町村信孝のニュース

安倍晋三元首相、オフィシャルサイト視聴率でもトップ -日本ブランド戦略研究所調べ-

@Press / 2012年09月27日17時00分

2位が石破茂前政調会長、3位が石原伸晃幹事長、4位は町村信孝元官房長官、5位は林芳正政調会長代理とくしくも総裁選の結果と同じになった。 名前が掲載されているウェブページの視聴者数では、辞退を心配された町村信孝元官房長官がトップとなった。 ■視聴率ランキング 順位/候補者名/オフィシャルサイト推定視聴者数/掲載ページ全体の推定視聴者数 ----------- [全文を読む]

衆院選2017:北海道 選挙区候補者の内訳と過去の選挙結果

政治山 / 2017年10月14日11時00分

当選者に限ると平均年齢は58.1歳、女性は8.3%で、獲得票数がもっとも多かったのは北海道5区の町村信孝候補(自民)で131,394票獲得しました。当選者の内訳は自民党8人、民主党3人、公明党1人で、道内選挙区の平均投票率は56.70%でした(党派と年齢は選挙時)。 第48回衆院選の投票日は22日(日)、投票受付時間は午前7時から午後8時までです(一部地域 [全文を読む]

アラスカ上空でパイロットが「UFOに追いかけられた」との報告…国が乗務停止処分に

Business Journal / 2017年09月16日06時00分

しかし、当時の町村信孝官房長官が「こういうものは絶対にいると思っている」と発言したかと思えば、石破茂防衛大臣もUFOが襲来したときに自衛隊の出動が法律上可能かどうかを個人的に検討する考えを示した。そして、「UFOは外国の航空機でもなく、領空侵犯への対応は厳しい」と自衛隊法では対応が難しいとの認識を披露。さらに「ゴジラが来たら天変地異だから自衛隊の災害派遣 [全文を読む]

民進・共産連合も大惨敗…SEALDsよ、今すぐ学校へ帰れ!

デイリーニュースオンライン / 2016年04月30日13時05分

昨年、町村信孝氏(前衆院議長・70歳没)が亡くなったことで行われた今回の補選。 当然、町村氏の後継者である娘婿の和田義明氏(44)が、自民党の公認を受けて楽勝するはずだった。それが追い上げられたのは、池田氏の強烈なキャラクターもさることながら、初めて民進党と共産党が連合を組んだ(注1)ことも大きかったのだろう。 とはいえ、終わってみれば和田氏が60歳代( [全文を読む]

W選諦めぬ安倍首相にモノ申す

Japan In-depth / 2016年04月29日19時00分

山田厚俊(ジャーナリスト)町村信孝前衆議院議長死去に伴う北海道5区の補欠選挙が4月24日に投開票され、町村氏の娘婿で、自民党公認の和田義明氏=公明党、日本のこころを大切にする党、新党大地推薦=が、無所属の池田真紀氏=民進党、共産党、社民党、生活の党推薦=を破り、初当選を果たした。 しかし、それぞれの得票は、13万5842票対12万3517票で、1万2325 [全文を読む]

北海道補選で当選した自民党・和田候補の選対幹部に有名“ヘイト“活動家が! アイヌ、韓国差別発言を連発

リテラ / 2016年04月26日09時00分

もともと、この北海道5区は町村信孝元官房長官の選挙区で、その娘婿である和田氏の圧倒的有利と目されていたが、選挙が近づくにつれ池田氏が猛追、一時は池田氏逆転のデータも上がっていたのだ。「震え上がった官邸が総力戦に持ち込んで得た薄氷の勝利です」と政治部記者が解説する。「官邸は菅官房長官らの指揮のもと、閣僚クラスを続々と現地に応援に行かせ、緩んでいた公明党にもハ [全文を読む]

衆院補選 北海道5区は自民・和田氏、京都3区は民進・泉氏

NewsCafe / 2016年04月24日22時28分

北海道5区補選は、町村信孝氏の娘婿で自民党新人の和田義明(44)(公明、こころ推薦)が、無所属新人の池田真紀(43)(民進、共産、社民、生活推薦)を抑え初当選を確実にした。自民党が候補者擁立を見送った京都3区は、民進党前職の泉健太(41)(社民党推薦)が、おおさか維新の会新人の森夏枝氏(34)ら5新人を抑え6回目の当選を果たした。 [全文を読む]

地震で放映中止、松本人志『ワイドナショー』の安倍首相出演はそもそも放送法違反だ! 選挙テコ入れ協力の偏向

リテラ / 2016年04月17日10時00分

町村信孝元官房長官の娘婿である和田義明候補が野党の池田真紀候補に4ポイント差で負けているというもので、この調査データに自民党は真っ青。なにせ町村さんの盤石な地盤を引き継いだ"弔い合戦"にもかかわらず、この結果ですから。これはまずいということで、安倍首相自ら北海道の有力者へ次々に"直電"するなど対策を講じていましたが、一気に巻き上げるため、もっとも訴求力があ [全文を読む]

解散総選挙で「自民40議席減、過半数割れ」の調査結果は本物だった! 党本部パニック、官邸は解散強行の姿勢崩さず

リテラ / 2016年04月15日20時00分

和田候補は町村信孝元官房長官の娘婿で、選挙は強いと思われていただけに、党本部は『そんなはずはない』と大慌て。そこで1週間後の先週末、北海道5区に限らず全選挙区で独自に調査をかけてみようとなった」 その結果、やはり3ポイント差で和田氏が負けていたという。党独自の調査だと、自党に有利な調査結果が出るといわれる。そんな独自調査で和田氏に不利と出たのであれば、大ご [全文を読む]

<キー局全部になぜ出ない?>安倍首相『ワイドナショー』出演情報で考えるテレビの公平中立

メディアゴン / 2016年04月13日07時40分

自民党の大物、故・町村信孝衆院議員の弔い選挙となる北海道5区補欠選挙は自民党公認候補と無所属の野党統一候補による一騎打ち。自民党のゲス議員辞任に伴う、本来やらなくても良かった無駄使い選挙となる京都3区は野党3党を含む乱立。12日告示、24日投開票を控えているという状況で、一方の党首である安倍晋三首相のみを出演させるのは、政府の大好きな「公平中立の観点」から [全文を読む]

安倍政権は倒れるのか。共産党の英断で自公過半数割れの悪夢

まぐまぐニュース! / 2016年03月29日19時00分

2月には、故・町村信孝の女婿である元商社マンの自民党候補=和田義明に10ポイントほども差を付けられていたのに、3月に入って5ポイント差に縮まり、さらに最近は2~3ポイント差の「接戦」状態になってきたと言われている。特に無党派層では28:41で池田が圧倒しているという調査もあって、勝てない戦いではない。 自民党は、北海道で民主と連携してきた鈴木宗男を野党陣 [全文を読む]

議員の劣化が止まらない! 自民の下半身醜聞はなぜ二階派ばかり?

週プレNEWS / 2016年02月26日06時00分

北海道5区は急死した町村信孝前衆議院議長の弔(とむら)い合戦だから、自民が取りこぼすことはないでしょう。ただ、京都3区はわからない。『ゲス不倫』に対する地元有権者の怒りは大きい。しかも補選に出馬の意向を示している民主党の泉健太衆議院議員(比例近畿)は手ごわいので、自民候補は勝てない可能性が高い。 そうなると補選は1勝1敗となり、せっかく1月の宜野湾(ぎのわ [全文を読む]

補欠選挙の日程はどうやって決まる?

政治山 / 2016年02月18日08時00分

衆院北海道5区は町村信孝前衆院議長の死去に伴う補選ですが、死去したのは昨年6月1日。すでに半年以上が経過していますが、補選の日程はどのような基準で決まっているのでしょうか。 ※イラストはイメージです 通常は4月か10月の第4日曜に投票 国会議員の補欠選挙については、公職選挙法第33条の2第2項に規定があります。投票日は特に定めのない場合、議員の死亡や辞職 [全文を読む]

元民主議員「日本は異星人問題に向き合う姿勢が欠けている」

NEWSポストセブン / 2016年01月28日07時00分

ところが、その後に町村信孝官房長官(当時)が「私は(UFOは)個人的には絶対いると思っている」と発言。防衛大臣だった石破茂氏も、 「日本の航空自衛隊が未確認飛行物体(UFO)の領空侵犯にどう対処すればいいのか悩んでいる」 と真剣な表情で語った。ちなみに「宇宙人」と称され、夫人が「宇宙人にさらわれた」と公言していた鳩山由紀夫元首相は、なぜか「深入りしないほう [全文を読む]

[山田厚俊]【衆参ダブル選挙の有無が焦点】~特集「2016年を占う!」国内政局~

Japan In-depth / 2015年12月29日11時00分

町村信孝前衆院議長の死去に伴い、16年4月24日投開票の「衆院北海道5区補選」。まさに参院選を占う前哨戦との位置付けがされており、この結果がカギを握ると指摘する永田町関係者も多い。 続いて、「伊勢・志摩サミット」。安倍首相のホストぶりが連日“宣伝”され、支持率がどう動くのか。急上昇すれば、強気のダブルは可能性が高まるという。 次に「景気・株価」だ。消費増税 [全文を読む]

南シナ米中衝突の危機に安倍一派大ハシャギ! ヒゲの隊長は宣戦布告ばりのツイート、年明けにも自衛隊を派遣か

リテラ / 2015年10月29日17時49分

だから、やる(法案を通す)と言ったらやる」 この日は町村信孝元衆院議長が逝去した日だが、安倍首相はなぜかご機嫌で赤ワインをグイグイ飲み干していたという。酔った勢いで、つい封印していた本音が出たということだろう。 しかも、安倍首相の「南シナ海」発言は酒の席だけではないのである。写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)が衆議院での強行採決の際に口走った、驚くべき言 [全文を読む]

大物代議士の娘の夫が「姓」を変えて出馬? 成人が姓を変えるための「3つの方法」

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月13日11時46分

町村信孝・前衆院議長の死去にともない、衆議院の北海道5区では、早ければ10月にも補欠選挙がおこなわれる。候補者を公募していた自民党の北海道5区支部は7月11日、町村氏の次女の夫・和田義明氏(43)と元衆議院議員秘書の飯田佳宏氏(42)の2人の応募を受け付けたことを明らかにした。 町村氏といえば、文科相や外相、官房長官を務め、自民党の有力派閥を率いた大物政治 [全文を読む]

安倍首相が官邸記者とのオフ懇で「安保法制は中国が相手。必ずやる」と戦争宣言!

リテラ / 2015年06月25日20時30分

「オフ懇」というのは、官邸記者クラブのキャップが安倍首相を囲んで行うオフレコの懇親会のことだが、この日は安倍首相にとって"元領袖"にあたる町村信孝前衆議院議員が逝去した日で、安倍首相も弔問に訪れる予定だった。 だが、会は予定通り行われ、安倍首相は赤ワインをグイグイ飲み干したという。 記者が町村元議員について尋ねても、まるで他人ごとのように「いい人だったよね [全文を読む]

安倍氏 町村氏訃報直後「オバマの見る目変わった」と上機嫌

NEWSポストセブン / 2015年06月13日07時00分

さる6月1日も、同じ「赤坂飯店」で官邸キャップ懇談が開かれる予定だったが、会の直前に町村信孝・前衆院議長の訃報が届いた。記者たちは懇談会は中止になると思っていたが、官邸から「予定通り開催する」と連絡が入ったという。 「驚きました。総理は到着するなりビールをぐいぐいとあおって、『オバマの俺を見る目が変わってきたんだよ』と上機嫌でした。しかも、秘書官に促され [全文を読む]

故・町村信孝氏 紋切り型でなくその言が楽しみな政治家だった

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

自民党最大派閥・清和政策研究会の前会長である町村信孝・前衆院議長(享年70)が6月1日に急逝した。 町村氏は学生運動真っただ中の東大経済学部在学中にノンセクトのリーダーとして全共闘と対立し、「町村殺せ」とまでアナウンスされた武勇伝の持ち主だった。卒業後は通産省を経て1983年に初当選。北海道知事や警視総監を務めた父親の反対を押し切って政界入りした。 政治家 [全文を読む]

フォーカス