仲間割れのニュース

中居正広「一回止めよう!」りゅうちぇる達のおバカすぎる回答で収録中断!?

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日11時00分

3月14日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)では、チームの仲間割れが勃発! 荒れた展開となった。 「青春時代によく見た学園ドラマの先生役と言えば?」のクイズに20代チームの鈴木奈々、りゅうちぇる、桜雪(仮面女子)が自信を持って「松岡修造!」と回答。 突拍子のない答えに司会の中居は、「ちょっと待って!一回止めよう」と番組の進行を中断。 「あの [全文を読む]



SMAP、キムタク抜きの慰労会報道が「絆」を信じていたファンにトドメ

アサ芸プラス / 2016年12月27日17時59分

希望を持っていたファンは仲間割れが大げさに報道されていると常日頃からメディアに怒っていましたが、これには抵抗する言葉もないでしょう。SMAPの仲間割れ解散はこれで確定したといっていい」(スポーツ紙記者)「スマスマ」の打ち上げにもメンバーが不参加だったようだが、ベストアルバムの“ぶっちぎりチャート1位”に虚しさしか漂わない年末となった。(佐伯シンジ) [全文を読む]

上から目線の天才外科医「ドクター・ストレンジ」に扮したカンバーバッチが仲間割れ中のアベンジャーズを診断! 「治す方法はない」とさじを投げた絶対的な傷とは?【特別映像】

AOLニュース / 2016年12月05日18時00分

同じ正義を目指しながらも、その主義の違いから、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で決定的な仲間割れになってしまったアベンジャーズたち。天才的な医師の目から見ても、彼らの溝はそれ程までに深いのか? そして『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー(原題)』への登場が明かされ、今後マーベル作品に大きく関わってくるドクター・ストレンジはいかにヒーロー達の傷 [全文を読む]



マイナンバー運用開始で詐欺対策は大丈夫? 仲間割れで殺人も起きている振り込め詐欺

tocana / 2016年03月23日07時30分

■架空請求詐欺仲間割れ殺人事件 清水大志(当時、26歳)は、コンサルタント会社を経営し、BSテレビの番組スポンサーにもなっていたが、その裏では友人たちと詐欺団を結成していた。「社長」の清水の下に「専務」「部長」「課長」と序列があり、「部長」が20名ほどを統括する。それぞれに「ハガキ係」「電話係」「出し子」と役割分担があり、コンサルタント会社経営のノウハウを [全文を読む]

あなたの彼は大丈夫? 身近にいると厄介な「恋愛ゲーマー」の正体

Woman.excite / 2015年10月31日22時00分

自分の弱さや至らなさを認めることを拒絶する4.仲間割れ複数の人にそれぞれの悪口を吹き込み、他人が対立するように仕向ける。対立している人たちを見て「人間関係や友情などに価値はない。(自分に友人がいなくても仕方ない)」という認識を強めていく5.ひどいものだ「財布を落とした」「事故に会った」など自分の不幸を大げさに騒ぎ立てる。不幸を吹聴することにより何らかの責任 [全文を読む]

ロシアは絶対悪なのか。シリア空爆の驚くべき「裏側」

まぐまぐニュース! / 2015年10月04日19時20分

「反アサド派が仲間割れしていたが、仲直りした」という記事です。 シリア北部の町占拠、反体制派とアルカイダ系勢力 対立の背景 トルコとの国境沿いにあるシリア北部アレッポ(Aleppo)県の町、アザズ(Azaz)で18日に戦闘になったシリア反体制派「自由シリア軍(Free Syrian Army、FSA)」と国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系武装勢力 [全文を読む]

元1Dゼイン、N・ボーイの2ndアルバムでソロデビュー

Movie Walker / 2015年05月26日13時33分

ゼインの電撃脱退については1Dファンの間でも賛否がわかれ、仲間割れ説も濃厚だった。しかし、ザ・サン誌の最近のインタビューで1Dの作曲家が、「メンバーとの仲間割れはしていない。彼らは友人のままだが、ゼインは約4年間、ツアーばかりでほとんど家に帰れなかった過密スケジュールに耐えられなかった」と脱退の真相を語っている。【NY在住/JUNKO】 [全文を読む]

アプガ仲間割れ?仙石みなみがメンバーに冷たくされガチ泣き

dwango.jp news / 2015年02月16日12時42分

2月15日(日)東京、AKIBAカルチャーズ劇場で、アップアップガールズ(仮)が定期公演を開催した。今回、燃える“レッドバレンタイン”ということで、アプガの武器である情熱的なアツいライブが繰り広げられた。『SAMURAI GIRLS』『サバイバルガールズ』といった攻め曲をはじめ、3月17日(火)にリリースされるニューアルバム『サードアルバム(仮)』の中から [全文を読む]

風営法のクラブ規制緩和で仲間割れが起こっている?

週プレNEWS / 2014年06月26日06時00分

まず第一に、クラブ営業者同士の“仲間割れ”ともいえる構図が挙げられる。大阪・難波にあるクラブの店長A氏が打ち明ける。 「ひと口にクラブといっても、音楽好きが集まる“音箱”と呼ばれる店から、ナンパ目的の男女が集う“チャラ箱”もある。さらにその中に風営法の許可を取っている店、無許可営業をしている店が混在します。また許可店でも、早朝までの営業を常態化させている違 [全文を読む]

堀口ミイナら高学歴タレントたちのハイレベルなクイズ対決!

Smartザテレビジョン / 2017年05月21日05時00分

豊富な知識を持つモーリーに、東京大学出身の芸人・藤本淳史が「いちいち知識入れてくるのが鼻につくわ!」と、番組冒頭から仲間割れの危機に。 “名門大女子チーム”では、現役早稲田大学生で女流棋士としても活躍する竹俣が初登場。また、5カ国語が堪能なインテリモデル・堀口と女医・おおたわは自信満々の様子を見せる。 2ndステージは「漢字テストツアーズ」。 日本語が堪能 [全文を読む]

フェイクニュースが生まれる構造/『ニュース女子』沖縄問題に見る

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月24日18時00分

もちろん、彼らだって仲間割れもしますよ。でも、大事なことをちゃんと求めて行動する人が多い。一方で『基地を引き受けたらいいことがある』という政府の手法の方に確かな未来を感じる人も当然います。そうやって折り合いをつけて基地と共存してきた歴史があるわけですから。かといって、海を埋めてしまうことを歓迎しているわけではない。反対していない人たちを単純にお金が欲しい賛 [全文を読む]

SMAP解散式をリークした?中居正広と関係深い”芸能プロ幹部の正体”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月09日11時02分

そもそも“仲間割れ”の原因には、事務所移籍をめぐって意見の相違が生じた木村拓哉(44)とメンバー4人の不仲説が有力視されているが、木村拓哉以外のメンバーで忘年会を開催していたことが明らかになった。1月5日発売の『週刊新潮』(新潮社)、そして『女性セブン』(小学館)が集まるメンバーの姿を激写したことから、大きな話題を呼んでいる。 事務所の移籍問題に端を発し、 [全文を読む]

話題作だけが映画じゃない 年末年始お勧めの2016年公開邦画3本

しらべぇ / 2016年12月31日06時30分

(2)『ヒーローマニア ―生活―』(画像はDVD発売元公式サイトのスクリーンショット)落ちこぼれが集まって悪人をやっつける――というと爽快だが、中盤はお約束の“仲間割れ”もあり、最後まで飽きさせない展開。主要キャストそれぞれに見どころがあるが、まずは主演・東出昌大のヘタレ具合が高得点。後半の峰不二子ばりの小松菜奈もいいのだが、それよりも序盤のブスっぷりが超 [全文を読む]

12星座【精神力が強い】ランキング 射手座はつらさに鈍感、何が起きてもお気楽!

i無料占い / 2016年11月12日12時00分

第9位・水瓶座が一番恐れているのは仲間割れ。信頼している仲間に裏切られたら、かなりへこんで弱気になってしまいます。 第10位は、乙女座。いつも人に気を使ってばかりいるので、心に疲労を貯めています。何かがきっかけで一気に崩れてしまうタイプ。疲労がMAXになったら、家に引きこもってしまうかも。第11位・蟹座は、感情が鋭い分、すぐメンタルが不安定になります。へこ [全文を読む]

なぜ韓国の大統領は、いつも悲惨な末路を迎えるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年11月03日05時00分

朝鮮半島では必ずといっていいほど、仲間割れや派閥争いが起こり、それが亡国の原因となってきました。 統一新羅と高麗朝では、歴代国王のほぼ2人に1人が殺されるか非業の死を遂げています。李氏朝鮮が滅亡したのも、もともとは高宗の父親である興宣大院君と、高宗の嫁である閔妃との衝突が原因でした。そのためにそれぞれが外国勢を味方に引き入れるといったことを繰り返したため、 [全文を読む]

山本太郎代表を直撃! 自由党に党名変更で「なかまたち」はどーなる!?

週プレNEWS / 2016年10月28日06時00分

もしかして仲間割れ? 小沢一郎氏と山本太郎氏が代表を務める「生活の党と山本太郎となかまたち」が10月12日に党名を「自由党」に変更すると発表した。憲政史に残る珍名政党が消滅かと思いきや、山本氏は次期衆院選には自由党ではなく、引き続き「山本太郎となかまたち」で独自候補を立てるという。 これはどういうこと? 山本太郎氏を直撃した。 ―自由党から分裂したというイ [全文を読む]

フォーカス