただろう、と分析では結論づけている。同紙は、多くの議員がこの結果を聞かされていなかったとし、詳 [全文を読む]

美しきカントリーサイドで英国の優雅を体感!テムズ上流域の見どころ5つ

サライ.jp / 2017年04月01日17時00分

ランドマークとなるのは、ウィリアム1世がロンドンからテムズ川を35キロほど遡った高台に築いたウィンザー城。レンブラントやルーベンスなど王室のコレクションが飾られた宮殿の中心をなす公式諸間、クイーン・メアリーのドールハウス、ヘンリー8世が眠るチャペルなど、英国王室900年の歴史が凝縮された場所だ。当時、テムズ川はロンドンとを結ぶ最上の交通路であり輸送路であっ [全文を読む]

移ろい行く ロンドンのエージェンシー分布図:中心地から周辺地域へ

DIGIDAY[日本版] / 2017年01月20日16時50分

ヒュージとR/GAもイーストロンドンへ、オグルヴィはサウスバンク方面に移動 南に目を向けると、テムズ川の河畔に本社を構えるアイリス・ワールドワイド(iris Worldwide)や英民放大手ITVなど、SE1(南東1区)を熱烈に支持する企業の列に加わるエージェンシーも増えつつある。テムズ川の河畔はいま、軒を連ねるギャラリーや劇場などのカルチャースポットで活 [全文を読む]

テムズ川を流れる巨大なラグビーボールから現れたのは・・・世界に一台のあのSUV!

IGNITE / 2015年06月02日21時46分

そんな中、巨大なラグビーボールがテムズ川を流れる映像が届いた。 さっそく映像をご覧いただこう。ロンドンの美しい街並みをバックに、テムズ川を流れる巨大なラグビーボール。その中から現れたのは…… ラグビーボールの中から現れたのは、ランドローバーの硬派なSUV「ディフェンダー」だった。しかも、ラグビーワールドカップ2015仕様として制作された世界に一台のスペシ [全文を読む]

世紀の晩餐会と称されたベルサイユ宮殿、ニューヨークでの開催を経て、ルレ・エ・シャトーのグランシェフたちが集結する、「第3回ディナー・デ・グランシェフ」2013年4月22日ロンドンで開催

@Press / 2013年03月08日12時00分

■“All the World’s a Kitchen by the Thames” “世界すべてのキッチンはテムズ川沿い一堂に”今年のテーマである“All the World’s a Kitchen by the Thames(世界すべてのキッチンはテムズ川沿い一堂に)”が示すとおり、イギリスで生産される素晴らしい食産物を称賛するための晩餐会です。かつて [全文を読む]

【ロンドンオリンピック】「今日のイギリスどうよ?」 ロンドンの大観覧車で『Twitter』の書き込みを反映するライトショーを毎晩開催

ガジェット通信 / 2012年08月03日18時30分

ロンドン市内を流れるテムズ川沿いにある、直径135メートルの巨大観覧車『ロンドン・アイ』。ロンドンオリンピック期間中に『Twitter』と連動するライトショーを毎晩開催しているという情報をキャッチしたので、見に行ってみました。 オリンピックが閉幕する8月12日まで、毎晩21時から開催されているこのイベントは、『EDF Energy of the Natio [全文を読む]

水陸両用車「アンフィカー」、絢爛な王室専用船とテムズ川を下る

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年07月30日16時00分

英国で先日、エリザベス2世の豪華絢爛な王室専用平底船「グロリアーナ」が、奇妙な水陸両用車の一群とテムズ川を下るという珍しい光景が見られた。 草や羽根を模した金箔張りの装飾で縁取られた18人漕ぎの王室専用平底船が、まるでカナレットの描く風景画のように川を下る一方で、小さなクルマの集団が川面に浮かんでいる。 これはイングランド南部ヘンリー・オン・テムズ郊外のフ [全文を読む]

日本でのテロ 当局が警戒するのは新幹線狙った爆弾テロ

NEWSポストセブン / 2017年06月08日11時00分

「テロ現場になったロンドン橋は、予定されていたライブ会場からテムズ川に沿って車でたったの10分の距離。まさに危機一髪でした。もしあのまま開催して、ファンやメンバーが巻き込まれでもしていたら──」(芸能関係者) 6月3日夜、英ロンドン中心部のテムズ川に掛かるロンドン橋でテロ事件が発生した。刃物で武装した3人が乗るワゴン車が暴走。歩行者を次々とはねた後、近くの [全文を読む]

ちょっぴり贅沢に、ゆったりと、グルメに行く母娘旅!ロンドン、パリ、台湾、香港でのモデルプランを特設サイトで公開

@Press / 2017年05月11日14時00分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128260/img_128260_1.jpg母娘でゆったりとロンドン テムズ川のクルーズディナーワンランク上の!母娘旅(おやこたび) とっておきプランロンドン: https://file.veltra.com/jp/promotion/oyakotabi/london/パリ [全文を読む]

テムズ川に巨大UMA「テッシー」出現 “うねる”体が水面からのぞく=英

tocana / 2016年04月04日11時00分

しかし先月、ロンドンのテムズ川で“ネッシーに似た”謎の生物が目撃されたとして大きな話題になっている。何はともあれ、まずは「テッシー」とでもいうべき衝撃の姿をご覧いただこう。 【動画はコチラ→http://tocana.jp/2016/04/post_9346.html】 3月26日、ロンドン市民である撮影者は、テムズ川を挟んで北ターミナルと南ターミナルを結 [全文を読む]

ロンドンのど真ん中にジャングルツリー登場!

GIGAMEN / 2016年02月24日07時00分

せわしない生活を送る人々には癒しが必要なのでは?そんなコンセプトで作られた建物は、ジャングルを思い起こさせるツリーハウス! テムズ川を一望できるこのツリーハウス、ちょっと変わった休暇を過ごすにはちょうどいいかもしれませんね! 聖母の祝日を祝うために建設された? ソースを見ると、このツリーハウスは、聖母の祝日を祝う為に作られたようですね。 聖母の祝日とは、 [全文を読む]

【現地リポート】『アサシン クリード シンジケート』の地元ロンドンでの盛り上がりがハンパない【ゲームレビューもあるよ】

ガジェット通信 / 2015年11月06日09時30分

ロンドンの自然といえば「テムズ川」!マップの中央を縦断しており、ストーリーをすすめる上でも極めて重要なエリアとなる。現代のいテムズ川と違って船の往来が非常に激しく、産業革命期ロンドンの物流の中枢だったことを伺える。もちろん、その激しすぎる船の往来を利用してフリーランニングすることも可能だ。 ■②進化したアクション また本作の特色として、従来のシリーズに比 [全文を読む]

【保険代理店のルーツはコーヒー専門店!?】「ロイズの保険」って知ってる?

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年07月30日09時00分

『もともと保険代理店はコーヒー専門店なのよ』 え?保険代理店のルーツがコーヒー専門店? なんと、「保険代理店」はイギリスのロンドン、テムズ川のほとりにあった「ロイズコーヒー」という喫茶店が元祖なんですって。 イギリスなのにコーヒー?紅茶じゃないのか?と思われがちですが、イギリスでは貿易時代にコーヒーが大流行り。 「コーヒーハウス」というイギリス発のカフェ [全文を読む]

地球温暖化は都市伝説だったのか・・・地球はもうすぐ寒冷化する?

FUTURUS / 2015年07月19日19時05分

英国での発表での喩えなので実感が湧かないが、テムズ川が凍結し、その上で露店が営まれ、皆がアイススケートできるという。(妙に楽しそうな喩えだが) 実際、1683年から1684年にかけてはテムズ川が凍ったが、この期間、英国だけでなく、フランスやベルギーやオランダの漁業は大打撃を受けたらしい。 しかし今度の寒さはそれより酷く、前回は1645年から1715年が似た [全文を読む]

イ・ミンホ&スジ熱愛、ロンドンでの極秘デートを楽しんだホテルに関心集中

Wow!Korea / 2015年03月24日14時58分

ホテルはロンドン・テムズ川の南岸に位置した高さ306メートルのThe Shardビル34~52階に位置しており、ホテルからテムズ川が一望できる幻想的な眺めでも有名だ。36~50階にある202の客室は、床から天井に達する全面ガラス窓を通じて、都市全景を鑑賞することができる。一日の宿泊費は約49万ウォン(約5万3000円)~116万ウォン(約12万5000円) [全文を読む]

プーマ(R)がアーセナルのホーム、アウェイ、カップ戦用 2014-2015シーズンのユニフォームを発表

PR TIMES / 2014年07月11日14時49分

新ユニフォームがテムズ川でのウォータープロジェクションでお披露目プーマは7月10日ロンドンにて、アーセナルのホーム、アウェイ、そしてカップ戦用2014-2015シーズンのユニフォームを発表しました。これらのユニフォームはテムズ川の20メートルの高さのウォータープロジェクションに映し出され、さらにロンドン・アイの名で親しまれている大観覧車が、アーセナルファン [全文を読む]

MasterCard、2015年開催 ラグビーワールドカップの 公式スポンサーとして記念イベントを実施、ダン・カーターがキックオフ

PR TIMES / 2014年05月15日14時12分

このスポンサーシップを祝し、世界の得点王の一人であり、MasterCardのアンバサダーをつとめるダン・カーターが、テムズ川のほとりで、ロンドン最大のラグビーポストに見立てたタワーブリッジをめがけてキックを行いました。MasterCardはこのたび、ニュージーランドで開催された2011年ラグビーワールドカップを機に締結されたRugby World Cup [全文を読む]

ロンドン橋は「巨大アヒル」のために門が開くことが判明

秒刊SUNDAY / 2013年12月18日00時02分

(画像)昨年の記事ではあるが、2012年の12月11日に巨大なアヒルがテムズ川を泳いでロンドン橋を通過したとのこと。アヒルのサイズは15メートルあり重さはなんと500キロ!とんでもないサイズのアヒルである。なぜアヒルがテムズ川を泳いでいるのかというとオンラインカジノサイト「http://www.jackpotjoy.com/」のキャンペーンの一環なのだと [全文を読む]

“パリピ男”がシングルファーザーに!? 笑いと涙の子育て奮闘劇『あしたは最高のはじまり』

dmenu映画 / 2017年09月07日16時00分

エンターテイメント施設が密集したウエスト・エンド地区の中心地「ピカデリー」、ロンドン西部の屈指の高級住宅街「ノッティング・ヒル」、「ロンドン橋」や「タワーブリッジ」に象徴されるテムズ川流域の景観など、1度は行ってみたい憧れのスポットがいっぱい! なかでも、覆面芸術家バンクシーの壁画をはじめとする数々のストリートアートがひしめきあう最先端スポットのショーディ [全文を読む]

スパイ小説大御所の新作話題沸騰!

Japan In-depth / 2017年08月28日23時45分

▲写真3 ヴォクソール橋からテムズ川越しに見たSIS本部ビル Photo by Tagishsimon 私自身も1980年代の後半、ロンドンに勤務した時期、「パーフェト・スパイ」という大作を夢中で読んだものだった。二重スパイたちの複雑な心理や行動が危険きわまる国際情勢のなかで生き生きと描かれるさまは文字どおり手に汗を握る展開だった。 [全文を読む]

フォーカス