明治製菓のニュース

サッポロ、明治…「今年で〇周年」企業の“長寿のヒケツ”

WEB女性自身 / 2016年01月08日06時00分

明治製菓の前身「東京菓子(株)」が1916年に創業し、その後明治製菓(株)の食品部門と明治乳業(株)とが事業統合して(株)明治となった。 1968年に販売を開始した日本初のスナック菓子「カール」には当初キャラクターはいなかった。のちにカール坊やの脇役として登場したカールおじさんがじわじわと人気を集め 下克上 を果たしたのだとか。日本で初めて本格プレーンヨ [全文を読む]

きのこたけのこ戦争に終止符か?チョコまで焼いたたけのこの里試食レビュー

秒刊SUNDAY / 2012年09月09日12時06分

今年の6月19日(火)、明治製菓は「チョコまで焼いたたけのこの里」を発売。発売から3カ月近くも経過しているが、果たしてこのシリーズは吉と出ているのか凶と出ているのか、つまりおいしいかおいしくないかだ。万が一この商品がとてつもなく美味しいと感じれば、きのこたけのこ戦争の終止符を打つにふさわしい武器となりうるだろう。(画像)箱を開けると、小分けされた「たけのこ [全文を読む]

さようならカール! それにつけても「株価」は無反応

ZUU online / 2017年06月04日17時10分

■攻めの経営を推進する明治HD2009年、明治乳業と明治製菓が統合した持ち株会社、明治ホールディングス が誕生した。この瞬間から、同社は事業の再編や医薬品の強化、機能性ヨーグルトの強化による高付加価値化など、スピード感のある「攻めの経営」を推進することとなる。同社の傘下には「明治」と「Meiji Seikaファルマ」がある。明治は牛乳・乳製品、菓子、スポー [全文を読む]

理系学生「就職人気」トップ100社ランキング 1位明治グループ、2位NTTデータ…

東洋経済オンライン / 2017年05月03日08時00分

ちなみに国産で初めて抗生物質を開発したのは、Meiji Seikaファルマ(当時の社名は明治製菓)である。事業範囲が広いことや、学生も知っている多くの有名ブランド商品を持つこと、さらに研究開発力に優れていることなどが評価されて、学生の人気が高い。2位のNTTデータは昨年の13位から一気に順位を上げた。同社はNTT傘下のシステム・インテグレーター(SI)専業 [全文を読む]

疑惑の安倍昭恵首相夫人の実家、森永製菓と森永乳業の醜い確執…経営統合に失敗

Business Journal / 2017年04月04日06時00分

ライバルである、明治製菓と明治乳業が統合した明治ホールディングス(HD)は、17年3月期の連結売上高は前期比2%増の1兆2510億円、営業利益は9%増の845億円の見込み。高機能ヨーグルト「R-1」が大ヒットした。 時価総額(3月30日終値時点)は、森永製菓が2872億円、森永乳業が2430億円。合算すると5302億円だが、明治HDは1兆4291億円で、 [全文を読む]

日本再発見!100年以上前の銀座写真データを電子納品

DreamNews / 2017年03月27日10時00分

--------------------------------------------------------------------------〇掲載写真リスト000 1等煉瓦絵図 001 1等煉瓦拡大 002 金春芸者1 003団十郎 004 1等煉瓦街全景005 1等煉瓦風景 006 2等煉瓦街1 007 2等煉瓦街震災後 008イルミネーション [全文を読む]

森永乳業が「バブル期以来の高値」 市場は経営統合、生乳改革、海外展開に期待寄せる

ZUU online / 2017年03月26日17時20分

事実、乳業で業界1位の明治ホールディングス は、2009年に明治製菓と明治乳業が合併して持ち株会社となった経緯がある。明治ホールディングスの初値は1800円であったが、2016年7月には1万930円の高値をつけているのだ。合併により、医薬品事業、健康事業などの高付加価値化が上手く進んだことが株価上昇の背景にある。モリナガグループにも同様の連想が働いているの [全文を読む]

【警告】やめろ! バレンタインデーに絶対やってはいけないこと ~男性編~

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年02月08日06時00分

おすすめは明治製菓のチョコベビーや、麦チョコなどです。たくさんもらった気になれますからね。 8. ハロウィンと勘違いする 近年、ハロウィンも日本でかなり親しまれるようになりましたが、その弊害かバレンタインデーとハロウィンを間違えてしまい、バレンタインデーなのに本格的な仮装をしてしまう男性がいるそうです。派手な仮装をしてバレンタインデーに渋谷の街を練り歩いて [全文を読む]

HJHJアーカイブス:02「不良社員を変えた、下町工場の社員教育」

HANJO HANJO / 2016年12月30日07時30分

同年4月に明治製菓株式会社に入社する。90年に退職すると、深中メッキ工業株式会社に入社。■あいさつを納得させる、そこから始まる人間関係――中小の町工場ではなかなか時間が取れずに、社員教育が進んでいない企業もあるようです。その中でも、深中メッキさんでは特に社員教育に力を入れていますね。深田 私は零細企業ほど社員教育を重視すべきだと考えています。大きな理由は2 [全文を読む]

ラーメンの味をめぐり友人を殴り逮捕!揉めやすい「こだわり」3選

しらべぇ / 2016年11月25日12時00分

(2)きのこの山派とたけのこの里派明治製菓が販売するお菓子で、セットで販売されることも多いのだが、たびたび「どちらがおいしいのか」と議論が白熱。あるテレビ番組で担当者が明かしたところによると、たけのこ里のほうが圧倒的に人気らしい。しかしきのこの里はチョコの使用量が少ないにもかかわらず売れており、優秀とのこと。(3)Mac派とwindows派コンピューター登 [全文を読む]

「いいお産の日」妊婦さんに贈るリラックスソング

okmusic UP's / 2016年11月03日18時00分

NHKみんなのうた「小さな木の実」や明治製菓「チェルシーの唄」のCMで、歌声が広く知られている蒲原さん。空気の粒ひとつひとつに輝きを与えるような、素晴らしい歌声の持ち主です。曲の原題は『Irish lullaby(アイリッシュ・ララバイ)』。100年以上前の1913年に古いアイルランド民謡をもとに作詞され、44年にビング・クロスビーが映画主題歌としてカバー [全文を読む]

【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

HANJO HANJO / 2016年10月17日16時06分

同年4月に明治製菓株式会社に入社する。90年に退職すると、深中メッキ工業株式会社に入社。■あいさつを納得させる、そこから始まる人間関係――中小の町工場ではなかなか時間が取れずに、社員教育が進んでいない企業もあるようです。その中でも、深中メッキさんでは特に社員教育に力を入れていますね。深田 私は零細企業ほど社員教育を重視すべきだと考えています。大きな理由は2 [全文を読む]

叩かれるロッテ 本当は韓国経済と利益を分け合う関係

NEWSポストセブン / 2016年10月11日07時00分

明治製菓、森永製菓を猛追して菓子業界のトップに躍り出る一方で、韓国には1965年の日韓国交正常化後に本格進出した。 こうした歴史を踏まえれば、日本に資本があるのはむしろ当たり前のことだ。そして、ロッテは韓国に進出して以降、日本から1千億円単位で投資してきた。しかもその相当部分は、金融がグローバル化する以前に行われている。 在日本大韓民国民団の関係者が言う。 [全文を読む]

食品・農林・水産業界ランキング!人気5社から始める業界分析

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年09月29日12時00分

第5位:明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)明治製菓と明治乳業が2009年に統合してできたグループ会社、明治グループ。乳業・菓子では国内首位を走り続けており、急成長の医薬品にも力を注いでいます。しかし新薬・食費関連の後発商品を増やしたものの、薬価改定が響き、売り上げは横ばい状況が続いています。最近では機能性ヨーグルトに注力しており、今後の [全文を読む]

伊勢志摩サミットの美食事情 無料・食べ放題で各国記者をもてなす

しらべぇ / 2016年05月26日21時00分

誰もが知っているメーカーのカップ麺、グリコ『ポッキー』の地域限定商品、明治製菓のチョコレート、そして「働く人の強い味方」と言われる大塚製薬『カロリーメイト』。当然だが、これらは各企業の商品宣伝も兼ねている。それだけこのIMCは実体経済にも大きな影響をもたらすと考えられているのだ。■伊勢エビも伊賀牛も食べ放題!とはいっても、カップ麺とお菓子だけでは元気が出な [全文を読む]

「きのこの山」と「たけのこの里」どっちが好き? アメリカでも、きのこたけのこ戦争が勃発寸前らしい!?

マイナビ進学U17 / 2016年03月14日12時02分

好みの問題なのでどちらのほうがおいしいとは言い切れませんが、発売元の明治製菓がどちらのほうが売れているのか調査したところ、実は「たけのこの里」のほうが多く売れているそうです。また、おもしろいことに、「たけのこの里」は若い人に好まれ、世代が上になるにつれて「きのこの山」の人気が高くなっているのだとか。「きのことたけのこ、どっちが人気!?」という論争は、なにも [全文を読む]

「好きだから、あげる。」「おしりだって洗ってほしい。」コピーライター仲畑貴志氏が広告コピーの殿堂「2015年度TCCホール・オブ・フェイム」に決定

PR TIMES / 2015年10月21日15時41分

主な仕事、サントリー・ソニー・TOTO・JR 九州・ペプシ・クレディセゾン・武田薬品工業・ワコール・明治製菓・味の素・オムロン・資生堂・東京ガス・日本経済新聞社・ブリヂストン・野村ホールディングスなど多くの広告キャンペーンを手掛け、カンヌ国際広告賞、ニューヨークADC 国部門賞、クリオ賞、日本宣伝賞山名賞、毎日広告デザイン賞、朝日広告賞、読売広告賞、フジサ [全文を読む]

石原さとみ、「寸止め」がヤバすぎる!

Business Journal / 2015年08月21日23時00分

発売はもちろん明治(当時は明治製菓)だ。以来35年、最近ではグミと聞けば、『果汁グミ』と共に石原さとみの顔を思い出す。 今回、石原はOLさんだ。エレベーターの中で、「これ、辛抱たまらん。けしからん」と果汁グミを口に入れる。すると、ぶどう柄の衣装へと大変身。 その姿、かなりかわいいのだが、上司には「魔女?」と聞かれてしまう。ムッとしながら、「妖精だわ」と、な [全文を読む]

欧米にあまり見られぬ株主優待 日本で広がったその100年史

NEWSポストセブン / 2015年03月15日07時00分

1982年に明治製菓が自社商品の詰め合わせを株主に送り、割引券の優待ばかりだった時代に話題になった」(証券業界関係者) 贈呈できる自社商品を持たない業種でも、優待に類するものとして野村證券が自社で編集した書籍『83年 税金の本』を株主に贈呈。証券業界では、他にも山種証券(現・SMBCフレンド証券)が創業50周年を記念して1983年に株主に新米5キロを贈る優 [全文を読む]

明治のロングセラー菓子「カルミン」発売打ち切りに、往年のファンから悲痛な叫び

AOLニュース / 2015年02月05日17時00分

明治(旧・明治製菓)が大正時代に発売し、90年以上の歴史を持つロングセラー商品「カルミン」が、今年3月末をもって生産を終了、その長い歴史に幕を閉じることが明らかとなり、現在、ネット上では同商品をこよなく愛するファンたちから悲痛な叫び声が巻き起こっている。 「カルシウム」と「ミント」にちなんで名づけられたという同製品が登場したのは1921年のこと。日本では大 [全文を読む]

フォーカス