加計呂麻島のニュース

「又吉直樹、島へ行く。」緊急再放送!ルーツ探しの旅

Smartザテレビジョン / 2015年07月23日20時00分

同番組は、又吉が母親の生まれ故郷である鹿児島・加計呂麻島を旅する様子を記録したもの。 又吉は18歳のころ、「上京前にどうしても行っておきたい」という思いから加計呂麻島を訪れたものの、その時の記憶はなぜかほとんど無いという。そんな又吉が、“シマ唄”を生きがいにする老人や半農半漁の暮らしを続ける島民たちと触れ合いながら、自らのルーツを探っていく。 また、又吉 [全文を読む]

[島キャン×加計呂麻島コラボレーション企画]島キャン生が運営!夏季限定「島キャンカケロマカフェ」が8/4にオープン。

@Press / 2016年08月01日14時30分

カケハシ スカイソリューションズが企画運営する「島キャン|島おこしインターンシップ」のスピンオフ企画として、2016 年8月4日(木)に加計呂麻島展示・体験交流館(鹿児島県大島郡瀬戸内町)にて夏限定カフェ「島キャンカケロマカフェ」をオープンいたします。「島キャンカケロマカフェ」は島キャンと瀬戸内町役場(鹿児島県大島郡瀬戸内町)とのコラボレーション企画で、オ [全文を読む]

過疎の島の活性化を目指して『カケロマ島ジェノベーゼ』発売 加計呂麻島でしか作れない「きび酢」と、島民の健康を支える郷土食材を凝縮

@Press / 2014年10月27日13時00分

住民団体「加計呂麻(かけろま)農園」(事務局:鹿児島県大島郡瀬戸内町/代表:皿井 明日夏)は、平成26年度総務省過疎集落等自立再生対策事業『「加計呂麻島ハーブ」ブランド化によるアイランドテラピー事業』について瀬戸内町(町長:房 克臣)より委託及び協力を受け事業化を推進、第一弾商品として『カケロマ島ジェノベーゼ』を新規開発・販売開始いたしました。『カケロマ島 [全文を読む]

満島ひかりインタビュー「ルーツ・奄美大島が教えてくれたこと」

文春オンライン / 2017年05月14日17時00分

満島 私は沖縄県で育ちましたが、ルーツは奄美大島にあるので、物語の舞台となった加計呂麻島はやっぱり特別な場所なのです。だから現場でも、島の人たちとの人脈づくりとか、そこから続いていく撮影の準備とか、本来制作部や助監督がするようなお仕事の一部も、進んで引き受けるようになっていきました。 ――小説『海辺の生と死』は、いくつかの短編で構成されていますが、映画で [全文を読む]

[島キャン宣伝部]奄美群島の観光&飲食スポット情報WEBサイト「島キャン宣伝部」、情報掲載数100スポット突破。ドローン空撮の特別動画を公開しています。

@Press / 2016年01月06日09時00分

また、奄美群島への観光やマリンリゾートを検討される方へ奄美大島と加計呂麻島の素晴らしさを映像でお伝えすべく、ドローンで空撮した特別動画の配信も開始いたしました。 ●島キャン宣伝部WEBサイト:http://www.shimacam-sendenbu.com/ 「島キャン宣伝部」は、奄美群島の有人島のうち主に奄美大島、加計呂麻島、喜界島、徳之島、沖永良部島、 [全文を読む]

『地球の歩き方』から国内の“島旅”シリーズが誕生!!

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

[画像: http://prtimes.jp/i/10017/12/resize/d10017-12-982825-0.jpg ]内容紹介■奄美大島 喜界島・加計呂麻島・徳之島“ここでしか出会えないもの”が奄美大島にはたくさんあります。手つかずの森に暮らす、地球上で奄美にしか生息しない生き物や、薩摩と琉球の影響を受け育まれた独特な文化。暮らしに根づく島唄や [全文を読む]

【予告編】満島ひかり、永山絢斗との愛は奄美島唄そのもの…『海辺の生と死』

CinemaCafe.net / 2017年05月09日13時30分

時は、太平洋戦争末期、2人が出会ったのは自然と神と人とが共存し、圧倒的な生命力をたたえる奄美群島・加計呂麻島。男はじりじりと特攻艇の出撃命令を待ち、女はただどこまでも一緒にいたいと願った。たとえ、それが死を意味するとしても――。 後年、互いに小説家である2人がそれぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、実際に加計呂麻島でのオールロケを敢行し、完全映画化 [全文を読む]

【書評】戦後文学史に残る伝説的なカップルの新しい視点

NEWSポストセブン / 2016年11月30日16時00分

厖大な資料を読み込み、関係者を探し出し話を聞き、二人が戦時中に出会った奄美群島の加計呂麻島に何度も足を運ぶ。大変な労作。 随所に卓見、思いも寄らない推論がある。いちばん驚くのは、敏雄が日記をわざとミホに見せたのではないかと推論するくだり。机の上に日記は開いておいてあったという。妻に読ませてその反応を見たいという作家のエゴ、業か。子息で写真家の島尾伸三によれ [全文を読む]

[島キャン|島おこしイターシップ]初トライ企画・2ヶ月限定「島キャンカケロマカフェ」に島内外より1524名が来店!(加計呂麻島・観光客満足度向上プロジェクト実施報告)

@Press / 2016年10月12日13時15分

カケハシ スカイソリューションズは、2016年8月、9月の2ヶ月間、地域活性化支援サービス「島キャン|島おこしインターンシップ」と、加計呂麻島展示・体験交流館(鹿児島県大島郡瀬戸内町)とのコラボレーション企画として、夏限定カフェ「島キャンカケロマカフェ」プロジェクトを運営し、2016年9月28日(水)に初年度の運営を終了いたしました。 「島キャンカケロマカ [全文を読む]

[島キャン|島おこしインターンシップ]2016年夏の島キャン、229名が就業を修了!実施期間中は、島キャン生の様子を地元メディアに多数紹介いただきました。

@Press / 2016年09月30日17時30分

島キャンのスピンオフ企画として奄美群島・加計呂麻島にて期間限定でオープンした「島キャンカケロマカフェ」での島キャン生の新メニュー開発の様子や、奄美大島の「しまバス」での島キャン生によるラッピングバスデザインなど、記事として紹介いただいた一部を以下にご報告いたします。●島キャンカケロマカフェ加計呂麻島展示・体験交流館(鹿児島県大島郡瀬戸内町)と「島キャン|島 [全文を読む]

慶良間列島の青・西表島のマングローブの森・加計呂麻島の入江―高城剛の『人生を変える南の島々。日本編』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月30日09時00分

だが、日本人はそれを本当に理解しているのだろうか? 盲目的に讃美される日本論は横目においても、ガイドブックに誘われるまま食べ歩きの旅も少し足を止め、もう一度、日本の南の島々をゆっくりと再考するのはいかがだろうか? 本文より抜粋 <紹介される島々> 阿嘉島/粟国島/奄美大島/波照間島/伊江島/伊平屋島/伊良部島/西表島/石垣島/伊是名島/加計呂麻島/喜界島/ [全文を読む]

[島キャン宣伝部]奄美群島の情報サイト「島キャン宣伝部」に、カフェやレストランを「地図から探す」機能を追加しました!

@Press / 2016年02月04日15時00分

●島キャン宣伝部WEBサイト:http://www.shimacam-sendenbu.com/ 2015年11月にオープンした奄美群島の情報サイト「島キャン宣伝部」は、奄美大島、加計呂麻島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の6つの島のお店やスポットなどの魅力を、観光客だけでなく、将来の島キャン生(島おこしインターンシップ参加者)、移住者および移住検討 [全文を読む]

満島ひかり&永山絢斗のキスシーン!『海辺の生と死』予告編公開

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年05月09日12時00分

本作は、「死の棘」で知られる小説家・島尾敏雄とその妻・島尾ミホをモデルに、戦時下の奄美大島・加計呂麻島で出会った男女の切ない恋を描く物語で、満島は島の教師・トエに、永山は海軍特攻艇隊隊長・朔(さく)中尉にふんする。 予告編では、トエと朔中尉が出会い惹かれ合っていく過程が映し出される。「今夜、浜辺に来てください」という朔のラブレターに喜ぶトエ、朔に抱き着くト [全文を読む]

満島ひかりの歌声が儚い恋模様を彩る「海辺の生と死」予告編

映画.com / 2017年05月09日12時00分

予告編では、撮影を行った奄美大島・加計呂麻島(かけろまじま)の美しい自然をとらえながら、トエと朔の出会い、そして恋の芽生えを活写。軍歌よりも島唄を覚えたがる軍人らしくない朔に心を許していくトエは「今夜、浜辺にきてください」と書かれた手紙を受けとると、駆け足で海へ。激しい波音が響く浜辺で2人は互いへの愛を確認しあう。続いて、トエと朔の幸せそうな生活が描出さ [全文を読む]

満島ひかり×永山絢斗、独占インタビュー! フィガロジャポン6月号 「男と女。」特集に登場。

PR TIMES / 2017年04月20日17時42分

[画像1: https://prtimes.jp/i/11369/63/resize/d11369-63-576014-1.jpg ] 第2次世界大戦終了前夜の奄美群島・加計呂麻島を舞台に、教師トエと特攻隊長、朔中尉の鮮烈な出合いとはかない恋を描いた話題作『海辺の生と死』(7月29日公開)で共演している満島さんと永山さん。いま、注目のふたりが、スペシャル [全文を読む]

キスマイ7人が振り返る2016年、飛躍を誓う2017年

WEB女性自身 / 2016年12月29日17時00分

奄美大島、加計呂麻島でKis-My-Ft2の2017年度カレンダー『Kis-My-Ft2 2017.4-2018.3 CALENDAR』(光文社刊・3月9日発売)の撮影が行われた。その撮影合間に、2016年はどんな年だったか、2017年はどう過ごしていきたいかを、メンバーに聞きました! ■二階堂高嗣(26)「グループとしてはいろんなことに挑戦できたし、いろ [全文を読む]

鹿児島県奄美南部で最大震度5弱

tenki.jp / 2016年09月26日15時07分

●震度5弱 知名町瀬利覚(ちなちょう せりかく) ●震度4 瀬戸内町与路島、和泊町国頭、和泊町和泊、与論町茶花 ●震度3 瀬戸内町請島、瀬戸内町加計呂麻島、奄美市名瀬港町、徳之島町亀津、天城町平土野、伊仙町伊仙、知名町知名、与論町麦屋 この地震による津波の心配はありませんが、このあとも余震に十分ご注意ください。 尚、奄美地方では昨年も震度5弱の地震を観測 [全文を読む]

[島キャン|島おこしインターンシップ]2016年夏の島キャン絶賛開催中!前半が終了し、9/1(木)より後半がスタートいたします!

@Press / 2016年08月31日10時00分

-----------------------------■参考:2016年夏の島キャン 島別渡航予定者数○鹿児島県奄美群島奄美大島 67名加計呂麻島 38名喜界島 15名徳之島 36名沖永良部島 36名与論島 31名○長崎県五島列島新上五島 6名○島根県隠岐諸島隠岐諸島・島前 8名合計 237名-----------------------------■ [全文を読む]

[島キャン|島おこしインターンシップ]島の高校生と都会の大学生が語り合う!奄美市主催「島キャン生 × 奄美の高校生 一緒に語ろう会」8/20開催。

@Press / 2016年08月09日14時45分

その多くが奄美群島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島、与路島、加計呂麻島)で就業体験した実績を受け、島民の進学と大学卒業後の活躍を支援する鹿児島県奄美市と島キャンとの共催イベントの実施を企画。「島キャン生 × 奄美の高校生 一緒に語ろう会」の開催に至りました。これまでに参加した高校生からは、「勉強方法や大学生活、留学のことも聞けてすごくいい機会 [全文を読む]

[島おこしインターンシップ「島キャン」]過去最大の237名が参加!元気を届けに、日本の島へ。2016年夏の島キャンが8/4にスタート。

@Press / 2016年08月01日14時30分

-----------------------------■2016年夏の島キャン 島別渡航予定者数○鹿児島県奄美群島奄美大島 67加計呂麻島 38喜界島 15徳之島 36沖永良部島 36与論島 31○長崎県五島列島新上五島 6○島根県隠岐諸島隠岐諸島・島前 8合計 237-----------------------------■島キャンとは島キャンは、 [全文を読む]

フォーカス