潮出版社のニュース

これは孔明の罠…ではない!eBookJapanが横山光輝の『三国志』全60巻72時間「無料」読み放題を実施!

PR TIMES / 2017年04月20日13時09分

世界最大級のマンガ品揃えを誇る、電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、4月21日(金)~23日(日)の3日間、横山光輝による『三国志』(潮出版社[全文を読む]

横山光輝の『鉄人28号』生誕60周年記念読本「ロビー&ケリー」をeBookJapan独占発売!!1,000ページを超える業界騒然のボリューム!非売品グッズのプレゼント抽選や期間限定セールも実施

PR TIMES / 2016年10月14日16時41分

マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、横山光輝の『鉄人28号』(潮出版社)が生誕60周年を迎えることを記念し、「『鉄人28 [全文を読む]

「山岸凉子スペシャルセレクション」全16巻 待望の傑作シリーズ、ついに完結! 山岸凉子インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月06日06時30分

「最初はこんなに長く続くシリーズになるとは思わず、気楽な感じで始めたのですが、絶版扱いにならないように、途切れないように、文庫の版権が切れるとセレクションとして潮出版社さんに入れていただくうち、ハッと気づくとすべての短編は『スペシャルセレクション』に収まっていたのではないかと」「山岸凉子スペシャルセレクション」全16巻山岸凉子 潮出版社 各1200円(税別 [全文を読む]

70冊以上の「トランプ本」から選んだ読むべき3冊

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月13日15時18分

しかし、そのような中で、1位の『「トランプ時代」の新世界秩序』(潮出版社)、3位の『ルポ トランプ王国』(岩波書店)はそれぞれ1月20日発売、2月4日発売と、今年になってからの発売である。いずれの本もそれぞれのベクトルでの論考が深められており、目を引いた。瞬間・瞬間の話題はニュースで知っているけれど、トランプ大統領の誕生とは、要するに何なのか。トランプが大 [全文を読む]

トランプ大統領誕生後の世界を知るうえで必携!“もう一人のマララ”が伝える、イスラム世界とのつきあい方

PR TIMES / 2017年03月21日15時58分

著書に、『オリエント世界はなぜ崩壊したか 異形化する「イスラム」と忘れられた「共存」の叡智』(新潮選書)、『イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか』(新潮新書)、『石油・武器・麻薬 中東紛争の正体』(講談社現代新書)、『イスラムは本当に危ない世界なのか』(潮出版社)など多数。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

90年イタリアW杯得点王サルヴァトーレ・スキラッチ。彼はいかにしてW杯で得点王となったのか―その波乱の半生を綴った初の自伝『ゴールこそ、すべて』が3月13日(月)発売!

DreamNews / 2017年03月13日12時00分

著書に『カカから日本のサッカー少年へ73のメッセージ』(成美堂出版)、訳書に『王者ロナウド』(潮出版社)など。 [商品概要]洋泉社書籍『ゴールこそ、すべて』定価:本体1600円+税発売日:2017年3月13日判型:四六判/328ページISBN:978-4-8003-1200-6発行所:株式会社洋泉社予約受付URL(Amazon):http://amzn.a [全文を読む]

コマCMで話題!横山光輝先生『三国志』ファン必見 お宝本『三国志おもしろゼミナール』をeBookJapanが電子書籍化

PR TIMES / 2017年01月18日17時25分

世界最大級のマンガ品揃えを誇る、電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、本年連載開始から45年を迎えた『三国志』の関連本として制作された『三国志おも [全文を読む]

横山光輝『三国志』と日経新聞がコラボ 周瑜「ブ…ブレグジット…」

しらべぇ / 2016年12月26日19時00分

1972~87年にかけ潮出版社 少年ワールド・コミックトムなどで連載された『三国志』は、吉川英治の小説を礎に独自の解釈を織り交ぜて描かれた作品。蜀の皇帝・劉備を主役に、黄巾の乱から蜀の滅亡までを描ききった。三国志漫画の先駆けであり、現在も形を変えて再販を繰り返す金字塔だ。■コラージュ素材として秀逸横山独特の絵柄、表現がコラージュ素材として適していることから [全文を読む]

「NHK大河ドラマ おんな城主 直虎フェア」開催~抽選で図書カードが当たるプレゼントキャンペーンも実施~

DreamNews / 2016年12月22日18時00分

○対象商品【単行本】「井伊直虎その生涯」明日香出版社「井伊直虎のことがマンガで3時間でわかる本」明日香出版社「おんな城主 直虎 一」NHK出版「城主になった女 井伊直虎」NHK出版「おんなの城」文藝春秋「大河手帳2017」潮出版社【文庫・新書選書】「井伊直虎 女にこそあれ次郎法師」KADOKAWA「井伊直虎と戦国の女城主たち」河出書房新社「戦国の尼城主 井 [全文を読む]

片時もスマホを離せない人に読んでほしい芥川賞作家の一冊

NEWSポストセブン / 2016年10月09日16時00分

【書評】『スマホ断食』/藤原智美・著/潮出版社/1296円+税【評者】伊原和弘(フリーライター)「スマホ、ご覧にならないの? 新聞でも読みます?」 先日、初めての店に入って1人で飲んでいたら、女将さんからそう声をかけられた。1人客はほかにも2人いたが、言われてみればどちらもスマホをいじっている。1人でぼんやりと酒を飲んでいた私は、よほど奇異に映ったらしい。 [全文を読む]

出版不況の日本「活況の中国に活路」と期待、中国代表団も「日中翻訳出版は平和友好に貢献」と呼応―日中出版界が東京で交流会

Record China / 2016年09月23日18時20分

パネルディスカッションでは「両国の信頼関係増進における出版界の課題」と題し、パネリストには、王●<日ヘンに斤>朋氏、南晋三・潮出版社社長、作家の石川好氏(『湖南省と日本の交流素描』著者)、翻訳家で麗澤大学特任教授の三潴正道氏ら日中の出版関係者、作家、翻訳家らをパネリストに迎えて、幅広い討議を行った。 中国の新聞、雑誌、書籍の発行部数は世界一。書籍分野では [全文を読む]

世界一の出版大国・中国から代表団が来日、日本の作家・出版社と討議へ=中国語翻訳本は救いの神!―東京で「出版交流と両国関係改善を考える会」

Record China / 2016年09月12日08時20分

パネリストには、作家の王●<日ヘンに斤>朋氏(中国言實出版社社長)、南晋三・潮出版社社長、作家の石川好氏(『湖南省と日本の交流素描』著者)、翻訳家で麗澤大学特任教授の三潴正道氏らを予定している。 中国の新聞、雑誌、書籍の発行部数は世界一。書籍分野では村上春樹、渡辺淳一ら多くの作品が翻訳されて中国でベストセラーに。中国語翻訳本は、販売不振に陥っている日本の出 [全文を読む]

リオの熱狂は続く! パラリンピック前に知る“障がい者スポーツ”の世界

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月07日06時30分

その疑問を解き明かすのが、書籍『目の見えないアスリートの身体論』(伊藤亜紗/潮出版社)だ。障がい者スポーツとは「『障がいがあってもできるスポーツ』ではなく、「障がいがあるからこそ出てくるからだの動きや戦略を追求する活動」と著者はいうが、本書にある、アスリートの証言を紹介していこう。歩数ではなく“秒数”から何メートル動いたかを計算 競技種目のひとつであるブ [全文を読む]

マンガ大賞発起人が「読んでない人が羨しい」と語る歴史漫画

NEWSポストセブン / 2016年08月23日16時00分

アイヌの人たちの協力で、彼らの暮らしぶりや文化も正確に描かれている点にも注目です」 1979年からいまだ連載が続く『風雲児たち』(みなもと太郎、潮出版社刊、文庫版はリイド社刊)は、経済漫画『インベスターZ』の編集を手がけたコルク社長の佐渡島傭平氏の推薦。もともとは幕末をテーマに描かれるはずだったが、「幕末の状況はそもそも江戸時代の成立に根がある」という作者 [全文を読む]

ネット依存にならないために! 「三日間だけのスマホ断食」で本当の自分を取り戻そう

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月03日06時30分

『スマホ断食 ネット社会に異議があります』(藤原智美/潮出版社)では、芥川賞作家でエッセイストでもある著者・藤原智美さんが、そうしたネット依存から生まれる様々な危険性を挙げ、情報社会から逃れるための「情報断食」を提唱しています。 情報断食といっても、「ネットを完全に断とう」という極端な意見ではなく、「三日間だけのスマホ断食」を推奨しています。 作家である藤 [全文を読む]

成功する人は、恩返しと○○が必要! ノーベル生理学・医学賞の大村智氏がエッセイで「人生の本質」を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月12日11時00分

■郷里に自然にいつも感謝『自然が答えを持っている』(潮出版社)では、タイトル通り、自然から学ぶ大切さ、そして大好きな美術、後世の科学者への思いが自由闊達に語られている。 自然へ敬意を払う気持ちは、なんとなく想像がつくだろう。エバーメクチンという、ノーベル賞に繋がる抗生物質生産菌を発見したのは、川奈のゴルフ場の土壌からである。また、幼い頃は自然に啓発されて科 [全文を読む]

『あさが来た』原案著者が語った誕生秘話「きっかけは14行の略歴」

WEB女性自身 / 2016年03月20日06時00分

「27年も前に出版した本が、朝ドラとしてよみがえるなんて!長生きしてみるものですね」」 NHK連続テレビ小説『あさが来た』の原案本『小説土佐堀川』(潮出版社)の著者・古川智映子さんは、ドラマがスタートする直前に行った本誌取材で、開口一番、こう答えていた。 古川さんと広岡浅子との 出会い は、まったくの偶然。婦人サークルで講演をするネタ探しのため、分厚い『大 [全文を読む]

トーハン調べ2016年2月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年03月08日16時00分

」あきの公造 著/潮出版社 ★7位 「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子 著/幻冬舎8位 「つまをめとらば」青山文平 著/文藝春秋 ★9位 「また、同じ夢を見ていた」住野よる 著/双葉社 ★10位 「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」児島明日美、福田真弓、酒井明日子 著/自由国民社11位 「嫌われる勇気 自己啓発の源流『アドラー』の教え」岸見一郎、古賀 [全文を読む]

【明日もがんばろっかな】心の元気をつくる方法3つ

ANGIE / 2016年02月27日19時00分

あなたも意識して脳を鍛えて、今よりもっとポジティブに人生を楽しみませんか? ※参考 バスフォード ジョハンナ 「ひみつの花園」グラフィック社 中野信子著 『脳科学からみた「祈り」』潮出版社 [全文を読む]

トーハン調べ 2016年 1月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年02月02日15時00分

------------------------------------------------------------ トーハン調べ 2016年 1月期月間ベストセラー【総合】 ------------------------------------------------------------ 1位 「火花」又吉直樹 著/文藝春秋2位 「業物語」西尾 [全文を読む]

フォーカス