蒲田行進曲のニュース

ま、まさかの階段落ち! 80年代と仮面ライダー鎧武!

インフォシーク / 2013年11月19日17時30分

その階段落ちを有名にしたのが、80年代の芸術文化を牽引したつかこうへいの「蒲田行進曲」なのである!物語の中で、売れっ子俳優の銀ちゃんがカメラに向かって顔をキメれば、売れっ子女優の小夏が色気を醸し出し、銀ちゃんの子分である大部屋俳優のヤスが銀ちゃんに斬られ、階段をガラガラガラドッドドドドッ! と転げ落ち、なぜかもう一度登ってきてこう呟く!「…銀ちゃん、カッコ [全文を読む]

「銭の戦争」で好演!草なぎ剛がジャニーズの先輩と交わしたある約束とは?

アサ芸プラス / 2015年02月10日17時58分

「1999年にヤス役で出演した舞台『蒲田行進曲』で、脚本、演出を務めた故・つかこうへいさんと出逢ったことが大きかった。草なぎさんは、昔から感情が相手に伝わりにくいことを悩んでいた。そこで、つかさんは『喜怒哀楽の出し方が下手。でも君の中には魔物がいる。そこが凄くいい。感情の扉を開こう』とアドバイス。それを舞台で実践した結果、見事に化けました。つかさんは、草 [全文を読む]

風間杜夫 つかこうへい流の役者観をどんな芝居でも心がける

NEWSポストセブン / 2014年05月25日16時00分

映画『蒲田行進曲』やドラマ『スチュワーデス物語』など1980年代に人気作への出演で知られるようになった俳優の風間杜夫は、幼少期は雑誌の表紙を飾るほど活躍した人気子役だった。子役を辞め早稲田大学第二文学部演劇専修へ入学し、劇団を結成して演劇人として活動していた頃に出会った『蒲田行進曲』作者で演出家の故つかこうへいさんとの思い出を語る風間の言葉を、映画史・時代 [全文を読む]

白石加代子×柄本明「小劇場で笑った思い出」

文春オンライン / 2017年08月07日11時00分

柄本 つかさんの『蒲田行進曲』(80年)は、鈴木さんからのコピーだって聞いてます。 白石 そうそう、そうだと思います。 柄本 実はあれ、僕で作ったんですよ。僕はそのころもう、東京乾電池だったんですが。 白石 あら、その話、もっと聞きたい。 柄本 うちの奥さんの角替和枝が「暫(しばらく)」という劇団にいて、ここにつかさんが関連してて、平田満や三浦洋一がいた [全文を読む]

参加するイベントから住みたくなるイベントへ──第2回「蒲田・コスプレこれくしょん」にOTAKU議員が語る新たなる希望

おたぽる / 2017年04月22日18時00分

商店街の主催で開催される春の催し「蒲田行進曲フェスタ」。その中でも目玉イベントとなったのが「蒲田・コスプレこれくしょん2016」。それは、いわずと知れた漫画原作者・小池一夫氏らを審査員に招いて行われたコスプレコンテストであった。その何人目だったろうか。こんな呼び込みのアナウンスが流れた。「次の方はセーラージュピターのコスプレです。体型維持には気を使っている [全文を読む]

元AKB48川栄李奈とクリス松村が「映画工房」収録に乱入!? 斎藤工、板谷由夏らと共演!

PR TIMES / 2015年12月21日19時57分

今回、2人がオススメするのは『つぐみ』『蒲田行進曲』『幕末純情伝』の3作品。「わたしは(舞台「AZUMI 幕末編」で)殺陣をやったので、『幕末純情伝』は見入っちゃいましたね」と川栄が切り出せば、クリスも「『つぐみ』に出ている真田広之さんが…。文句なしにすてきですよ」と。 1995年生まれの川栄だが、過去の作品には「キュンキュンしますし、今、バラエティーなど [全文を読む]

元AKB48川栄李奈 斎藤工らと映画談議

dwango.jp news / 2015年12月21日19時29分

今回、2人がオススメするのは『つぐみ』『蒲田行進曲』『幕末純情伝』の3作品。「わたしは(舞台「AZUMI 幕末編」で)殺陣をやったので、『幕末純情伝』は見入っちゃいましたね」と川栄が切り出せば、クリスも「『つぐみ』に出ている真田広之さんが…。文句なしにすてきですよ」と。 1995年生まれの川栄だが、過去の作品には「キュンキュンしますし、今、バラエティーなど [全文を読む]

​蒲田行進曲かよ!酔っ払い美女の「衝撃の階段落ち」がスゴすぎるwww【動画】

AOLニュース / 2015年12月05日21時00分

■12月のAOL特集ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集 [全文を読む]

森繁久彌「セリフなんて覚えてきちゃダメ」と風間杜夫に説明

NEWSポストセブン / 2014年05月27日16時00分

子役を経て早稲田大学第二文学部演劇専修へ入学、劇団を結成して演出家の故・つかこうへいさんと出会った俳優の風間杜夫は、主演した映画『蒲田行進曲』がヒットしたことで活躍の場所を広げていった。敵役として共演した故森繁久彌さんとの思い出を語る風間の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 風間杜夫は主役に抜擢された1982年の映画『蒲田行進曲 [全文を読む]

ドンキホーテ谷村ひとし「CR牙狼外伝はどんな台?」

アサ芸プラス / 2014年03月06日09時52分

実は、タネ明かしをすれば、ちょっと前に登場したSANKYOの「CRF・蒲田行進曲」のように、Wスタートで、抽選時間が2パターンあって、片方が連チャン終了抽選をするまで、片方で大当たりし続けるというシステムの進化型です。蒲田行進曲を打った方が少ないので、わかりづらいかもしれませんが、大事なのは、いかに時間を稼ぐか。“秒数が長ければその分、大当たりしやすくな [全文を読む]

深作欣二「仁義なき戦い」の脚本に一目惚れ

アサ芸プラス / 2012年12月25日10時00分

【関連記事】 「仁義なき戦い」40年目の壮絶秘話(1)「顔のシワ作り」に励んだ松方 深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル 深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名 深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い 深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」 [全文を読む]

深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル

アサ芸プラス / 2012年12月04日09時59分

【関連記事】 深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名 深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い 深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」 深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」 深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」 [全文を読む]

深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」

アサ芸プラス / 2012年11月29日10時00分

「俺は深作さんと同じで、死ぬまで『ヨーイ、スタート!』の世界にいたい」 〈文中敬称略、次回は深作健太〉 【関連記事】 深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル 深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名 深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い 深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」 深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」 [全文を読む]

深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」

アサ芸プラス / 2012年11月22日10時00分

〈文中敬称略、次回は千葉真一〉 【関連記事】 深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル 深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名 深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い 深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」 深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」 [全文を読む]

深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」

アサ芸プラス / 2012年11月20日10時00分

【関連記事】 深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名 深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル 「仁義なき戦い」40年目の壮絶秘話(1)「顔のシワ作り」に励んだ松方 深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い 深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」 [全文を読む]

深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い

アサ芸プラス / 2012年11月13日11時00分

〈大部屋なんて、いったん入ったら性根が腐ってしまうんだって〉 映画「蒲田行進曲」(松竹)のメイク女性のセリフである。その性根が腐ってしまいそうな「東映の大部屋」が物語の主軸であり、新参者の風間も平田もビクビクしながら東映・京都撮影所の古参スタッフと接し、2人で顔を合わせては「早く終わらせて帰ろう」と慰め合っていた。 風間は監督としての深作と向き合うのは初め [全文を読む]

本田翼、綾瀬&坂口と三角関係に 映画『今夜、ロマンス劇場で』追加キャスト発表

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年10月21日18時00分

続けて「私は『蒲田行進曲』の銀ちゃんのような役どころで、監督のアイディアでインパクトのある俊藤龍之介に仕上がっています。その辺りも楽しんで頂ければ嬉しいです」とコメントした。 本田と北村のほかにも、健司と同じく映画監督を志す、良きライバルであり友人の山中伸太郎役を中尾明慶が、映画館“ロマンス劇場”の支配人・本多正役を柄本明が務める。また、物語のカギを握る役 [全文を読む]

「完全な人なんていないから」武正晴・映画作りのルール

ソーシャルトレンドニュース / 2017年10月20日15時46分

そして、『リングサイド・ストーリー』は李さんの得意とする、『蒲田行進曲』のような“バックステージもの”だ。今回のバックステージの舞台となるのはプロレスとK-1。実際の選手なども登場し、リアリティのある“リングサイド”の話でありながら、佐藤江梨子と瑛太の、同棲10年カップルのラブ“ストーリー”でもある。もちろん主演2人の演技力の高さと武正晴監督の手腕も存分に [全文を読む]

本田翼、綾瀬はるか&坂口健太郎と三角関係に! 『今夜、ロマンス劇場で』追加キャスト

CinemaCafe.net / 2017年10月16日05時00分

私は『蒲田行進曲』の銀ちゃんのような役どころで監督のアイディアでインパクトのある俊藤龍之介に仕上がっています。その辺りも楽しんで頂ければ嬉しいです」と自身の役柄についても語っている。 そのほか、健司と同じく映画監督を志す良きライバルであり友人でもある山中伸太郎役を中尾明慶。牧野の通いつめる映画館“ロマンス劇場”の支配人・本多正役を柄本明。そして、物語のカギ [全文を読む]

本田翼、綾瀬はるかの恋敵に!「今夜、ロマンス劇場で」で坂口健太郎めぐり火花

映画.com / 2017年10月16日05時00分

「私は『蒲田行進曲』の銀ちゃん(銀四郎)のような役どころで、監督のアイデアでインパクトのある俊藤龍之介に仕上がっています。その辺りも楽しんでいただければ嬉しいです」とアピールしている。 「今夜、ロマンス劇場で」は、2018月2月から全国で公開。 [全文を読む]

フォーカス