地勢のニュース

『高精度マルチレイヤー・ベクトル地図素材 ROOTS 2016(ルーツ)』販売開始

DreamNews / 2016年01月15日12時00分

○「ROOTS」地図データの特徴 (自由度の高い、編集・加工が可能) ROOTSは、「白地図」「地勢図」「行政区分図」「自然図」「交通図」 5種類の地図データを収録しています。 「白地図」は、主要河川や地域の境界線など、最小限の地理情報を収録した地図です。名称の追記や着色といった加工がしやすく、学習教材や分布図の作成に便利です。 「地勢図」は、等高線や等 [全文を読む]

ドリームジャンボ宝くじ「好運売り場」大公開!

日刊大衆 / 2017年05月22日07時05分

そこで、最新データをつぶさに分析し、周辺地区の“地勢力”が上がっている60の売り場を厳選してみました。地勢力とはその土地が持つ運気のことです」 詳しくは本文最後の表を見ていただくとして、ここでは特に注目の売り場7軒を取り上げよう。まずは北海道札幌市の『大通地下CC』から。新幹線開通1周年で北海道の集客力はアップしているが、中でも札幌は、本拠地を置く北海道日 [全文を読む]

iPhone・iPad用アプリ『i地球儀』の販売を開始しました

PR TIMES / 2012年07月27日11時26分

また、地球儀の表現を、地勢/行政/夜間の衛星画像の各表現に切り替えることもできます。さらに、地球儀の機能以外にもクイズや検索機能を収録していますので、楽しみながら世界の国々の名称と位置、国旗を身につけることができます。 ◆アプリの詳細とダウンロード先 【アプリ名】 i地球儀 【収録内容】 地球儀(地勢地勢文字なし/行政/行政文字なし/夜間の衛星画像)。 [全文を読む]

~辻調グループと和歌山県「和歌山食材テロワール事業」の共同プロジェクト~和歌山産フルーツを使ったスイーツ販売 第2弾!

PR TIMES / 2016年01月19日12時26分

※「和歌山食材テロワール事業」:和歌山県食材を、その土地ならではの生育環境(生育地の土壌、地理、地勢、気候、栽培方法)による特徴をワインになぞらえて和歌山食材テロノワールと称し、和歌山ならではの食材のおいしさを発信している事業です。 ※「P.L.T.(パティスリー・ラボ・ツジ)」:辻調グループ 辻製菓技術研究所の学生がお菓子の製造・販売を行う実習店舗です [全文を読む]

火星で発見された謎の巨大な穴に研究者が困惑

AOLニュース / 2017年06月08日10時55分

この種の地勢は、その形が穴のあいたチーズとよく似ていることから、その名をとって「スイス・チーズ地帯」と呼ばれている。 NASAは今回発見されたこの深い穴の形成について現在2つの説があるとしている。1つは衝突によってできたクレーターとする説、もうひとつは地表の陥没によってできた説だ。 衝突によるクレーター説では、外からの力、例えば隕石などが惑星の表面に衝突 [全文を読む]

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

サライ.jp / 2017年06月01日19時00分

帰雲城趾の石碑は、地勢・堆積土砂等から推定・推測した場所に建てられているものです。 今となっては、帰雲城主であった内ヶ島氏の出自・系譜なども諸説あり、正確なことがわかっていません。埋没前の帰雲城の所在地も正確な位置も判明してないこともあわせ、現在でも「幻の帰雲城」と言われています。 残っているものは何もありませんが、内ヶ島氏の領内には金山があったことから [全文を読む]

すがもの街に地方創生発信型イノベーションショップ「座・ガモール」がオープン(5/14)

@Press / 2017年05月10日11時30分

すがも(東京都豊島区)地域を貫く中山道が持つ歴史、文化、地勢などを基盤として同地域にある3つの商店街(巣鴨駅前商店街、巣鴨地蔵通り商店街、庚申塚商栄会)と大正大学の連携により、地域全体がコンソーシアムを形成し、地域のニーズに根差した連携・協働に取り組む。すがも地域の振興、発展に向け、人的交流、情報の共有、地域活性化、人材の育成および活性化につながる活動を通 [全文を読む]

「AI」は私たちの生活をどう変えるのか?

プレジデントオンライン / 2017年04月18日15時15分

一方で、高度な画像認識で、医療の場で診断に応用したり、交通渋滞の緩和のための予測や、衛星写真から気象条件や地勢の状況を判断して効率的な農地の利用を考えたりするAIもあります。さらに、静止画だけでなく、「自動車など実際に動いているものも認識させる研究が進んでいます」(杉村さん)。自動車の運転支援に応用したり、監視システムを強化し、さらに防犯に役立てたりでき [全文を読む]

中国人ブロガー22人の「日本での体験」を記した書籍が出版=著者10人が来日し、日本について語る

Record China / 2017年04月09日14時40分

各ブロガーの発表に続いて行われた「質疑応答」で、「日本はやはりおかしいと感じる点は?」という会場からの質問に対し、ブロガーの馬暁霖さんは「個人的な見解」と断りを入れた上で「国土が狭いという日本の地勢的条件からか“島国根性”が見られることがあり、マクロ戦略に欠けている」と指摘。また周志興さんは「以前より車を買う人も、海外留学をする人も減ったと聞いた。若者た [全文を読む]

大谷大学地域連携室(コミュ・ラボ)と中川学区社会福祉協議会(京都市北区)が2016年5月から2017年2月までの活動記録集「中川学区の暮らし再発見プロジェクト活動記録集 -Vol.2-」を発行

Digital PR Platform / 2017年03月31日08時05分

○人口データに見る杉阪の現在 杉阪地区の地勢や歴史、人口減少からみる課題をレポートにまとめた。 ○真弓地区での活動 昨年、調査活動を行った真弓地区の住民の方々との交流活動を紹介。「andサロン」と銘打って音楽会やクイズ大会、流しそうめん等を実施。他にも清掃活動や地蔵盆などにも参加した。 ○~お茶摘み~ 中川学区は、お茶が最初に伝えられたという高雄の高山寺 [全文を読む]

台湾人は忘れない。命を落としてまで台湾に尽くした5人の日本人

まぐまぐニュース! / 2017年03月30日04時30分

そこで台湾総督府は森林鉄道の建設を決め、明治33(1900)年から地勢調査を始めていた。 河合博士は鉄道ルートの選定からこのプロジェクトに携わった。地形的な制約が大きいため、軌道幅762ミリという軽便鉄道の規格で設計された。自然災害もあり、何度となく挫折しながらも工事は進められていった。7年後の明治40(1907)年西南部の嘉南平原北端の嘉義から、標高2, [全文を読む]

今は存在しない地図記号「◎の中に☆」を80年前の宇都宮で発見

しらべぇ / 2017年02月05日16時30分

昭和5年の宇都宮、20万分の1の地勢図です。この年は第1回FIFAワールドカップが行われた年で、太平洋戦争開戦のおよそ10年前。それだけ古い地図だと、そこには「師團司令部」「旅團司令部」「要塞司令部」なんて地図記号があるのです。もちろんこの地図記号は現在ではなくなっているのですが、この時代では明記されていました。「◎の中に☆」「〇の中に☆」やはり司令部だけ [全文を読む]

ランサーズ、岡山県赤磐市・和気町と連携

@Press / 2017年02月02日11時00分

このような地勢や生活圏に共通する部分が多い両市町では、「人口減少」という問題も共通しています。人口減少対策として移住を促進している両市町ですが、移住に重要な「仕事」が少ないことが課題となっています。また、「仕事」の確保は子育て・介護世代でもっと柔軟に働きたいと考えている方や、農業等の閑散期に収入を得たい方など、地域住民にとっても重要な課題です。このような課 [全文を読む]

韓国大統領はなぜ霊媒師や風水師の言いなりになるのか

NEWSポストセブン / 2016年12月12日16時00分

「全羅道は人に背く地勢だから権力に近付けてはならない」という、まさに風水説である。今も韓国社会に残る全羅道差別意識の根源は「信用できない、いつかは裏切る」だ。外国人にはなかなか実感できないけれど。 ※SAPIO2017年1月号 [全文を読む]

サムスンを見捨てる中国消費者 「次はiPhoneを買う」が37%

Forbes JAPAN / 2016年09月24日09時00分

サムスンは中国の富裕層が好むような、アップルやファーウェイに対抗できるプレミアムフォンを投入できておらず、中価格帯の製品でもOPPOやシャオミのような現地勢の追い上げを受けている。中国で売れ筋のサムスン端末は、3,000元(約4万5,000円)以下の製品に集中している。高解像度の曲面スクリーン、虹彩認証機能、そして急速充電バッテリーを持つ6,000元超のN [全文を読む]

奇跡の小国・ポルトガルがヤバすぎる!なぜ日本企業の進出殺到?最高の治安、親切で真面目

Business Journal / 2016年09月22日06時00分

温暖な地域に属するこの国は、リスボンを出ると緑が深い美しい地勢が続く。ところどころにコルクの樹林が続き、コルク製造では世界一だ。自然の深さに比してずいぶん立派なハイウェイ(高速道路)網が張り巡らされている。運転手に尋ねると「EUからの借款によってハイウェイが整備された」という。続けてその運転手がこう言った。「私たちは多額の債務を抱えたが、大丈夫、きちんと返 [全文を読む]

北海道・利尻島で50年に一度の大雨

tenki.jp / 2016年09月06日12時15分

土壌雨量指数そのものが同じ値であっても、土砂災害発生の危険度の高まりは地形や地勢等の影響で地域によって異なるため、これらの発表基準も地域によって異なっています。 [全文を読む]

『南極大陸 完全旅行ガイド』が、「地球の歩き方」からついに発刊!

PR TIMES / 2016年07月29日12時42分

[画像1: http://prtimes.jp/i/10017/32/resize/d10017-32-155056-1.jpg ]<本書の詳しい内容>目次[画像2: http://prtimes.jp/i/10017/32/resize/d10017-32-457566-2.jpg ]プロローグ(氷山、ペンギンなどをグラビアでご紹介)★第1章:南極はどん [全文を読む]

クラウディー ベイ テ ワヒ -CLOUDY BAY TE WAHI-【2016年 7月下旬より発売開始】

PR TIMES / 2016年07月11日16時19分

そしてニュージーランドのピノ ノワールの地勢を更に探求するなかで、我々は醸造家としての技術をさらに磨き続けいくのです」[画像2: http://prtimes.jp/i/6986/149/resize/d6986-149-262634-1.jpg ] [全文を読む]

マイクロソフトのテクノロジーを活用した 「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」が開始

DreamNews / 2016年06月20日13時00分

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト:http://www.microsoft.com/japan/【富山市について】 富山市は、日本海側のほぼ中央に位置し、水深1,000mの「海の幸の宝庫」富山湾から標高3,000m級の北アルプス立山連峰までの標高差4,000mの多様な地勢と雄大な自然を誇り、全国にその名が知られる薬業をはじめとする様々な産業と高度 [全文を読む]

フォーカス