平田オリザのニュース

「21世紀型職員採用試験(アクティブ・ラーニングの手法を用いた選考)」実施(全国初)

PR TIMES / 2016年06月08日09時20分

~劇作家・演出家 平田オリザ氏監修による取組~ 奈義町では、平成28年度職員採用試験において、アクティブ・ラーニングの手法 を用いた「21世紀型」の選考を行うこととし、6月9日より応募受付を開始します。 [画像: http://prtimes.jp/i/16811/4/resize/d16811-4-120928-0.jpg ] これは、主体性をもって多様 [全文を読む]

ももいろクローバーZ、映画『幕が上がる』初日舞台挨拶でアカペラ披露

okmusic UP's / 2015年03月02日00時00分

ももいろクローバーZが主演を務める映画『幕が上がる』の初日舞台挨拶が2月28日に新宿バルト9で行われ、主演のももいろクローバーZの百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、 有安杏果、佐々木彩夏を始め志賀廣太郎、黒木華、 原作の平田オリザ、本広克行監督が登壇した。【その他の画像】ももいろクローバーZ初日舞台挨拶では公開初日の思いや、撮影の裏話を語ったほかサプライズで [全文を読む]

福島の高校の先生が日本には数少ない演劇を教科として教えるドラマティーチャーとなり、生徒たちと奮闘しながら、舞台『ブルーシート』(作:飴屋法水)で「演劇界の芥川賞」と呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞するまで

PR TIMES / 2017年05月10日16時00分

こんな先生に習いたかった! 演劇業界からも大注目〈特別対談〉平田オリザ〈特別寄稿〉前田司郎(五反田団)、藤田貴大(マームとジプシー)、水谷八也(早稲田大学教授)、多田淳之介(東京デスロック)、柴幸男(ままごと)《書籍情報》立東舎『高校生が生きやすくなるための演劇教育』著者:いしいみちこ、平田オリザ、前田司郎、水谷八也、多田淳之介、柴幸男、藤田貴大定価:1, [全文を読む]

【岡山県奈義町】世界初「ロボット×コミュニケーション」授業を実施

PR TIMES / 2017年03月16日13時35分

東京藝術大学COI拠点事業の一環として、子どもたちが楽しみながらコミュニケーションを学びます 岡山県奈義町(町長:笠木義孝)は、平成29年3月27日、ロボットと触れ合い、楽しみながらコミュニケーションを学ぶ授業「ロボット×コミュニケーション」を、世界的な劇作家・演出家である平田オリザ氏を講師に迎え、奈義町在住の小・中学生を対象に実施いたします。 現在、奈義 [全文を読む]

平田オリザ氏を「教育・文化のまちづくり監」に任命

PR TIMES / 2016年04月22日16時12分

~特色ある教育と融合した、自然とアートのまちづくり~ 奈義町では、世界的な劇作家・演出家である 平田オリザ氏を、4月20日付けで「教育・文化のまちづくり監」に任命いたしました。 [画像: http://prtimes.jp/i/16811/2/resize/d16811-2-835838-0.jpg ] この役職は、人口6000人の維持と、活力ある元気な経 [全文を読む]

『幕が上がる』は単なるももクロのアイドル映画ではない。これは社畜のための青春映画だ

AOLニュース / 2015年02月20日17時30分

原作に演劇界の巨匠・平田オリザや、脚本に『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平の名前を見つけても、その甘い見積もりは覆らなかった。先日のコラムでも話題になったプロレスラー天龍源一郎のクレジットをみて、少しだけテンションがあがるくらいだった。しかし、映画の幕が上がってすぐに、ぼくのその薄っぺらな色眼鏡のレンズはたたき割られることになる。その理由は、端的に言うと [全文を読む]

高校生は演劇をすれば人生が楽になる!? 話題の職業「ドラマティーチャー」について聞いてみた。

ガジェット通信 / 2017年06月10日10時00分

今回の本『高校生が生きやすくなるための演劇教育』には、平田オリザさんとの対談も収録されています。いしい先生にとって、平田オリザさんはどんな存在でしょう。 私にとってというよりは、日本の芸術・文化にとってとても大切な存在だと感じています。芸術が行っていることやその価値を、芸術から遠い人にもわかりやすく、しかも論理的に、説得力のある言葉で説明できる実演家は少 [全文を読む]

日本人が抱える“3つの寂しさ”とは?稀代の劇作家が示す、価値観を転換すべき新しい日本のカタチ

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月16日11時00分

■日本人が抱える“3つの寂しさ” 現代口語演劇という演劇界の新たな地平を拓いた日本を代表する劇作家/演出家・平田オリザの新刊『下り坂をそろそろと下る(講談社現代新書)』(講談社)では現在の日本人が抱いている本質的な感情は「寂しさ」であるとして、その寂しさの根拠を3つに分け示している。1:日本はすでに工業立国ではない。2:この国は成長せず、長い後退戦を戦って [全文を読む]

著名人が勧める“今こそ読みたい戦争を考える作品”平田オリザ編

WEB女性自身 / 2015年08月01日06時00分

幼稚園児のころから本が好きな子供で、そんなこともあって、くださったのかなと思っています」 劇作家・平田オリザさん(52)が選んだのは、 54年に発表された絵本『動物会議』(エーリヒ・ケストナー著)。平田さんが最初にこの本を手に取ったのは、第二次世界大戦から20年が過ぎたころ。ベトナム戦争が起き、反戦運動に参加するような保護者が多い幼稚園時代だったという。 [全文を読む]

本広克行監督が選んだ“21人のシンデレラ”が決定!

Smartザテレビジョン / 2015年07月06日16時07分

今春、主演にももいろクローバーZを起用し、平田オリザ原作の小説「幕が上がる」を映画&舞台化した本広克行監督が、この夏、再び平田の戯曲を舞台化する「転校生」で演出を務める。このたび、同舞台に出演する21人のキャストが1474人の応募者の中から審査され、決定した。 同作は、'94年に青山演劇フェスティバルでの初演以来、高校演劇のバイブル的存在となっている戯曲で [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ももクロ、舞台女優としてアイドル封印・サイリウム禁止! 初日を前に「ただただ緊張しています」

TechinsightJapan / 2015年05月01日18時25分

いっぱいいっぱいです」と心境を語ると、玉井は「平田オリザさんに“27公演中、24公演ぐらいから楽しくなってくるよ”って言われました。それより前に楽しくなるといいな」、百田は「終わった後にはそう思えるように頑張りたいです」、佐々木は「千秋楽にはアドリブも入れられるぐらい楽しめるいいなと思います」、そして有安は「ライブでもお客さんの気持ちと一緒になることがある [全文を読む]

「未来の人が自由に上演できるように」平田オリザさんら「TPP知財交渉」に懸念

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月14日18時30分

記者会見には、声明に賛同した劇作家の平田オリザさんや漫画家の赤松健さんらが出席し、TPP交渉で調整が進んでいるといわれる、著作権の保護期間を現行の50年から70年に延長することや、著作権侵害があった場合、権利者の告訴がなくても検察が起訴できるようにする「非親告罪化」に対する懸念を訴えた。はたして、どのような理由や背景で声明に賛同したのか。記者会見に出席した [全文を読む]

ももクロ初主演映画『幕が上がる』原作! 弱小演劇部が挑む天下取りは成功するのか!? フィクションがリアルに昇華する「平田オリザ」マジック

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月06日12時20分

よくあるアイドル映画だろう…なんて高をくくっていたら、原作はあの平田オリザ氏。平田氏といえば、それこそ現代演劇界の中心的存在で、戯曲はもちろん『演劇入門』や『演技と演出』(講談社)などの演技論、演出論も多数書いている。だが小説はこれが処女作なのだそうだ。さらに平田氏は原作者としてだけでなく、本格的な演技に初挑戦するももいろクローバーZのメンバーに、2か月に [全文を読む]

ももクロの4人が語る、部長・百田夏菜子の評価は?

Movie Walker / 2015年02月28日13時57分

ももいろクローバーZ×劇作家で演出家の平田オリザ原作×『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督。そんな最強タッグで放つ『幕が上がる』が、2月28日(土)より公開される。本作は高校演劇部を舞台にした青春映画だが、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏の5人は、アイドルではなく、いまを生きる女子高生として、笑い、怒り、泣き、成長を遂げていく。映画女 [全文を読む]

ももクロがあの歌を初披露、玉ねぎ頭を再披露

Smartザテレビジョン / 2015年02月26日20時31分

本作は、劇作家で演出家の平田オリザの同名小説を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が映画化。ももいろクローバーZのメンバー5人が高校の弱小演劇部員に扮し、ある新任の女性教師の赴任をきっかけに全国大会出場に奮闘する姿を描く。共演は新任教師・吉岡先生役に黒木華、演劇部の顧問・溝口先生役にムロツヨシなど演技派が脇を固める。 ■ももクロが人気トークバラエティ [全文を読む]

ももクロ 主演映画主題歌シングル詳細を発表

dwango.jp news / 2015年01月06日21時00分

「幕が上がる」は劇作家・平田オリザによる青春小説「幕が上がる」を原作とした映画作品であり、監督・演出は「踊る大捜査線」シリーズを手がけた本広克行が担当している。既にポスタービジュアルや劇場用特報が解禁されており、ポスタービジュアルでは主題歌が『青春賦』であること、特報では挿入歌『Link Link』が解禁されていた。本日発表されたニューシングル『青春賦』は [全文を読む]

ももクロ主演映画「幕が上がる」の特報が公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月09日22時30分

『幕が上がる』動画はこちら ティ・ジョイ配給にて2015年2月28日(土)より全国公開となる、ももいろクローバーZ主演×本広克行監督×平田オリザ原作の映画『幕が上がる』。今 回、初の映像素材となる特報が到着した。なんと、挿入歌として使用されるももいろクローバーZの楽曲「Link Link」もこの特報で初披露。ますます作品の完成が待ち遠しくなる映像となって [全文を読む]

【イベントレポート】地方創生とコミュニケーションを考えるシンポジウム開催

PR TIMES / 2017年06月12日18時46分

●豊岡の何が世界で注目されるのか?[画像2: https://prtimes.jp/i/888/931/resize/d888-931-436234-3.jpg ]シンポジウムの第1部では平田オリザ氏(劇作家・演出家)による講演を行いました。「小さな世界都市―豊岡市の挑戦」と題し、平田氏が芸術監督を務める兵庫県の「城崎国際アートセンター」などを活用した地方 [全文を読む]

安倍首相のスピーチライターは元日経ビジネス記者

NEWSポストセブン / 2017年02月03日07時00分

例えば鳩山由紀夫さんの場合は劇作家の平田オリザさん。誰を指名するかの基準はないので、そこに首相の考えが反映されるとはいえますね」(伊藤さん) アメリカの歴代大統領の名演説も多くはスピーチライターが書いたもので、リンカーンの「人民の人民による人民のための政治」もスピーチライターの手によるものといわれている。ちなみにトランプ大統領のスピーチライターは31才のス [全文を読む]

「ぴゃるこ」期間限定で復活。あのブランドの本企画限定プロダクトも

NeoL / 2016年12月29日23時09分

2015 年、21 世紀の女優発掘プロジェクトとして行われた本 広克行演 出・平田オリザ作の舞台『転校生』で女優デビュー。TBS『ディア スポリス異邦警察』 では謎のハッカー「ラニーニャ」役で話題に。長編映画 初出演となる行定勲監督『ジム ノペディに乱れる』ではヒロイン山口結花役 を務める。 ワンピース ¥38,000(POTTO) (インナー) トップス [全文を読む]

フォーカス