始皇帝のニュース

【新東方見聞録】秦始皇帝陵が「伝説」から「史実」になった瞬間(中国・西安)

GOTRIP! / 2017年01月24日05時30分

・秦始皇帝陵は「伝説」だった 中国・西安にある秦始皇帝陵。この遺跡にはじつに8,000体もの兵馬俑が眠っていました。 秦始皇帝陵の発見は、つい最近のこと。1974年に地元の農民が掘り出したのがきっかけです。ところが、「西安あたりに始皇帝陵がある。しかも数千体の人形も埋められている」ということは、紀元前から知られていました。 前漢の歴史家司馬遷が、『史記』 [全文を読む]

秦王朝の栄華が上野に!始皇帝と大兵馬俑展が開催

Walkerplus / 2015年10月27日11時39分

東京・上野公園にある東京国立博物館では、10月27日(火)から2016年2月21日(日)まで、特別展「始皇帝と大兵馬俑」を開催する。 今から約2200年前に「最初の皇帝」を名乗り、中国大陸に統一王朝を立てた秦の始皇帝。その巨大な陵墓のほど近くに大量に埋められた地下軍団「兵馬俑」。 兵馬俑とは、兵士や馬などをほぼ等身大でかたどったやきものの像。20世紀最大の [全文を読む]

【今週の対決】この秋見たい「古代の王」展覧会

WEB女性自身 / 2015年11月16日06時00分

最初に向かったのは東京国立博物館で開催中の「始皇帝と大兵馬俑」。最初の皇帝を名乗り、中国大陸に統一王朝を打ち立てた秦の始皇帝だが、今回は巨大な陵墓から発見された文物が3つのコーナーに分けて展示されている。第1〜2章は王剣や玉装飾など、貴重できらびやかな文物が展示されている。 今回、めた坊がいちばん驚いたのは第3章の「始皇帝が夢見た『永遠の世界』 兵馬俑と [全文を読む]

中国のパクリに際限なし!兵馬俑をそっくりそのまま再現―中国メディア

Record China / 2017年02月10日19時50分

ニセ兵馬俑の出現を受け、西安市の秦始皇帝陵博物院は声明を発表。「兵馬俑」「秦俑」「秦始皇兵馬俑」「銅車馬」「秦始皇帝陵」などの始皇帝陵や兵馬俑に関する命名権や商標権はいずれも当博物院が所有しており、許諾権を得ず、これらの名称を使ったり、図案や映像資料を使ったりすることは権利侵害に該当すると指摘した。 近年、国内外でニセ兵馬俑の展示がたびたび起きており、つ [全文を読む]

音声ガイドのナビゲーターは壇蜜さん! 特別展『始皇帝と大兵馬俑』がスタート

PR TIMES / 2015年10月30日15時45分

展覧会を見たあとは、「キングダム」の世界に浸ろう! 東京国立博物館(東京・上野公園)で2016年2月21日(日)まで、特別展『始皇帝と大兵馬俑』(主催:東京国立博物館、陝西省文物局、陝西省文物交流中心、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社)が開催中です。最新の発掘成果を取り入れ、始皇帝と秦王朝にまつわる貴重な文物を紹介。20世紀の考古学で最大の発見とも [全文を読む]

【公演レポ】ユナク(超新星)、項羽と劉邦の間で揺れ動く女の葛藤、国と愛を巡る男の戦いを描いたミュージカル「花・虞美人」が開幕!

Wow!Korea / 2017年03月29日20時09分

時は紀元前221年、史上初めて中国統一を成した秦の始皇帝の時代。虞姫と劉邦の結婚式当日に始皇帝の軍隊がその幸せを奪う。幸せから絶望への落差、凰稀かなめとユナクの感情演技に観客も悲しみの中に投げ込まれる。そんな虞姫を救い出すのは、始皇帝を討ち取るためにやってきた楚の旗を掲げた項羽軍。プレビュー公演では池田努が演じ、ワイルドさの中に純粋さが垣間見える項羽を熱演 [全文を読む]

崔順実被告、朴大統領の退任後に同居を計画?五輪開催地の平昌に豪邸準備か=韓国ネット「始皇帝のまね?」「でも始皇帝は中国統一したじゃん…」

Record China / 2017年01月18日10時50分

該当の土地は面積1万2800平方メートルで、ザ・ブルーKのリュ・サンヨン部長は職員のキム氏に対し、電話で「(秦の始皇帝が建てた大宮殿で、増設により国を疲弊させたとされる)阿房宮 になるだろう」、「十数軒建てて、前後の大きい建物はVIP阿房宮、元々計画図があったはずだが」と話したという。 同様の話はコ・ヨンテ氏からも確認されており、検察の調査に対し、「崔順 [全文を読む]

兵馬俑は古代ギリシャの影響を受けた?考古学の新説にキレる中国人

Record China / 2016年10月16日07時50分

なぜ始皇帝の時代になって突然、等身大の陶像が作られるようになったのは大きな謎だったが、遠く離れた古代ギリシャの影響を受けたとの説が浮上している。秦始皇帝陵博物院の李秀珍(リー・シージェン)研究員によると、従来考えられていたよりもずっと早い始皇帝の時代から中国と西洋は交流があったことが明らかになったという。ウィーン大学のルーカス・ニッケル教授は、最近兵馬俑か [全文を読む]

迫真!芸が細かすぎる“にんじん彫刻”--兵馬俑展コラボの限定メニュー

えん食べ / 2016年07月30日18時00分

国立国際美術館(大阪市・中之島)で開催中の特別展「始皇帝と大兵馬俑」に関連し、周辺の飲食店でタイアップ企画が実施されている。そのひとつとして、兵馬俑(へいばよう)をかたどった“にんじん彫刻”が8月1日から提供される。 兵馬俑は、ほぼ等身大の粘土づくりの“人形”。同展覧会は、始皇帝の陵墓そばに副葬された兵馬俑を中心に構成されており、目玉となっている。 今回登 [全文を読む]

な、なぜ―「兵馬俑」の顔だけを映し続ける番組、ニコ生が放送

インターネットコム / 2016年01月08日15時00分

兵馬俑は、古代中国を統一した皇帝、秦の始皇帝の巨大な墓に埋まっていた陶器の人形だ。始皇帝が、来世にお供として連れてゆくための兵士や馬として作らせたのではないか、とも言われる。 およそ8,000体もある人形はすべて顔が異なり、それぞれ実在の人物をモデルにしたらしく、確かにどこかにいそうな顔をしている。ニコニコ生放送を運営するドワンゴによると、最近、中国のS [全文を読む]

壇蜜 「よくぞ残ってくれました!」と兵馬俑特別展に感激

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

東京国立博物館 平成館で、特別展『始皇帝と大兵馬俑』が2016年2月21日まで開催されている。 史上初めて中国全土を統一した始皇帝。晩年、本気で不老不死を目指した彼は、自身の宮殿とその周りの世界を完全にコピーして陵墓を造り、肉体の滅びた後も霊魂の不滅を願った。陵墓周辺には、兵や馬を模した「兵馬俑」が多数埋納された。 展示は、秦の“サクセスストーリー”を紹介 [全文を読む]

武器娘ファンタジーRPG「ヴィーナス†ブレイド」と「三国志レイヴ」のコラボレーション開催!

DreamNews / 2015年10月27日15時00分

◆コラボレーション概要三国志と始皇帝物語が融合した中華ファンタジーギルドバトル『三国志レイヴ』と擬人化されたエクスカリバーや正宗などの武器を連れ、世界一の「召剣師(ソードサマナー)」を目指す『ヴィーナス†ブレイド』がコラボレーション! 『三国志レイヴ』の可憐な美少女キャラクター達が『ヴィーナス†ブレイド』の世界に登場!一定の条件をクリアする事でコラボレーシ [全文を読む]

秦始皇帝陵で新発見、動物の大規模な副葬を確認―中国

Record China / 2016年11月25日20時40分

始皇帝陵の発掘調査の新たな発見として、秦始皇帝陵内で数千点の各種動物が見つかったことが、このほど発表された。これは現時点で、発見された動物の種類が最も豊富な皇帝の墓だ。中央テレビ網が伝えた。 秦始皇帝陵博物院の武麗娜副研究員は「秦始皇帝陵からはさまざまな動物が出土した。副葬された本物の動物のほか、陶器や銅で作られた動物が含まれる。これは秦の時代の人が日常 [全文を読む]

不老不死は「人類の憧れ」?永遠の命を望む人の割合は…

しらべぇ / 2016年11月04日10時00分

あの始皇帝がそうだし、日本でも豊臣秀吉が「永遠に生き続けることのできる薬」を家臣に要求。彼らは政治的な事情もあるとはいえ、明らかに不老不死に憧れていた。もちろん現在でも、命の永久化を望む人は存在する。■20%弱の人が...しらべぇ編集部では「不老不死の薬が売っていたら買いたいか?」という調査を実施した。ただし、この薬の値段は100万円という設定。時と状況に [全文を読む]

発掘調査は遺跡の破壊そのもの、始皇帝陵の発掘は50年間実施せず―中国

Record China / 2016年09月05日23時10分

2016年9月4日、台湾紙・旺報によると、始皇帝陵の発掘は50年後になる見通しだ。 中国国家文物局、中国科学技術部は共同で始皇帝陵発掘に関する予備調査を実施した。結論は「発掘は破壊につながる」というもの。今後、少なくとも30〜50年間は発掘を行わない方針を固めた。 過去の歴史を知るために極めて重要な発掘調査だが、土に埋もれていた文化財が掘り出され、空気に触 [全文を読む]

「項羽と劉邦」を新解釈! 始皇帝亡き後の乱世を描く中国歴史大河アクション開幕!!

PR TIMES / 2016年08月25日12時25分

第1巻では、劉邦と幼馴染みである盧綰が、始皇帝打倒を目指すところから物語が始まります。潜伏していた村に火をかけた秦の正規兵に対し、わずか二十人弱の劉邦たちが、どのうように難局を跳ね返すか、手に汗握る戦いが展開します。 重厚な人間ドラマ、個性豊かで魅力的なキャラクターたち、そして大迫力のバトルシーン。歴史漫画ならではの壮大なストーリーをぜひお楽しみください [全文を読む]

マンガ大賞発起人が「読んでない人が羨しい」と語る歴史漫画

NEWSポストセブン / 2016年08月23日16時00分

「中国の春秋・戦国時代を描いた物語で、始皇帝となって中国を統一する秦王(始皇帝)につかえた少年の信が仲間と出会いながら大将軍へと出世していくストーリー展開が面白い。信だけでなく仲間や敵対する他国の武将を含めてのキャラクターがかなり濃厚で歴史マニアでも楽しめると思います。今や人気すぎて、書店長として紹介するのがためらわれるレベルの作品ですよ(笑い)」 毎年 [全文を読む]

【リーガロイヤルホテル(大阪)】文化教室のレクチャーサロン「リーガクラブ」は懐徳堂共催講座「世界遺産-歴史と文化を巡る旅」をシリーズで開講、第1回は中国をテーマに、「始皇帝と兵馬俑」を開催

PR TIMES / 2016年08月08日10時56分

1回目の「世界遺産-歴史と文化を巡る旅シリーズ ~中国~ 始皇帝と兵馬俑」を2016年9月14日(水)に開催。 リーガロイヤルホテル(大阪市北区中之島、総支配人 田辺 能弘)の文化教室「エコール ド ロイヤル」が運営する、55歳以上を対象としたレクチャーサロン「リーガクラブ」は、懐徳堂共催講座として、「世界遺産-歴史と文化を巡る旅」をシリーズで開講します。 [全文を読む]

爽快ひっぱり大戦アクション『三国大戦スマッシュ!』にて武将が新たな力に目覚める究極進化!「覇王化」が解禁!!「スマッシュスキル」や「覇王スキル」など新必殺技を持った武将も新登場!

PR TIMES / 2016年07月29日16時25分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1348/964/resize/d1348-964-131055-1.jpg ]新たなスキル「スマッシュショット」を入手できる「覇王化」解禁さらに特別イベントクエスト「万里の超城」には最強クラスの武将「始皇帝」が登場!本日7月29日(金)より、『三国大戦スマッシュ!』にて、期間限定のイベント「真夏の特盛キ [全文を読む]

高須院長 中国人のマナーの悪さは歴史的な理由

NEWSポストセブン / 2016年07月09日07時00分

たとえば、始皇帝は強大な軍事力をバックに厳しい法律で中国の民を支配したけど、始皇帝が死ぬとすぐに元の木阿弥だ。それまでのマナーもなかったことになってしまう。──中国人が、マナーを意識しないのは、歴史に理由があるということですね。高須:基本は、その時の支配者の影響を強く受けるっていうことなんだけどね。それは、中国共産党支配下の今も変わらない。 たとえば、隣人 [全文を読む]

フォーカス