池乃めだかのニュース

乃木坂46松村沙友理、吉本新喜劇のスゴさを痛感

dwango.jp news / 2017年07月13日13時39分

会見には後藤をはじめ、主演の内場、相楽、松村、千菅、そして吉本新喜劇の重鎮、池乃めだかが一堂に会した。 松村沙友理は「色々な人が集まった舞台で、お稽古もスゴく楽しくて化学反応が起きた感じでいいなと思いました。初挑戦が詰まった舞台で、お客さんに早く観ていただきたいと思います」と話した。 また、印象的だった稽古を松村は「池乃めだかさんが毎回違うことをするんです [全文を読む]

小籔千豊が主宰する「KOYABU SONIC 2017」にチャットモンチーやCharaら出演

RBB TODAY / 2017年07月01日15時50分

前回発表では、「池乃めだか」や「吉本新喜劇ィズ」の出演が明かされていたが、今回の発表では「スチャダラパー」「Chara」、「チャットモンチー」「TOKYO No1.SOULSET」などの常連アーティストや、実力派ガールズバンド「SCANDAL」 などが追加。これまでに出演が発表された出演者は以下の通りとなっている。◆KOYABU SONIC 2017 出 [全文を読む]

でんぱ組.incら集結 “重要文化財”で初のハロウィンパーティー開催

モデルプレス / 2015年09月28日18時42分

さらにハロウィン吉本新喜劇ではすっちー、吉田裕、池乃めだかなど豪華お笑い芸人が集結し爆笑必至の企画を届ける。 キタ、ミナミエリアをつなぐハロウィン船も出現。昼は道頓堀川で特別クルーズを楽しめ、夕方には中之島へ。夜はミナミにある大阪一の集客を誇る“club GIRAFFE”、なんばグランド花月にて朝まで開催される「ネタで~オールナイトフィーバー!ハロウィンス [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡村隆史と池乃めだか“共通点の多い2人”が並ぶ姿に「親子?」

TechinsightJapan / 2015年09月23日12時25分

ナインティナインの岡村隆史が、よしもとの大先輩、池乃めだかとポーズをとった1枚をInstagramで披露してフォロワーを和ませている。背格好もほぼ同じ2人に「お父さん!?」「親子? 似すぎです!」といった感想も寄せられているが、彼らの穏やかな笑顔を見ると本当にそうではないかと錯覚しそうだ。 岡村隆史が9月20日に『岡村隆史 okamuradesu Inst [全文を読む]

「オール巨人ちゃうんかい!」「めだか師匠の奇行種ワロタ」進撃の巨人×吉本新喜劇コラボポスター登場!

おたぽる / 2015年09月14日18時00分

中でも、巨人化したにも関わらず小さな池乃めだかはファンのツボらしく、「小藪さんだけかと思ったら、まさかのめだか師匠!」「めだか、小さっ!」「池乃めだか師匠の奇行種ワロタ」「師匠、何してはるんですか!」など喜びの声が上がっている。 ただ、「オール巨人ちゃうんかい!」「巨人さんはどこ?」「オール巨人を巨人化したらでかくなりすぎるから?」と、漫才コンビ、オール阪 [全文を読む]

新喜劇の巨人!? チャーリー浜、池乃めだかもついに巨人化

dwango.jp news / 2015年09月09日17時08分

<「新喜劇の巨人」大阪市内各地の名所に出現!阪急電鉄ポスター展開詳細>●中吊り(全8種類・4セットすべて「新喜劇の巨人」)掲出場所:阪急電鉄 神戸線、宝塚線、京都線 合計15編成掲出時期:2015年9月10日(木)~9月13日(日) ●ポスター(「新喜劇の巨人」は全34種類中12種類)掲出場所:阪急電鉄各駅掲出時期:2015年9月11日(木)~10月18 [全文を読む]

「追悼特別番組 ありがとう花紀京さん」GAORA SPORTSでの緊急放送が決定

PR TIMES / 2015年08月26日13時23分

また、花紀さんとともに舞台に立ってきた内場勝則、池乃めだか、チャーリー浜、やなぎ浩二、島田一の介、末成由美、浅香あき恵、未知やすえらが、故人を偲びつつ、さまざまなエピソードや思い出話を語り合います。舞台人としては厳しかった花紀さんのシャイでお茶目な一面が垣間見えます。 さらにVTRで西川きよし、坂田利夫、花紀さんの付き人だった間寛平の追悼コメントもお届け [全文を読む]

大阪で話題沸騰! とにかくディープ! 「千豊小籔のすべらない話」がDVD化

Entame Plex / 2015年04月23日20時03分

小籔千豊をはじめ、池乃めだか、飯尾和樹(ずん)、千鳥 ノブ、すっちー、清水けんじ、宇都宮まきという、ある種大阪色の強い濃い面々が、吉本新喜劇内でのディープなエピソードをはじめ、選りすぐりのおもしろ話を披露した「千豊小籔のすべらない話」。今回のDVDでは、放送では収まりきれなかった未公開映像を追加しつつ、さらには特典映像としてMVSを獲得した池乃めだかをN [全文を読む]

矢口真里に「芸人転身」の復帰プラン、今田耕司が「池乃めだか枠でいける」!?

サイゾーウーマン / 2013年07月10日13時00分

具体的には『矢口なら、池乃めだか師匠に続く“チビッ子芸人枠”で活躍が見込める。吉本新喜劇なら、即マドンナ役で決定やで!』と関係者に話しているとか。多くの番組で司会者を務め、キャスティングにも影響力がある今田だけに、本気で動きだしたら実現しない話でもないですよ」(テレビ局関係者) また、今田の提案には、矢口を救う以外にも、別の思惑が見え隠れしているようだ。 [全文を読む]

本サイトに信者から批判殺到、青山繁晴の“教祖“化がスゴイ! 産湯の中で立った伝説、現代アート(笑)まで発表

リテラ / 2017年07月14日11時23分

しかも、青山センセイは前川氏に論破されるたびにまったく反論になっていない捨て台詞を吐くため、だんだん吉本新喜劇の池乃めだかに見えてきたほどだった。 そこで、本サイトでは、こうした質疑における青山センセイの醜態を先日レポートとしてお届けしたのだが、しかし、公開直後から予想外の反応が返ってきた。編集部に「この記事はフェイクニュースだ!」という抗議メールが殺到 [全文を読む]

フォーカス