横浜フリューゲルスのニュース

いつまでもやめない“カズ問題”で横浜FC危機?年間わずか4分出場でも契約延長の謎

Business Journal / 2014年12月04日06時00分

がんばってください」 山口監督といえば、横浜フリューゲルス(後に横浜マリノスと合併、現横浜F・マリノス)の中心選手として活躍。現役時代の晩年には、横浜フリューゲルスの生まれ変わりともいえる横浜FCに所属し、J1の舞台へと押し上げる原動力となった。2012年途中、奥大介強化本部長(当時)に誘われ、監督に就任。1999年誕生の横浜FCにとって初となる、チームO [全文を読む]

【六川亨の日本サッカー見聞録】殿堂掲額式典で小倉最高顧問が明かしたジョホールバル秘話

超ワールドサッカー / 2017年09月14日16時20分

第14回となる今年は、特別選考としてJSL(日本サッカーリーグ)で日産自動車に数々のタイトルをもたらして黄金時代を築き、Jリーグでは横浜フリューゲルスで天皇杯を制し、その後は日本代表の監督を務めた加茂周氏が選出された。加茂さんについては、また別の機会でエピソードを紹介したいと思う。▽そしてもう一人はカメラマンの今井恭司氏である。サッカーカメラマンの草分け的 [全文を読む]

主役永井が合計3得点でVERDY LEGENDSを勝利に導く! キングカズ&ラモスと豪華過ぎる共演!《永井秀樹 引退試合》

超ワールドサッカー / 2017年08月14日21時25分

(C)CWS Brains,LTD.▽一方、日本代表の伝説的ストライカーの釜本邦茂監督率いるJ LEGENDSは、かつて永井秀樹が在籍していた横浜フリューゲルスや横浜F・マリノス、清水エスパルスのOBであるMF山口素弘、DF波戸康広、MF澤登正朗、MF大榎克己、DF小村徳男、DF斉藤俊秀。同年代のライバルであるFW福田正博、FW永島昭浩、MF礒貝洋光ら、M [全文を読む]

前園真聖、芸能人の不祥事は「すぐ対応するのが一番」とアドバイス

ザテレビジョン / 2017年07月27日11時00分

1992年、横浜フリューゲルスに入団、1996年のアトランタ五輪で日本代表のキャプテンを務めるなど、日本サッカー界のスーパースターだった前園。しかし、引退後、飲酒をし、タクシー運転手に対して不祥事を起こしたものの、現在は復帰を果たしている。 そこで、51歳男性から「不祥事を起こしてもしっかり復帰し、禁酒もして立派だと思います。そんな前園さんだからこそ、最 [全文を読む]

ポドルスキ加入で思い出す個性派外国人選手――忘れられない「アルゼンチンの名手」の股抜きシュート

週プレNEWS / 2017年07月17日11時00分

横浜フリューゲルスにはブラジルからエドゥーやセザール・サンパイオ、名古屋グランパスに来たW杯得点王のイングランド代表のゲリー・リネカーは故障でパッとしなかったが、その後に来たユーゴスラビア(当時)のドラガン・ストイコビッチは言うまでもないほどすごかった。 だが、すごさで言えば、私が所属していた当時のジェフ市原もひけは取っていなかった。右MFに元ドイツ代表 [全文を読む]

遠藤保仁が史上3人目のJ1通算550試合出場

ゲキサカ / 2017年06月17日21時25分

鹿児島実高から横浜フリューゲルスに入団したルーキーイヤーの開幕戦だったが、先発フル出場を果たしている。 ★日程や順位表、得点ランキングをチェック!! ●2017シーズンJリーグ特集ページ ●[J1]第15節1日目 スコア速報 [全文を読む]

遠藤保仁、J1通算550試合出場達成! 楢崎、中澤に続き史上3人目の快挙

サッカーキング / 2017年06月17日21時23分

鹿児島実業高校出身の遠藤は、1998年に横浜フリューゲルスに入団。翌99年、2000年は京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でプレーした。現在も所属するG大阪には2001年に加入し、今年で17年目となる。G大阪では2度のリーグ優勝や08年のACL制覇など、数々のタイトル獲得に貢献。3冠を達成した14年には年間最優秀選手賞に輝いた。なお、J1通算55 [全文を読む]

カズW杯メンバー落選から19年…1998年フランスW杯出場22人の現在

サッカーキング / 2017年06月02日07時00分

■MF 6 山口素弘(横浜フリューゲルス)2007シーズンに横浜FCで現役引退。2012シーズン途中から横浜FCで監督に初挑戦。同年のJ1昇格プレーオフにチームを導く。2014シーズン後に退任し、指導者および解説者として幅広く活躍している。48歳。■MF 7 伊東輝悦(清水エスパルス)2010シーズン後に清水を退団。ヴァンフォーレ甲府で3年間プレーした後は [全文を読む]

大宮、新監督に加えて奥野誠一郎コーチの就任を発表…育成部のHCから

サッカーキング / 2017年05月28日17時40分

奥野コーチは現役時代は、横浜フリューゲルスや大宮アルディージャで、DFとしてプレー。2007年に現役を引退すると、翌年からは大宮アルディージャU-12コーチを務めると、2010年から大宮ユースコーチ、大宮ジュニアユースコーチ、大宮ジュニアユース監督を経て、今年から育成部のヘッドコーチに就任していた。 [全文を読む]

【ライターコラムfrom名古屋】10年ぶりの三ッ沢。時代の流れを感じる楢崎正剛の“リマインド”

サッカーキング / 2017年05月26日12時01分

言わずと知れた前所属・横浜フリューゲルスの最後の一人であり、三ッ沢を本拠地としてきた男だ。今回は実に10年ぶりとなる三ッ沢での試合となるわけだが、本人は「もうそんなこと、どうでもいいでしょう」と最初は素っ気なかった。しかし、アウェイ大分トリニータ戦でのとある出来事を思い出した楢崎は、今も変わらぬフリューゲルスへの思いを吐露し始めたのである。「竹内(彬)に聞 [全文を読む]

【編集部コラム】G大阪の絶対的司令塔・遠藤保仁に迫り来る世代交代

超ワールドサッカー / 2017年05月01日20時00分

Getty Images▽リーグ戦において、遠藤がキックオフから試合終了まで監督からお呼びがかからなかったのは、ケガを含めたコンディション不良を除けば、1998年の横浜フリューゲルス時代以来。また、2試合連続で先発メンバーから外されたのは、1999年以来のことだ。その遠藤は、1998年に鹿児島実業高校から入団した横浜フリューゲルスでプロキャリアをスタート [全文を読む]

世代交代印象付ける…遠藤保仁、19年ぶりベンチで試合を終える

ゲキサカ / 2017年04月30日22時22分

遠藤がリーグ戦のベンチ入りした試合で出場しないまま試合を終えたのは、横浜フリューゲルス時代の1998年4月25日の市原(現千葉)戦以来、19年ぶりとなった。 今季も開幕から先発出場を続けていた遠藤だが、前節4月21日の大宮戦で今季初のベンチスタート。同25日のACLアデレード・U戦では先発復帰したが、痛恨のPK失敗と結果を残すことが出来なかった。そして迎え [全文を読む]

清水FW金子翔太がJ1通算2万ゴール目を記録! J1通算2点目

超ワールドサッカー / 2017年04月21日19時27分

◆J1メモリアルゴール達成者 1ゴール:マイヤー(ヴェルディ川崎) vs横浜マリノス/1993年5月15日 500ゴール:水沼貴史(横浜マリノス) vs名古屋グランパス/1993年12月1日 1000ゴール:メディナベージョ(横浜マリノス) vs鹿島アントラーズ/1994年8月17日 1500ゴール:城彰二(ジェフユナイテッド市原) vs清水エスパルス/ [全文を読む]

あと「1」ゴールでメモリアル達成! J1通算2万ゴールは誰の手に!?

超ワールドサッカー / 2017年04月21日13時30分

◆J1メモリアルゴール達成者 1ゴール:マイヤー(ヴェルディ川崎) vs横浜マリノス/1993年5月15日 500ゴール:水沼貴史(横浜マリノス) vs名古屋グランパス/1993年12月1日 1000ゴール:メディナベージョ(横浜マリノス) vs鹿島アントラーズ/1994年8月17日 1500ゴール:城彰二(ジェフユナイテッド市原) vs清水エスパルス/ [全文を読む]

【ライターコラムfrom広島】苦境の今こそ「信じることね」を大切に “レジェンド”サンパイオの言葉

サッカーキング / 2017年04月20日21時37分

そしてテレビに映る名前の横には「横浜フリューゲルス」。この年の年末、横浜マリノスと合併してしまう伝説のクラブ名が、誇り高く刻まれていた。 デポルティボ・ラ・コルーニャでスペインリーグやチャンピオンズリーグでも活躍した彼が2003年、J2に降格してしまった広島にやってきたのだ。驚くなという方が難しい。その年に35歳を迎えるとはいえ、プレーの質は超一流。他のJ [全文を読む]

G大阪のMF井手口陽介に続くのは!?…今大会もニューヒーロー賞を表彰へ《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2017年03月10日15時45分

◆過去の受賞者 1996年 名波浩(ジュビロ磐田) 斉藤俊秀(清水エスパルス) 1997年 三浦淳宏(横浜フリューゲルス) 1998年 高原直泰(ジュビロ磐田) 1999年 佐藤由紀彦(FC東京) 2000年 鈴木隆行(鹿島アントラーズ) 2001年 曽ケ端準(鹿島アントラーズ) 2002年 坪井慶介(浦和レッズ) 2003年 田中達也(浦和レッズ) 2 [全文を読む]

J2降格の名古屋が40歳の守護神GK楢崎正剛との契約を更新!「J1復帰を果たす覚悟と責任を胸に」

超ワールドサッカー / 2016年12月28日15時26分

▽楢崎は奈良育英高校から横浜フリューゲルスに入団。1999年から名古屋でプレーしていた。今シーズンは明治安田生命J1リーグで27試合に出場も、チームはJ2に降格していた。楢崎はクラブを通じてコメントしている。 「2017年はクラブとして初めてJ2で闘う難しいシーズンです。チームは多くの選手の加入が発表され、来シーズンに向けて前に進んでいます。期待と同時に [全文を読む]

北九州が原田武男氏の監督就任を発表! 今季は長崎でU-18監督兼トップチームアシスタントコーチを経験

超ワールドサッカー / 2016年12月12日18時47分

▽原田氏は選手時代、横浜フリューゲルス(現・横浜F・マリノス)でプロキャリアをスタートさせると、その後は、川崎フロンターレやアビスパ福岡などでプレー。最後は、5年間プレーした長崎で現役を引退した。その後は、長崎U-18の監督やトップチームアシスタントコーチを務め、経験を積んだ。 ▽監督就任が決定した原田氏は、クラブの公式サイトを通じて、指揮への意気込みを [全文を読む]

北九州FW大島秀夫が現役引退…07年横浜FMで14得点

ゲキサカ / 2016年12月09日15時56分

前橋育英高出身で、1998年に横浜フリューゲルスでプロデビュー。MF遠藤保仁(G大阪)と同期で、横浜Fが消滅すると、ともに京都に移籍。その後は山形、横浜FM、新潟、千葉、札幌でプレー。山形時代の04年にJ2で22得点、横浜FMでプレーした07年にJ1で14得点を挙げてキャリアハイの成績を残した。 北九州では13年からプレー。加入後3年間は30試合を超える出 [全文を読む]

北九州FW大島秀夫が現役引退を発表…「素晴らしい19年間をありがとうございました」

超ワールドサッカー / 2016年12月09日15時26分

▽1998年に横浜フリューゲルスに加入した大島は、京都サンガF.C.やモンテディオ山形、横浜F・マリノス、アルビレックス新潟などでプレー。2013年から北九州に加入した。J1リーグ通算208試合42ゴール、J2リーグ通算286試合56ゴールを記録している。 ▽引退を決断した大島はクラブの公式サイトを通じて次のように語った。 「今シーズン限りで現役を引退す [全文を読む]

フォーカス