聚楽第のニュース

京都しゃぼんや「大吟醸聚楽第」使用の「聚楽第石鹸」発売

PR TIMES / 2015年12月07日09時45分

京都しゃぼんや × 佐々木酒造株式会社京都の手作り石鹸専門店として人気の京都しゃぼんや(京都市中京区/本社・京都市下京区・株式会社Kyoto Natural Factory)は京都市内の老舗酒造メーカー佐々木酒造株式会社(京都市上京区)とのコラボレーションで純米大吟醸「聚楽第」を使用した「聚楽第石鹸」を発売します。純米大吟醸のフルーティーな香り、お肌に良い [全文を読む]

真田丸『第28話』裏解説。黄金の城「聚楽第」は、なぜ壊されたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月17日22時00分

こうして秀次がいなくなると、関白の公邸である聚楽第も不要になる。むしろ、聚楽第の周辺にあった大名屋敷などを、伏見に移転させたほうがよい。粛清のあとには権力の集中が必要になるからだ。そこで、聚楽第は破却されることになる。 このように整理してくると、軍事政権の戦略上の必要から城が築かれ、必要がなくなれば廃棄される、という「戦国の城は使い捨て」の原理が、ちゃん [全文を読む]

『御城プロジェクト:RE』登録者数40万人突破記念キャンペーン開催! 堀江由衣さんが演じる新城娘も登場!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月25日17時00分

※10月25日(火)メンテナンス前までに「100DMMポイント招城儀式」を引いていたユーザー様が対象です ~キャンペーン第二弾~▼ 堀江由衣さんが演じる新城娘「聚楽第(じゅらくだい)」登場!2016年11月1日(火)メンテナンス後より、堀江由衣さんが演じる新城娘「聚楽第」が招城儀式に登場! <★7 聚楽第>CV:堀江由衣さん ▼ 合成大成功&超成功発生確率 [全文を読む]

真田丸『第19話』解説。なぜ天下人の秀吉に5つも城が必要だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年05月15日13時00分

今回のワンポイント解説(5月15日) 天下人への道を歩む秀吉は、京・大坂地区に山崎城・大坂城・聚楽第・淀城・伏見城と、次々と城を築いていった。なぜ、そんなにもたくさんの城が必要だったのだろう? 清洲会議ののち秀吉はまず、京と大坂の中間点に山崎城を築く。秀吉がもともと本拠にしていた長浜城は、清洲会議によって柴田勝家に割譲してしまったし、姫路城は織田軍の部将 [全文を読む]

京都東急ホテル~夏の名残を洛中伝承の日本酒で愛でる~「佐々木酒造 日本酒賞味会」開催

PR TIMES / 2012年07月20日18時09分

もともとこの地は、関白 秀吉の邸宅であった<聚楽第>のあった場所であり、現在も「出水」という地名が残されているように、良質な地下水に恵まれたところです。その聚楽第跡にて、千利休が茶の湯にも使ったといわれる「金明水・銀明水」を仕込み水とし、全ての酒を京都・洛中伝承の手作りの技法にて醸し続けています。 今回はこの佐々木酒造の当主が厳選した、「聚楽第」「古都」等 [全文を読む]

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」運行開始に向け、旅の始まりを彩る「瑞風ラウンジ京都」が完成~報道公開を実施~

PR TIMES / 2017年05月31日16時04分

(1)日本酒:聚楽第大吟醸エクストラプレミアム【佐々木酒造株式会社】 精米歩合40%の山田錦と、聚楽第跡地の名水「銀明水」を使い、杜氏が精魂尽くして醸し上げた当蔵最高級品質の大吟醸です。果実の様なフルーティーな吟醸香、透明感のある味わいの中にも旨味が凝縮されています。平成28酒造年度 全国新酒鑑評会にて金賞を受賞。 (2)玉露:瑞風ラウンジ専用に仕上げた [全文を読む]

二度目はない。京都で限定公開中、千利休と狩野永徳「蜜月」の証

まぐまぐニュース! / 2017年01月12日20時00分

永徳はそんな秀吉の威厳を最大限に表現するために大阪城や聚楽第(秀吉の京都の居城)などの障壁画を一手に引き受けました。 その代表的な絵が唐獅子図屏風です。単純な構成ながら大迫力で迫ってくる臨場感のある屏風絵です。元々は屏風ではなく城の謁見の間の壁一面に描かれていたものだと伝わります。武将達はこの絵を秀吉越しに仰ぎ見ることによって威厳を感じずにはいられなかっ [全文を読む]

真田丸『第29話』裏解説。昌幸が木幡山に「出丸」を築こうとしたワケ

まぐまぐニュース! / 2016年07月24日22時00分

秀次を粛清して聚楽第を破却した秀吉は、指月伏見城を豊臣政権の首都にするため、大々的な屋敷割や街路の整備を行っていた。とはいえ、もともと指月は隠居所として選ばれた場所だったから、風光明媚な地ではあっても要害性はイマイチだ。とくに、北東に城を見おろすような丘があるのは、防禦の観点からは明らかにマイナスだ。 ドラマの中で、城を増強するための設計を昌幸・信幸が任さ [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

天才永徳は、大坂城、安土城、聚楽第(秀吉の邸宅)など国家事業というほどの大作を次々に手掛けました。国宝「上杉本洛中洛外図屏風」は、信長が天下人になるために政治的駆け引きとして上杉謙信に贈ったという名作中の名作です。これは今も大切に山形県米沢市の上杉鷹山(ようざん)記念館に収められています。 信長は上杉謙信と戦っても勝ち目がないと思い、貴重な美術品を贈りそ [全文を読む]

第二回「佐々木酒造 日本酒賞味会 ~蔵元と語らう夕べ~」開催【3月29日】

PR TIMES / 2013年02月19日19時07分

もともとこの地は、関白秀吉の邸宅であった<聚楽第>のあった場所であり、現在も「出水」という地名が残されているように、良質な地下水に恵まれたところです。その聚楽第跡にて、千利休が茶の湯にも使ったといわれる「金明水・銀明水」を仕込み水とし、全ての酒を京都・洛中伝承の手作りの技法にて醸し続けています。現当主、佐々木晃氏の兄は俳優、佐々木蔵之介氏です。 今回の賞味 [全文を読む]

今しか楽しめない夜の国宝!ライトアップされた京都・西本願寺が美しすぎると話題!

Walkerplus / 2017年05月02日17時21分

豊臣秀吉が建てた、聚楽第の一部ともいわれる三層からなる楼閣建築も、ライトアップで見事な姿を見せてくれる。池の水面に建物が映る美しい光景は、夜間拝観でしか見ることができないので、ぜひ堪能しよう!<撮影可>左右非対称の造りとなっている飛雲閣は、角度を変えることで違った表情を見ることができる。ライトアップ時は建物の中の絵画も、より一層と幻想的な雰囲気を醸し出す。 [全文を読む]

【ホテル椿山荘東京】歩いて、食して、そして感じる…巡って楽しめるホテル!「楽焼」の展示、4/25開始

Digital PR Platform / 2017年05月01日11時31分

庭園散策の後は、宇治の魅力を味わい、日本を代表する楽焼を聚楽第の土を多く用いたと言われる了入の「火前印黒茶碗」も登場 ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:本村 哲)は、歴史や文化薫る庭園にたたずむことから、文化に触れられ、文化を大切にし、また文化を発信するホテルとして、体験イベントやアートギャラリーでの展示、自治体とのコラボレーションなどを通し、文化 [全文を読む]

歩いて、食して、そして感じる…巡って楽しめるホテル 「楽焼」の展示、4/25開始 庭園散策の後は、宇治の魅力を味わい、日本を代表する楽焼を

PR TIMES / 2017年04月25日19時48分

聚楽第の土を多く用いたと言われる了入の「火前印黒茶碗」も登場ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:本村 哲)は、歴史や文化薫る庭園にたたずむことから、文化に触れられ、文化を大切にし、また文化を発信するホテルとして、体験イベントやアートギャラリーでの展示、自治体とのコラボレーションなどを通し、文化に触れるさまざまな機会をご案内しております。この季節の魅力 [全文を読む]

「太閤四季彩園~官兵衛古道」桜ライトアップ および 敷地内歩行者通り抜け解禁のお知らせ 4月1日(土)より 有馬温泉 太閤の湯にて

@Press / 2017年02月24日15時15分

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/122911/img_122911_2.jpg有馬温泉最大の温泉テーマパークから温泉地日本一のプレミアム外湯へ2014年2月22日(土)「有馬温泉 太閤の湯」大改装グランドオープン●湯屋番(フロント)・エントランス画像3: https://www.atpress.ne.jp/r [全文を読む]

「太閤四季彩園~官兵衛古道」桜ライトアップ および 敷地内歩行者通り抜け解禁のお知らせ 4月1日(土)より 有馬温泉 太閤の湯にて

PR TIMES / 2017年02月24日14時53分

有馬温泉最大の温泉テーマパークから温泉地日本一のプレミアム外湯へ2014年2月22日(土)「有馬温泉 太閤の湯」大改装グランドオープン[画像3: https://prtimes.jp/i/2504/1680/resize/d2504-1680-359615-2.jpg ]●湯屋番(フロント)・エントランス安土桃山時代へタイムスリップ!!安土桃山時代に建築さ [全文を読む]

後陽成天皇、朝鮮出兵を巡る豊臣秀吉との確執は死後も続いた

NEWSポストセブン / 2017年02月22日16時00分

秀吉は朝廷に取り入って関白の地位を手にすると、京都に“黄金の城”と称される豪華絢爛な平城・聚楽第を築き、後陽成天皇の盛大な行幸を演出した。 だが秀吉が朝鮮出兵の意思を明かし、「後陽成天皇を北京に遷御して明国の皇帝とし、日本の天皇には政仁親王か智仁親王を置く」と公言すると、秀吉の専横に危機感を覚えた後陽成天皇は再三、秀吉に異を唱えた。 これを不快に思った秀 [全文を読む]

最強の陰陽師・安倍晴明を祀る京都のパワスポ「晴明神社」のご利益

まぐまぐニュース! / 2017年02月17日01時00分

豊臣秀吉が京都の大邸宅・聚楽第を建てた頃、この辺りには千利休の屋敷があったようです。利休は、秀吉の怒りを買い、切腹を命じられていますが、この地で切腹させられ、一条戻り橋で首をさらされたのです。 晴明神社の境内には五芒星(晴明紋)が描かれた井戸があります。五芒星は桔梗の花に似ていることから別名、桔梗門と呼ばれています。夏の季節には境内にも色鮮やかな桔梗の花 [全文を読む]

『秀吉のクリスマスツリー』が登場!

PR TIMES / 2016年12月05日13時24分

安土桃山文化を代表する大阪城を始め、聚楽第、伏見城と幾多の名城を築く際に、秀吉が当時、巨木を調達するために飛騨高山から飛騨川・木曽川を通じて「川下げ」し、大阪まで巨木を運んできた伐り出しに倣い、1年前から調査を重ね、飛騨の山で唯一発見した樹齢約30年、樹高11mに及ぶトウヒの木を発掘しました。 [全文を読む]

「真田丸」小林隆が頭を抱えた“史実と三谷の板挟み”

Smartザテレビジョン / 2016年10月05日22時19分

特に、(聚楽第に秀吉を批判する落書きが見つかった)“落首事件”のときに、秀吉(小日向文世)に落書きを報告してしまったところで「ああ、こりゃだめだ…」と思いました。まあ、あれはストーリー上、仕方がなかったんですけどね。そのために新しいキャラクターを出すわけにもいかないので、ズッコケ且元の役回りになったのだろうと判断しました。 [全文を読む]

『真田丸』が一瞬『リーガル・ハイ』に!? 『古畑任三郎』も登場の自由過ぎる大河ドラマ

messy / 2016年06月08日14時00分

その回では竹内結子が演じる秀吉の側室、茶々が懐妊するのですが、聚楽第でそれをからかうような壁への落書きが発見されます。そこで真田信繁は推理に乗り出す…という筋書きで、『突然の古畑任三郎(笑)』『古畑回、めっちゃ面白かった!』『古畑源次郎だな』と楽しむ声が多く上がりました。史実的に有名なエピソードをミステリー仕立てにしてしまう手腕を見て『さすが三谷!』と称賛 [全文を読む]

フォーカス