鹿島建設のニュース

五輪特需期待高まるゼネコン業界、明暗を分けたものとは?正念場迎える竹中工務店

Business Journal / 2013年07月25日06時00分

対して、経常増益を見込んでいるのは鹿島建設だ。鹿島建設の株価は今年の高値から5%下のほぼ高値圏だが、唯一、増益見通しである点を買う向きがある。この2社が株価の面で飛び出すかもしれない。 大林組の株価は東京都議選明けの6月24日に4%上昇し、約3週間ぶりに終値で500円台を回復し、その後も上昇基調だ。今年の高値は5月14日の645円だ。清水建設も週間で5%値 [全文を読む]

【ゼネコン業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は清水建設、鹿島建設、大成建設

DreamNews / 2015年05月29日11時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、清水建設の459件、次いで鹿島建設の352件、大成建設の345件となりました。 1位清水建設の最も引用された特許は、富士化学との共同出願である「基板上に諸機能を有する膜を形成するための無機高分子化合物」に関する特許(特願2000-326435)で、後発の特許5件の審査過程において拒絶理由として引用されており、 [全文を読む]

なぜ日本のスーパーゼネコンは同族経営ばかりなのか

NEWSポストセブン / 2016年12月31日07時00分

スーパーゼネコンと呼ばれている建設会社は、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組の5社。このうち大成建設を除く4社は創業家による経営関与が続いている。建設業界に詳しいジャーナリストの千葉利宏氏が解説する。 「建設業というのは基本的に請負の仕事なので、個人の業績が見えづらく、社内で権力闘争が起きると揉めやすいのです。だから、オーナー家の人間を御輿 [全文を読む]

石原都政が残した負の遺産

クオリティ埼玉 / 2016年11月23日00時22分

また、一橋大学の後輩で勤務先の鹿島建設を休職して公設秘書になった栗原俊記は、1982年11月、衆議院出馬準備中の対立候補、新井将敬のポスターにその出自を誹謗する黒いシールを貼りまくった。こんなこともあって大蔵官僚出身の新井は落選した。15年間も秘書の仕事で会社を離れていたのに、復職した栗原は今、専務執行役員という地位にある。石原との縁が営業実績に関係ある [全文を読む]

姫路城「平成の大修理」が最終段階 担当者が困難な作業語る

NEWSポストセブン / 2014年07月12日07時00分

その“攻城戦”に挑んだのが、鹿島建設を中心とする「姫路城大天守保存修理JV」だった。総指揮を執った鹿島建設の野崎信雄・総合所長が語る。 「国宝ですから建物に傷ひとつつけられません。敷地も含めて特別史跡なので、素屋根(大天守を風雨から守り、工事の足場としても機能する)を組む際に地面に杭を打つことも、また、消防法により火気を使用する溶接作業もできない。さらに大 [全文を読む]

エアーの誤送信防止Outlookアドイン「WISE Alert」― お知らせポップアップ、上司Cc/Bcc自動付与、強制アラートなど誤送信・セキュリティ対策機能を強化した新バージョンを発売!

DreamNews / 2017年03月16日13時00分

(出典情報グラフ参照)このようなニーズに応え、送信前の警告で誤送信を防ぐ専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドインとして、鹿島建設株式会社や横河電機株式会社などの大規模企業から個人ユーザまで幅広く採用されている「WISE Alert」について、このたび、お知らせポップアップ、上司Cc/Bcc自動付与、強制アラートなどの誤送信・セキュリティ対 [全文を読む]

博多陥没事故の「危険な」大成建設、新国立競技場建設への不安…安倍首相との親密すぎる関係

Business Journal / 2017年03月15日06時00分

中村満義会長(鹿島建設会長)は2期4年の任期満了で退任する。 1993年のゼネコン汚職事件で、当時の日建連会長だった吉野照蔵清水建設会長が逮捕され、その後は前田建設工業の前田又兵衞会長が8年間、会長を務めた。2001年以降は再び、大成建設、鹿島建設、清水建設の3社による輪番制が復活し、2期4年ずつ会長を務めてきた。13年5月から中村氏が日建連会長に就いてい [全文を読む]

リニアより「新国立競技場」の工事が人気。働きたいゼネコン1位は清水建設。「i-Construction」より「週休2日」に期待。

PR TIMES / 2016年12月26日14時16分

アンケート結果のサマリー「リニア中央新幹線」より「新国立競技場」の工事が人気!期待できる政策は「i-Construction」よりも「完全週休2日制」働きたいゼネコンは、1位清水建設、2位鹿島建設、3位竹中工務店【調査概要】調査期間:2016年12月1日~15日調査対象:『現場の神様』の登録会員(施工管理技士を中心とした建設技術者有効回答者数:150名調査 [全文を読む]

鹿島守之助(鹿島建設 元社長・元会長)

経済界 / 2016年11月03日22時00分

[提供:経営プロ] [全文を読む]

【ゼネコン】特許資産規模ランキング、トップ3は大成建設、鹿島建設、大林組

DreamNews / 2016年11月02日11時00分

その結果、1位 大成建設、2位 鹿島建設、3位 大林組となりました。 1位の大成建設の注目度の高い特許には、大阪大学、北里研究所との共同保有である「効率的分解菌を利用した1,4-ジオキサン汚染水の浄化」に関する技術や、「外周架構の柱を壁形状とすることで室内側へ出っ張る寸法を小さくし、室内面積を有効利用できる、免震技術との併用に適した架構」に関する技術など [全文を読む]

【ゼネコン業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は清水建設、鹿島建設、大成建設

DreamNews / 2016年06月08日10時00分

集計の結果、2015年に最も引用された企業は、清水建設の412件、次いで鹿島建設の326件、大成建設の323件となりました。 1位清水建設の最も引用された特許は、「室奥にまで均一に自然光を届かせることのできるブラインド」に関する特許(特許第3700098号)および「外断熱構法による外壁構造」(特願2000-165108)で、それぞれ後発の特許4件の審査過 [全文を読む]

鹿島建設、エアーのメール誤送信対策ソリューション「WISE Alert ZIP暗号化オプション」の追加を決定 ~グループ会社約2万人の社員の1日あたり300時間を超える業務効率化に期待! ~

DreamNews / 2016年06月08日09時00分

ITソリューションベンダー、株式会社エアー プロダクト・カンパニー(以下エアー)は、本日、エアーが開発・販売するOutlook対応メール誤送信対策ソリューション「WISE Alert ZIP暗号化オプション」(ワイズ アラート ジップあんごうかオプション)が、大手ゼネコン、鹿島建設株式会社(以下鹿島建設様)のグループ、約2万ユーザに採用されたことを発表しま [全文を読む]

【ゼネコン】特許資産規模ランキング、トップ3は大成建設、鹿島建設、大林組

DreamNews / 2015年11月04日11時00分

その結果、1位 大成建設、2位 鹿島建設、3位 大林組となりました。 1位の大成建設の注目度の高い特許には、「(早期強度を発現させるための)セメント組成物、セメント系マトリックス、繊維補強セメント系混合物及びセメント混和材」に関する技術などが挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、パテントファミリーの情報を確認すると、日本のほかに [全文を読む]

鹿島建設にOffice 365およびADFS on Cloudを導入

PR TIMES / 2015年05月14日11時32分

~国内グループ会社29社、20,000ユーザーのコミュニケーション基盤をクラウドで統合~ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、この度、鹿島建設株式会社(代表取締役社長:中村 満義、本社:東京都港区、以下、鹿島)および国内グループ会社29社に対し、Microsoft Office 365( [全文を読む]

鹿島建設がグループ会社を含む2万ユーザにエアーのクライアント型誤送信対策ソフト「WISE Alert」を採用 ~ 業務効率を落とさず誤送信を解決、運用開始後メール誤送信インシデントの発生なし ~

DreamNews / 2015年05月14日11時00分

ITソリューションベンダー、株式会社エアー プロダクト・カンパニーは、本日、エアーのメール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」(ワイズアラート)が、大手ゼネコン、鹿島建設株式会社の全社、約2万ユーザが使用するOffice 365のメール誤送信対策ソリューションとして採用されたことを発表します。ITソリューションベンダー、株式会社エアー プロダクト [全文を読む]

名古屋支社・九州支社、新社屋建設のお知らせ

@Press / 2012年06月04日15時15分

■ 建設の概要 (1)名古屋支社ビル 所在地 :名古屋市熱田区白鳥2-10-10 種別 :建て替え(※注1) 敷地面積:782.19 m2(236.6坪) 延床面積:3,540 m2 階数 :地上6階建 設計施工:鹿島建設株式会社 竣工予定:2013年9月 付記 :熱田神宮に隣接する建物として、現社屋取り壊し後に、埋蔵文化財の調査が入る予定です。 (2) [全文を読む]

日本のエリート定年退職者たちが中国へ渡る理由―中国メディア

Record China / 2016年12月22日07時50分

現在、士徳古斯工業設計(深セン)有限公司建築設計部の部長兼営業部長を務めている森田さんは、東京工業大学を卒業してから、長年、建築業界の超大手・鹿島建設で働いていた。1985-96年には、ニューヨークやアトランタに派遣され、英語も流暢に話せる。これが、定年後に中国に来て働く際に非常に有用な武器となった。「仕事が大好きで、あっという間に60歳になった」と森田さ [全文を読む]

白血病で賠償請求の元原発作業員が呆れる東電の無責任教育

WEB女性自身 / 2016年12月12日17時00分

でも、元請けの鹿島建設の担当者が、労災申請するように強く勧めてくれたんです」 だがA氏のように、労災認定を受けられるケースはまれだ。原発事故後ですら、白血病で労災認定されたのはA氏1人。労災申請するだけでも、ハードルが高いという。 「私はまだ、労災認定が下りただけでも幸せです。自分と同じように白血病で苦しんでいる仲間もいますが、元請けが労災申請させるのを渋 [全文を読む]

上場企業社長が新入社員に「学問のすすめ」を手渡す理由

Forbes JAPAN / 2016年11月30日11時20分

80年鹿島建設に入社。89年に同社を退社後、恵久ホーム(現イーグランド)を設立。2013年、東京証券取引所JASDAQスタンダード上場。15年、東京証券取引所市場第二部へ市場変更した。 [全文を読む]

建設業界初!熱中症予防で最優秀賞。施工管理技士コミュニティサイト『現場の神様』

PR TIMES / 2016年11月04日15時12分

※2016年10月31日現在、「熱中症予防声かけプロジェクト」の賛同事業所数は7139事業所建設業界初の受賞『現場の神様』建設業界で初めて最優秀賞を受賞した施工管理技士コミュニティサイト『現場の神様』はこの夏、鹿島建設様や西松建設様などゼネコン各社様と飲料メーカー各社様のご協力のもと、次のような熱中症予防活動を実施しました。■建設現場での取り組み事例(一部 [全文を読む]

フォーカス