久場島のニュース

米軍が劣化ウラン弾を撃った!? 尖閣諸島「放射能汚染説」に迫る

東京ブレイキングニュース / 2014年07月28日17時10分

久場島は尖閣諸島を構成する島の一つで、集落のあった主島の魚釣島からは北東に約30キロの海上に位置し、諸島の中では最北端にある。島の面積は魚釣島についで広く、0.91平方キロあり、最高峰は千歳山と同じく標高117mと、およそ400メートル近くの峰が聳え立つ魚釣島に比べてなだらかだ。かつて島の南西部には鰹節工場や、アホウ鳥の羽の加工場があったが、戦時中から無 [全文を読む]

尖閣で中国軍艦がロシア艦隊と異常接近! 挑発した思惑とは?

週プレNEWS / 2016年06月21日06時00分

艦隊はアジア太平洋地域での多国間演習から帰国する途中で、21時50分頃、南側から尖閣諸島の大正島-久場島間に設定されている日本の「接続水域」に入り、そのまま北東へ進んだ。 接続水域は沿岸から12カイリの領海の外側に設定される海域で、自国の一部の法律が適用できるものの、あくまでも公海であり、軍艦を含む他国船の通航は自由だ。海上自衛隊の護衛艦「はたかぜ」は念 [全文を読む]

尖閣に中国、ロシア軍艦が同時に出現。日本は何を試されてるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月13日19時30分

防衛省などによると、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入ったのを海上自衛隊護衛艦「せとぎり」が確認。フリゲート艦は約2時間20分にわたって航行し、午前3時10分ごろ、大正島北北西から接続水域を離れた。 これに先立ち、8日午後9時50分ごろ、ロシア海軍のウダロイ級駆逐艦など3隻が尖閣の久場島と大正島の間 [全文を読む]

尖閣接続水域進入は中露連携なのか?――中国政府関係者を直撃取材

ニューズウィーク日本版 / 2016年06月13日16時30分

中国メディアの報道 日本の防衛省によると、6月8日午後9時50分ごろ、ロシア海軍の駆逐艦など3隻が尖閣諸島の久場島と大正島の間を南から北に向かって航行しているのを海上自衛隊の護衛艦が確認し、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のフリゲート艦1隻が沖縄 県の尖閣諸島の久場島の北東で、日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのを確認したとのこと。 これに関して、 [全文を読む]

sengoku38氏 大正島・久場島は米国と連携し中国牽制すべし

NEWSポストセブン / 2012年06月22日16時02分

石原都知事の「尖閣購入」発言は、端緒に過ぎない。国境の島を守るために、今後、我々は何をなすべきか。島が民間所有から公的所有となれば、新たな方策もあるはずだ。元海上保安官で「sengoku38」の名で中国漁船衝突ビデオをYouTubeに公開した一色正春氏が、警備強化の面から防衛案を語る。 * * * 昨年の漁船衝突事件以来尖閣諸島周辺での中国の無法ぶりがエス [全文を読む]

東シナ海の日中対立、この1年でさらにきな臭く、中国軍艦が領海・接続水域侵入、空でも戦闘機同士が「一触即発」に

Record China / 2016年12月24日07時40分

9日には尖閣諸島の久場島と大正島の間を北上するロシア艦隊の動きに合わせるように、ジャンカイI級フリゲート艦を接続水域に侵入させた。15日にはドンディアオ級情報収集艦が口永良部島西の日本領海に侵入。領海内を南東に進み、1時間半後に屋久島南で領海外に出た。 中国軍艦艇が日本の領海に侵入したのは04年11月、潜航中の漢級原子力潜水艦が石垣島周辺で確認されて以来2 [全文を読む]

尖閣に侵入する中国漁民は武器を操る「海上民兵」だ

NEWSポストセブン / 2016年09月03日07時00分

「情勢悪化を防ぐ」どころか、日中韓の外相会談が開かれた8月24日の前日にも、尖閣諸島・久場島沖の接続水域(領海の外側約22km)を、中国海警局の公船4隻が悠然と航行していた。 さらにその2日前にも、やはり延べ4隻の公船が領海に侵入している。 調整が難航し、ようやくセットされた外相会談の直前に領海・接続水域への侵入を繰り返すとは傍若無人もいいところだが、見 [全文を読む]

尖閣以外にも。日本が中国に奪われてはいけない重要エリアとは?

まぐまぐニュース! / 2016年08月29日04時45分

最近あったことをざっとあげると、 6月9日:中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入る(8日には、ロシア軍艦も、接続水域に入った)。 6月15日:中国海軍の艦艇が鹿児島県の口永良部島周辺の領海に入る。 6月17日:中国軍機がに日本に向けて南下し、航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)。一時「ドッグファイト」状態に、陥る。 6月30 [全文を読む]

日本の領海に侵入! 中国海軍の「下品な行動」に外交部も混乱

週プレNEWS / 2016年07月14日06時00分

佐藤 まず、6月8日午後9時50分にロシア艦隊3隻が尖閣諸島の大正島と久場島(くばじま)の接続水域を航行しました。この艦隊を追尾するように6月9日午前0時50分に中国海軍フリゲート艦1隻が警笛を鳴らしながら進入し、その後を海上自衛隊の護衛艦せとぎりが追尾。ロシア艦隊は午前3時5分、中国海軍の艦艇は同午前3時10分に接続水域から出ました。 また、6月15日 [全文を読む]

石原慎太郎「尖閣買収」極秘交渉の全貌を教えよう!(1) 「中国のダミー」も接触した

アサ芸プラス / 2012年05月15日10時57分

久場島は、 「妹の名義になっています。在日米軍の射爆撃場として、国との賃貸契約を結んでいます」(弘行氏) 言うまでもなく尖閣諸島周辺海域には、勝手に領土権を主張する中国の漁船や海洋調査船などが頻繁に出現し、日本の領海を侵犯。10年9月には、中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりするなど、国境トラブルの舞台となっている。 栗原家、石原氏双方と交流があり、03 [全文を読む]

フォーカス