地勢のニュース

『高精度マルチレイヤー・ベクトル地図素材 ROOTS 2016(ルーツ)』販売開始

DreamNews / 2016年01月15日12時00分

○「ROOTS」地図データの特徴 (自由度の高い、編集・加工が可能) ROOTSは、「白地図」「地勢図」「行政区分図」「自然図」「交通図」 5種類の地図データを収録しています。 「白地図」は、主要河川や地域の境界線など、最小限の地理情報を収録した地図です。名称の追記や着色といった加工がしやすく、学習教材や分布図の作成に便利です。 「地勢図」は、等高線や等 [全文を読む]

ドリームジャンボ宝くじ「好運売り場」大公開!

日刊大衆 / 2017年05月22日07時05分

そこで、最新データをつぶさに分析し、周辺地区の“地勢力”が上がっている60の売り場を厳選してみました。地勢力とはその土地が持つ運気のことです」 詳しくは本文最後の表を見ていただくとして、ここでは特に注目の売り場7軒を取り上げよう。まずは北海道札幌市の『大通地下CC』から。新幹線開通1周年で北海道の集客力はアップしているが、中でも札幌は、本拠地を置く北海道日 [全文を読む]

iPhone・iPad用アプリ『i地球儀』の販売を開始しました

PR TIMES / 2012年07月27日11時26分

また、地球儀の表現を、地勢/行政/夜間の衛星画像の各表現に切り替えることもできます。さらに、地球儀の機能以外にもクイズや検索機能を収録していますので、楽しみながら世界の国々の名称と位置、国旗を身につけることができます。 ◆アプリの詳細とダウンロード先 【アプリ名】 i地球儀 【収録内容】 地球儀(地勢地勢文字なし/行政/行政文字なし/夜間の衛星画像)。 [全文を読む]

~辻調グループと和歌山県「和歌山食材テロワール事業」の共同プロジェクト~和歌山産フルーツを使ったスイーツ販売 第2弾!

PR TIMES / 2016年01月19日12時26分

※「和歌山食材テロワール事業」:和歌山県食材を、その土地ならではの生育環境(生育地の土壌、地理、地勢、気候、栽培方法)による特徴をワインになぞらえて和歌山食材テロノワールと称し、和歌山ならではの食材のおいしさを発信している事業です。 ※「P.L.T.(パティスリー・ラボ・ツジ)」:辻調グループ 辻製菓技術研究所の学生がお菓子の製造・販売を行う実習店舗です [全文を読む]

火星で発見された謎の巨大な穴に研究者が困惑

AOLニュース / 2017年06月08日10時55分

この種の地勢は、その形が穴のあいたチーズとよく似ていることから、その名をとって「スイス・チーズ地帯」と呼ばれている。 NASAは今回発見されたこの深い穴の形成について現在2つの説があるとしている。1つは衝突によってできたクレーターとする説、もうひとつは地表の陥没によってできた説だ。 衝突によるクレーター説では、外からの力、例えば隕石などが惑星の表面に衝突 [全文を読む]

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

サライ.jp / 2017年06月01日19時00分

帰雲城趾の石碑は、地勢・堆積土砂等から推定・推測した場所に建てられているものです。 今となっては、帰雲城主であった内ヶ島氏の出自・系譜なども諸説あり、正確なことがわかっていません。埋没前の帰雲城の所在地も正確な位置も判明してないこともあわせ、現在でも「幻の帰雲城」と言われています。 残っているものは何もありませんが、内ヶ島氏の領内には金山があったことから [全文を読む]

アイスランドの海へと繰り出し シロナガスクジラをウォッチング!

CREA WEB / 2017年05月21日12時00分

一方、アイスランドはユーラシアプレートと北米プレートがぶつかって盛り上がり、海嶺となった地勢。つまり、日本で地球の奥深くへとプレートが沈み、移動してふたたび生まれる場所がアイスランド。 水着着用で入る温泉、ミーヴァトン・ネイチャーバス。地元の人も、ツーリストも、みんなでいい湯だな~。 そして、日本とアイスランドはどちらも火山国。どちらの国も温泉パラダイス [全文を読む]

すがもの街に地方創生発信型イノベーションショップ「座・ガモール」がオープン(5/14)

@Press / 2017年05月10日11時30分

すがも(東京都豊島区)地域を貫く中山道が持つ歴史、文化、地勢などを基盤として同地域にある3つの商店街(巣鴨駅前商店街、巣鴨地蔵通り商店街、庚申塚商栄会)と大正大学の連携により、地域全体がコンソーシアムを形成し、地域のニーズに根差した連携・協働に取り組む。すがも地域の振興、発展に向け、人的交流、情報の共有、地域活性化、人材の育成および活性化につながる活動を通 [全文を読む]

浮世絵から写実へ 高橋由一、岸田劉生らの西洋画への挑戦

文春オンライン / 2017年04月22日07時00分

アートは、地域の風土、地勢や文化、歴史と深く関わり合いながら生まれてくるもの。それを改めて実感できる好企画の展覧会が始まった。 神奈川県のJR平塚駅から徒歩圏内、文教ゾーンの一角にある平塚市美術館での、「斎藤文夫コレクション 浮世絵・神奈川名所めぐり」と「リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」。二本立てで同時開催中である。 浮 [全文を読む]

「AI」は私たちの生活をどう変えるのか?

プレジデントオンライン / 2017年04月18日15時15分

一方で、高度な画像認識で、医療の場で診断に応用したり、交通渋滞の緩和のための予測や、衛星写真から気象条件や地勢の状況を判断して効率的な農地の利用を考えたりするAIもあります。さらに、静止画だけでなく、「自動車など実際に動いているものも認識させる研究が進んでいます」(杉村さん)。自動車の運転支援に応用したり、監視システムを強化し、さらに防犯に役立てたりでき [全文を読む]

フォーカス