戴正呉のニュース

シャープ公式Twitterが「ボーナス」大胆公開 「あるだけマシ」とこぼす

J-CASTニュース / 2017年06月11日14時48分

「このニュース」とは、鴻海から派遣された戴正呉社長が3月13日に開いた記者会見で17年度の賞与について「信賞必罰」を掲げ、業績への貢献度に応じて、個々の支給額を年間で最少1か月から最大8か月まで幅を持たせると発表したことを指す。同アカウントでは 「私が何ヶ月分だったか、わかり次第、公表しますね」(3月14日) と宣言していた。「ボーナス公開」を約束した当時 [全文を読む]

シャープ再生に自信をみせる戴社長の実力やいかに

経済界 / 2016年11月14日13時00分

シャープが2016年度上期の決算発表を開催したが、戴正呉社長にとっては初めて公にシャープの経営を語る場となった。戴社長は自ら練った「経営基本方針」の有言実行に努めているという。その成果は徐々に表れ、シャープの業績回復を後押ししている。文=本誌/村田晋一郎有言実行の姿勢を強調 台湾の鴻海精密工業傘下として再起を図ることになったシャープだが、足元のビジネスは回 [全文を読む]

イサナドットネットがRoBoHoNの認定開発パートナーに 健康管理をサポートするRoBoHoN向けアプリを開発しCEATEC JAPAN 2016のシャープ運営ブースにて展示

DreamNews / 2016年10月03日13時30分

イサナドットネット株式会社(代表取締役:石谷伊左奈)は、シャープ株式会社(代表取締役社長:戴正呉)の開発・提供する「RoBoHoN(以下 ロボホン)」の認定開発パートナーとなり、ロボホンのアプリ開発事業を開始しました。第一弾として、健康管理をサポートするロボホン向けアプリを開発し、2016年10月4日から開催される「CEATEC JAPAN 2016」のシ [全文を読む]

シャープ再建で早くも見え始めた「鴻海流」

経済界 / 2016年09月05日15時27分

鴻海精密工業からの出資が完了し、シャープは新たに戴正呉社長の下で再建のスタートを切った。給与削減中止など従業員の士気を考慮する一方で、大胆な組織改革に着手。組織をスリム化し迅速な経営判断が可能な鴻海流の手法を持ち込もうとしている。文=本誌/村田晋一郎社員への「アメとムチ」 台湾の鴻海精密工業によるシャープ支援が決定してから4カ月、契約期限の10月5日までに [全文を読む]

JTB PTS ノースポート・モール店が6/9(金)リニューアルOPEN!業界初!ロボホンがツアーを紹介します!!

PR TIMES / 2017年06月08日12時00分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5912/1172/resize/d5912-1172-892945-0.jpg ] 「ロボホン」はシャープ株式会社(本社:大阪府堺市堺区、代表取締役社長:戴正呉)が開発・販売するモバイル型ロボット電話で、JTBグループ企業の株式会社JTBプランニングネットワーク(本社:大阪市中央区、代表取締役社長: [全文を読む]

「シャープ スマートタウン(仮称)構想」プロジェクトが始動

PR TIMES / 2017年05月25日15時07分

シャープ株式会社(本社:大阪府堺市/代表取締役社長:戴正呉、以下シャープ)と 野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:宮嶋 誠一、以下野村不動産)は、本日、シャープ田辺ビル(所在地:大阪市阿倍野区西田辺1丁目)の敷地を利用して、住宅とオフィスを核とした「シャープ スマートタウン(仮称)構想」の検討を共同で進めることに合意しましたので、お知ら [全文を読む]

「シャープ スマートタウン(仮称)構想」プロジェクトが始動

PR TIMES / 2017年05月25日15時02分

シャープ株式会社(本社:大阪府堺市/代表取締役社長:戴正呉、以下シャープ)と 野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:宮嶋 誠一、以下野村不動産)は、本日、シャープ田辺ビル(所在地:大阪市阿倍野区西田辺1丁目)の敷地を利用して、住宅とオフィスを核とした「シャープ スマートタウン(仮称)構想」の検討を共同で進めることに合意しましたので、お知ら [全文を読む]

JTBプランニングネットワークが「ロボホン 認定開発パートナー」に。

PR TIMES / 2017年05月17日14時00分

旅行業界で初!! 株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区 代表取締役社長:高橋広行/以下、JTB)のグループ企業である株式会社JTBプランニングネットワーク(本社:大阪市中央区 代表取締役社長:徳山 正博/以下、JTBプラネット)は、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市堺区、代表取締役社長:戴正呉/以下、シャープ )が開発・販売するモバイル型ロボット電 [全文を読む]

業績回復の仕方がシャープでしょ 新体制の成果と課題

J-CASTニュース / 2017年05月15日07時00分

各種手続きを終え、8月に鴻海グループの戴正呉副総裁がシャープ社長に就任し、10~12月期は純損益も黒字に転換し、17年1~3月期は各利益を積み増した。 セグメント別で見ると、「お荷物」といえる分野もなくなってきた。経営危機の原因を作ったディスプレイデバイス事業は、パソコン用中型パネルや中国での液晶テレビ販売が伸びたこともあり、2017年1~3月期は営業利益 [全文を読む]

サテライトオフィス、シャープ株式会社の「ロボホン」認定開発パートナーに

@Press / 2017年04月26日10時00分

クラウド環境、サテライト環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダーである株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口 豊、 http://www.sateraito.jp/ )は、このたび、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市堺区、代表取締役社長:戴正呉)が開発・販売を行うモバイル型ロボット電話RoBo [全文を読む]

鴻海・郭台銘会長がシャープ創業家に敬意を払う理由

NEWSポストセブン / 2017年04月26日07時00分

現在、シャープ再建の指揮を執るのは鴻海から派遣された戴正呉・社長だが、戴氏は東証二部に落ちた同社を今年度中に一部に復活させる目標を掲げ、「達成したら社長を退任して日本人にバトンタッチする」と発言している。春節のイベントでも郭会長とともに早川家の子孫たちと行動をともにしていた。 鴻海の郭会長は昨年4月、買収を発表した会見でも、「シャープの100年超の歴史、 [全文を読む]

見えてきた3年ぶりの黒字化 シャープ鴻海入り1年のドラマ

経済界 / 2017年04月25日10時06分

この時点で、鴻海のナンバー2である戴正呉氏がシャープ社長に就任した。社長就任まで戴社長は実務に関わっていないが、その間、鴻海側では地ならしを着々と進めた。まず昨年4月の提携発表直後に、堺ディスプレイプロダクツ(SDP)会長だった野村勝明氏をシャープ副社長に据える人事を発表。SDPはシャープの堺工場の事業会社で、郭会長の投資会社とシャープとの共同運営となって [全文を読む]

シャープ、PC再参入? 「インフラは十分」とホンハイ戴社長が言及

ZUU online / 2017年04月17日17時40分

共同通信によると、台湾・ホンハイ(鴻海精密工業)の戴正呉社長が4月15日、堺市のシャープ本社で開かれた社友会の席上、「(撤退した)IT機器で再度市場に参入したい」と述べたという。■PCメビウスなどIT機器再開発の可能性戴社長は「ホンハイが世界で強いのはIT機器であり、シナジーを生かして参入したい」と意欲を示した。同社長は、具体的な製品名は明らかにしなかった [全文を読む]

MOVIMAS×シャープ×日立システムズ IoTゲートウェイへのサイバー攻撃に対するセキュリティソフトウェアを実装した IoTに係る通信端末を開発

PR TIMES / 2017年04月12日10時57分

株式会社MOVIMAS(本社:東京都新宿区 代表取締役:兒玉則浩 以下MOVIMAS)は、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市 代表取締役社長:戴正呉 以下シャープ)と共に、株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区 代表取締役 取締役社長:北野昌宏 以下日立システムズ)が提供するIoT機器に対するサイバー攻撃を検知するセキュリティソフトウェアを実装したIo [全文を読む]

「液晶テレビ」のシャープは本当に復活できるのか

プレジデントオンライン / 2017年04月11日09時15分

■役員同士の「不仲」で工場設備が別々だった シャープの戴正呉社長は3月13日、大阪府堺市のシャープ本社で初の記者会見を開いた。シャープを買収した台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業のナンバー2だった戴氏が社長に就任したのは昨年8月。7カ月間、戴氏は沈黙を守ってきたが、その間にシャープの業績は回復基調に乗り、株価は4倍に跳ね上がった。ホンハイはシャープをどう改革し [全文を読む]

シャープの賞与ポイント制 本当に社員のやる気は高まるのか

NEWSポストセブン / 2017年04月08日07時00分

「信賞必罰経営」を掲げている鴻海出身の戴正呉社長の方針は至って明確。〈できる社員にはいくらでもカネを払うが、できない社員はそのまま〉というもの。会社業績に貢献した人にのみ報いる仕組みである。 それはボーナス(賞与)の査定にも大きく反映されそうだ。 今冬のボーナスから全社員を対象に「ポイント制度」を導入し、営業成績や製品開発などで高い実績を残した社員には最大 [全文を読む]

シャープ、日本国内の全従業員に3000円支給=「韓国人だったら文句を言う」「だから日本に追いつけない」―韓国ネット

Record China / 2017年04月02日12時10分

日本メディアの報道によると、現金は「感謝のしるし」と書かれた封筒に入れられ、封筒の裏面には戴正呉(タイ・セイゴ)社長から社員へのねぎらいの言葉が添えられた。今回の現金支給はシャープの構造改革が一定の目標に到達したためであり、総額で6000万円程度になる。戴社長は社員に向けたメッセージで、今回支給する現金を職場の仲間との親睦会や、家族へのねぎらいの費用とし [全文を読む]

鴻海出身載正呉社長 シャープを「普通の企業へ整える」使命

NEWSポストセブン / 2017年04月02日07時00分

このV字回復を主導したのが、親会社となった鴻海から送り込まれた戴正呉社長だ。家電業界を長年取材する立石泰則氏がレポートする。 * * * 二〇一七年三月十三日、「社長懇談会」が堺市の臨海エリアにある新本社で開かれた。二〇一六年度連結業績の通期見通しが、営業利益、経常利益、最終利益とも四ケタの赤字を計上して前年同期と比べて大幅に改善していた。 しかし懇談会を [全文を読む]

シャープ・載正呉社長 判断が明確で軽率な発言をしない人物

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

このV字回復を主導したのが、親会社となった鴻海から送り込まれた戴正呉社長だ。家電業界を長年取材する立石泰則氏がレポートする。 同氏が注目するのは戴社長による社員への「メッセージ」だ。その一つは《短期的には、一日も早く黒字化を実現するとともに、シャープを確かな成長軌道へと導き、売上・利益を飛躍的に拡大していくことです。その実現のためには、鴻海との戦略的提携が [全文を読む]

シャープ新社長・鴻海出身の載正呉氏が「最初にしたこと」

NEWSポストセブン / 2017年03月26日07時00分

このV字回復を主導したのが、親会社となった鴻海から送り込まれた戴正呉社長だ。果たしてシャープは本当に「再建」されるのか。家電業界を長年取材する立石泰則氏がレポートする。 * * * 経営難に陥ったシャープが本社の土地建物を売却して、大阪市から堺市へ本社を移転させたのは、昨年の七月のことである。その三カ月前には、自主再建を断念し、台湾の鴻海精密工業(以下、鴻 [全文を読む]

フォーカス