バスク地方のニュース

焼きたて「ガトー・バスク」が絶品だけどフィナンシェも必食--名店のお墨付き「メゾン・ダーニ」

えん食べ / 2015年07月03日11時30分

バスク地方を代表するその焼き菓子は、華やかな洋菓子と並べるとあまりに素朴で、目立ちません。でも何度でも食べたくなる魅力を秘めています。このガトー・バスクをはじめとするバスク地方の菓子をそろえた「MAISON D'AHNI Shirokane(メゾン・ダーニ シロカネ)」が6月、東京・白金高輪にオープンしました。ガトー・バスクは、クッキー生地にカスタードクリ [全文を読む]

世界中から料理人が集まる、美食の宝箱・バスク地方の絶品レシピ

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月12日15時00分

世界が注目するバスク地方の料理を、調理技術から食材まで網羅。独特の文化や現地情報も紹介した『バスク料理大全』が2016年6月9日(木)に発売された。 フランスとスペインにまたがるバスク地方は、海と肥沃な土地に恵まれている。「世界一の美食の街」サン・セバスチャンなどを有しており、世界中から料理を学びに、あるいは味わいに料理人が集まる、世界の料理をリードする「 [全文を読む]

父の日にちょっと変わった美味しいおつまみの贈り物を くじらの洋風缶詰「くじらのバスク風トマト煮込み」

@Press / 2017年05月02日11時00分

<商品概要>商品名 :くじらのバスク風トマト煮込み内容量 :内容総量70g、固形量30g価格 :オープン ※参考価格:398円(税抜)販売開始日:2017年3月15日販売場所 :酒販店・スーパー・インターネット通販にて販売中■世界一の美食の地方として知られるヨーロッパ・バスク地方スペインとフランスにまたがるバスク地方は、ピレネー山脈の西側に位置しています。 [全文を読む]

世界が注目するバスク地方の料理を、調理技術から食材まで。独特の文化や現地情報も紹介した『バスク料理大全』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2016年06月03日13時04分

[画像1: http://prtimes.jp/i/12109/151/resize/d12109-151-504164-1.jpg ]フランスとスペインにまたがるバスク地方は、海と肥沃な土地に恵まれ、「世界一の美食の街」サン・セバスチャンなど「美食の宝箱」と謳われ、世界中から料理を学びに、あるいは味わいに料理人が集まる、世界の料理をリードする地域です。そ [全文を読む]

「バスクの風景」が表現された赤と緑の限定車「ルノー カングー ペイザージュ」が登場

clicccar / 2016年05月15日07時03分

すでに第4弾となる今回の「ルノー カングー ペイザージュ」は、フランス南西部のフランスとスペインにまたがるバスク地方の町の風景をイメージしたという2色のボディカラーが設定されています。 「ペイザージュ」は、フランス語で風景を意味するそうで、「ペイザージュ」を車名に持つカングーは、フランスの風景をテーマとするボディカラーの限定車。 第4弾のルノー カングー [全文を読む]

バランス感が大事! ベレー帽をかわいくかぶるコツがある!?

マイナビ進学U17 / 2016年02月10日12時02分

そのかぶり心地の良さのためか、ベレー帽はベアルヌ地方のお隣、バスク地方にも浸透していきました。あるとき、ナポレオン3世がバスク地方を訪れた際に、農民たちが皆ベレー帽をかぶっていることに気づき、「バスク・ベレー」と名付けたことをきっかけで、スペインやイタリアにも広まっていったと言われています。バスク地方から広まったベレー帽ですが、第二次大戦前にイギリスが軍帽 [全文を読む]

バスク地方の伝統菓子「マカロン バスク」が新発売!

Walkerplus / 2017年01月12日11時01分

RITUEL初のパティスリーメニューである「マカロン バスク」は、一般的に知られるマカロンの原型となったバスク地方の伝統菓子。バレンタインに合わせ、期間限定で、ハート型にアレンジしたかわいらしい見た目のマカロン バスクを、手土産や、バレンタインギフトなどにもぴったりの専用ギフトボックスにて用意する。 伝統のレシピを踏襲し、風味・香りともに優れたマルコナ種 [全文を読む]

イイ感じにこぢんまり♪ 用賀のスペイン料理店は〆ご飯もうまい!

anan NEWS / 2016年10月08日20時00分

* * * シェフもソムリエも女性、しかもスペイン・バスク地方の料理を出す店がオープンした。 その噂を聞いてさっそく訪ねると、小柄な磯部美木子シェフとソムリエの北澤信子さんに迎えられた。店内もイイ感じにこぢんまりとしていて、バスク地方特有のテキスタイルで統一されている。ただし、雰囲気だけじゃない。二人の動きは実に無駄がなく、それぞれの持ち場に集中している [全文を読む]

備長炭の炭火焼に、大理石のインテリア 今、パリのカウンター店が楽しすぎる

ウートピ / 2016年09月15日20時00分

シェフの遊び心が詰まった世界の料理2軒目は、スペイン・バスク地方出身のシェフ、イナキ・エズピタルトさんがオーナーの「ル・ドーファン」。このイナキさん、実はとんでもない実力派で、2006年にオープンしたレストラン「シャトーブリアン」はイギリスの雑誌「レストラン・マガジン」が発表する「サンペレグリノ世界50ベスト・レストラン」で上位入りを果たしています。もとも [全文を読む]

ゆったりとしたバカンスを楽しみたいなら。フランス人に人気のリゾート地5選

TABIZINE / 2016年08月07日16時00分

ラブール フランスの西部、バスク地方にあるラブールは高級避暑地。ラブールにはビーチだけでなく、おとぎ話にでてくるような可愛らしいバスクの村がいくつもあります。お気に入りの村を求めて観光するのも楽しいですね。ラブールにはバスク地方特有のゆったりとした時間が流れています。身体も心も休めることができる場所として人気があります。 いかがでしたか? 写真を眺めてい [全文を読む]

藤沢国際映画祭シンポジウム 『まちに映画館があるということ』レポート

ガジェット通信 / 2016年07月05日16時00分

ゲストは逗子の『CINEMA AMIGO』代表でもあり、地域コミュニティの仕掛人として『逗子海岸映画祭』の主催や、スペインのバスク地方のサン・セバスチャンで行われる『サン・セバスチャン国際映画祭』にも参加されている長島源さん。地域コミュニティのカルチャーの発信地としての『まちの映画館』についてお二人が存分にトークを展開するシンポジウムとなりました。 シネコ [全文を読む]

【売切れ必至!】東京・今が旬の人気店クリスマスケーキBest 5

&GP / 2015年12月05日11時00分

SHOP パティスリー ユウ ササゲ 東京都世田谷区南烏山6-28-13 03-5315-9090 10時~19時 火曜休 MAISON D'AHNI /メゾン・ダーニ フランス産のクリームチーズと酸味の効いたレアチーズが大人! ブッシュ・ドゥ・ペイ・バスク(16cm)3800円 ★店頭または電話にて予約受付中/受渡期間:2015年12月22日(火)~2 [全文を読む]

Found MUJIによる、独特の文化圏”バスク地方”のテーブルウェアとレシピの企画展

TABROOM NEWS / 2015年09月11日09時49分

今回の企画展では、料理研究家・長尾智子さんとFound MUJIがバスク地方を旅して集めた生活用品を販売。食卓に欠かせないバスク皿、ボテガと呼ばれるグラス類、バスクリネンのクロスなど、他のヨーロッパ地域とは一風変わったデザインのアイテムが勢ぞろい。長尾さん監修のバスク料理のレシピとともに、バスクの家庭的な雰囲気を伝えてくれます。 みんなで同じものを食べ、 [全文を読む]

情熱の国スペイン・バスク地方生まれのSkunkfunk(スカンクファンク) AKmallに登場!

PR TIMES / 2014年06月13日19時07分

-----------------------------■Skunkfunk(スカンクファンク)バンブーやオーガニックコットン、大豆を使用したファブリックをファッションに取り入れる、スペインのバスク地方生まれのSKUNKFUNK。決して流行に左右されず、実用的かつ個性的なデザイン。リバーシブルや取り外し可能なアイテムなど、マルチな着こなしが出来るデザイン [全文を読む]

「横浜ベイクォーター」が3日間限定でスペインバルに!「Hola! BAYQUARTER BAR(オラ!ベイクォーターバル)」開催決定!!

PR TIMES / 2017年08月17日15時30分

[画像1: https://prtimes.jp/i/4786/349/resize/d4786-349-360479-1.jpg ]本イベントは、スペイン北部・バスク地方にある街「サン・セバスチャン」の食文化の普及・振興と、横浜ベイクォーター内のレストランの更なる賑いづくりを目的に開催されます。参加者は、各レストラン自慢のお酒とおつまみ(フード1品とドリ [全文を読む]

バルサ、“ネイマール資金”での獲得第一号はDF? I・マルティネスに急接近

サッカーキング / 2017年08月05日11時20分

バスク地方出身で、レアル・ソシエダの生え抜き。弱冠20歳にしてトップチームデビューを飾るとそのままレギュラーに定着し、現在までにクラブ通算出場試合数は200試合を超えている。国際レベルでもスペイン各年代別代表、スペイン代表とステップアップを果たし、スペイン有数のDFに成長した。2012年のロンドンオリンピックにも参加。日本代表戦ではFW永井謙佑に対するファ [全文を読む]

横浜駅徒歩3分でスペインバル体験!横浜ベイクォーターでイベント開催

Walkerplus / 2017年08月03日15時59分

「Hola!BAY QUARER BAR(オラ!ベイクォーターバル)」は人口あたりの星付きレストラン数が世界で最も多いという、スペイン北部・バスク地方の街サン・セバスチャンの食文化「バル巡り」を再現した、チケット制で食べ&飲み歩きが楽しめる食イベント。 客船をイメージした外観の横浜ベイクォーターでは、2017年のイベントテーマを「ワールド・トリップ」とし [全文を読む]

横浜駅徒歩3分に、美食の街バルが出現?!横浜ベイクォーターでスペイン流の食べ&飲み歩きを楽しむ「Hola!BAYQUARTER BAR(オラ!ベイクォーターバル)」

PR TIMES / 2017年08月02日15時00分

人口あたりの星付きレストラン数が世界で最も多いという、スペイン北部・バスク地方の街サン・セバスチャンの食文化「バル巡り」を再現した、チケット制で食べ&飲み歩きが楽しめる食イベントです。[画像1: https://prtimes.jp/i/17879/21/resize/d17879-21-359417-0.jpg ]客船をイメージした外観の横浜ベイクォータ [全文を読む]

閣僚の夏休み バカンスの国では…

OVO [オーヴォ] / 2017年07月26日17時01分

ブリュノ・ルメール経済相は、スペイン国境のバスク地方にある家族の家に。クリストフ・カスタネール政府報道官は南仏プロヴァンスだ。 エコロジー相のニコラ・ユロ氏、アニエス・ビュザン保健相、マルレーヌ・シアパ男女平等担当相など4人はコルシカ島へ行く予定。 例外はジャンイヴ・ルドリアン外相と、フローランス・パーリー軍事担当相。毎週水曜日の定例会議に出席しなければな [全文を読む]

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】スポーツイベントにおけるテロ対策

サイクルスタイル / 2017年07月20日13時30分

かつてはバスク地方の独立を目指す人たちの襲撃を受けたり、原発廃止を訴える市民団体が道路を封鎖してレースが一時マヒしたりした。ただし文化として定着し、宗教を超えて多くの人たちが楽しみにしている祭典をテロリストとしても攻撃対象にすれば正義は得られない。かつてはそんな人間としての最後の良心も存在したはずなのだが。 とにかく最善の警備態勢は続けてくれたほうがいい。 [全文を読む]

フォーカス