古町のニュース

トマトジュース嫌いも感動のフルーツトマトのような味わい 冷やして楽しむ夏限定甘酒『夏糀・トマト』新発売

@Press / 2017年05月23日10時00分

米・日本酒・味噌・発酵食品に関わる商品開発とPRを行う株式会社和僑商店〔代表取締役:葉葺 正幸、所在地:新潟県新潟市〕が運営する糀の甘酒専門店「古町糀製造所〔ふるまちこうじせいぞうしょ〕」は、夏限定の糀の甘酒『夏糀・トマト』を2017年5月26日(金)に数量限定で新発売いたします。 「古町糀製造所」店舗ホームページ http://www.furumachi [全文を読む]

新潟の甘酒専門店「古町糀製造所」春限定商品を新発売 ミックスベリーの甘酒『糀・木苺』

@Press / 2017年03月24日11時00分

米・日本酒・味噌・発酵食品に関わる商品開発とPRを行う株式会社和僑商店(代表取締役:葉葺 正幸、所在地:新潟県新潟市)は、運営する糀の甘酒専門店「古町糀製造所(ふるまちこうじせいぞうしょ)」が春限定の糀の甘酒『糀・木苺』を2017年3月10日(金)に数量限定で販売開始しました。 「古町糀製造所」店舗ホームページ http://www.furumachi-k [全文を読む]

甘酒の品揃え日本一「古町糀製造所」新潟発の甘酒専門店が春限定の甘酒をリニューアル桜餅のような味わいの『サクラサク』

@Press / 2017年02月03日09時30分

米・日本酒・味噌・発酵食品に関わる商品開発とPRを行う株式会社和僑商店(代表取締役:葉葺 正幸、所在地:新潟県新潟市)は、運営する糀の甘酒専門店「古町糀製造所(ふるまちこうじせいぞうしょ)」が、春限定の糀の甘酒『サクラサク』の容量を300mlから500mlに増量して2017年2月4日(土)にリニューアル発売することをお知らせいたします。「古町糀製造所」店舗 [全文を読む]

新潟の甘酒専門店「古町糀製造所」が母の日ギフトにローズの香りでフルーティな甘酒を4/23発売~期間限定で送料無料・特別ラッピング・カード付~

@Press / 2017年04月13日17時00分

米・日本酒・味噌・発酵食品に関わる商品開発とPRを行う株式会社和僑商店(代表取締役:葉葺 正幸、所在地:新潟県新潟市)は、運営する糀の甘酒専門店「古町糀製造所(ふるまちこうじせいぞうしょ)」からローズの香りでフルーティな糀の甘酒『糀・バラ入り』を2017年4月23日(日)に新発売いたします。また4月13日(木)からの同商品の予約開始と同時に、期間限定で送料 [全文を読む]

新潟の甘酒専門店が栄養を考えた朝食を提案 『甘糀と野菜のバターペースト』シリーズを発売

@Press / 2016年07月20日09時30分

米・日本酒・味噌・発酵食品に関わる商品開発とPRを行う株式会社和僑商店(代表取締役:葉葺 正幸、所在地:新潟県新潟市)は、運営する糀ドリンク専門店「古町糀製造所」が、“糀”そのものに着目した新商品『甘糀と野菜のバターペースト』シリーズを、2016年7月21日(木)に発売することをお知らせいたします。「さつまいも」「にんじん」「かぼちゃ」の全3品目をご用意。 [全文を読む]

新潟古町の情報配信アプリ「スマホで古町」に地域の観光情報・防災避難情報配信機能を拡張、アプリ名称を「新潟ふるまち 地域ナビゲーションアプリ」に変えてリニューアルリリース

PR TIMES / 2014年10月28日12時06分

iBeaconを活用したO2Oソリューション「FIND」が地域社会に貢献株式会社NSDビジネスイノベーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:戸村 敦雄)が販売を行うO2Oソリューション「FIND」(※1)において、新潟古町の情報配信アプリ「スマホで古町」(※2)をリニューアルリリースしました。今回のリニューアルにより、 “新潟市の観光情報”や“防災 [全文を読む]

【発祥の店】新潟タレかつ丼発祥の店、新潟県・新潟市「とんかつ太郎」

GOTRIP! / 2016年07月30日06時00分

・歴史ある古町に鎮座するお店、それが「とんかつ太郎」 江戸時代から北前船で栄えた新潟。 そんな繁栄した港町には飲食店や歓楽街が軒を連ねており、新潟のその場所こそ、今もなお風情が残る「古町(ふるまち)」と呼ばれるエリア。 実は「古町」はかつて京都・大坂・江戸の三都につぐほど有名であった遊郭が存在しており、その繁栄は明治時代を経ても、新潟が開港5港の1つとな [全文を読む]

「新潟市がマンガ・アニメ一色に染まる2日間!」がたふぇす(にいがたアニメ・マンガフェスティバルvol.7)開催=10月29日(土)・30日(日)=

PR TIMES / 2016年10月19日13時47分

[画像1: http://prtimes.jp/i/21357/8/resize/d21357-8-447623-0.jpg ] ■開催概要 会 期:平成28年10月29日(土)、30日(日) 時 間:10:00~20:00(会場により異なる) 入場料:無料(一部有料あり) 会 場:【万代エリア】(新潟市中央区万代・八千代) 万代シテイBP2(マンガ・ア [全文を読む]

郷土料理からラーメンや洋食まで、数々の著名人が訪れる新潟の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」

GOTRIP! / 2016年09月17日11時00分

そんな繁栄した港町には飲食店や歓楽街が軒を連ねており、今もなおその風情が残るのが新潟市の「古町(ふるまち)」と呼ばれるエリア。 実は「古町」はかつて京都・大坂・江戸の三都につぐほど有名であった遊郭が存在しており、その繁栄は明治時代に新潟が開港5港の1つとなったため、維持されたのだ。 そして「古町」は昭和初期には新橋・祇園と並び三大花街と呼ばれるまでに繁栄 [全文を読む]

6種類の温泉が湧く源泉天国!那須塩原温泉郷で「美肌の湯」を満喫【魅惑の温泉案内 Vol.99】

サライ.jp / 2016年12月21日19時00分

[caption id="attachment_121778" align="alignnone" width="700"] 源泉かけ流しの湯 (古町温泉「源美の宿 会津屋」)[/caption] 栃木県北部、那須塩原市の箒(ほうき)川沿いに点在する那須塩原温泉郷。箒川には「もみじ谷大吊橋」や「回顧の吊橋」など渓谷美を楽しめるポイントや、数々の滝があり、新 [全文を読む]

シャッター商店街を復活させた若者たち!根底にある概念「シビックプライド」とは?

しらべぇ / 2015年04月06日20時00分

■新潟市の上古町商店街の例 新潟市の上古町商店街は、駅周辺の新しい市街地と分断されてしまったことや大型ショッピングモールの出店により、衰退の一途を辿っていました。 しかし、若いデザイナーたちが自らのデザインしたグッズを販売する店舗「hickory03travelers」(ヒッコリースリートラベラーズ)をオープンしたのを皮切りに、現在では若手のお店を筆頭に [全文を読む]

素肌のシミやソバカスさようなら!「糀肌ひやけどめ」3月発売!

美容最新ニュース / 2015年03月03日15時00分

古町糀製造所の「糀」(こうじ)を使用した、第4弾「日焼け止め」商品!ロート製薬株式会社と古町糀製造所とのコラボ商品『糀肌ひやけどめ』が3月から登場する。シットリしたうるおいと高い保温で美しい素肌を守る【クリームタイプ】の日焼け止めアイテムだ。同社は日本の再活性化と地域の貢献を目標とする企業として、“もの作り”と古町糀製造所を通して、伝統的な日本食材のすばら [全文を読む]

大阪の「街的編集者」江弘毅氏が、新潟の魅力を泉州弁で語る!第2回関西人のための「新潟のええとこ・うまいもんゼミナール」を大阪梅田で開催しました!

PR TIMES / 2016年12月09日11時24分

新潟市の中心部、古町と本町は、江戸時代の面影がある古い街区と昭和の建物が残る街。[画像2: http://prtimes.jp/i/21689/3/resize/d21689-3-499583-2.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/21689/3/resize/d21689-3-497648-6.jpg ][画像4: http: [全文を読む]

~ 新潟の伝統ある老舗を蘇らせる ~明治26年創業の老舗食品製造企業を事業承継し、リブランディング 新体制となって初の新商品となる「漬け魚ギフト」

Digital PR Platform / 2017年06月08日09時00分

平成28年12月におむすび屋「銀座十石」や糀の甘酒専門店「古町糀製造所」を運営する、NSGグループの株式会社和僑商店(食品製造業、所在地:新潟市中央区、代表取締役社長:葉葺正幸)が事業を承継しました。この度は新体制となってから初めての新商品を発売いたします。124年続く老舗の想いと技を活かしながらも現代の趣向に沿ってリブランディングし、商品開発を行いました [全文を読む]

“飲む点滴”甘酒にリコピンが加わった! トマトジュース嫌いでも大丈夫な「夏糀・トマト」

OVO [オーヴォ] / 2017年05月24日17時33分

トマトジュースが飲めなくても、これならイケちゃうかも! 米・日本酒・味噌・発酵食品に関わる商品開発とPRを行う和僑商店(新潟市)が運営する糀の甘酒専門店「古町糀製造所(ふるまちこうじせいぞうしょ)」が5月26日に新発売する、夏限定の糀の甘酒「夏糀・トマト」は、糀の甘酒にイタリア産トマトを合わせたその味わいが、まるでフルーツトマトのジュースのようだ。 美容と [全文を読む]

バラが香るフルーティな甘酒が発売!「母の日」ギフトに

美容最新ニュース / 2017年04月21日14時00分

株式会社和僑商店の運営する糀の甘酒専門店「古町糀製造所」は、ローズの香るフルーティな糀の甘酒『糀・バラ入り』を4月23日に新発売する。バラと甘酒飲む点滴としておなじみの甘酒は、美容と健康に役立つ様々な栄養が含まれている。ここにバラの抽出液を加え、ほのかなバラの香りがするフルーティな糀の甘酒が出来上がった。バラと言えば、その香りにリラックス効果があるだけで無 [全文を読む]

健康と美容の源『さらっと飲みやすい糀の甘酒』を通販限定で新発売 新潟の甘酒専門店「古町糀製造所」

@Press / 2017年04月06日09時30分

米・日本酒・味噌・発酵食品に関わる商品開発とPRを行う株式会社和僑商店(代表取締役:葉葺 正幸、所在地:新潟県新潟市)は、運営する糀の甘酒専門店「古町糀製造所(ふるまちこうじせいぞうしょ)」が初めて甘酒を飲む方でも飲みやすいクセのない『さらっと飲みやすい糀の甘酒』を通信販売限定で2017年4月5日(水)に販売開始いたしました。「古町糀製造所」店舗ホームペー [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】横澤夏子、新潟古町の芸妓さんと会うも「全部知りたい病」が出る

TechinsightJapan / 2017年02月07日14時00分

京都の祇園、東京の新橋とともに日本三大芸妓の街に数えられる新潟古町。よしもとのお笑い芸人・横澤夏子がその新潟古町の芸妓(げいぎ)さんと並ぶ姿をInstagramに公開した。本来はその風情を楽しむところだが、彼女は仕事柄か性格なのか「全部知りたい病」に見舞われてしまう。 2月6日、『横澤夏子 yokosawa_natsuko Instagram』にて「#あお [全文を読む]

居酒屋のランチとコムデギャルソン。売れる仕組みの意外な共通点

まぐまぐニュース! / 2016年12月05日14時00分

またお店は田舎新潟の古町という区画にありました。新潟市の人口はおよそ80万人。その中で対象となる人は男性、年齢は20〜40代、古町まで行くことの出来る人・・・などと考えるとその市場規模はかなり限定されます。場所に依存するリアル店舗だけに客数には限界が存在するのです。 なぜ居酒屋は儲けのない「ランチ」をやるのか? こうして「客数」「客層」に限界のある販売員は [全文を読む]

【誰にも教えたくない日本の隠れ家】新潟の歓楽街・古町にひっそりと佇む魅惑の居酒屋「旬魚旬菜 五郎」

GOTRIP! / 2016年09月16日12時00分

そんな繁栄した港町には飲食店や歓楽街が軒を連ねており、今もなおその風情が残るのが新潟市の「古町(ふるまち)」と呼ばれるエリア。 実は「古町」はかつて京都・大坂・江戸の三都につぐほど有名であった遊郭が存在しており、その繁栄は明治時代に新潟が開港5港の1つとなったため、維持されたのだ。 そして「古町」は昭和初期には新橋・祇園と並び三大花街と呼ばれるまでに繁栄 [全文を読む]

フォーカス