アルプス電気のニュース

遠くにあるヘッドアップディスプレイを指先でタッチできる日が近い!? 【人とくるまのテクノロジー展17】

clicccar / 2017年05月28日14時33分

アルプス電気が披露した最新の「ヒューマン マシン インターフェイス」で、面白い技術を見つけました。 それは、ヘッドアップディスプレイ(HUD)など、遠くにあるディスプレイの表示を手前の車載用タッチパネルで直感操作できるという技術提案。 最近のクルマだけでなく今後はさらに、ドライバーの視線移動抑制のため「ディスプレイの遠方化」が進んでいくと思われます。しかし [全文を読む]

アルプス電気とコアスタッフが電子部品の通信販売強化に向け 通販サイト「ザイコストア」での電子部品販売を開始

@Press / 2017年05月22日15時00分

アルプス電気株式会社(本社:東京都大田区雪谷大塚町1-7、代表取締役社長:栗山 年弘、以下 アルプス電気)とコアスタッフ株式会社(本社:東京都豊島区高田3-14-29、代表取締役社長:戸澤 正紀、以下 コアスタッフ)は、コアスタッフの運営する通販サイト「ザイコストア」においてアルプス電気の電子部品の販売契約を締結し、2017年3月より販売を開始いたしました [全文を読む]

ALSI アルプス電気のセンサネットワークモジュールで実現する「IoT Fast Kit(TM)」を情報セキュリティEXPOで参考出展

PR TIMES / 2017年05月09日11時00分

■出展概要 [表: https://prtimes.jp/data/corp/25498/table/4_1.jpg ] ■IoTソリューションの取り組みについて ALSIは、グローバルに事業を展開するアルプス電気グループのIT戦略会社です。1990年の設立以来、「製造流通ソリューション」、「セキュリティソリューション」、「ファームウェア開発」を事業の柱 [全文を読む]

ぷらっとホーム、「IoTセンサー・デバイスパートナープログラム」を開始

PR TIMES / 2016年10月24日14時25分

アルプス電気、オプテックス、富士通コンポーネント、ユニ電子、アイテック、スター精密、英和が参加し、IoTセンサー・デバイス・ゲートウエイの協業プログラムをスタート2016年10月24日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、IoT(Internet of Things [全文を読む]

アルプス電気、ダッソー・システムズのグローバル・トレーサビリティ(GT)を採用

PR TIMES / 2016年01月07日11時47分

製造、物流、品質情報の一元化により グローバルMOMを継続的に改善、 IIoT (Industrial IoT) 戦略を支援3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズは、アルプス電気株式会社 ( [全文を読む]

インフォコーパス、アルプス電気の環境センサモジュール開発キット、IoTサービスプラットフォームSensorCorpusに対応。SCコネクト対応製品となる。

DreamNews / 2015年10月07日10時00分

インフォコーパスは、アルプス電気の環境センサモジュール開発キットがIoTサービスプラットフォームSensorCorpusに対応したことを発表します。これにより同キットで計測したデータ(温度、湿度、照度等)は弊社クラウドサービスに簡単に送信し、デバイス管理、データのビジュアル表示、通知などを行うことができます。IoT事業を手がける株式会社インフォコーパス(代 [全文を読む]

フリースケールとアルプス電気、ADAS市場に向けた テレマティックス車載ソリューションの製品ラインナップを強化

PR TIMES / 2014年09月30日11時28分

先進のi.MXアプリケーション・プロセッサを搭載したグローバル市場向け 車載コネクティビティとアプリケーションをサポートするオールインワン・モジュールを提供フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社 (本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール) は、アルプス電気株式会社 (本社:東京都大田区雪 [全文を読む]

侵略否定発言のアルプス電気会長、中国工員1000人が包囲 海外紙も注目

NewSphere / 2014年07月03日11時30分

中国広東省の東莞市で1日、製造委託先の電子部品工場を視察していた片岡政隆・アルプス電気会長(63)が、従業員1000人に取り囲まれる事件があった。第二次世界大戦について、日本を擁護するような発言があり、それがきっかけだったと報じられている。 【きっかけとなった侵略否定発言】 人民日報傘下の英字紙『グローバル・タイムズ』は、片岡会長が工場幹部との会議中、「日 [全文を読む]

【CEATEC JAPAN 2013】まるでドラえもんのタイムマシン!?アルプス電気が次世代コックピット出展!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年10月13日07時00分

電子部品メーカーで、カーオーディオのアルパインを傘下に持つアルプス電気は、CEATEC JAPAN 2013に、車載向けの次世代インプットデバイス"エピステミック・コックピット"を出展した。Gallery: CEATEC JAPAN 2013 ALPSこの次世代コックピットには、生体認証、バイタルセンシング、ジェスチャ認識といった認識技術や、NFC(近接無 [全文を読む]

フリースケールとアルプス電気、i.MXプラットフォームの 車載インフォテイメント/テレマティクス・ソリューションを共同開発

PR TIMES / 2012年10月23日12時45分

東京(フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン)-フリースケール・セミコンダクタとアルプス電気株式会社(以下、アルプス電気)は、フリースケールのアプリケーション・プロセッサi.MX 6 (アイドット・エムエックス 6)シリーズをベースとする多様な車載インフォテイメント/テレマティクス・ソリューションを共同開発することを発表しました。優れた実績を誇る [全文を読む]

DigInfo TV:アルプス電気が提案する近未来車室内インターフェース

JCN Newswire / 2012年10月17日19時44分

Tokyo, Oct 17, 2012 - (JCN Newswire) - DigInfo TVはアルプス電気が提案する近未来車室内インターフェースのビデオニュースを掲載しました。アルプス電気は、次世代インプットデバイス「マルチモーダルコマンダ」や「ハプティックシフタ」など、自社の様々なセンサや入力デバイスで実現する、近未来の車室内インターフェースをCE [全文を読む]

「日本企業は自尊心を捨て収益を得た」と韓国メディア

ZUU online / 2017年06月10日12時10分

超小型モーターに強みをもつ日本電産 やTDK 、アルプス電気 、村田製作所 などの部品メーカーが自動車市場に参入している。 [全文を読む]

【投資のヒント】数年ぶりに最高益が期待される銘柄は

ZUU online / 2017年05月24日18時20分

例えば古河電池 では2割近い営業増益から9年ぶりの最高益更新が見込まれるほか、LIXILグループ では4年ぶりに、またアルプス電気 では3年ぶりに最高益を更新する見通しとなっています。金山敏之(かなやま・としゆき)マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト [全文を読む]

【投資のヒント】決算発表後に目標株価の引き上げがみられる銘柄は

ZUU online / 2017年05月09日18時00分

また、キッコーマン やアルプス電気 、ファナック では決算発表後に2社が目標株価を引き上げています。■もう一つのヒント◆明日の決算発表スケジュールは3月期決算銘柄の本決算発表も今週がピークとなります。こうしたなか明日も多くの決算発表が予定されています。取引時間中には三越伊勢丹ホールディングス や東レ などが、取引終了後にはTDK やトヨタ 、三菱地所 、ソ [全文を読む]

【投資のヒント】二桁減益から二桁増益に転じそうで評価の高い銘柄は

ZUU online / 2017年04月13日20時20分

また、2018年3月期に急回復が期待されている任天堂 や、5割近い増益が期待されているアルプス電気 でも強気の評価が8割以上となっています。金山敏之(かなやま・としゆき)マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト [全文を読む]

iPhoneが売れない…アップル、売上減で崩れる成長神話 日本メーカーに壊滅的被害か

Business Journal / 2016年02月21日06時00分

東京マーケットではアルプス電気、村田製作所、日東電工などが大幅安となった。 iPhoneの成長鈍化を数字で見てみよう。15年10~12月期の販売台数は7477万台と前年同期比0.4%増にとどまった。07年に初代を発売して以来、最も低い伸びとなった。アップルは16年1~3月期の売上高が前年同期比で9~14%減る見通しだと発表した。減収になれば、実に13年ぶり [全文を読む]

車両用キーレスエントリ関連技術 特許総合力ランキングトップ3は東海理化電機製作所、デンソー、トヨタ自動車

DreamNews / 2015年11月11日11時00分

6位以下では、オムロンオートモーティブエレクトロニクス、アイシン精機、本田技研工業、マツダ、アルプス電気などの企業が上位にランクインしています。次に、総合力上位5社の外国出願状況を把握するため、パテントファミリーの出願国別件数の割合を集計しました。 各社とも、アメリカへの出願が多く見られます。企業別には、東海理化電機製作所の中国への出願が多く、デンソーは [全文を読む]

年内実施派と見送り派が大激論 米国の利上げはあるかないか

NEWSポストセブン / 2015年11月08日16時00分

「海外売上高比率の高い円安メリット銘柄の中でも業績などのいいシマノ(7309)やアルプス電気(6770)、富士重工業(7270)、ヤマハ発動機(7272)などを調整局面で仕込んでおくといいでしょう」 一方、経済アナリストの豊島逸夫氏は「12月説」を否定する。 「中国をはじめ世界経済の減速傾向がある中、自らの首を絞めるような利上げはできない。FRBには利上 [全文を読む]

「自動車用スイッチの世界市場 - 動向分析と将来予測 2019年:ノブ型スイッチ、レバー型スイッチ、ボタン型スイッチ、タッチパッド型スイッチ」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年05月08日15時00分

第1章 イントロダクション 第2章 分析手法 第3章 エグゼクティブ・サマリー 第4章 重要考察 第5章 市場概要 ●イントロダクション ●市場の内訳 ●市場のダイナミクス ●目下の課題 ●バリューチェーン分析 ●ポーターのファイブフォース分析 第6章 世界の自動車用スイッチ市場:種類別分析 ●イントロダクション ●ノブ型スイッチ市場:車種別 ●レバー型 [全文を読む]

携帯・スマホを脱却しIoT向け製品へと移行が進む日本のIT系企業【デジ通】

ITライフハック / 2014年10月27日13時00分

アルプス電気の6軸センサーは地磁気と加速度を1つにパッケージしたもので、Bluetoothモジュールと合わせてサイコロサイズに収めたデモを行っていた。また、5種類のセンサーとBluetoothモジュールを内蔵したメガネフレームや指輪型のモジュールも参考出展していた。さらに、ウェアラブル機器では機能に加えてファッション性(スタイリッシュさ、オシャレ具合)が求 [全文を読む]

フォーカス