美的集団のニュース

中国ブランドによる東芝の白物家電事業買収の狙いは炊飯器にあった?=「日本では時代遅れになったものを中国では宝物としている」―中国ネット

Record China / 2016年12月24日08時20分

番組では、中国の大手家電メーカーである美的集団が、東芝の白物家電事業を買収した狙いは炊飯器にあると紹介。美的集団は炊飯器に力を入れており、日本の炊飯器も分解して徹底的に研究しており、美的集団が製造した炊飯器は「日本のものよりおいしい」と担当者は強い自信を見せている。 しかし、日本では中国人観光客による炊飯器の爆買いが続いていると指摘。そのため美的集団は、 [全文を読む]

日本家電大手の資産売却、中国企業にとって海外進出の好機に―中国紙

Record China / 2016年03月21日03時20分

日本メディアが16日に報じた内容によると、東芝は中国の家電大手・美的集団と交渉を進めており、全額出資子会社「東芝ライフスタイル」の株式の大半を売却する方針を固めている。東芝は今夏までに、白物家電事業を主に取り扱う子会社を売却する予定。美的集団は同情報に関するコメントを控え、「現時点で公表すべき情報はない」と表明するに留まった。しかし公式サイトの回答では、 [全文を読む]

中国企業による東芝白物家電の買収に中国ネットは歓喜!=「日本企業は地に落ちた」「いつの日か中国企業がトヨタを買収する日が来ることを願う」

Record China / 2016年03月16日13時10分

2016年3月15日、中国メディアの環球網は日本メディアの報道を引用し、東芝が白物家電事業を中国家電大手の美的集団に売却すると伝えた。 記事によると、交渉はすでに最終段階に入っており、売却額は数百億円規模になるという。記事はまた、日本の三大巨頭である東芝、パナソニック、シャープは、いずれもかつての輝きを失っており、日本国内の家電市場は停滞状態に陥っていると [全文を読む]

中国企業に買収された独ロボット大手クーカ、「技術奪われる」との不安を拭い去る―独紙

Record China / 2017年08月28日17時30分

同社は2016年に中国家電大手・美的集団に買収されたが、その後中国市場での売り上げが急増している。同年はクーカの売り上げに中国市場が占める比率は15%だったが、今年は25%にまで拡大する計画だ。中国市場トップを目指すと自信を見せた。 美的による買収はドイツ政府やドイツ国民に大きな懸念を与えていた。技術だけ奪われ、ドイツでの雇用は失われるのではとの不安だ。し [全文を読む]

日本の家電ブランドが「日系の風格を持つ中国製」になりつつある―中国コラム

Record China / 2017年08月02日06時50分

東芝は昨年白物家電子会社株の80.1%を美的集団に売却、美的集団は今後40年間世界で東芝ブランドを使用することができるとともに、東芝が持っていた5000件を超える白物家電関連特許や日本、中国、東南アジアの市場、販売ルート、生産拠点を獲得したと伝えた。 経営状況が悪化したシャープも昨年、株式の66%を台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に売却したと説明。「鴻海の資 [全文を読む]

中国企業の独ロボット大手買収、難関は突破できたのか?―中国紙

Record China / 2016年08月26日05時10分

家電大手・美的集団(ミデアグループ)は22日、世界4大ロボットメーカーの1つとされるドイツの産業用ロボットメーカー・クカ(KUKA)の買収案件について最新の状況を明らかにした。ドイツ連邦経済エネルギー省から今回の買収に対する反対意見はなく、美的のクカ買収は重要なヤマ場、すなわちドイツのダンピング審査を通過したことになる。京華時報が伝えた。 美的によると、北 [全文を読む]

中国企業の海外M&Aに懸念の声、中国政府が各国に公平な対応求める―仏メディア

Record China / 2016年07月09日08時20分

2016年7月6日、仏RFI(中国語電子版)によると、中国家電大手の美的集団(ミデア・グループ)によるドイツ産業ロボット大手、KUKA(クーカ)の買収に一部で懸念の声が出ていることを受け、中国政府が各国に公平な対応を求めた。 中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官は5日の定例記者会見で、美的集団など中国企業による海外企業のM&A(合併・買収)について、「海外 [全文を読む]

逆風下の日本家電、中華系企業に活路見い出す=シャープ再建へ、鴻海カリスマ会長が大ナタ=東芝も白物家電を美的集団に売却

Record China / 2016年05月19日08時20分

日本の家電製品は1980年代から90年代にかけ世界を席巻したが、今や優位性がなくなり、大手メーカーが苦境に立たされている。機能や品質面で大差のない製品が多く流通し、消費者にとってどのブランドでも同じ状態になる「コモディティ化」の波をもろにかぶった格好だ。100年以上の伝統がある大手家電シャープもその一つ。2000年代後半に液晶パネル事業に巨額の投資を行った [全文を読む]

アベノミクスの円安誘導 中国の日本企業爆買いを促進

NEWSポストセブン / 2016年03月28日07時00分

3月15日、経営再建中の東芝が、冷蔵庫や洗濯機などの「白物家電」事業売却について、中国の家電大手「美的集団」と最終調整に入ったことが報じられた。その直後の17日には、美的集団が早々と東芝と覚書を交わしたと発表。台湾企業の鴻海精密工業がシャープ買収を発表したときと同様、既成事実化して交渉のイニシアチブを握ろうとする意図が透けて見える。 「かつて世界を席巻し [全文を読む]

<中国の週間動向>全人代閉幕=記者会見で中国首相「日中韓は共に世界市場を開拓できる」、中国家電大手が東芝の白物事業買収へ

Record China / 2016年03月19日11時10分

▼中国の家電大手・美的集団、東芝の白物家電事業買収へ 中国の大手家電メーカー、美的集団が東芝の白物家電事業を買収することが17日、明らかになった。 ▼中国の違法操業漁船、アルゼンチン当局の発砲受け撃沈 アルゼンチンの沿岸警備隊は15日、アルゼンチン沖で違法操業していた中国の漁船に発砲し、撃沈させたことを明らかにした。約30人いた乗組員は全員救助された。こ [全文を読む]

共産党に忠誠誓う"中国人富豪"急増の理由

プレジデントオンライン / 2017年09月17日11時15分

ただ、これらグループの海外投資状況を細かく検討してみると、たとえば美的集団(ミデア・グループ)や建設機械、重機を生産する三一重工、自動車部品メーカーの万向グループなどの大規模海外投資に比べて、規模はそれほどでもない。 「万達グループの王健林代表らが巻き起こした世論が、政府に目を付けられた」という訳ではないようだ。これより以前、福耀玻璃(ガラス)グループの曹 [全文を読む]

高くたって欲しい「冷蔵庫」の知られざる進化 国内ブランドが存在感、新製品で需要深掘り

東洋経済オンライン / 2017年08月16日08時00分

食文化の違いなどもあり、こと冷蔵庫市場に関しては、国内ブランドが強さを発揮している(資本的にはシャープは台湾・ホンハイ精密工業、東芝ライフスタイルは中国・美的集団傘下)。■日立は冷蔵室でも「おいしく保存」日立アプライアンスは、食材のうま味を維持し栄養価の減少を抑えながら保存できる機能をさらに拡大。昨年モデルではチルド、野菜室、冷凍室に付いていたが、新モデル [全文を読む]

不評! 容器の蓋にヨーグルトが付かないなんて「日本の技術は素晴らしい・・・とは言わない」 7月13日の中国記事トピックス

サーチナ / 2017年07月13日15時12分

道路にずーっとエアコンが設置してあって、通る人みんなが風にあたれるの」と、中国を代表する家電メーカー「美的集団」の「美的空調」オフィシャルアカウントが楽しそうに書き込んでいるのが非常に気になりました。最近本当に暑いですよね。みなさま熱中症には十分お気をつけください。(イメージ写真提供:123RF) [全文を読む]

フォルクスワーゲン、クーカ社と共同で電気自動車と充電設備を接続するロボットの開発に取り組むと発表

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年07月10日05時00分

KUKAは中国の大手家電メーカー、ミデア・グループ(美的集団)に買収されたが、ロボット技術を使ってEVが自動的に充電設備と接続するシステムをVWと共同で開発するという。 VWが発行したニュース・リリースによれば、「ドライバーは所定の位置にEVを駐車するだけで、あとはロボットが充電ケーブルをクルマにつないでくれる」そうだ。また、両社では他のコンセプトも開発 [全文を読む]

東芝、消滅が濃厚…「国営」原発会社設立か、東芝・日立・三菱の事業分離し統合

Business Journal / 2017年06月30日06時00分

白物家電事業(冷蔵庫、洗濯機、エアコン、掃除機、炊飯器、オーブンレンジなど)を行う東芝ライフスタイルは、すでに16年6月に中国のマイディアグループ(旧「美的集団」)に株の80.1%を売却済である。液晶テレビ「レグザシリーズ」やBDレコーダー「レグザブルーレイシリーズ」などの映像機器事業は東芝100%出資の東芝映像ソリューションに移管したが、ストリーミング [全文を読む]

日中の産業攻防最前線 日本はロボット、中国はドローン、AIなど攻勢

ZUU online / 2017年06月27日06時50分

また安川電機 は中国の美的集団と合弁して介護ロボットの生産と販売に進出する。安川の持つロボット技術と、美的の販売網を相互利用する。2019年までに10~15型を投入する予定だ。中国の2025年の65歳以上人口は2億人を超える。“養老”市場は急拡大が見込まれている。ロボット以外で、中国が爆買いしているのは工作機械である。今年4月の日本からの工作機械供給は、前 [全文を読む]

中国企業がごみをお金に変える?企業買収に歓迎の動き―独紙

Record China / 2017年04月04日22時40分

中国美的集団もドイツのロボットメーカー・クーカを買収。クーカは買収されたことで、中国市場に新たな成長の芽を見出したとされる。しかし、ドイツ国内には「中国は買収により『世界一の技術大国』を目指す野心があるのではないか」との疑問の声も広がっている。 しかし、同州のリース知事は「中国の投資者はドイツで歓迎されている。対中貿易はドイツにとってますます重要になってい [全文を読む]

テクノロジーの「ファストファッション化」進む中国、5大潮流

Forbes JAPAN / 2017年03月09日14時30分

また、家電メーカーのMidea(美的集団)はドイツのロボット分野の先端企業のKuka を40億ドルで買収している。テック分野での大規模な投資の背景には中国のテック企業の収益性の高さが挙げられる。テンセントは昨年8月の四半期決算で15億ドルの黒字を計上。今年1月、バイクシェアサービスMobikeはテンセントが主導するラウンドで2億1500万ドルを調達した。4 [全文を読む]

稼ぎ頭部門売却の東芝が「エレベーター会社」になる日

NEWSポストセブン / 2017年03月09日07時00分

これまで巨額の損失が明るみに出るたびに、白物家電(中国・美的集団に売却)、医療機器子会社(キヤノンに売却)などが次々に切り離されても最後まで残るといわれてきた原子力部門についても、「東芝のような会社に任せていいのか」(経産省関係者)という声があがり始めている。 「2006年に『原子力立国計画』を掲げ、官民一体で原発輸出などを進めている以上、原子力事業は国策 [全文を読む]

中国、大卒未満の企業家トップ100人、平均資産4130億円に

Bridge International Media / 2017年02月16日15時30分

また、同紙は「特色ある企業家」として美的集団を立ち上げた何享健氏ら4人を紹介しており、何氏については「1942年生まれ。小学校卒業後に学業を断念し、1980年に家電工場を設立した」と説明。美的の昨年の売り上げが1384億元(約2兆2960億円)に上ったことや、独ロボットメーカーのクーカ買収で話題を呼んだことなども取り上げている。美的は昨年、東芝の白物家電事 [全文を読む]

フォーカス