劇団ひまわりのニュース

情操教育に! お受験対策に! 劇団ひまわりの名講師がレクチャーする こどもの「音感」&「滑舌」トレーニングDVDブック、2冊同時発売!

PR TIMES / 2014年06月23日12時07分

劇団ひまわり”で長年講師を務め、清水詩音や佐々木りお、などの子役を指導してきた声楽家であり、子役指導のエキスパート、佐々木庸子が贈る本書。付録のDVDに合わせて歌うだけで、こどもの「音感」と「滑舌」を向上させることができるDVDブックには、佐々木庸子自身が作詞&作曲を手掛ける“こどもが確実に成長できる”練習曲が多数収録されています。また、本書とDVDに登 [全文を読む]

<佐藤流司コメント>刀剣乱舞「加州清光 単騎出陣2017」開幕 構成、演出…「全てに鳥肌が立ちっぱなし」

モデルプレス / 2017年10月06日10時31分

劇団ひまわり所属。2011年『仮面ライダーフォーゼ』佐竹輝彦役で俳優デビュー。2013年、ミュージカル『忍たま乱太郎』で初の舞台を果たす。以降、ミュージカル『テニスの王子様 2nd シーズン』や『NARUTO』、ミュージカル『刀剣乱舞』など“2.5次元”と呼ばれるジャンルの舞台作品への出演を重ねる。特技は空手・ドラム・トランポリン・歌・殺陣・アクロバットな [全文を読む]

「きよらのたまご」キャンペーンがフィルム部門にて「ACCシルバー」、昨年に引き続きマーケティング・エフェクティブネス部門にて「ACCファイナリスト」を受賞

PR TIMES / 2017年09月29日10時00分

■CM概要タイトル:きよら グルメ仕立て 「ピクニックせまい篇」「すち子ママ篇」「ラーメン篇」出演タレント:すっちー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)出演キャラクター:寝冷えネコ(きよニャ)出演(声):新津ちせ(劇団ひまわり)[画像1: https://prtimes.jp/i/11777/24/resize/d11777-24-613089-0. [全文を読む]

カンナさん、子役の「号泣演技」に視聴者ビックリ!

日刊大衆 / 2017年08月28日07時35分

「川原瑛都くんは劇団ひまわりに所属している子役で、実は『とと姉ちゃん』(NHK)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)といった話題作にも出演しています。今回のドラマをきっかけに、今後大ブレイクするかもしれませんね」(芸能誌ライター) 幼いながらも驚くべき演技力を見せ、視聴者のどぎもを抜いた川原瑛都くん。次話以降も、彼の演技から目が離せない。 [全文を読む]

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』新CM発表会

PR TIMES / 2017年07月18日11時00分

どうにかなるかはわかりませんけど・・・」と話し、ゆいPさんは「保育園の時は痩せてて可愛くて母親が劇団ひまわりのオーディションを受けさせようとしていたんです。でも、シャイで行けず、その時オーディションを受けていたら今の本田さん側のポジションで出ていたと思うので、保育園の時に戻ってオーディションを受けたいです。」と、それぞれ幼少期が可愛さのピークだったと振り返 [全文を読む]

「俳優が声優」は増えたけどその逆「声優が俳優」は?実は日本ドラマに出演していた人気声優さんたち!

日本タレント名鑑 / 2017年05月26日11時20分

もともと幼少の頃に劇団ひまわりに入団し俳優として活動。その後、『逮捕しちゃうぞ』や『千と千尋の神隠し』の「ハク」役などで声優として大ブレイクされています。厳密には「声優が俳優」なのか「俳優が声優」なのか微妙なところですが、個人的に大好きな声優さんなのでチョイスさせて頂きました。 水瀬いのり(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない/あまちゃん) 先ほど紹介 [全文を読む]

新海誠監督の愛娘・ちせちゃん、お父さんの『3月のライオン』感想は「かわいかった」

Movie Walker / 2017年03月01日18時02分

2010年生まれ、劇団ひまわりに所属する新津ちせちゃん。ミュージカル「ミス・サイゴン」や橋本愛扮する主人公の幼少期を演じた『バースデーカード』(16)などに出演、今や将来を期待される子役の一人となった。『3月のライオン』では、主人公の桐山零(神木隆之介)を温かく支える川本家3姉妹の三女・モモ役を演じている。 この日は、零をモチーフとしたお内裏様と、川本家 [全文を読む]

苦境こそ明るく支える!石塚英彦の妻の“夫操縦法”

WEB女性自身 / 2017年01月21日12時00分

石ちゃんが舞台に上がると歓声を上げて盛り上がり、石ちゃんのダジャレやギャグに大笑いしていた女の人が、今の石ちゃんの奥さん(笑)」 石塚「かみさんは(ビッグサースデーの前に所属していた)劇団ひまわりの同期で、同じ年。そのときには付き合っていたけど、それを知らないマネージャーが『石塚、客席に変なのがいるぞ』って(笑)。かみさんはほかのお客さんと完全に笑いどころ [全文を読む]

中山秀征&石塚英彦 同期の2人が語る駆け出し時代

WEB女性自身 / 2017年01月21日06時00分

今やグルメ番組では盤石の地位にいる石ちゃんですけど、そもそも渡辺プロに入ったのはなぜなんですか?」 石塚「僕は演劇の世界に入りたくて、大学2年のときに休学して、劇団ひまわりに2年間在籍していたんだよね。僕は真剣に演技をしているのに、なぜか周りがクスクス笑う。事務所の人に『君は笑わせて怒られるここよりも、褒められるところに行ったほうがいい』と言われて、お笑い [全文を読む]

マルチ声優・宮野真守、日本語吹き替えに抜擢され続ける理由 アニメと吹き替えの違いを考察

リアルサウンド / 2017年01月05日10時00分

現在も籍を置く劇団ひまわりに7歳から所属し、俳優を目指すべく演技指導を受けてきた。そうした幼い頃からの経験が、現在にまでしっかりと活きているのだろう。 自身初となる声優の仕事は、2001年の海外ドラマ『私はケイトリン』。意外にも、声優デビューはアニメではなく吹き替えだった。その後も、ハリーポッターシリーズや『チャーリーとチョコレート工場』、海外アニメーショ [全文を読む]

川栄李奈「知識をたくさんつけておばあちゃんに」

Smartザテレビジョン / 2016年12月23日07時44分

劇団ひまわり「ダマされないで!振り込め詐欺撲滅隊」による寸劇「オレオレ詐欺」編を観劇し、「『オレオレ詐欺』って分かりやすいと思っていたけど、すごく手の込んだ詐欺なんだなって思いました」と驚いた。 同イベントには、大相撲の秋巡業、冬巡業で啓発活動を実施したことから日本相撲協会広報部副部長の芝田山親方も登壇。「(振り込む前に)何度でも“待った!”をしてくださ [全文を読む]

デビュー50周年の国民的声優・古谷徹にロングインタビュー! 「『巨人の星』で味わった達成感には勝てませんでした」

週プレNEWS / 2016年11月12日11時00分

そして7歳くらいで「児童劇団ひまわり」に移籍しました。それからずっと子役を演じてきて、10歳くらいで初めて洋画の吹き替えを演じました。そして12歳の時、当時の東映動画(現在の東映アニメーション)が制作した『海賊王子』というモノクロアニメーションのTVシリーズで声優デビューというか、“アニメデビュー”しまして。さらに2年後、中学3年生になる年に『巨人の星』を [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ぱるる主演ホラードラマ、出演した大後寿々花も「動画配信のみ」を報告。

TechinsightJapan / 2015年12月20日11時10分

2000年に劇団ひまわり、明治座秋の演劇祭『国盗り物語』でデビューした大後寿々花。2005年には映画『SAYURI』に出演して11歳でハリウッド女優となる。その彼女も今は慶應義塾大学環境情報学部に在学する22歳の女子大生だ。 12月16日、『大後寿々花(Ohgo_Suzuka)ツイッター』で彼女が秋元康企画原作の『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』( [全文を読む]

永遠の70年代アイドルに会いたい!「吉沢京子(柔道一直線)」柔道場のセットにはクレーン車まであった

アサ芸プラス / 2015年09月21日17時57分

「日本舞踊は幼い頃からやっていましたが、少しはしゃべる勉強もしたほうがいいというので、両親が『劇団ひまわり』に入れたんです。仕事とは思っていなかったのに、入ったとたんに少女雑誌や学年誌のモデルが続きましたね」 やがてCMやドラマの仕事も舞い込み、1枚の写真が当たり役を呼び込む。電車につられた「商工中金」のポスターで、バトンガールに扮した吉沢を東映のプロデュ [全文を読む]

連続テレビアニメ『ふうせんいぬティニー』9月26日よりNHK Eテレにて放送スタート! NHK Eテレ 毎週金曜日 午後5時25分~30分 全26話 ~マガジンハウスの人気絵本「ティニー ふうせんいぬのものがたり」原作~

@Press / 2014年08月22日14時30分

3歳から劇団ひまわりに所属し、子役として活躍。2009年『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のニーナ・タッカー役、『アイカツ! - アイドルカツドウ』星宮いちご役など声優としても注目され、大ヒットした『アナと雪の女王』ではアナの少女期役を務めた。■あらすじ 三角屋根の白いおうちに、小さな子犬が住んでいた。色は茶色、名前はティニー。飼い主 [全文を読む]

『花子とアン』でブレイクの吉田鋼太郎“年下モテ”の秘密

WEB女性自身 / 2014年08月14日17時00分

吉田さんはとにかく年下にモテる」(別の演劇関係者) ’97年に吉田と「劇団AUN」を結成し、現在は「劇団ひまわり」の演出家と新潟校所長を務め、「KURITAカンパニー」を主宰する栗田芳宏氏は、吉田が年下にモテる秘密を次のように語る。「彼は“日本男児たるものは”という哲学を持っている。伝助とダブるところがあります。反面、女性に甘える部分もあるから、ギャップが [全文を読む]

「金田一少年の事件簿R」金田一一(はじめ)役声優・松野太紀を独占取材! 7/5(土)よりYouTube日テレプラスChannelで公開!

PR TIMES / 2014年07月04日15時21分

日テレプラスでの「金田一少年の事件簿R」放送とあわせて、どうぞご覧ください! ◆松野太紀(まつの・たいき)プロフィール 10月16日生まれ 東京都出身 芸歴:劇団ひまわり 舞台、DJ、声優、タレントとマルチに活躍中 ◆YouTube「日テレプラスChannel」情報 日テレプラスの人気番組の情報が盛りだくさん! https://www.youtube.co [全文を読む]

トヨタ「ポルテ」CMのハトパパ(乙葉の夫)「中の人」が業界のタブーを無視して登場

AOLニュース / 2014年06月16日12時42分

16歳の時に「劇団ひまわり」入団なので、役者歴は13年になりますね。手元の資料によると、過去の出演作品は阿部サダヲさん、芦田愛菜ちゃん、鈴木福君出演のドラマ「マルモのおきて」などメジャー作品から、タモリ倶楽部の人気コーナー「空耳アワー」のVTRなど、幅広い活躍をされていますね。そんな中で、2012年からハトパパの中の人として、役者人生に新たな1ページを刻む [全文を読む]

映画賞総ナメのオジサン俳優 お笑い出身62才の怪演に注目

NEWSポストセブン / 2012年02月12日07時00分

中野の丸井に中途入社したものの約4年で退社し、劇団ひまわり入り。こちらは約半年で退団したが、その後、『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)への出演をきっかけに芸能界入りした。 スタンダップコメディーの芸風で、タレントとして活動。『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)にも出演した。その後、俳優に転向し森田芳光監督の『の・ようなもの』(1981年)で映画デ [全文を読む]

フォーカス