大同特殊鋼のニュース

新型ホンダ・フリードのモーターにレアアースフリー磁石を世界で初めて採用

clicccar / 2016年07月20日14時03分

大同特殊鋼とホンダは、ハイブリッド車用駆動モーターに適用可能な高耐熱性と高磁力を兼ね備えた、重希土類完全フリー(不使用)熱間加工ネオジム磁石を世界で初めて実用化し(大同特殊鋼、ホンダ調べ)、今秋発表予定の新型「フリード」に採用すると発表しました。 なお、重希土類とは、希土類(レアアース)の区分の一つで、軽希土類、中希土類、重希土類の3つに分類されているうち [全文を読む]

ホンダが新型フリード ハイブリッドに採用する「重希土類フリー」ネオジム磁石の利点とは?

clicccar / 2016年07月16日19時03分

ホンダが大同特殊鋼とともに、重希土類フリー(不使用)熱間加工ネオジム磁石を開発したのは、ハイブリッド車など電動車の駆動モーターに使用されているネオジム磁石は、今後、急激な需要拡大が見込まれているから。 ハイブリッド車用駆動モーターにおいて、ネオジム磁石は高温環境下で使用されるため、高い耐熱性が要求されます。耐熱性を確保するために、従来は重希土類元素(ジス [全文を読む]

大同特殊鋼 名演奏家シリーズ 2017 ~ラインナップ発表~

PR TIMES / 2017年05月19日10時00分

株式会社CBCテレビは、大同特殊鋼株式会社の協賛で、今年度も「名演奏家シリーズ」を開催します。今回は、日本を代表するヴィルトゥオーゾ・ピアニスト若林顕、注目の若手ヴァイオリニスト成田達輝、名門ウィーン・フィルの首席フルート奏者ワルター・アウアー、世界的ハープ奏者吉野直子と、バラエティに富んだ4組の名演奏家をラインナップしました。(詳細はhttp://hic [全文を読む]

ホンダがHV用モーター磁石の「脱レアアース」で世界初の新技術!

clicccar / 2016年07月18日11時33分

そうしたなか、ホンダと大同特殊鋼が7月12日、HV用駆動モーターに適用可能な高耐熱性と高磁力を兼ね備えた、レアアースを使わないネオジム磁石を共同開発、世界で初めて実用化したと発表しました。 大同特殊鋼の子会社であるダイドー電子が、ネオジム磁石の製造工法として採用している「熱間加工法」(ナノレベルの結晶粒を配向させる技術)をさらに進化させた上で、ホンダが磁 [全文を読む]

大同特殊鋼 名演奏家シリーズ 2016

PR TIMES / 2016年05月20日18時35分

株式会社CBCテレビは、大同特殊鋼株式会社の協賛で、今年度も「名演奏家シリーズ」を開催します。今回は、協賛の大同特殊鋼株式会社が創業100周年を迎えるのを記念して、2015年ショパン国際ピアノ・コンクール優勝者で、今もっとも注目を集めるピアニスト、チョ・ソンジンのピアノ・リサイタルを企画しました。他2公演を含め、計3公演となります。大同特殊鋼創業100周年 [全文を読む]

大同特殊鋼presents 家族で音楽を楽しもう!レ・フレール バギ・ウギ・ライブin NAGOYA

PR TIMES / 2016年01月26日10時58分

株式会社CBCテレビは、大同特殊鋼株式会社の協賛で、兄弟ピアノデュオ レ・フレールの0歳から楽しめる音楽コンサートを名古屋で開催します。「バギ・ウギ・ライブ」は、周囲の目を気にせず音楽鑑賞できるよう、お子様連れに優しい会場設営、演奏プログラムの工夫をしており、バギー世代のこどもたちからご家族みんなで楽しめる、ピアノ1台4手連弾ライブです。開催日時:2016 [全文を読む]

【投資のヒント】決算発表後に目標株価の引き上げがみられる銘柄は

ZUU online / 2017年05月09日18時00分

例えば決算発表後に株価が急伸した大同特殊鋼 やきんでん で目標株価の引き上げがみられるほか、反対に株価が急落したオムロン やアドバンテスト でも目標株価の引き上げがみられます。また、キッコーマン やアルプス電気 、ファナック では決算発表後に2社が目標株価を引き上げています。■もう一つのヒント◆明日の決算発表スケジュールは3月期決算銘柄の本決算発表も今週が [全文を読む]

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(11)「クールビズ」は流行語に

アサ芸プラス / 2016年12月08日12時55分

まず最初に、オリックスの宮内義彦会長が登場し、続いて、三越の中村胤夫会長や富士ゼロックスの宮原明相談役、三洋電機の井植敏会長、大林組の大林剛郎会長、大同特殊鋼の小澤正俊社長、中部電力の川口文夫社長、ユニーの佐々木孝治社長、昭和シェル石油の新美春之会長、東邦ガスの早川敏生会長、そして、松下電器産業の森下洋一会長が次々と登場した。普段は見ることができない各社 [全文を読む]

ホンダ フリード/フリード+が好調。発売1ヵ月で販売計画の4倍以上を受注

clicccar / 2016年10月25日06時03分

・先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」・エクステリアデザイン・多彩なシートアレンジと広い室内空間・車中泊が可能なフラット空間、超低床下収納・力強い走りと低燃費を両立したパワートレイン 2代目となったフリードシリーズでは、兄弟車の「フリードスパイク」が「フリード+」に改名され、HV用の駆動モーターには大同特殊鋼と共同開発したレアアースを [全文を読む]

「ちょうどいいミニバン」新型ホンダ フリードが発売へ!

clicccar / 2016年09月14日11時33分

このレアアースが中国への依存度が高く、調達や価格高騰などのリスクを伴うため、ホンダは大同特殊鋼と共同で高耐熱性と高磁力を兼ね備えたレアアースを使わないネオジム磁石を世界で初めて実用化、 新型「フリード」に搭載。 また、ミリ波レーダーと単眼カメラを融合した精度の高い検知機能で安全運転を支援する「Honda SENSING」を新たに搭載。 さらに、ハイブリッ [全文を読む]

フォーカス