西室泰三のニュース

東芝と日本郵政の巨額損失を主導した戦犯、西室泰三氏の「突出した権力所有欲」

Business Journal / 2017年05月25日06時00分

西室泰三氏は1935年生まれの82歳。東芝の社長、会長を歴任した後、2005年に東京証券取引所の取締役会長に、13年には日本郵政の社長に就任している。経団連の副会長も務めるなど、財界活動も活発に行った。16年2月には検査入院し、3月に日本郵政の社長職、東芝相談役を退任している。以来公の場に姿を見せることはなく、入院加療を続けていると見られる。 経営者、財界 [全文を読む]

[芳賀由明]【西室日本郵政社長、2年続投宣言の衝撃】~政府、水面下で次期社長候補探し始める~

Japan In-depth / 2015年11月06日19時00分

上場後の去就が注目されていた西室泰三日本郵政社長だが、「株主総会はあと2回、社長で出席する」と発言。事実上、2018年6月までの続投宣言をして周囲を驚かせた。 西川善文元三井住友銀行頭取、斎藤次郎元大蔵事務次官に続いて政治に揺れ動いた巨大官業の社長の座に就き、民営化の第一歩を成功に導いた西室泰三日本郵政社長は、郵政民営化の功労者であるが、12月には80歳と [全文を読む]

東芝、偽りの経営再建 居座る老害経営陣、「天皇」西室元会長の実権復活

Business Journal / 2015年08月28日06時00分

東芝元会長で現相談役の西室泰三氏が人脈を使い、直接就任を依頼した。 だが、そもそも不正会計を生んだ芽を追っていくと、西室氏が経団連会長の椅子を狙い社長・会長として東芝に居座ったことにあるとの指摘も多い。その結果、西室氏の次の社長になった岡村正氏と対立することとなった。 西室泰三氏は7月22日、日本郵政社長としての記者会見で、東芝歴代トップ3人の引責辞任につ [全文を読む]

4000億円減損で膿を出し買収リークを仕掛けた日本郵政

HARBOR BUSINESS Online / 2017年06月29日08時56分

まず、トールの買収は当時の西室泰三社長が主導したものでした。ご存じ、巨額減損を引き起こした東芝のウェスティングハウス買収時の会長だった人物です。もはや、西室氏の“買収下手”は語るに及ばずでしょう。そもそも、6200億円という高値でオーストラリアの物流会社を買収する意味がありません。官制国策会社で日本国民のために良質なサービスを提供することが義務であったは [全文を読む]

懲りない東芝経営陣、「大甘人事」に高まる不満 役員OB厚遇の制度はようやく廃止されるが…

東洋経済オンライン / 2017年06月13日10時00分

西室泰三氏、岡村正氏、室町正志氏らトップ経験者の一部が名誉顧問、特別顧問として残った。さらに、顧問など全役職を退いた役員経験者が対象の社友制度も温存されていたのだ。相談役や顧問と同じく、社友についても会社は報酬額を公表していない。が、東芝関係者からは「年間500万円」、「300万円台に減額されたと聞いている」という話も漏れ聞こえる。「やっていられない」。巨 [全文を読む]

日本郵政、「西室泰三の呪縛」への強烈な拒否反応…否応なき野村不動産買収の政治的事情

Business Journal / 2017年06月02日06時00分

豪物流大手トール買収を主導した前日本郵政社長で、東芝凋落の元凶とされる西室泰三・東芝相談役の影がちらつくことに、長門社長は嫌な感じを持っているのではないですか」 実は野村證券は、かなり前から野村不動産を切り離していく方向で、株式の持分を引き下げてきていた。同社の現状は2期連続の減益で、まさに売り時ということだろう。日本郵政としては、持株会社の傘下にぶら下げ [全文を読む]

豪社買収でコケた日本郵政 赤字転落は「当然の結果」

J-CASTニュース / 2017年05月11日07時00分

買収を主導した日本郵政の西室泰三前社長の独断専行と、その後の経営能力不足が招いた当然の結果だといえる。日本郵政の長門正貢社長は2017年4月25日、巨額損失を説明するため記者会見を開き、「査定が甘かったのではないか。少し買収額が高かった」と、トール社買収が「高い買い物」だったことを認めた。買収価格は6200億円。企業価値を見直し、17年3月期で4000億円 [全文を読む]

どうなる日本郵政? “西室切り”の背景にあるもの

文春オンライン / 2017年05月11日07時00分

買収を決めたのが、前社長の西室泰三氏だったためだ。西室氏は東芝の社長、会長を歴任した大物財界人。日本郵政のトップに就いたが、昨年3月に体調悪化で退任した。 「日本郵政は、上場に向けて、株価を上げるための『成長戦略』が必要だった。そこで、西室氏は海外事業の買収に乗り出したのです。しかし、足元を見られ、高値掴みをしてしまった」(金融関係者) 今回の“西室切り [全文を読む]

日本郵政、巨額減損発生でノウハウなき海外進出頓挫か…西室前会長の独断的買収が危機招く

Business Journal / 2017年05月01日06時00分

巨額買収を懸念する声は当初からあったが、当時社長の西室泰三氏が独断で買収を決めた。15年春の取締役会で初めてトールの買収を説明したが、西室氏は「もう決めた」と語り取締役会の批判を封印した。 その後、15年11月4日に日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険が東京証券取引所に同時上場した。●買収強行の真相 西室氏ら経営陣は上場直前の9月下旬から10月上旬にかけ [全文を読む]

東芝、危機の戦犯「老害顧問の茶坊主」社長の無能さに社員が呆然…社内一斉メールが波紋

Business Journal / 2017年04月11日06時00分

志賀氏、綱川氏とも東芝の実力者で“スーパーCEO(最高経営責任者)”と呼ばれていた西室泰三氏が事実上、推薦した。『選択と集中』で名を馳せた西田厚聰氏(元社長・会長)が不正会計事件で失脚してから、西室氏の影響力はさらに強まっていた」(東芝の元役員)●機能不全だった社外取締役 池田弘一氏(アサヒビール元社長・会長、指名委員会委員、報酬委員会委員)、前田新造氏( [全文を読む]

フォーカス