喜代村のニュース

「すしざんまい」のつきじ喜代村がSansanの名刺管理を導入~パッケージ型ソフトでは不可能だった、ほぼ100%正確な名刺データ化を実現。経営層の名刺を共有管理し、秘書部門の業務を効率化~

DreamNews / 2015年03月02日11時00分

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sansan)は、すし店大手「すしざんまい」を運営する株式会社喜代村(以下喜代村)が、このたび経営層の名刺管理の効率化を目的にクラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを3月2日付で発表します。Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sans [全文を読む]

「セリで落札された最も高額なマグロ」としてギネス世界記録(R)(※1)に認定(※2)

PR TIMES / 2017年06月01日16時28分

「すしざんまい」を運営する株式会社喜代村が、2013年1月5日の築地初セリで1億5,540万円で落札したマグロが、このたび「セリで落札された最も高額なマグロ」としてギネス世界記録に認定されました。 [画像1: https://prtimes.jp/i/26339/1/resize/d26339-1-308388-5.jpg ] 本日AM10:30より、「す [全文を読む]

系列回転寿司より低価格で提供する「すしざんまい得得店」

しらべぇ / 2017年03月13日10時00分

そうした中、寿司職人が握るスタイルでありながら、比較的リーズナブルな価格で寿司を提供する株式会社喜代村が展開する「すしざんまい」ブランドは、マグロ初競りで落とすパフォーマンス、24時間営業の店舗が多くいつでも食べられる利便性などが人気だ。「喜よ寿司」「すしざんまい」「廻るすしざんまい」ほか、さまざまなタイプの店舗でサービスを提供する同社。寿司店の業態として [全文を読む]

すしざんまいも怒らせた 舛添流「築地魚河岸移転」のお粗末

NEWSポストセブン / 2015年05月10日07時00分

市場と同時オープンする予定の商業・観光施設「千客万来」の開発事業者である、すしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村が先月末、撤退を表明した。今年2月には共同事業者だった大和ハウス工業も施設の搬入路を巡って青果市場関係者と折り合いがつかず撤退しており、文字通り計画は「白紙」となった。 喜代村の木村清社長は会見で撤退理由を聞かれると、都への不信感を露わに [全文を読む]

今年の恵方巻はさらに進化!超ビッグ、恵方まん…「変わり種」が続々登場!

Woman Insight / 2017年01月30日19時00分

具材を肉まんの生地で包み、イカスミ生地で巻き上げていて超フォトジェニック! ◆直径18cm!超デカいジャンボ恵方巻き ジャンボ巴太巻き ¥3,000(税込)/ハーフ¥1,500(税込) (つきじ喜代村/エキュート東京) 職場やパーティーなど、みんなで楽しみたい、話題性抜群のジャンボ恵方巻! 椎茸、卵焼き、胡瓜、鰻、海老、干瓢、まぐろカツなどが、たっぷり豪快 [全文を読む]

今年の恵方は北北西!豪華系からおもしろ系まで2017恵方巻特集!!

ガジェット通信 / 2017年01月16日16時00分

商品サイズ(約):長さ9×幅4.5cm販売店舗:エキュート品川・日暮里 【予約・東京限定】ジャンボ巴太巻き【つきじ喜代村】 1本 税込3000円 ハーフサイズ 税込1500円 友だちや仕事仲間で集まってワイワイで楽しみたい!フォトジェニックで話題性抜群のジャンボ恵方巻。『つきじ喜代村』の通常恵方巻に対し、太さは約3倍、重さは約10倍です。商品サイズ(約): [全文を読む]

波乱万丈・すしざんまい社長の初競りマグロ落札は恩返し

NEWSポストセブン / 2016年10月15日07時00分

「志なり、燃えるものがあるから人に感動していただけるし、お客さんにも来ていただけるんじゃないかな」 インタビューで熱い言葉を話す「すしざんまい」を運営する「喜代村」の木村清社長(64才)はパワフルな人物で、精力的に動く。デスク業務をしながら食事をとったり、空いた時間は社内ミーティング。友人やお客さんから相談があると言われれば、当日でも会食の約束をする。 そ [全文を読む]

すしざんまい社長は超人!ソマリア海賊撲滅、パイロット諦め司法試験、電話帳暗記、事業90種

Business Journal / 2016年05月07日06時00分

今年1月、寿司チェーン・すしざんまいを運営する喜代村の木村清社長が「アフリカのソマリアで、海賊たちを漁師にして海賊被害をゼロにした」という話題がインターネット上を駆けめぐった。 木村社長は自らCMに出演しているため、何かと注目されやすい人物ではある。当初、ネット上では「さすが!」「かっこいい!」「海賊王だ!」と大絶賛する声が相次いだ。しかし、数日後にはノン [全文を読む]

新鮮な本マグロをリーズナブルな価格でいただくなら今! 「つきじ喜代村 すしざんまい 本店」

ぐるなび / 2014年06月19日20時10分

6月17日放送の「スーパーニュース」(フジテレビ系、毎週月~金曜午後4時30分)、「スーパー特報」のコーナーで、「集客数NO.1の店(3)」と題し、「つきじ喜代村 すしざんまい 本店」(東京都中央区)が取り上げられた。 全53店舗を展開する「すしざんまい」。中でも、築地にある同店には年間約70万人ものお客さんが訪れる。同店は3フロア全142席に及ぶ客席数を [全文を読む]

1.5億マグロ落札すしざんまい社長「宣伝は全く考えてない」

NEWSポストセブン / 2013年01月22日16時00分

寿司チェーン店「すしざんまい」を運営する株式会社喜代村が落札した。 初競りのマグロを獲得したこともある(2001年・2020万円)、東京・奥沢の寿司店『入船』店主の本田克己さんは今回の初競りについてこう語る。 「私はいつも、その日いちばんいいマグロを仕入れることを心がけていますが、あの日は手が出せなかった。本当にびっくりしましたよ。御祝儀相場のレベルをはる [全文を読む]

1.5億マグロ競った寿司店 “中国にマグロが”と言われ苦悩

NEWSポストセブン / 2013年01月21日07時00分

「すしざんまい」を運営する喜代村の木村清社長(60才)は、まだ暗い寒空の下、中央卸売市場へと向かった。競りが始まる前に、狙いを定める“大物”を自らの目でも確かめるためだ。5時から始まる初競りを託されたのは、喜代村商品本部の綱島克之さん(41才)。木村社長は「頑張れ」とだけ声をかけ、初競りの様子を見守った。 ライバルと目されたのは、2008年以降、すしざんま [全文を読む]

5649万円マグロ落札社長 「海外に落札されるのは違うでしょ」

NEWSポストセブン / 2012年01月23日07時00分

「マグロ大王」を自称して自ら解体をこなすなど広告塔として取材に対応し、やっと落ち着きを取り戻した株式会社喜代村の木村清社長が、白熱の舞台裏を明かした。 「今年は震災もあったし、是が非でも日本の皆さんに食べていただきたいという決意でした。そしたら高くなっちゃって(笑い)」 築地の初競りの“最高値争い”は、長らく喜代村の独壇場だった。転機が訪れたのは2008 [全文を読む]

母にマグロを食べさせたい。「すしざんまい」木村清社長のこだわり/LEADERS online

INSIGHT NOW! / 2017年09月11日08時00分

いま歌いたいのは松山千春の“大空と大地の中で”だね」 心に残る一言1979年に喜代村を創業してから今でも経営者として前線に立ち奮闘する木村社長。そのエネルギーはいったいどこから湧いてくるのか。それは木村社長が大切にしているひとつの言葉が礎となっている。 「15歳で自衛隊に入ったときにおふくろから“人に後ろ指を指されることをやるな”と言われた。他人がみていな [全文を読む]

【毎年完売!】素材から厳選した、大人気の「すしざんまい 特選おせち三段重」が予約発売開始!!【早期予約特典は「すしざんまい」お食事券2,000円】

PR TIMES / 2017年09月09日10時53分

ホームページまたは各担保で予約受付中関東を中心に全国で52店舗(2017年9月現在)を展開する寿司チェーン「すしざんまい」(本社:株式会社喜代村)の特選おせちが9月1日(金)から予約を開始しました。[画像1: https://prtimes.jp/i/26339/2/resize/d26339-2-680544-0.jpg ][動画: https://ww [全文を読む]

日本の食文化が招いたクロマグロの絶滅危機―中国紙

Record China / 2017年03月08日01時30分

世界中で配信されたニュースに掲載された画像を見ると、落札したすしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村社長が、会心の笑みを浮かべながら、同日最高値で競り落とされた212キロのマグロに包丁を入れている。北京晩報が報じた。成熟が遅いほか、乱獲されており、さらにはこれほど大きなクロマグロ以外に、幼魚さえ捕獲する漁師がいるため、クロマグロの個体数は激減し、絶滅危 [全文を読む]

築地初セリから“7420万円”のマグロ解体までを追ったVR動画を配信開始!

PR TIMES / 2017年02月07日15時56分

過去二番目の高値(記録が残る1999年以降)となった7420万円の青森県大間産クロマグロをセリ落としたのはすしざんまいを展開する株式会社喜代村の木村清社長でした。セリ直後のインタビューをとるべく木村社長を囲むメディア、そして212キロの大きなマグロが“すしざんまい”の店頭で解体されていくまでを360度カメラで収録することにより、通常のニュース映像で感じられ [全文を読む]

クロマグロの惨状を見ていない? 初競りの熱気に海外から冷たい視線 日本の姿勢に批判集中

NewSphere / 2017年01月06日19時03分

◆おめでたいのは日本だけ? クロマグロは激減中 今年の初競りで最高値のクロマグロを競り落としたのは、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村で、6年連続となった。7420万円という額は、1億5540万円の史上最高値となった2013年以来の高値で、落札した巨大なマグロを前にポーズを取る木村社長の写真が大きく報じられるのも恒例となった感がある。 海外メディ [全文を読む]

小池都知事を悩ます築地市場の豊洲移転、何が問題なのか?

政治山 / 2016年08月18日12時00分

温泉施設の事業者を巡っては、大和ハウス工業(大阪府大阪市北区梅田)や「すしざんまい」の喜代村(東京都中央区築地)が相次ぎ撤退するなど一時は計画に黄色信号が灯りましたが、再募集の結果、今年3月に万葉倶楽部(神奈川県小田原市)が選定されました。 温泉施設は泉質の違いで差別化 4km南と至近にあるお台場の大江戸温泉物語について、万葉倶楽部は泉質の違いで差別化を図 [全文を読む]

すしざんまい社長に「海賊を転職させた功績評価されるべき」

NEWSポストセブン / 2016年02月01日16時00分

「海賊と呼ばれた男」ならぬ、「海賊を改心させた男」──初競りマグロの落札で有名になった「すしざんまい(喜代村)」の社長・木村清氏についた新たな異名だ。 木村氏はキハダマグロの漁場で知られるソマリア沖で跋扈する海賊と交渉。彼らにマグロ漁船4隻を提供することで漁師に“転職”させた功績が話題になっている。海賊と接触を始めた2011年頃には年間約200件の被害が発 [全文を読む]

[西村健]【東京一極集中は加速化する】〜特集「2016年を占う!」東京都政~

Japan In-depth / 2016年01月14日07時00分

この移転、大和ハウス工業、運営会社喜代村(すしざんまい)の辞退、業者再公募など色々とすったもんだが続いていた。事業者は3月に決定し態勢を立て直するようだが、食に関する魅力の発信で420万人の来場を見込んでいる。どうなるか。2. 観光・インバウンド知事は年頭の会見で「海外の個人旅行者が東京を起点に気軽に日本各地を訪ねることのできる観光ルートの開発をやりたい」 [全文を読む]

フォーカス