御巣鷹山のニュース

【マレーシア航空機撃墜】事故現場の遺体に違和感? 犠牲者を演じるクライシス・アクターとは

tocana / 2014年07月28日08時00分

1985年に日本で発生した日航ジャンボ機墜落事故でも、現場である御巣鷹山の凄惨な状況は多数のメディアで報道された。 悲惨な事故現場の詳細を掲載しているものもある。そこには、強い衝撃によって骨と肉が飛び出し、皮だけが残った手足の断片や、機体にこびりついた髪の毛などが記録されている。しかし、御巣鷹山の現場に比べると、マレーシア航空の事故現場に散乱する遺体は比 [全文を読む]

人間の「バカな姿」をあぶり出すポケモンGO…画面に夢中で無自覚な「みっともない」大人たち

Business Journal / 2016年08月08日06時00分

御巣鷹山や平和記念公園がポケストップに ポケモンGOはGPS(全地球測位システム)と連動しており、スマートフォン(スマホ)の画面の中にポケモンが現れるため、現実の中にポケモンが「いる」かのように見えるのが醍醐味のゲームだ。さまざまなポケモンを集めて「ポケモン図鑑」をコンプリートしたり、ポケモンを鍛えてバトルさせたりといった楽しみ方がある。 その仕組み上、 [全文を読む]

感動!御巣鷹山がGoogleストリートビュー対応!123便の強い思いがあるらしい

秒刊SUNDAY / 2015年08月12日16時21分

そこでGoogleはストリートビューを公開し、オンラインで御巣鷹山を散策できるようにしたといいます。御巣鷹山の登山道がストリートビューに加わったのは、123便で父を亡くした遺児の方がグーグルに入社。高齢化する遺族のためにバーチャルな鎮魂登山ができるようにと実現したのだそうだ。生まれてきたことの不思議と宿命を踏まえて針の穴ほどの未来が残せれば人は本望なのかも [全文を読む]

第一三共社長のルーツ"母に言われた言葉"

プレジデントオンライン / 2017年09月01日09時15分

1985年夏、日航ジャンボ機が群馬県の御巣鷹山に墜落、520人が犠牲となった事故で弟の命が突然奪われたのです。出張で東京から大阪へ向かう便に乗った弟はまだ27歳と若く、私たちは嘆きや悲しみ、悔しさもすべて味わいました。息子を亡くした母のつらさは壮絶で、泣き崩れる母を支えながら、「子が親より先に逝くものではない」ことをまさに痛感したのです。 夫婦2人きりの生 [全文を読む]

田園調布・資産家殺人事件で「20年服役」の折山敏夫さん、冤罪訴え「再審請求」

弁護士ドットコムニュース / 2017年07月31日17時47分

折山さんが逮捕されたのは1985年7月で、翌8月、日航機の御巣鷹山墜落事件が起きた。さらにその後、ロス疑惑が大きく世間を騒がせた。折山さんは「私の事件(の捜査)を監視する体制がまったく消えた。大きいニュースのかげで監視されず、検察が暴走した」と述べた。 (弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.12「日航ジャンボ機墜落、チェルノブイリ原発」安全神話が崩れた大事故の悲惨

アサ芸プラス / 2017年01月02日17時55分

チェルノブイリ原発事故も悲惨だが、日航機の墜落現場、御巣鷹山はまさにこの世の地獄だった。 85年8月29日号はこんな書き出しで始まる。〈陸上自衛隊が遺体の収容作業を開始した13日の午後、困難な道のりを超えて現場にようやく到着した。そこで見たものは、土にめりこんだ遺体、無残にちぎれた手や足、木に引っ掛かった肉片、そして死臭…。まさにこの世の地獄図絵だった。〉 [全文を読む]

マルチアングルが浮かび上がらせる、歴史を動かした大事件の、もうひとつの“真実”『今だから、話す 6つの事件、その真相』

日刊サイゾー / 2016年11月06日17時00分

31年も前の事故でありながら、墜落現場となった御巣鷹山に、破片となって散らばった航空機の姿をいまだに鮮明に覚えている人は多いだろう。『アナザーストーリーズ』では、これまで幾度も語られてきたこの事故を、さまざまな人々の視点から再び語り直している。 当時、上毛新聞のカメラマンを務めていた伊藤幸雄は、休暇中に事故の発生を知り、取るものも取りあえず、墜落現場に近い [全文を読む]

徐々に反戦を意思表示する芸能人たち……戦後70周年の日に考える、流されないということ

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月15日12時00分

1985年の夏、メディアは御巣鷹山の日航ジャンボ機墜落事故と夏目雅子の死去のニュース一色……だったそうです。戦後50周年の年は、記憶があります。1月に阪神淡路大震災、3月に地下鉄サリン事件、そのニュースが年間を通して世間を賑わせていた印象です。10歳の僕たちはテレビに映る麻原彰晃の顔を笑い飛ばしたり、急に恐怖を感じたり。小沢健二が活躍していた年……というの [全文を読む]

日航と航空機墜落の村、陰で罵声浴びせ合う現実 剥き出しの村民たちの私利私欲

Business Journal / 2015年08月14日06時00分

清泉 村が「御巣鷹の尾根に、こんなニュースがあります」と一声掛ければ、地元メディアは当然ながら、日航機事故・御巣鷹山の担当記者を配置している全国紙の前橋支局記者や、場合によっては国土交通省に詰める番記者、民放キー局の社会部担当記者さえロケバスやハイヤーを飛ばして御巣鷹の尾根までやって来ます。特に美談や悲話となると、報道しないと一種の「特オチ」(編註:他の報 [全文を読む]

【日航機墜落30年】御巣鷹の村、日航の「下請け化」=経済的依存が深まる歪んだ関係

Business Journal / 2015年08月13日06時00分

警備員から「どんなに遠方から来た人でもダメだ」「この間は大阪から来た関係者にも帰ってもらった」と門前払いされそうになったので、「御巣鷹山のほうから来た」と伝えたところ、「たまたまその日の見学予定に欠員が出たのでどうぞ」と通されました。 [全文を読む]

[瀬尾温知]【語り継ぐことの大切さ】~日航ジャンボ機墜落事故から30年~

Japan In-depth / 2015年08月12日11時00分

御巣鷹山に登って事故直後の凄惨な現場を目にした者、倫理に逸れていると分かっていながら生存者の肉声を届けようとした者、遺体収容場所となった体育館で取材を担当した者。当時、現場にいた先輩記者たちからの話を聞き、事故の再発を防ぐためには記憶を風化させないことだと感じた。突如に幸せを失って、幸せだった日々がかけがいのない日々だったことに気づくような悲しみは、誰の [全文を読む]

TBS杉尾記者も裸踊り接待...検察・国税の元担当記者が明かす当局幹部との癒着の実態

リテラ / 2015年08月07日08時00分

その前日には同じ群馬県の御巣鷹山に日航機が墜落するという大惨事があったばかりなのに、当時の山口悠介特捜部長の提案で記者がゾロゾロ出掛けたのだ。また山口氏の自宅近くのスナックでは、しょっちゅう記者が集まっていたという。〈山口さんも...自慢のアコーディオンを持参して弾いてくれました。飲み、歌うに連れ、記者の踊りが始まる。名物はTBSの杉尾秀哉さんの裸踊り。次 [全文を読む]

日航機墜落事故「陰謀説」は終わらない ― 伊豆で破片が発見→隠蔽?目撃者語った真実

tocana / 2015年07月02日16時00分

相模湾上空で垂直尾翼を失い、制御不能のまま飛行して群馬県御巣鷹山に墜落。垂直尾翼の破片の大半が相模湾に落下、今も海中に没したまま分析不能なことから、米軍機の誤射によって墜落した「米軍撃墜説」「テロによる犯行説」「核兵器運搬の証拠隠滅説」「撃墜説」などが囁かれ続けてきた。しかし21世紀に入り、そのジャンボ機の破片が伊豆で発見されたという珍事件をご存知だろうか [全文を読む]

酒鬼薔薇聖斗を崇拝?「人を殺したかった女子大生」の痕跡を追う

東京ブレイキングニュース / 2015年01月29日17時20分

10月30日には、墜落事故があった「御巣鷹山」と、神戸連続児童殺傷事件で「酒鬼薔薇聖斗」が小5の児童を誘い出し殺害した「タンク山」に触れている。 [全文を読む]

中日・山本昌、50歳で来季の現役続行!「投げる伝説」32年間の足跡

AOLニュース / 2014年11月08日12時00分

日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故。ビックリマンチョコ発売 。関越自動車道全線開通。『さんまのまんま』『アッコにおまかせ!』『ニュースステーション』が放送開始。坂克彦(神)ら生まれる。・1986年(21歳):【山本】初出場。【世間】阪神・バースとロッテ・落合がW三冠王に。新人王は西武の清原。ドラゴンクエスト発売。ボディコンやハイレグ水着が話題に。涌井秀章(ロ) [全文を読む]

「8月11日は山ガールの日」に制定

NewsCafe / 2013年11月28日15時00分

報道によると『国民の祝日はすでに年/15日ある・追加の祝日に慎重な経済界に配慮・多くの国民が休むお盆近辺で・8月12日は「日航ジャンボ機が御巣鷹山に墜落した慰霊の日」と言う事で「8月11日」となった』ようである。昨今の登山ブームから考えると「異存なし」で決まると思うのである。識者は『高齢化社会に向かう中で「登山・ハイキング・トレッキング…」は重要なレジャー [全文を読む]

消えてゆく記憶「津波・震災遺構」

NewsCafe / 2013年09月27日15時00分

新聞報道に御巣鷹山日航ジャンボ機墜落事故の事務局長が『もう見たくないと言う気持ちと忘れてほしくないと言う気持ちがある。「事故ジャンボ機の残骸は残さない」と言う決断もある意味では正しいが、なくなると元に戻せないのも事実である。後世に伝えることが大切』と言う言葉は重いと思うのである。「ここまで津波が到達した」と言うモニュメントもよいが「キチンと遺構を残す」と言 [全文を読む]

半沢直樹「トリビア10連発」(2)半沢直樹は前科2犯!?

アサ芸プラス / 2013年09月17日10時00分

「日航機墜落事故を扱った映画『クライマーズ・ハイ』では地方紙記者に扮した堺の後輩役ですが、この映画でも御巣鷹山の事故現場がトラウマとなり、『半沢直樹』と同様、心の病を患う役柄でした」(前出・映画ライター) また、エンドロールに名前があれど、どこに出ているのかが謎と話題なのが、フリーアナの夏目三久(29)。実は夏目は、半沢が勤める東京中央銀行のイメージキャ [全文を読む]

特集「富士山を眺める山歩き」

PR TIMES / 2013年04月10日16時26分

◆フジヤマNAVI 「富士山を眺める山歩き」 URL:http://www.fujiyama-navi.jp/yamaaruki/ 〈公開中のエリアを一部紹介〉■古から愛される展望の山 三ッ峠周辺 (山梨県)三ツ峠とは開運山(1785m)、御巣鷹山(1775m)、木無山(1732m)の3つのピークの総称で、中でも最高峰の開運山の山頂からは、なだらかに裾野を [全文を読む]

「ドラマWスペシャル 尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」平成24年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2012年12月21日19時40分

2012 年8 月、上杉弘樹(玉山鉄二)は子供たちとともに御巣鷹山に登っていた。そこにあるのは、膨大な数の墓標。1985 年8 月、日本航空123 便墜落事故が発生した。親子で歯科医院を営んでいた峰岸薫(伊勢谷友介)の父・健造は事故の犠牲者となった。薫は父親の遺体を家に連れて帰りたい、その一心で検視に協力する。夫が事故機に乗っていたことを知った上杉加奈子 [全文を読む]

フォーカス