黒蜥蜴のニュース

真矢ミキと渡部篤郎が江戸川乱歩原作ドラマで対決!

Smartザテレビジョン / 2015年11月20日06時00分

12月22日(火)にフジテレビ系で「江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念ドラマ『黒蜥蜴(くろとかげ)』」(夜9:00-11:18)の放送が決定した。 江戸川乱歩の同名小説が原作で、世界を股に掛ける女怪盗・黒蜥蜴と警視庁副総監に着任したばかりの明智小五郎による、宝石をめぐる頭脳戦を描き、黒蜥蜴を真矢ミキ、明智小五郎を渡部篤郎が演じる。 真矢は出演オファーを [全文を読む]

美輪明宏 三島由紀夫に何度も「やってくれ!」と口説かれる

WEB女性自身 / 2013年04月07日07時00分

4月5日の『ル テアトル銀座』から、原作・江戸川乱歩、脚本・三島由紀夫、演出・美術・衣装・主演・美輪明宏による伝説の名舞台『黒蜥蜴』が5年ぶりに再演される。女盗賊・黒蜥蜴を追う名探偵・明智小五郎が丁々発止と散らす恋の火花と”究極の対決”。この名舞台誕生のいきさつを美輪さんが語ってくれた。16歳のとき、バイト先でシャンソンを歌っていたころ、先代・中村勘三郎、 [全文を読む]

佐藤剛による新刊『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』発売記念トークライヴ開催決定

okmusic UP's / 2017年06月14日18時30分

■書籍『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』著者:佐藤剛 刊行:文藝春秋 424頁 定価:¥2,200+税 ジャンル:ノンフィクション ISBN-10: 4163906649/ISBN-13: 978-4163906645 <目次> ■第1章:異端にして革命児 「シスターボーイ」と呼ばれて/“天上界の美”と語った三島由紀夫/特異 [全文を読む]

『花子とアン』仲間由紀恵の年下恋人俳優起用背景に美輪明宏

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

中島は、美輪が主演・演出を務め、彼のライフワークともなっている三島由紀夫戯曲の舞台『黒蜥蜴』(くろとかげ)で、約200人のオーディションを勝ち抜き、美輪の愛人役に選ばれた。 「『黒蜥蜴』は1968年の初演以来、美輪さんが節目、節目に演じてきた大切な作品です。美輪さんは本当に信頼できる相手役を見つけなければ、舞台の再演はしませんから、それだけ中島さんのこと [全文を読む]

江戸川乱歩作品が融合・廻天百眼が舞台化!没後50年作品としてザムザ阿佐谷で2月26日から上演

@Press / 2017年02月23日11時00分

暗黒エンターテイメント劇団 虚飾集団廻天百眼(読み:きょしょくしゅうだんかいてんひゃくめ、統率:石井飛鳥、以下 廻天百眼)は、江戸川乱歩没後50年作品として、『黒蜥蜴』『陰獣』『パノラマ島綺譚』などの江戸川乱歩作品を融合した舞台『悦楽乱歩遊戯』を2017年2月26日(日)から3月5日(日)にかけて東京・ザムザ阿佐谷で上演いたします。イベントURL: htt [全文を読む]

美輪明宏 舞台楽屋で「楯の会の青年がいきなり土下座」述懐

NEWSポストセブン / 2014年09月30日07時00分

そんな美輪氏の代表作の一つが舞台『黒蜥蜴』だが、この作品の裏にあった驚きのエピソードをジャーナリスト・青木理氏が聞いた。 ──美輪さんは長崎の遊郭街で育ったんですよね。 美輪:水商売の家で、隣が映画館。映画って人生を疑似体験できるんです。フランス、ロシア、ドイツ、アメリカ、監督や俳優もプロ中のプロばかりだった50年代迄の作品を見て、男女の裏側や駆け引きは商 [全文を読む]

美輪明宏 江戸川乱歩に包丁持たせた「16歳の生意気セリフ」

WEB女性自身 / 2013年04月07日07時00分

4月5日の『ル テアトル銀座』から、原作・江戸川乱歩、脚本・三島由紀夫、演出・美術・衣装・主演・美輪明宏による伝説の名舞台『黒蜥蜴』が5年ぶりに再演される。女盗賊・黒蜥蜴を追う名探偵・明智小五郎が丁々発止と散らす恋の火花と”究極の対決”。この名舞台誕生のいきさつを美輪さんが語ってくれた。『黒蜥蜴』の初上演は’68年4月のこと。だか、そのきっかけはさらに20 [全文を読む]

中谷美紀×井上芳雄出演舞台「黒蜥蜴」が'18年1月に上演

Smartザテレビジョン / 2017年02月03日20時57分

来年1月~2月に東京・日生劇場と大阪・梅田芸術劇場にて、舞台「黒蜥蜴」の上演が決定した。この作品は、三島由紀夫が残した最高傑作戯曲の一つと称されており、美貌の女盗賊“黒蜥蜴”と名探偵“明智小五郎”が繰り広げる耽美と闇の世界を描いた江戸川乱歩の傑作を、三島が戯曲化した究極のエンターテインメント。 これまでもさまざまなキャスト・演出家により、幾度となく上演され [全文を読む]

「黒蜥蜴」で真矢ミキ&西島数博が夫婦初共演!

Smartザテレビジョン / 2015年12月22日06時00分

フジテレビ系で放送される「ドラマスペシャル 江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念『黒蜥蜴』」(夜9:00-11:18)で、真矢ミキと西島数博が'08年の結婚後初の夫婦共演を果たすことが分かった。また、同作が放送される本日12月22日(火)は二人の結婚記念日でもある。 夫婦初共演について西島は「舞台で知り合った'02年(結婚前)以来です。あれから時間もたっ [全文を読む]

真矢ミキ「黒蜥蜴」で気を付けたのは“空虚感”

Smartザテレビジョン / 2015年12月19日12時00分

12月22日(火)にフジテレビ系で、江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念スペシャルドラマ「黒蜥蜴」(夜9:00-11:18)が放送される。 同作は江戸川乱歩の同名小説を原作に、女怪盗・黒蜥蜴(真矢ミキ)と希代の天才・明智小五郎(渡部篤郎)の激しい頭脳戦を描く。 また、黒蜥蜴が狙う宝石「聖夜の涙」の所有者で巨大グループ企業会長の岩瀬正一郎(升毅)の令嬢・岩 [全文を読む]

剛力彩芽が「黒蜥蜴」で真矢ミキと初共演

Smartザテレビジョン / 2015年12月07日07時25分

12月22日(火)にフジテレビ系で放送される「江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念ドラマ『黒蜥蜴』」(夜9:00-11:18)に剛力彩芽の出演が決定。事件のカギを握る令嬢役で出演する。 金になるありとあらゆる“美しいもの”を盗む女怪盗・黒蜥蜴(真矢ミキ)と、稀代の天才で警視庁副総監の明智小五郎(渡部篤郎)の頭脳戦を描く本作品。 剛力は、黒蜥蜴が警察に盗む [全文を読む]

竜星涼が「黒蜥蜴」に明智小五郎の右腕として出演

Smartザテレビジョン / 2015年12月02日06時00分

12月22日(火)にフジテレビ系で放送される「江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念ドラマ『黒蜥蜴』」(夜9:00-11:18)に竜星涼の出演が決定した。 金になるありとあらゆる“美しいもの”を盗み出す謎の女怪盗・黒蜥蜴(真矢ミキ)と、稀代の天才で警視庁副総監の明智小五郎(渡部篤郎)の宝石をめぐる頭脳戦を描く同作品。竜星は明智の部下で右腕の刑事・小林芳雄を [全文を読む]

里見浩太朗が乱歩ドラマ「黒蜥蜴」で七変化!

Smartザテレビジョン / 2015年11月29日06時00分

12月22日(火)に放送される江戸川乱歩生誕120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」(夜9:00-11:18、フジテレビ系)に、里見浩太朗の出演が決定。変装の名人として、“里見七変化”を見せる。 真矢ミキ演じる女怪盗・黒蜥蜴と、渡部篤郎演じる明智小五郎との、時価120億円の宝石“聖夜の涙”をめぐる頭脳戦を描く同作品。里見は黒蜥蜴の忠実な部下・雨宮潤一役で出 [全文を読む]

舞台延期の美輪明宏 泣いていたとの証言に「嘘おっしゃい」

NEWSポストセブン / 2015年06月04日07時00分

急性喉頭炎により声が出なくなったとして、同月15日から連続4日間上演する予定だった主演舞台『黒蜥蜴』(くろとかげ)の延期を発表した。 異変は前日から起きていた。舞台関係者がいう。 「セリフの“○○なのよ”の“よ”の部分は高音で尻上がりのはずなのに、前日の17日は低音でかすれ声。共演者も“いつもと全然違う”“最後までもつのか”と心配するほどだった」 カーテ [全文を読む]

没後50年の江戸川乱歩 恐怖は快楽であることを知る傑作選3冊

NEWSポストセブン / 2015年04月24日16時00分

黒蜥蜴』(角川ホラー文庫、光文社文庫『江戸川乱歩全集九巻』収録ほか) 宝石から美男美女まで、美しいものに執着してやまない女賊・黒蜥蜴と明智小五郎の対決の結末は? 三島由紀夫が舞台劇化し美輪明宏が演じているほか、二度も映画化されるなど、乱歩作品の中で最もメディアミックスと縁のある長篇。 ※SAPIO2015年5月号 [全文を読む]

美輪明宏 江戸川乱歩宅63年ぶり再訪で思い出す16歳の頃

WEB女性自身 / 2015年03月12日17時00分

4月から開幕する美輪さんの舞台『黒蜥蜴』。その原作者である江戸川乱歩の旧宅を今回、再訪したのだ。 旧乱歩邸や数々の蔵書は現在、「立教大学江戸川乱歩記念 大衆文化研究センター」として保存・公開されている。乱歩との出会いについて、美輪さんが回顧する。「十七代目中村勘三郎さん、一昨年に亡くなられた勘三郎のお父様が、私が歌っていた『銀巴里』に江戸川先生を連れていら [全文を読む]

吉澤嘉代子、戯曲「黒蜥蜴」から妄想を膨らませた新曲「シーラカンス通り」リリックビデオ公開

okmusic UP's / 2014年10月09日19時00分

【その他の画像】吉澤嘉代子「シーラカンス通り」は、三島由紀夫の戯曲「黒蜥蜴」の主人公が、もしも幻の街でストリッパーをしていたらという吉澤嘉代子の妄想から作られた楽曲。吉澤は「ストリッパーと歌手、手法は違えどステージでは裸、というところでは近しいものがあると信じております。」と話している。 2ndミニアルバム『幻倶楽部』には、この「シーラカンス通り」の他に [全文を読む]

美輪明宏、赤木圭一郎との関係を告白

アサ芸プラス / 2012年12月12日09時59分

三島が脚本を書いた舞台「黒蜥蜴」は美輪主演でヒットし、三島の没後も何度も再演されている。 映画版「黒蜥蜴」(松竹)では俳優同士としてキスシーンも演じた。 まるで三島が行くところに、美輪の姿があるような状態で、三島は58年に結婚したが、美輪が「愛人」であるのが公然の秘密かのように語られてきた。 「ところが、美輪さんはその話になると完全否定してきました。尊敬 [全文を読む]

中谷美紀 大手プロから独立しても仕事が殺到する納得の理由

WEB女性自身 / 2017年05月22日17時00分

ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS系)、「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)、舞台「猟銃」、「黒蜥蜴」など途切れることがなく仕事が舞い込んでいる。そこには、納得の理由があるというのだ。 「一緒に仕事をしたり自分を取材してくれた人に対して、とにかく対応が手厚いんです。礼状から始まり、その人の会社に高級食材と届けるなど、忙し [全文を読む]

江戸川乱歩が原作 アングラエンタメ劇団 廻天百眼の最新作『悦楽乱歩遊戯』2月26日~3月5日ザムザ阿佐谷にて上演

@Press / 2017年01月18日11時00分

<あらすじ>帝都を惑わす黒蜥蜴の魔手がついに小山田静子の元へと伸びる。駆けつけた明智小五郎の心身を襲うはパノラマ島の如き絢爛な情景。夜と夜とを重ねるごとに、輪郭を強める生者の吐息に語りかけるあの世の者の影。見よ、人間はこんなに奔放だ!虚飾集団廻天百眼×江戸川乱歩 究極の猟奇がいま、幕を開ける!「死の遊戯というものがあるならば、まさしくそれでありましょう。」 [全文を読む]

フォーカス